まったり温泉 時々パン(パンお休み中)

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

あつみ温泉 かしわや旅館 食事編 NO865

2020-07-31 22:04:25 | 山形の温泉

では,かしわや旅館さんの食事編です。食事は玄関隣の食事処でいただきました。茶色いソファーのところにあるドアが入り口です。

 
中は広くてゆったりしています。かしわや旅館は,全7室の宿なので食事のテーブルも7つ?(実は数えたら6つでした。なぜ?)もしかしたら,コロナ対策で間引いたのかもしれません。平日で宿泊客は2組だったので,お客同士が近くにならないよう配慮してありました。食事を運ぶのが遠くなるのに,ありがたいです。

食事は,海の幸満載。お食事グレードアッププランなので,お刺身盛りがすごいぞー。
お吸い物も天ぷらも岩ガキ。もちろん,生の岩ガキも付きました。(生ガキ苦手。配偶者へ移動~)

山形牛ステーキ。甘い味付けがおいしい。


岩ガキでかい~。

イカぷりぷり。

鯵の塩焼き。新鮮なので臭みなし。

茶わん蒸しは餡掛けタイプでした。
お刺身盛り~。メバル・イカ・アジ・タイ・アワビ・甘エビだったかな。あれ?一種類忘れた。
ちなみに,庄内地方ではメバルをテンコというそうで,口が上を向いているからだそうな。
アワビも柔らかくておいしかった。(アワビ好き)


デザートは,庄内メロン。これ,激うま!端っこから食べてもめちゃめちゃ甘い。
お腹いっぱいだったけど,ぺろりといただきました。

朝食~おかずがいっぱい。おひつがあれば,ご飯もう一杯食べたかった。多分お代わり下さいと言えばもらえたと思うけど,そのような声がけがなかったので遠慮しました。(結果オーライ)
 
庄内にも,しそ巻きがあるんだな~。山形のお米もおいしい。品種はひとめぼれでした。

で,一つGOTOトラベルキャンペーンですが,かしわやさんは今の時点では対象の宿にはなっていません。まだ登録ができずにいるようです。見切り発車のこのキャンペーン。何度電話しても話し中。宿側も分からないことだらけで,困っていました。(8月からGOTOに参加できるよう準備しているようです)
下のようなキャンペーンもやっていました。鶴岡市民限定で,GOTOと併用の値引きキャンペーンもやっていましたよ。(あつみ温泉は対象外かな)調べてみてね。
 
 


おまけ映像。かしわやさんのお布団。清潔。ちょっと固めで,デビャは熟睡。
灰皿があったので,禁煙ではないのでしょうね。でも,たばこ臭さは全然ありませんでした。このマッチ,味がありすぎて持って帰ってきてしまった。

緊急事態宣言が解除され,県をまたいだ移動がオッケーになり,新潟・長野・栃木・山形と4県も歩き回ってしまいました。どこに行くにも,除菌スプレーとシートを持ち,食事はさっと食べて部屋に戻るか部屋食選択。
チェックイン後は,ドアノブリモコン・・・拭きまくり。
狭いエレベーターは使わず階段利用とちょっと疲れる旅でもありました。
 
 
こうして歩いているうちにも,感染者が増えてきてしまい・・・プチ自粛生活かな?と思っています。
しばらくはおとなしく,県内をしずしずと歩きたいと思います。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あつみ温泉 かしわや旅館 お風呂編 NO865

2020-07-30 10:40:49 | 山形の温泉

山形の最上川の氾濫,すごいですね。いつも見ていて,川の大きさと水量に恐怖感さえ覚えていましたが,その川が氾濫ってすごい怖いと思う。一日も早く復旧されることを祈っております。

であつみ温泉はかしわや旅館さんのレポの続きです。3階の部屋から1階のお風呂場へ降りていきます。ミシミシいう階段を降りるとすぐ目の前は浴室です。

 

スリッパは外に脱ぎます。
かしわやさんは日帰りも受け付けているようです。

温泉分析~。混合源泉ですね。どこの旅館も共通なのでしょうかね。

レトロなタイルの洗面台がアクセント。

アルコールも常備。
どうも~初めまして。あつみ温泉さん。とドアを開けると(しゃべってませんよ)なんてことでしょう。出迎えてくれたのは,濃厚な焦げ硫黄臭ではありませんか。あつみ温泉ってこんなにいい香りするの?もう虜になっちゃいました。近くの湯野浜や湯田川はあっさりと無味無臭なので,あつみも同じだと思っていました。うれしすぎる誤算。


中に身を沈めると,トロリとした肌ざわりで体にヴェールを纏うような感触。
わー大好きな欲感だ。湯口はベトベターがスリムになった感じ。
上の火山口?から下のくぼみに源泉が落ちていくのだけど,そこから湯舟にお湯があふれ出ているという訳でなく。おそらく,湯舟の中の黒い穴から出ているのでは?と推測。ちょっと熱くて近づくのをためらったので定かではない。

