まったり温泉 時々パン

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

東鳴子温泉 勘七湯 NO20

2012-10-29 20:37:38 | 宮城の温泉
あいにく、週末は雨。午後にディラー回りが控えていたので、硫黄泉は避け、またもや東鳴子に出没。

露天でなくとも広くて「日帰り温泉の本」の割引きがきく所…。久しぶりに勘七湯さんをチョイス。(^O^)
ここは、小浴場がいいんだよね~。駐車するとこに迷いながらも、なんとかピットイン。(前は、ご主人が飛んで出てきて、誘導してくれたんだょ。)

中に入り、割引きで400円を払います。通常は500円ね。
さて、大浴場をチョイスする旦那さまとさっさと別れ、小浴場の不老泉を目指します。
脱衣所は狭いです。2人分ですな。中は、ムアッとします。香ばしいアブラ臭。湯温は42度。ピラミッド型の湯口です。洗い場は一つ。ボディーソープのみ。不思議なのは、結構な量のお湯が注がれているのに、オーバーフローしていないこと。かといって、温度計を入れていても、何処かに吸い付くわけでもなく。
(`_´)ゞうーん。謎です。まあ、お湯が良ければいいんだけどさ。窓を開け雨音を聞きながら、アブラ臭を鼻から注入し、紅茶色のツルつる湯を楽しみました。
お次は、大浴場です。綺麗に掃除されてます。いたる所に大野さんの版画などが飾られています。この絵は誰のだったかな。

お湯は40度あるかな?というくらい、まったりできるお湯でした。やはり、大浴場もオーバーフローしていないんですわ。見逃したかな?循環の吸入口もみつかりません。誰か仕組みを教えてください。m(._.)m
旦那様に聞くと、男子風呂はそこそこ熱かったらしい。そしてオーバーフローありだったらしい。でも、加水してるから、そんなに温度差は出ないはず。ウー、なぞが多い勘七湯さんなのでした。
コメント

東鳴子温泉 高友旅館 NO19 其の弍

2012-10-28 09:04:19 | 宮城の温泉
ラムネ風呂を堪能した後は、黒湯に突撃です。
あら?初めて見る張り紙です。もしや、冬場は適温なのか?
さて、こんにちわ~。おじゃましま~す。おっ!いつものツルこけし。と、写真を撮ったところで、黒湯の存在が気になり、混浴の方へ行ってみることに。誰もいません。やはり、生の黒は違う!ビールか⁈圧倒的な存在感です。壁を修理したのか、板を貼っています。これがまたいい感じ。入りたい…。入りたい…。ぐっとこらえ、また女黒湯に戻ります。女黒湯は、恐らく、プール風呂と黒湯の混合だとは思うのですが、プール風呂に近いんじゃないかな。本物の黒湯を目の当たりにしたら、泉質が全然違うと思いました。今度は泊まりで、ラムネと黒生のループといきたいもんです。
高友に来ると、古いけどきちんと掃除されていることに感心します。湯船がヌルヌルすることも、排水溝に髪の毛が溜まっていることもありません。いつも気持ちよく立ち寄らせていただいてます。^o^
コメント

東鳴子温泉 高友旅館 NO19 其の壱

2012-10-27 19:15:52 | 宮城の温泉
や~、今週は仕事が忙しかった。ディラー回りで?痛めた首を治療しに高友旅館に来ましたよ。
鳴子への道路は所々渋滞し、10時の入浴開始時刻には間に合いませんでした。混んでたらやだなあと思いましたが、相変わらず静かな東鳴子温泉。

高友旅館も、他にお客さんも無く、静かです…思わず、「今日は満室ですか?」と聞くと、だいぶ埋まってきましたよ、との返事にホッとしました。
虫のいい話です。自分が入る時だけ空いていて欲しいとは。;^_^A

