まったり温泉 時々パン(パンお休み中)

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

大の目温泉 NO606

2018-01-31 21:26:55 | 山形の温泉
雪の山形に行ってきました~。行ったのは,大の目温泉です。10年ぶりくらいでしょうかね~。
お子が貧血を起こして,よろめいたことで有名な温泉。(そんな情報いらん)
って,これラーメン屋じゃないの?とお思いの方。ここはラーメン屋と温泉旅館が併設されている不思議な建物っす。

腹ごしらえの前に,体を温めるぴょん。駐車場側から温泉に行くことができます。

連絡通路てきな廊下を歩くと,旅館の帳場があって,たばこをくわえたおっちゃんがいました。
一人300円の入浴料をおっちゃんに払い,お風呂へ向かいます。


脱衣所です。ドライヤーあり。

ここ大の目温泉さんのお風呂は,この大きな岩が特徴。そして,地下800メートルの深さから自噴?している温泉を,そのまま使っている源泉100パーセントです。ほんのり鉄臭と熱めのお湯が気持ちいいです。ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉で,少し塩分があり,しっかり温まる緑褐色のお湯です。44度くらいあるかな~。

入ったり出たりを楽しみます。地元の人も多く,みんなペットボトルを持ち込んだり,温泉グッズを持ち込んだり,思い思いに過ごしていました。

あったまった後は,この通路を戻り,ラーメン店「有頂天の元祖」さんへ行きましょう。
ここは,ゲソ天ラーメンで有名なお店です。次々お客さんが来ます。ちょっと5分くらいかな。待ちました。
でも,回転が速いので,すぐ呼ばれますよ。

自家製麺が美味しいですよ~。

あ,デビャが食べたのは,ゲソ天ラーメンですよ。醤油味です。味噌が売りのお店ですが,醤油も美味しかったデス。
辛味噌も美味。人気のほどが伺えます。


美味しいラーメンと温泉が一度に味わえるあったかスポットでした。


にほんブログ村


にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡市菜園 穀 PO 253

2018-01-29 20:25:00 | パン
久しぶりにパン記事でっす。
盛岡に行ったときに寄った「穀」さん。川徳の向かいにあります。
昔は下の橋の方にあったようで,最近?移転したようです。ここは天然酵母にこだわった,カフェを併設した天然酵母パン屋さんです。オサレな外観~。

店内のパンが美味しそうで,素敵だったので,写真を撮らせてもらいました。

レーズン酵母のパンとか,こだわりを感じます。

クロワッサンとブリオッシュ。クロワッサンは200円かな?素朴なあまりバター感のしないクロワッサン。
健康に良さそうです。ブリオッシュは,タマゴとバターが多めのパンですが,ほんのり甘くて素朴な感じ。
うん,好きですね。

チョコチップパン?正式名は忘れました。2つ入って280円です。こちらも,しっかりとした歯ごたえで,余計なものが入っていない感じ。菓子パンですが,もちもち柔らか~というパンではありません。歯ごたえあります。

最後はプレーンベーグル。170円。引きは弱めでもっちりでもなく。やはり素朴という感じ。甘みもあまりなく,ザ・小麦って感じのベーグルでした。他には無い感じの食感・味のベーグルでした。

あ,あと豆乳チョコクリームパンというのも買って食べたけど,クリームが独特過ぎて最後まで食べることができなかったよぉ。ここのパンは,どれも力強い感じ。お子チャマには向きませんね。

本当は,バゲットも買おうと思ったけど,ここは盛岡。ってことは,福田パンもかうっちゃね。
んだっちゃだれ~,家の中パンだらけになっちゃうからね。我慢ってことで。なんで最後は仙台弁。

にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鳴子温泉 ホテル亀屋 NO605

2018-01-28 18:57:09 | 宮城の温泉
亀屋のお風呂編ですよ。まずは,宿泊者専用の展望風呂へ。エレベーターの扉が開くとこの光景。

脱衣所は,平均的。ホテルだけあって,無料のブラシやアメニティーも充実。


二見源泉だぞ。控えおろう~,て加水・循環・塩素ありですが・・・

そんなの浴室の扉を開けると,ふっとんじゃいます。芳ばしい石油系アブラ臭が襲ってきますよ~。

わあわあ,鳴子で入ったことのない湯舟に興奮ぎみです。ちょっと白濁した褐色のお湯。循環とはいえ,掛け流しもあり,お湯は新鮮。適温ツルツル。体に染みいるような浴感に,思わず声が「は~いいお湯じゃ。」

