まったり温泉 時々パン(パンお休み中)

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

インスタも始めました!

上越のパン屋とかグルメとか

2024-05-27 10:50:22 | パン

なかなか足を運べない上越地方。できるだけ上越でパン屋を見つけたい。

下越のパン屋,カワムラさんとか徳之助さんとかは行ったから・・・

あ,赤倉ホテルをチェックアウトしてランチに選んだのが上越市にある

「レストラン ヨーデル金谷」さんです~ちょっとお高級な感じですが,

2000円くらいで豪華ランチがいただける。

 
 
日本スキー発祥の地らしい。

 
中は広くて,個室っぽくなっているところや4~5人で囲める円卓など
座席のバリエーションが豊富。

 
いただいたのは,ヨーデル金谷さんの名物料理「ビーフカツレツ」
のデミグラスソース。大きなカツレツと付け合わせのサラダ・パスタに
その下にはマッシュポテト(確かあったよ)
ま~カツレツが箸で食べられるくらい柔らかく,ソースも美味しい。
 

 
ランチセットにはドルチェ(ティラミスかプリンか選べる)にドリンクバー
がある。ふう、お腹いっぱい。写っていないけど,ライスも来たよ。
新潟のお米は美味しいな~。
このプリン,めっちゃ濃厚で美味しかった・・・
ちなみにビーフカツレツランチで2145円
 
レストランヨーデル金谷
新潟県 上越市大貫2丁目17-40
025-523-0681
ランチ 11:00 ~ 14:00
営業時間 11:00~21:00
休日: 月曜日の夜と火曜日の全日を定休日
 

 
その後に寄ったのが,ブルックリンさん。
ここはラウンドメープルパンなるものが美味しいらしい。

 
レシートもないので,名前・値段はご容赦を。
こちらは生ドーナツ。クリームふんわり~柔らかい・・・
クリーム軽くてペロリ。



帰宅後に食べたメープルラウンドハーフ。
ハーフなので,300円くらいだったかな?結構メープルやチョコが練りこまれているパンって,
高いんですよね。でも良心的。そして,美味しかった。そのままでも美味しいし,
オーブンで軽くあぶっても美味しい。
生地が美味しいんですね~
 
 
カステラパン。ちょっと時間が経ってしまい、クリームがドロンドロンになってしまったけど,
きっと買ってすぐ食べるとめちゃ美味しいんだろう。



 
 
 
ここからは,道の駅あらいに併設されている「パトラッシュ」さん。





広い敷地の端っこにあるので,一瞬無くなった?と焦る。
人気店で人気パンは売り切れることもあるとか。
 
 
ラインナップはハード系が多かったな~
美味しそうなパンばかりで,源泉いや厳選するのに悶絶しました・・・

 
ゴルゴンゾーラとクルミ,蜂蜜のフランスパン。
これ,家で焼き直して食べたらめっちゃ美味しかった。
好きなクラストバリバリ系です。

 
 
こちらが,確か旨辛カレーパン。
牛肉がゴロゴロ入っていて,生地ももっちり。
カレーパンって中のカレーしか印象にない場合が多いけど,
ここのカレーパンは生地もしっかり感じられる。
焼き立てで食べたかった・・・

 
新潟の湯巡りで感じたことは,肘折みたいに湯治宿がないので,
一人泊は朝食付きの宿が多いなと。そもそも一人泊受付けていない宿も多いね。
夕飯難民にならないように対策が必要でした。
もう夕飯は割り切ってパンにするか,夜はミサとか有名な食事処で済ますとか,
素泊まりで朝用にパンを買うとか,工夫が必要ですね。
 
もちろん,スーパーで美味しい海鮮や総菜と「風味爽快ニシテ」や日本酒「雪中梅」
などを買って宴会もいいかもですが・・・(デビャは下戸なんでこの楽しみ方できないんですよね)
 
 

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最後のブー 雲母温泉 上関共同浴場

2024-05-26 23:14:56 | 新潟の温泉

新潟の帰りは関川村を抜けて山形小国に出るルート。そうなるとえちご関川温泉郷を通りますよね。

その中で1・2を争う渋い共同浴場がここ上関共同浴場。道の駅せきかわ近く。

看板もあるけど目立たないので通り過ぎないように注意。メイン道路国道113号線から見えるところにあるので

この外観,しかと覚えてて。

 
 
目の前に駐車場5台分くらいあるけど,斜めに停めるので大きな車の人はちと大変かな。
お風呂グッズと100円玉を握りしめ,いざ構えます。
入浴料100円を緑のボックスに入れると上のスピーカーから大音量のブザーが鳴ります。
それもしばらく鳴り響くのです。分かっていてもビクッとします。(毎度ビクッとなる)

 
お独泉だ。
久しぶりの鄙びた雰囲気の脱衣所に気持ちがはやります。
急げ急げ脱ぎ脱ぎ・・・

 
泉質はナトリウムー塩化物・硫酸塩泉
湯温は70度越え。
加水ありですが,お湯の特徴をしっかり感じます。

 
キャー素晴らしい。
いつも以上のかけ流し量。
いつもは地元の人がいてお湯もほぐれているのですが,どうやら
ありのままのお湯っぽいぞ。掛け流されている温泉の上を歩いたら・・・アチチ。