黒湯は、清掃中で湯が溜まってないと言われたので、ラムネ湯に突撃です。相変わらずの錆び加減。
浴室のドアを開けると…。凄い泡、泡、泡ざます。初めての人はビックリするでしょう。温度計を入れてみると、あれ?意外と普通の湯温です。44度です。湯口です。東根方式ともいうのでしょうか。熱い時は、ここに加水します。少し加水して、43度まで下げてから入ります。白い湯花が舞います。香りは独特です。硫黄臭と石油系の香りが混じった香りがします。アブラ臭とは違います。巣郷や初音とは違うガツンと来る香りですわ~。好き嫌いが分かれるかもしれませんなぁ。一応、洗い場もあり、シャンプー類もあります。ただ、適温が出るまで時間がかかった記憶があります。窓から秋の涼しい風が入り、気持ちいい~。出たり入ったりを繰り返しました。

そろそろ、黒湯が溜まった頃かな?次は黒湯をご案内?
コメント

工房パルコの米粉パン「古川の恵」PO10

2012-10-27 07:44:40 | パン
たまに生協の家庭班に出ると必ず注文するパルコの米粉パン。
パルコは、大崎市にあるパン屋さんで、障がいがある方が働いている授産施設のようなお店です。ということもあり、お店の開店時間が短いんです。平日、仕事帰りに行くのは厳しい。確か土曜日もやってなかったはず。(定かではない。)
お店は明るく可愛いんですょ。

という訳で、働く主婦はなかなかお目にかかれないパルコのパン。もはや、幻のパンの域に達しておりまする。

それを生協の家庭班パンフに見つけたら買いますよね。それも、限定400食。
昨日、我が家に届きましたよ。ジャーン‼外は固めで、中がしっとりしているため、潰れたような形になっています。成分表です。パルコの米粉パンは、日持ちがあまりしませんな。スライスすると、北川景子もビックリの美白。焼いて食べると、こりゃ~うまい。もっちり、いや、餅ですな。パンの食感ではありませぬ。

腹持ちもいい。うちの家族も大ファンです。平日の日中、古川に来ることがあったら、ぜひ幻の美白もち肌、北川景子パン?、ご購入あれ。
コメント

鬼首温泉 大新館 NO18

2012-10-21 18:01:43 | 宮城の温泉
このブログを始めてから、明日で二ヶ月。今回初めてランキングが26693位に。これまでご覧いただいた皆様ありがとうございます。
今後も気まぐれにお付き合いくださいませ。


今週末は、ディラー回り。長年乗った愛車にガタがきはじめたので(ECO湯めぐりのためでもある)買い替えを考え中。高い車は無理なのでコンパクトカーを狙っている。困った。営業マンさんを助手席に乗せた狭い車内で、硫黄臭やアブラ臭をさせてはいけない。
;^_^A
そこでMTMMのお湯で、雰囲気が良い大新館さんをチョイスです。

赤い橋に擦らないよう、慎重にピットイン。
みやぎ日帰り本を見せ、日帰り入浴を願いでると、快く割引きに応じてくれました。500円が400円になります。
まずは、露天から。雰囲気イイですよ~。
中はシンプル。脱衣カゴだけ。落ち葉が浮かぶ湯船…。4人サイズ。男子風呂は、10人くらいは入れるようです。
湯温はぬるめです。40度くらいでしょう。少し寒く感じたので、湯口付近に近づき、入浴。野湯のような、ワイルドさもあります。葉っぱ、虫さんこんにちは。(^_^)
廃湯の仕組みが面白い。

服を着て、内湯へ移動します。中は、改装したのが2008年らしいので、綺麗です。脱衣所はちょっと使いづらい。脱衣カゴ上二段は使えません。奥行きもないんです。他のお客さんと鉢合わせると、どちらかが出入口前で待つか、堂々と脱ぐかしかありません。



何処までも透明なお湯。静かに源泉が流れこみます。やはり、ぬるめ。源泉温度は87度あるのですが、湯量を絞ってますね~。
久しぶりに柔らかな温泉臭を堪能しました。内湯も綺麗で、シャワーもバンバンでます。頭皮マッサージできるくらい。

帰りは、大新館さんを出て、左にハンドルを切りますょ。目の前の道路は一方通行ですよ。たまに、逆走してくる車があって、困ったもんです。鬼首温泉に起こしの際は、お気を付けて。

せっかくゆっくり湯汲みができたのに、ディラーで慣れない車に試乗しまくったので、首を痛めてしまいました。(どんな運転じゃ)

来週は…、高友の黒湯で治療かな?
コメント