カランよし、シャワーよし。

表面は熱く中は温め。撹拌し匂いを堪能し,何度も体をさすりながらお湯を楽しみました。
気に入って,夕食前,夕食後,早朝,チェックアウト前と4回入りました。
何度入っても絶妙な湯温。ちょっと熱いと見せかけての適温。ほんのり塩味のするお湯でした。
 
入るたびに焦げ硫黄臭がぶわーってくるから,にやけちゃう。
男湯。女湯よりもちょい湯舟広め。男女入れ替えなし。何回入っても誰とも会わない。
独泉。配偶者よ,平日休みありがとう。



は~今レポを書きながらまた入りたくなっちゃう。
青森の温湯温泉の焦げ硫黄臭をここでも味わえるなんて最高でした。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
 
 
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あつみ温泉 かしわや旅館 NO865

2020-07-29 19:39:00 | 山形の温泉

大好きな山形で川の氾濫による被害が・・・肘折温泉も、蕎麦のおいしい大石田も,スイカが旬を迎える尾花沢も・・・ニュースを見ていると胸が締め付けられるような思いです。この雨で被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

さて,先日山形に泊まってきました。新潟・長野・栃木は私だけで行ったので,配偶者がやきもちを・・・っていうわけではないのですが,珍しく平日休みが取れたのでGOTOトラベルの初日に初めてあつみ温泉に行きました。

じゃらんでとても評判のよかった「かしわや旅館」さんをチョイス。レトロな建物を選ぶのは珍しい配偶者。おいしい海の幸に惹かれたようです。

 

外観だけでなく中もレトロ。でも,ピッカピカに磨き上げられています。
奥から玄関を撮ったの。出迎えてくださったのは,若夫婦。とても感じが良かったです。

階段もピカピカ。ミシミシいうのもご愛敬。2階の踊り場にはマッサージチェアーとご自由にどうぞのキャンディー。(食べていませんよ!)
 
 
浴室をぐるっと取り囲むような部屋の配置。この眺めも最高ですね。
デビャ達は3階の奥の角部屋。「月草」です。

部屋は二間続き。廊下側6畳とメインの8畳プラス広縁です。


いや~いいね。エアコンもあって快適。

コロナ対策でアルコール除菌もありました。

この窓がええねぇ。隣のあつみホテル温海荘さんが見えます。
3階同士で目が合っちゃう。っても,この日は平日。となりの温海荘さんは2階に数組泊まっているだけでした。

見て。ちゃんとトイレもあります。古い旅館にありがちなちょっと匂いが気になるようなトイレではございません。快適。
 

トイレのスリッパ。04です。意味があるのかな?


お茶請け。あつみ温泉でメジャーな元禄餅。柔らか~もちもち~。
 
タオルは名入りだぜ~。ウシシ。

冷蔵庫がレトロだよ。見たことないポカリスエットのサイズだぜ~。


廊下との仕切りはこのふすま。きちんと鍵もかかります。
今回は隣にお客さんがいなかったのでよかったけど,いたらちょっとイビキなどご迷惑を掛けたかも。

さて~風呂に行ってきまーす。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩倉温泉 NO864

2020-07-28 11:20:13 | 秋田の温泉

なかなか足を運べない大仙市。稲庭うどんとセットで行ってきました。実はここ岩倉温泉さんについて知識がなくって,温泉の他のブログでも見かけず,配偶者が提案してきたときは?岩倉温泉?えどこ?という感じでした。

家からおよそ3時間半。いやいやよく行った。駐車場は,なんと建物の1階。3台くらい置くことができました。その駐車場の目の前にもちょっとしたスペースがあるので,そこに駐車してもいいのかも。

 
なんと,岩倉温泉は「秘湯を守る会」の会員。「深い眠りの宿」というキャッチフレーズでお湯の良さにこだわったお宿なのです。日帰りは10時から19時まで。入浴料は400円。なんと,お子様お断り!古くてもピカピカのロビーに・・・

中庭を眺める空間。落ち着きます。そうそう,入浴料を払う時に,お金を乗せるトレイに1000円おいてお釣りをもらうときの女将さんの動きが・・・コロナ対応でした。お金を受け取る,お釣りを渡すときだけ,すっと近づいてそれ以外はすっと離れる・・・ソーシャルディスタンスばっちり。



レトロな洗面台。あまり見ないタイプだなあ。


浴室です。近くでカシャすると男脱衣所盗撮になるのでこの角度から。
浴室の看板?が面白い。トイレみたい。貴重品入れのロッカーもありますね。

脱衣所を奥から入り口に向かって撮ったもの。ちょっと男子との仕切りが低い昔あるあるの脱衣所。
扇風機もレトロ~でもこれっておしゃれレトロの扇風機?

