まったり温泉 時々パン(パンお休み中)

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

念願の芒硝露天 早稲沢温泉 温泉民宿 森川荘 NO1026

2022-10-02 07:00:00 | 福島の温泉

たばこ屋旅館さんを出て,檜原湖の北を通り初めての温泉地へ。

まあ,この前日に米沢から会津に抜けるために通貨していましたが,またやってきました。

会津の湯巡りではなかなか檜原湖の北側って行かなくって。やっと来れました。

北塩原村にある「早稲沢(わせざわ)温泉」にある森川荘さんです。
 
パッと見,普通の民宿ですが玄関には堂々たる温泉マット。
玄関のブザーを押しても誰も来ず,看板に書いてあった番号に電話すると・・・
すぐに女将さんが来てくださいました。
500円を支払って,露天入れますか?と聞くと,どうぞ露天も内湯も入っていってねと
なんとも嬉しいお答えが。わーい。
 

 
敷地内,それもだいぶ道路側に露天小屋がありました。
素敵な佇まいです。
 

 
道路側から見るとこんな感じ。
ステキ♡
森と川の温泉と名前が付いています。

 
入り口にある札を「女性入浴中」にして中へ。
脱衣所はシンプル~
露天にありがちなクモの巣や枯れ葉,そのたもろもろは無く清潔に
保たれてます。

 
たばこ屋さんに続き,きれいなお湯ですじゃ。
 

 
ちょっと立ちあがると目の前の道路です。
天気もよかったので,バイカーが結構通りましたね。
 
服を脱いだら低空飛行(アラレちゃんのキーンポーズ?)で前に進み
かけ湯してザブーン たっぷりのお湯が溢れます。
贅沢な時間・・・お湯はつるつるで屋外のためかそんなに香りは強くないですね。
湯温は41度くらいでしょうか~とにかく優しい刺激のないお湯でした。
秋の空気をたっぷり吸ってしばらくボー
 



 
道路見えるでしょ。

 
入浴目線~ふうふう



限りなく透明・・・
 
 
終わったら札をもとに戻しましょう

 
目の前にコンテナ発見!
湯オタなら速攻で入りそうですが,めちゃちべたかった。
ただの沢水?地下水?でしょうか。
昔浴槽だったのかもしれませんね。


さて、内湯にも入ろうぞ。
最初は露天だけにしようと思っていましたが・・・
折角声を掛けてもらったのだから入ってみよう。
 
 
脱衣所はゆったり。

 
 
キャー!!!素敵すぎる。
露天のウッディなのもいいけど,このこぢんまり具合とタイルが
最高じゃないですか!
森川荘=露天しか頭になかったので(言い方)いい意味で期待を裏切られ,
思わず声が出ちゃいました。
 

 
しっかりかけ流し
そして,甘い芒硝臭・・・
クンクンは~いい香り
湯温は42度ないかって感じ。これまたやさすい
湯船のサイズは一人ですね。

 
カランは2つ

 
じょぼじょぼ湯口でクンクン至福タイム

 
泉質はカルシウム・硫酸塩泉です。
湯温は45度越え
冬に入りたい泉質でもありますねぇ



露天・内湯とどちらも夏向き湯温で優しい入り心地ではありましたが,
そこは「ザ・芒硝泉」しっかり温まり温泉成分をチャージして,宿にチェックインですぞ。
 
またまた初めての温泉地。
行ってみたかったんだよ・・・(そんなのばっか)
 



静かな湖畔に佇む宿 桧原温泉 たばこ屋旅館 NO1025

2022-10-01 06:00:00 | 福島の温泉

さてさて新規の入浴ですじゃ。

恵比寿屋さんを出て,次に向かったのが檜原湖畔。この辺りは,猫魔のオレンジ色や,

湯の香さんの硫黄泉(タマゴ臭)などありますが,アルカリ性単純泉や芒硝泉などの

MT泉も外せないかと。

ということで,湯巡りの中休みとしてMT泉の代表格「桧原温泉」はたばこ屋旅館さんへ。

 
 