 
ざぶざぶと掛け流されていて少し沢水は入っているようですが,
熱くて近寄れません。
何とか水道の水で加水してその加水ポイントに静かにしゃがんで
しばし,我慢大会。
うぬぬぬ~今回はダチョウ倶楽部です。
こんな時もあるんですね。ゆっくり入れる湯温なら茶色い湯花を観察したり,
お湯の香りを楽しんだり(ほんのりです)できるのですが・・・


今回は,帰りのドライブ気を付けろよのメッセージみたいな
しゃっきりアチチのお湯でした。
全身真っ赤。
よし、目が覚めた(寝てませんよ)
家に帰ろう・・・
関川のお湯ありがとうねぇ
 

 

 

 

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白茶灰茶緑からのブー 月岡温泉 湯宿あかまつ NO1118

2024-05-25 19:08:49 | 新潟の温泉

あせあせ,出勤前じゃ。さらっとレポするね。

あかまつさんのお風呂紹介~

月岡のお風呂は「浪花屋」さん以来。アブラが浮いた黒いお湯。

楽しみぃ~渡り廊下を進み・・・

 
 


 
 
赤い暖簾を失礼しまーす。

 
広くてゆったりの脱衣所。

 
お風呂失礼します~
月岡らしい硫黄の香りに満たされている浴室です

 
イメージしていた黒いアブラ湯花や真っ黒い排水溝はなく,咲花のお湯をちょっと暗くした感じ。
 

 
ん?排湯溝が2つある。
そしてなかなかの投入量・・・
 

 
どうもこんちは。太郎君。
太郎君は人工心肺(循環)とはいえ,さすが月岡のお湯。
つるつると硫黄の香り特徴は残っていますね。
適温41度くらいかな
ずっと入っていられます・・・ふう

 
朝の雰囲気
朝は誰にも会わず。
 
 

 
源泉は投入されてかけ流し状態なんで半循環といったところ。

 
はあ~ちょっと湯温が低かったので湯口太郎くんの口をはずして投入量アップ。
湯口に寄り添いながら朝の月岡のお湯を楽しんでいたら,黒い湯花こんにちわ~
 

 
半循環なので,お湯の特徴を残したまま、優しいお湯に癒される時間となりました。
 
あかまつさんの浴場は夜23:00~朝6:00の間、防犯の都合上施錠となります。
一晩中入りたい,日の出とともに入りたいという方はちと厳しい時間設定かもしれません。
 
チェックアウトしました。右の建物があかまつさん。
左奥には駐車場がありました。赤丸のところ。
広くて10台は停められそう。
 


 
 
駐車場から見えたあかまつさんの湯小屋。
ええ感じ。大きなホテルに負けずに頑張って営業を続けて欲しいデス。
みなさんもぜひ泊まってみてね。



 


最後にちょいと月岡情報~
 
夜ご飯,正直近くで食べるところは(平日だった)居酒屋一軒と寿司屋一軒。
月曜だったんで,休みも多かったのかも。
ちょっとしたバーみたいなところもあったかな?
デビャさんは,「寿司駒」さんで握りを食べたよ。
新潟らしい寿司ネタがありました(夢中で食べて写真無し)
 
あかまつさんのレポはこれにて終了
白・・・燕
茶・・・関
灰・・・赤倉
茶・・・寺宝
緑・・・月岡
こんな感じでカラフルなお湯を堪能した2泊3日の新潟湯巡りでした。
で,最後の「ブー」といえば,そうそうあれあれ。
何度もレポしているけど新潟の〆はあそこなんです。
お付き合いおば。
 
湯宿あかまつ
新潟県新発田市月岡温泉552‐24
TEL:0254‐20‐8201

 

 

 

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白茶灰茶緑からのブー 月岡温泉 湯宿あかまつ NO1118

2024-05-24 08:31:21 | 新潟の温泉

はい,新潟湯旅に戻ります。

上越からほぼ下道でのんびりやってきたのは月岡温泉。月岡温泉は日帰りで一回立ち寄っただけで,なかなか足が向かない温泉地・・・循環が多いんですよね。そんな中「あかまつ」さんは湯使いがいいということで素泊まりでお世話になることに。

 
 
 
ちょっと遅れて17時のチェックイン。
想像以上にきれいでびっくり。
あまり調べないで予約したからなあ
快適快適。
 
 
奥には休憩室があって,お客さんから寄贈された本がいろいろおいてありました。
新潟の湯巡り本があって(・_・D フムフムと読みました。

 
湯宿あかまつさんは,全7室のこぢんまりしたお宿。
とっても静かです。デビャの他に泊まってた人いたのかな???

 
部屋は2階。廊下には電子レンジ。奥にはゴミ捨て場も。
あれ?1階に8号室がある。(今気づく)
基本素泊まり宿ですが,自炊場はないようです。

 
お部屋の数々・・・もう一台電子レンジかな?