この日は,団体客もいたようですが,この展望風呂はほとんど独泉。入って休んでを繰り返しました。チェックイン直後と朝と2回入りました。

湯口の真ん前に陣取ると,循環のお湯の直撃を受けるので避けた方がいいかな。

雪を眺めながら,幸せな時間を過ごしました。二見源泉最高~。

では,夜中に入った1階の源泉掛け流しの桧風呂を紹介しましょう。

こちらは,日帰りの客も利用できるお風呂です。1階にあります。今亀屋の日帰りは,700円です。
暖簾の中にさらに男女の暖簾がありますよ。

脱衣所。ここの脱衣所換気のために,いつも寒い。

ささっと脱いで,浴室へ。う~ん,こちらも芳ばしや石油・薬品アブラ臭。うん,りんご温泉や松之山温泉系の香りです。

久しぶりに来ましたが,浴室の析出物がすごい。あちらもこちらも,ガッサガサ。座るところが無いくらい,とげとげしています。お湯は展望風呂よりは熱め。亀湯口から,熱い源泉がじゃんじゃん流れてくるので,首が熱いです。

あったまりますぅ。温度は43度くらいかな?

ホテルとは思えないほどのガキガキの浴槽。お風呂の壁は張り替えたかな?新しいような気がします。

露天も掛け流し。絶妙な湯温を保っていますよ。
狭いけど,露天は必要なのでしょうね。ホテルですからね。雪もやんで,お月様を眺めながらの入浴。

掛け流しポイントはお湯の成分で真っ黒。月岡温泉みたい。

源泉桧風呂に夜2回。展望風呂に2回。計4回入りました。
滝の湯の無料券ももらえるのですが,これで満足。外も常に氷点下。外には出ずに,暖かい館内でまったりしました。
ほんと,お風呂のためだけの宿泊。贅沢でした。また仕事ガンバロー。


にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳴子温泉 ホテル 亀屋 NO605

2018-01-27 16:09:33 | 宮城の温泉
珍しく一人お泊まりに行けそう。でも,この天気・・・どうしよう迷って迷って当日予約。
これまで泊まったことのない亀屋さん。宿泊者専用展望風呂がお目当てさ。節約で素泊まりです。

この雪ですよ。鳴子も70センチくらいの積雪。

ああ,可愛い。ミッフィーもどきちゃん。

堂々とした玄関。亀屋さんは,部屋数50と鳴子では大きい方のホテルですが,源泉掛け流しのお風呂があるのが売りです。

フロントはとても感じの良い丁寧な対応。客室まで案内付き。ちょっと恐縮です。

エレベーターで客室まで。3階から5階までが客室です。デビャは西館の和室に泊まりました。
部屋は温かい~。アメニティーは標準。急な当日予約でも,しっかりお部屋を暖めてくれていました。

西館からの眺めはこんな感じ。眼下には亀屋さんの駐車場と鳴子パールホテルさんなどが見えます。

部屋には洗面台とお風呂,トイレまで付いてます。施設は古いですが,きれいにしてあります。

アメニティー。タオルは名無し。う~ン,いけずう。
そういえば,半纏?が見当たらなかったな。下のピンクのがそうかな。浴衣だけでは廊下がちょっと寒いよ。

布団敷きのお兄ちゃんが,氷水を持ってきてくれました。気が気くぅ。

さて,まずはお初の展望風呂に行ってみよう。6階をぽちっとな。

お風呂編へ続く~。


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鳴子はこんな感じです

2018-01-27 07:39:33 | その他
除雪はオッケー。
昨晩はあまり降らなかったかな。
安全運転でおいでっ。






雪見風呂が堪能できます!
は〜二見源泉最高。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加