ここは,冬時期スキー客やワカサギ釣り(ワカサギって出て来なかった・・・
カワハギって書きそうに・・・加齢よ・・・( ;∀;)で賑わうようです。
 
宿に向かって左手に車3台くらいの砂利駐車場があったので,そちらに停めて
すると,なんと湯巡りのカップルと入れ違いに。
人気店ですじゃ。
 

 
優しそうな女将さんに入浴料400円を支払い中へ。
きれいな廊下ですねぇ。見習おう。(なんの決意?)
一番奥が男湯かな?遠いな~

 
女湯は嬉しの湯というらしい。
ちなみに,男湯は幸福(しあわせ)の湯というらしい。
あ、そういえば札をそのままで入ってしまったな。

 
温泉成分表が高い位置にあって,読めず。
えっと,アルカリ性単純泉ですね。

 
脱衣所はこぢんまり。
お家の脱衣所みたいですね。

おおおきれい~。
事前情報だとヒノキ風呂じゃなくて,タイル風呂っぽかったけど。
浴室にはヒノキの香りが充満・・・・
ええ感じよ。
 

 
源泉がちょろりちょろりと注がれ,控えめなかけ流し。
事前情報によると,熱いと聞いていましたが,夏用なのか湯量もしぼってあり,
なんと温湯です。

 
お湯はほぼ無味無臭,湯温は40度くらいかな。
ちょっと湯面から温泉臭がしたようなしないような。
とにかくつるんつるんの手触り。
もしかして泡付きがあったのかな?滑るような手触りでした。
 

 
きれいな湯舟&お湯・・・目からも癒される。



角度を変えてもう一枚。
日本美人な浴槽です。
 
 
カランは2つ。
オレンジのトリートメント?,次のお風呂にもあったな?
檜原湖限定?



ゆっくり温湯を味わいました。
冬に熱めで入ったら更に気持ちいいだろうなあ。
男湯もリニューアルしたのだろうか・・・
では,次へレッツゴー。
 



アチチの交互浴になってたぜ 玉梨温泉 恵比寿屋旅館

2022-09-30 20:51:25 | 福島の温泉

今回の湯巡り旅は,たくさん温泉に入ったので,バンバン紹介していくぜい。

(記憶力との闘いじゃ)

では,恵比寿屋さんの貸切風呂「月と太陽」の紹介です。

あ,ここは2階の廊下だった。正しくは1階の廊下の奥突き当りの

鉄の扉(非常口みたいなやつ)を開けて・・・

 
 
ほっそい階段を数段降りて,見えてくるのが湯小屋です。

 
ここ月と太陽の月の方の湯船には,恵比寿屋となりにある共同浴場
八町(たしかはちまちと読む)に注がれている亀ノ湯です。
源泉温度41度超えの温湯です~。(温湯っていう?)

 
脱衣所は撮れていませんでした。
湯小屋の中はこんな感じ。
野尻川を望む月窓の下にあるのが,亀ノ湯です。
シュワシュワの炭酸泉でっすと言いたいところでしたが,今回の泡付きは今一つ
残念・・・旅館の露天風呂の炭酸泉で〇〇がピリピリしたのが苦手だったらしく,
配偶者,こちらには入らず。もったいない。
上野動物園に行ってパンダ見ないで帰ってくるのと同じくらいもったいない。

 
見た目はシュワっとしてますね。
泡付きはありますよ,ただ前回の宿泊が一番よかったので,ちょっとだけ
あれ?となってしまいました。



 
こちらは玉梨源泉。芯までぬくだまるお湯です。
今回は亀ノ湯もそんなに温くなかったので,交互浴・・・という感じでは
ありませんでしたが,サラリと20分くらいで上がりました。
宿泊すると,夕飯以降は30分単位で何度でも入れるので,非常にお得です。





さて,恵比寿屋さんをチェックアウトしたら,前々から行ってみたかった
裏磐梯の芒硝泉にレッツゴー。
 
まだまだ温泉入る税。
 



アチチの交互浴になってたぜい 玉梨温泉 恵比寿屋旅館

2022-09-29 22:56:08 | 福島の温泉

ではでは,お風呂編のスタートですぞ。

恵比寿屋さんのお風呂は1階に集中してあります。階段を降りると右手が女湯。

左手が男湯です。そして,写真の右端,サンダルが並んでいるところが貸切風呂に行く扉です。

 
 
脱衣所に入ると,洗面台のエリアと脱衣エリアに分かれています。
洗面台は2つですね。

 
入って正面が脱衣スペース。脱衣スペースを見て後ろが洗面スペース。
脱衣かごは7つ。スペース的には,3~4人でいっぱいかな。

 
見える,見えるよ。パラダイス。

 
こちらが内湯。不規則な音を立て源泉がぷしゅーごぼごぼとうなっています。
この濁り湯好きですじゃ。じんじん来るんす。このお湯は「パワー!!!」byなかやまきんに君

 
シュワゴボの湯口。湯温は43度くらいかな。
うっすらと土類臭という感じ。手触りはツルキシ
泉質はナトリウムー炭酸水素塩泉・塩化物・硫酸塩泉 源泉温度は45.9度です。
ここは玉梨温泉(町営)を利用しています。

