鄙びたオンドル小屋 ★弐★    by へすらあ

温泉・ドライブ・放浪・地球・自然・遠くへ行きたい
注)備忘録的なUPも多いので最新情報と言う訳でも無いですw

まぁ 色んな備忘録w 食べログ編(青森県)・・96-青森

2016-08-29 | 食べログ
皆様こんばんは!
また台風ですね・・・予想が外れて東に向かってくれればいいのですが
高高度の風向・気圧配置などでそれは無い可能性がありますネ
なんか二十数年前の台風19号を思い出します
あの時は東北の被害は凄かったからなぁ・・・・

あの轍を再度踏むような事は無いと思いますが警戒は必要ですね
何事も無い事は無いと思われますが 無い事を祈ります

では!本題へ戻ります

今回は諸々の諸事情で宿泊はビジホです(笑


青森市なのでこんなん必ず飾ってありますね♪


ビジホですがお土産も結構充実しています


さて、お腹空いたので街へと繰り出します

おさない食堂
所在地:〒030-0801 青森県青森市新町1−1−17
電話:017-722-6834、営業時間:0700-2100(1400~1600迄中休み)、休業日:毎月曜
駐車場:無し(近隣の有料駐車場を利用)


ぶっちゃけなんでも美味い食堂です(笑


メニューは季節の地場物中心で色々とあるので迷ってしまう方も多いと思います


あ!やはりここにも居たw


青森=陸奥湾=ほたて ですね


相方はホタテミックスフライ定食


私はビールをグビビと飲みながら新鮮なホタテのひも刺し


何故か頼んだ 青森県懐かしの味 ”タラのきく汁”(白子の汁物)


そして餃子w


私のメインは・・・醤油ラーメンです(笑


G用縮れ麺♪


歯ごたえのあるチャーシュー


ナルトも入っていますが シイタケがドーンと入っているんです


いや~満腹 満腹 余は満足じゃあ(^0^)

では
 では~

訪問日:2015年11月








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ 色んな備忘録w 温泉編(青森県)・・95-五所川原

2016-08-28 | 青森備忘録
津軽地区は余りに強力な温泉が点在してるんでついつい以前に入った所は
かなり期間をおいて後回しにしてしまう傾向があるんです

今回訪れた施設も完全リニューアルをしていたのですがなかなか立ち寄らず
ちょうど時間的にもスケジュール的にもすぐ傍らを通るので立ち寄りました(^^;

きずなのゆ 境関温泉
所在地:青森県弘前市境関亥ノ宮15−2
電話:0172-27-6106、営業時間:0500-2200、休業日:基本無し、駐車場:有・舗装・広い


全く変わってるんで初めて訪れた施設と変わんないですね 新しい♪
あら?スーパー銭湯でよく見る散髪屋さんも施設内にあるんですね


なんと食堂も あっそうだここ宿泊も出来るんだった。 しかし食堂も早朝からやってるなんて凄いですね


券売機でチャリンコと・・・


こんちはとカウンターへ渡して脱衣所へ♪


そうだ!ここ家族風呂もあるんだった 


到着~♪


↑パパッと脱いで浴室へGO!

浴槽バリエーションが多いのでサクサク紹介していきます(^^;
こちらは掛け湯(上がり湯)


主浴槽(適温)


主浴槽湯口←以前は湯花キャッチャーが付けられていたらしいですが今はありません


これは低温浴槽(温湯)


水中湯口で掛け流されています(無色透明??? 大量加水か加温井水かな?)


お隣のバイブラバス


サウナルーム


みんな大好き水風呂(低温)


ゆるい温度の水風呂(笑


こちら境関温泉の泉質はナトリウム-塩化物泉でPh約8、成分総計約4gのチョイ泡つきもある
ツルツルした浴感がある薄黄色の温まりの湯です


さてここからはさらに露天風呂の紹介です もうこうなればスーパー銭湯並みの浴槽数ですね♪
こちら露天風呂の主浴槽


まぁ チョッと閉鎖的な感じの眺めですが お外は気持ち良いですね


こちらは人気の寝湯


本当に気持ちがいい寝湯です 実際寝ている人も結構います(笑


以前の施設は何回か行っていたので愛着もありましたが 今は今で素晴らしいですね♪


さて 今夜の宿へと向かいます(ビジホですのw)

では
 では~

訪問日:2015年11月


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ 色んな備忘録w 温泉編(青森県)・・95-五所川原

2016-08-27 | 青森備忘録
畑の中を走りぬけてまさしくその名の通りの温泉まで来ました♪


はたけのゆっこ
所在地: 〒038-3802 青森県南津軽郡藤崎町藤崎向根子橋21−2
電話: 0172-75-6988、営業時間:0600-2200、休業日:基本無し、駐車場:有・舗装・広い