だそうです。読んでくださいすいません。

おお~浴室は比較的新しい感じ。
ほーんのり芒硝臭がする~優しい香り。

湯口は男女兼用。なんと珍しい龍の湯口。析出物で顔が覆われてしまってますけど。
このね~隙間から絶妙に男子風呂見えちゃうの。ということは逆もそうだよね。
もっと近づいてお湯の匂いを嗅ぎたかったけど,男子風呂には配偶者の他にも一人いたようだったので,常に死角に陣取ってお湯を楽しみました。でね,その男子風呂のお兄さん(若い)時々湯口に近づいて,洗面器にお湯を汲んでいるだけど,どうもその行為が気になって・・・ちょっと遠慮してほしいな~ま~おばちゃんだけどさ~落ち着きませんでした。

しっかりかけ流し。お湯は温め適温。41度くらいかな。ゆっくり入って温まり,深い眠りへと導くというのが岩倉温泉さんのねらい。湯舟は深く(85センチだそう)配偶者でもどっぷり浸かることができたそう。
デビャさんは,この段差に腰かけてちょうどって感じ。
 

洗い場2か所。この辺りや上の写真のかけ流しポイント辺りがおそらく男子風呂から見えちゃうエリア。
シャワーで体を洗うことができませんでした。もしかしてクンクンシャワー(源泉)だったかな~。
優しいお湯でいつまでも入っていられたのですが,どうも湯口&ガラスブロックのスケスケ感により落ち着かなくって。ガラスブロックの下の部分に背中を付けてまったりとして過ごしました。
 
 




泉質はナトリウムーカルシウム塩化物・硫酸塩泉。PH6.7。
源泉温度58度の割には温め。加水無の表示でしたが,夏場は加水してたのかも。
窓から涼しい風が通り抜ける浴室でした~。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
 
 
 
 
 
 
 
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

那須 NAOZO PO290

2020-07-27 20:19:15 | パン
大鷹の湯を出てお子を那須塩原駅に降ろし,前々から行きたかったパン屋に直行!
那須の有名店ですね。NAOZOさんです。NAOZOさんは天然酵母の窯焼きパンがおいしいと有名で、県外からもはるばる買いに来るほどの人気店です。大鷹の湯に泊まったのは平日だし,予約は前日でいいだろうと電話してみると・・・一番人気の「山食」は11時・13時・15時30分の1日3回焼くのですが,もう15時の予約しか残っていないと・・・くーなんと。もっと早くに予約しておけばよかった。で仕方なく(失礼!)バゲットを11時半に予約しました。
外は雨のため写真はなし。
店内は一枚の絵のように美しい~。右手に釜があって若いお兄さんが一生懸命パンを焼いています。
11時半のちょっと前について,バゲット予約してたものですけど・・・というと
「あと20分くらいかかります」って。次々お客さんも着て密になりそうなので,売り場の隣のカフェエリアでコーヒーを注文して飲みながら待つことに。
 
ほら~奥に並んでいる山食は,もう他の人の物・・・クッ~。
一斤540円もします。ああ,エエ香り。スコーンやバナナパウンド,シフォンケーキもありますね。

焼き菓子も気になったけど,ベーグルがあったのでバゲットとともに購入。
そうそう,20分の待ち時間でコーヒーが出てくるまで10分かかりました。
一杯ずつゆっくりドリップしているようです。急いでいる人は要注意!
はい!きな粉ベーグルと思いきや,これがプレーンベーグル。ウマー。
小麦の味が濃く,歯ごたえあり。クラストはパリッと香ばしい。さすが,NAOZOのベーグルです。
151円。帰りにうまさに目を丸くしながら車を運転。夢中でハグハグ。

はい,車中の2個目。小豆きな粉ベーグル。198円。
あんこはあっさり。食べていてくどくありません。あっという間にデビャの胃袋へイーン。
適度な引きと癖になる歯ごたえ。う~ん,うまい。
うちに帰ってから食べたバゲット。324円。冷凍してちょびちょび食べました。
焼き直すと,クラストがパリッと中はもっちり。もちろん小麦の味はしっかり。
好きな味のバゲットです。これは,山食にも期待しちゃうな。次,那須方面に行くチャンスがあったら、早目の予約で山食ゲットだぜ。


写真は栃ナビさんから拝借<(_ _)>。
駐車場は広くはありません。気を付けて停めましょう。
あ,コーヒーもおいしかったよ。

NAOZO
営業時間 9:00~18:00
定休日  木曜日
電話   0287-68-0192(予約必須!)
キャッシュレスには対応していなかったと思います。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加