 
さて,内湯で体の芯まで温まったら,扉一枚で露天スペースへ。
あ,扉2枚あるんだった,確か。

 
女湯の露天スペースには太い柱があり,こちらの八町源泉の浴槽は柱を回り込むようにいかないと写真が撮れません。
完璧一人サイズ。ここに知らない人と一緒には入れません。精神的にも物理的にも・・・
なんなら,家族同士でも難しい。



こちらも玉梨源泉でしょうか。内湯と同じだと思うのですが,全然色が違いますね。
こちらめちゃアツ45度のお湯がジャンジャンなんで,しびれます。
昔は,四角い方の「八町温泉」=「亀ノ湯源泉」が41度あるかないかで,シュワシュワの
温湯でした。
肌にまとわりつく泡を払って遊んでいると,時間があっという間に過ぎて。
今は,玉梨と八町の混合なので,どっちも熱め。
どっちに入っても熱いので,微妙な交互浴となりました。
 
 
 

男湯の露天は,こんな感じ。柱がないから分かりやすいね。
アチチの湯を交互に堪能。
そういえば,配偶者は生まれて初めての炭酸泉だったけど,
身体の敏感なところ(!)がピリピリしてびっくりしたそうな。
そう言ってはいたものの,今回の八町源泉の泡付きは
おとなしめ。ほんのり金気臭があり,茶色い湯花も見えました。
 


次回は,月と太陽という素敵なネーミングの貸切風呂をご紹介~。

ではでは。
 



アチチの交互浴になってたぜ 玉梨温泉 恵比寿屋旅館 

2022-09-29 08:59:46 | 福島の温泉

サクッと恵比寿屋さんのお食事をば。

夕食は18時か18時半(だったと思います)3階のフロントの背後に回り込むように廊下を進むと

食事をする大広間がありました。朝も同じところです。

今,福島では写真のようなキャンペーンをやっていて,おちょこ一杯の食前日本酒が付いていました。

(銘柄は不明です・・・)

 
 
左から前菜類・・・ニシンを〆た?ようなものに切干大根にわらびの煮物にお魚の照り焼き(魚の種類不明→チミは日本人か?)
         あと,胡瓜と玉ねぎ?ミョウガ?の浅漬けのみじん切り。これがさっぱりしていてお酒のアテにいい!
右・・・豆腐と海藻と湯葉のお刺身。おそらく玉梨とうふ店のものかな?湯葉も豆腐も美味しい!



左は煮物,この時期会津ではいたる所でこの南瓜が売っていました。甘くておいしい,ほくほく。
右は定番茶わん蒸し

恵比寿屋さんの看板メニュー揚げ蕎麦のあんかけ。
うっかりデビャが食べてしまったので,配偶者がほれと差し出してくれたものをパシャリ。
ちょっとしんなり&カリの触感に蕎麦の風味,甘いあんかけが合う。
食べ応えあります。



天ぷら。山菜となす,シイタケ,ピーマンだったかな?

 
もうお腹いっぱい。
最後は,キノコ(松茸?のだったかな???)の炊き込みご飯と吸い物でした。
 



ここからは朝ごはん。
朝ごはんは,7時半か8時?だったような。
2段重的な入れ物にまとまってありました。
ご飯がすすむ君ラインナップ・ザ定番。
どれも美味しい・・・
ご飯を一杯で止めて(毎度無駄な抵抗・・・)でもお腹いっぱいよ
 
 
 
 
お腹いっぱいの理由はご飯の他に温泉粥がついてきたから~。
優しいお味・・・うまっ体に染みるぜ。

 
なめこと豆腐の味噌汁
これも体に浸透する旨さ~はううう。

 
あったか湯豆腐も付いてきた。
下のとろろに絡めていただくという珍しいスタイル。



恵比寿屋さんのお食事はどれも家庭的で美味しい。
温泉で疲れた(運転ではなく?)体に染みわたるお食事でした。
 
 
さて,次回は配偶者が「ここのお湯はガツンとくる,入ると疲れるねぇ」と言っていた
玉梨温泉のお湯をご紹介するっちゃ。