玄関は行ってすぐの所に券売機がありますのでチャリンコと購入し


受付に渡します・・・辺りを見回すと


わ!でかいプーさんだ


さて脱衣所へ サササと服を脱ぎまして浴室へ(笑


洗い場数はそんなに多いわけではありません 譲り愛必至ですね


主浴槽は中仕切り有の長方形が1つ 適温側は1部ジャグってます



高温側は・・・う~ん良いお湯ですじゃ


湯口は高温側のこちらのみ お湯からはアブラ臭寄りのつがる臭(臭素臭)がします♪


こちらの泉質はナトリウム-塩化物泉でPh8、成分総計2gで濃い茶褐色、ヌルツルな臭素臭香る温まりのお湯です


浴槽の壁には見事なアート・・どう見ても岩木山ではないなw


サウナ室は壁画の裏手にあたります


そこは まぁ通路で、露天風呂出入り口と突き当りには小さいながら水風呂があります

↑またこの水風呂も井水利用でつがる臭がします 気持ちいいわ~♪

さて露天風呂へ・・・桶浴槽が1つのみですね



湯口は竹を使った純和風・・・ただこの露天風呂、秋~春は温度が低すぎると思います(笑


さらに注意すべきは”浴槽内メッチャ滑ります” マジ気をつけましょうね 


いいゆっこでした さぁそろそろ戻りの段取りをしなければ・・・・でも・・
そうそう リニューアルしてから行ってない温泉施設がありました! そちらへ寄ってからだな

では
 では~

訪問日:2015年11月



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ 色んな備忘録w 温泉編(青森県)・・95-五所川原

2016-08-26 | 青森備忘録
玉乃湯からすぐ近くなんですw

藤崎老人福祉センター・西豊田温泉
所在地: 〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町西豊田1丁目3
電話: 0172-75-3232、営業時間:0900-2100、休館日:毎15日、駐車場:有・舗装・広い


あらら何か綺麗になってます・・・リフォームしたんですね


全部綺麗になってます


脱衣所入り口も綺麗


脱衣所も・・鏡はそのままですが仕切りサッシや壁なども部分的に新しくなってますね



貴重品はここへね♪


浴室へ・・・あらま以前の形もありゃしません 浴室内はフルリフォームされています
あのアメーバ浴槽もありません(涙

これが新浴槽です 中仕切り有の浴槽がひとつのみ


源泉掛け流しです(加水は調整されていると思います)


こちらは適温浴槽


1部ジャグっています  高温浴槽側はジャグ無しなので静かに入浴できます 


中央の湯口 多分源泉加水投入です(適温側)


こちらの泉質はナトリウム-塩化物泉でPh多分8程度、成分総計約1.1gで薄黄色、つがる臭を伴う
ツルツルした浴感の良い温まりの湯です


洗い場も仕切りが付いて豪華になっています


湯気抜けはあまり良くないですね


こちらはかなり熱くて狭いサウナ室


嬉しいのが以前無かった水道水利用の水風呂・・・・でも激狭です


激狭水風呂からの眺め 


知らんうちに変わっていたので逆にラッキーだったかな♪

では
 では~

訪問日:2015年11月
 














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ 色んな備忘録w 温泉編(青森県)・・95-五所川原

2016-08-25 | 青森備忘録
いつもならそのまま西方面へ行っちゃうんですが そこは我慢で
今回はさらに北に進みました

まぁ全部と言えば全部なんですが見ると入りたくなるんです(笑

藤崎のジャスコ近くでこの看板! 皆さんすぐわかると思います(^^)


喜龍温泉 玉乃湯
所在地:〒038-3802 青森県南津軽郡藤崎町藤崎西豊田54−1
電話:0172-75-5666、営業時間:0800-2200、休業日:不定、駐車場:有・舗装・広め


こちらはそこそこ鄙びた公衆浴場です
おお!カコイイ彫り物♪


なぜかミニー(^^)

・・・どこかでも見たような気がするなぁ~w あっ!隣にはミッキーの名残が見えます

脱衣所到着


クラシカルな典型的温泉銭湯スタイルですね



脱衣所⇔浴室間はこりゃまた典型的な防犯丸見えガラス仕切りスタイルです♪

↑良い文字ですな!

浴室内には私の好きなつがる臭(臭素臭)が漂います♪


島カランも健在ですね



浴室は行ってすぐ脇のサウナルーム・・・出ました!この窓w


興味が湧いたので入ってみました(^^;


中から見ると こんな感じ


熱かったので水風呂です!天然井水ですヨン


これがまた気持ちいいんだ 金気臭もするんです


こちら玉乃湯の泉質は単純温泉でPh約8、成分総計0.8gのややツルツル感のある軽い温まりの湯で
色も薄黄色・・・でも単純温泉かぁ・・??

↑無論 先程の表示通り全て源泉掛け流しです

浴槽は長方形の浴槽が中央にどーんと鎮座しております


あっても意味が無いと思われる仕切り?腰掛けなのかな???


湯口は塩ビ45℃の継ぎ手からジャンジャンです 香りもいい~♪



その他にはジャグジー風浴槽


このジャグジー浴槽が地元の方には人気です でも狭いんだな


ジャグジー浴槽の水中湯口


これは・・・露天? いいえwただの通用口です(笑


打たせ湯もあります


惜しげもなく滝


ここでつがる臭が舞い上がります ♪


良く見かけるシャワーブース・・大抵使われてはいませんけどね


最後に有名な「やすのへなが」絵です←卍の城物語のマーズれい郎さんが名付け親(爆
あん時は笑わせて頂きました もう今後は「やすのへなが」で呼びそうです(^^)



温度も心地よくつがる臭も香る ほんと居心地の良いお風呂です
良い事とは思えないのですが結構貸しきり状態にもなるし

さて次は・・・うんあそこだな

では
 では~

訪問日:2015年11月





































 












コメント
この記事をはてなブックマークに追加