 
では、いよいよ中へ・・・

 
ドアを開けると洗面所。
ここあかまつさんは,各部屋に洗面とトイレがあります。
たいしたもんだ。

 
一人には十分すぎる8畳間。きれいだね~。やっぱりきれいなところは安心できる。

 
おしゃれな壁紙とおしゃれなトイレ。



トイレ側からみた部屋。
 
 
奥から入り口を見た図。
電気はリモコンで。寝ながらピッと。
エアコンもありました。

 
おトイレ。

 
アメニティー達。何度もお風呂に入るので,浴衣はありがたい。
タオルは無地るし。
 

 
湯沸かしポットあり。
旅先で飲むコーヒーの美味しいことよ。



ちょっとしたお茶請けもありました。
冷蔵庫は空でした。赤倉ホテルでもらった水を冷やしたけど,忘れてきた(-_-;)
 


 
 
 
そして、あかまつさんは希望すれば朝無料の軽食を出してくれます。
軽食といっても十分。パンとサラダと美味しい珈琲があれば幸せ。
パンもふんわり温めてあってきめ細かい心配り
フロント奥の食堂で食べました。
 




玄関にあった看板
前は赤松館という名前だったのかな
 


 
では次はあかまつさんのお風呂紹介です。
湯口太郎さんがゲストですよ〜。
 
 
 

 

 

 

 

コメント (3)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

奇跡の家族風呂! 永岡温泉 夢の湯 NO1117

2024-05-23 16:17:38 | 岩手の温泉

新潟湯旅の途中ですが,新鮮なネタを一旦挟みますね~。長岡・永岡繋がりってことで???

先日岩手に用事があってその帰り胆沢郡金ヶ崎にある夢の湯に寄ってみました。

大浴場は何度も入っていますが,せっかくここまで来たのだから,家族風呂に入ってみたいと

電話で予約したよ~平日だったので空いていました。

 
 
隣にゴルフ場があるので,宿泊もやっています。
そのため,日帰りは6時から。朝早くてありがてえ。

 
家族風呂って,お値段お高めかもとドキドキしましたが,1時間千円。
プラス入浴料。1600円で入れます。青森とそんなに価格変わらない。
お得だね~。
なお,イオンカード提示すると,100円引きになります。
日帰りも。あとJAF会員も割引になります。
昔は350円で日帰りできたんだけど,今は600円・・・
(同じ愚痴続く貧民ブログ・・・)

 
割引対象なので,入浴券売機あったけど,直接フロントの人にお支払い。1500円チャリーン$
では,初めての家族風呂に参ろうぞ。
赤シールのところにワイは今立っておる。右に曲がると大浴場。
左に曲がって右に曲がってまた右ですね。

 
ちゃんと案内があるので,方向音痴も安心。

 
2回目の右折。
それにしても,最近交差点右折する時,真ん中まで出ない車多くない?
ずいぶん手前で右折まち。そして中央に寄らないから,左脇すり抜けられんのよ。
って愚痴出た。
あ,そうそうこの廊下の奥に進むと,もうすでにほんのり温泉の香りがしましたよ。

 
家族風呂に着きました。
1と2があって,1の方が大きそう。
デビャさんは一人だったので,小さい方2を案内されました。

 
おっと,そうだね,そうだね。青森の家族風呂イメージしていて,畳の間もあると思っていました。
いきなり脱衣所。てか脱衣所オンリー。それが普通。
青森の住めそうな家族風呂が異常。
 

 
泉質はナトリウムー塩化物泉。
加水・加温・循環・消毒一切ない奇跡の100パーセントかけ流し温泉です。
 



うわっわわわ・・・・
なんじゃこのざぶざぶかけ流しわ
 
 
このレトロなタイル風呂の四方いや二方からあふれ出たお湯が美しいぞ

 
執拗に撮る・・・
美しいぞや。
 

 
湯口近くで泡付きがありそうな感じが・・・わくわく。
 

 
ザブーンと盛大にお湯を溢れさせながら入浴
芳ばしい金気臭を嗅ぎ,全身に着く細かな泡をなでなでしながらの入浴。
ニヤニヤが止まりません。
 
 

 
掛け湯の洗面器が流される・・・
時々浴槽から上がってトドったり,涼しい風でクールダウンしたり・・・
45分くらいかな,ゆっくり入りました~最高だす

 
アメニティーもあり。
シャワーの出もよし。シャワーは源泉じゃなかった気がします。
フロントでドライヤー貸してくれます。
ハートの鍵がかわいいねっ。
 
泊まったら家族風呂両方入れるのかな?このお風呂のためだけに泊まってもいいくらいよ。
このお風呂のために泊まって,隣の栗駒ゴルフクラブでプレーしてもよかかもよ。(どっちメイン?)
 
 
 



永岡温泉 夢の湯
岩手県胆沢郡金ケ崎町永沢石持沢6-284
TEL 0197-44-3420

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする