anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

“えんとつ町のプペル” 絵本を買う

2016-12-27 12:53:55 | 日記
          
          今年のX'masのプレゼントを長男の孫達に聞くと

          上の子は“ハリーポッター”下の子は“ほねほねザウルス”の本が希望でした

          書店に行って、子供たちの希望の本を探しているとき

          私好みの工場夜景風の、綺麗な表紙の絵本が目に入った

          中をパラパラめくると、毎ページの挿絵がとても綺麗である

          後のページには、これも私の興味ある宇宙銀河の星雲が描かれている

          気がつくと、子供達の本と一緒にカウンターの上に・・・

          長い人生の中で、自分の為に買った初めての絵本かも

          これから購入の人の為にストーリーは控えます
          
          

   ≪絵本から≫本の表紙部分です、ごみ人間プペルとルビッチ少年が煙突に座っています 綺麗な表紙です
  

   ≪絵本から≫煙のない上空にあがると、そこは星いっぱいの世界です
  

   この写真は絵本ではありません、ハッブル望遠鏡が撮った大マゼラン星雲です
  

   ≪絵本から≫沢山の風船を付けた壊れた船で天空に行った時の一場面です
  

   この写真も絵本ではありません、皆さんおなじみの天の川銀河の星雲です
  


          買ってから、作者の「にしきの あきひろ」をネットで調べると

          なんと漫才コンビのキングコングの1人とのこと

          そして、23万部を超えた売り上げで絵本としては大ヒットとのこと

          お笑い芸人の中には、直木賞を取ったりなど才能のある方が多いですね

          ストーリーは別として、

          絵本といっても内容は小学校高学年以上でないと理解は難しいかも



          
コメント