anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

“シマエナガ“ など

2017-03-28 22:25:30 | 野鳥
         この月(3月)に何度か、苫小牧の北大研究林に行きました

         そこで撮った野鳥達です


   シマエナガです その可愛らしさに人気ある野鳥です
  

  

  


   キクイタダキです 日本では1番小さな野鳥です
  

  

  


   ミソサザイ、スズメより小さく地味ですが人気はあります
  

  


   ダイサギです この月になると飾羽が見れるものも・・
  

   羽に水面が写っています
  


           フクロウです 癒される鳥です        
          

  


           3月も後半になると、北帰行のハクチョウやマガン等が我が町の周辺で見られるようになりました

           北大研究林も行く回数が減りそうです

コメント

エゾユキウサギ

2017-03-20 23:17:07 | 動物
          ここ3日程、ユキウサギを追いかけている

          昨年、4月にユキウサギを撮っているが夏毛の茶が混じりブチ状態でした

          それで、まだ全身が白いユキウサギを撮りたいと1年待ちでいました

          もうそろそろ撮りごろかな・・・と

          いましたいました、やっぱり真っ白なユキウサギはいいですね



  


  


  


  


  


          おっ! 2兎いました

  


  


          

          立ち上がった!!          

          

   食べれるかな・・
  

   ガブッ!
  

   紋次郎うさちゃ~~ん(^^♪
  


          2兎いたっていうことは

          子ウサギが見れるかもしれないという・・期待していいのかな?

          写真、「青味がつよいなぁ~」 次は、ホワイトバランスを一考






コメント

ミヤマ & コクマルガラス

2017-03-17 01:11:13 | 野鳥
          先日、鵡川でミヤマガラスとコクマルガラスを撮ってきた

          数年前、3羽程のミヤマガラスとおぼしき?カラスを撮ったことがあるが・・・

          今回見たのは、200羽以上の群れでいるミヤマガラスです

          この時期、カラスの群れをみるとそれとなくミヤマガラスとコクマルカラスを意識するのですが

          確信をもって見たことはありませんでした

          それがなんと200羽以上のミヤマガラス、またその中に3羽のコクマルガラスが含んでいました

          
         
   遠くにマガンの前後に黒くみえるのがミヤマガラスです
  

   あっ、飛びそうです 中央下に白い胴のコクマルカラスが見えます
  

   何かに驚き一斉に飛び立ちました
  

   間違いない、ミヤマガラスです
  

   数100m先に飛んで木に・・ 追いかけて撮った写真 右下の方にコクマルガラスが並んで見えます
  

   今度は少し離れた電線に・・ この写真だけで140羽程います
  

   電柱の碍子の所に、淡色系の2羽のコクマルガラス、すぐ左隣に暗色系のコクマル1羽います   
  

   また飛び立とうとしています
  


          基本は、畑に降りて餌をついばんでいるのですが

          何かに数羽が驚いて飛ぶと一斉に飛び立ちますが、あまり遠くには行かない事が多い


   何を食べているのかよく分かりませんが、雪面でも採食してます
  

   トビが近くにくると、数羽のミヤマガラスが追い払いにいきます
  


          なかなか見れないカラスですが

          見れるときは、まとめて見れるんですね








  


  


  
コメント

ベニヒワ

2017-03-10 23:21:46 | 野鳥
          昨年の3月に見た“サカツラガン”のいた沙流川周辺の畑に、今月初めに行ってみた

          今年は、少し雪が田畑に残っていて、ハクチョウ、マガンの姿が見られなかった

          そこで、沙流川の堤防に上がりいつもよくオジロなどが止まっている木が見える所まで行った

          木には、オオワシ、オジロワシ、カラスがそれぞれ2羽止まっていた

          一緒に行った鳥仲間に「ここでいつもベニヒワをみるんだよね」と話していたら

          本当に、30羽程のベニヒワが来てくれました

          堤防の法面の枯れ草で給餌、ときどき驚いて沙流川に面した木に移動


   近寄ったら飛んで低木の枝に   
  

   葦のような茎に
  

   あっ、雄だ! 赤色が薄いのでまだ若のようです
  

   あっ、飛んだ! 背景の薄青は沙流川です
  


         ベニヒワを見たところの対岸の木に

         オオワシ、オジロワシが止まっています


   毎年のように、山並みを背景にこの木にとまる猛禽を撮っていますが、私はこの風景が好きです
  


          今年は、冬の小鳥が不作です

          今季初めてのベニヒワを撮ることができました

          
コメント

オジロワシ

2017-03-09 10:17:22 | 野鳥
          久々の野鳥のブログ更新です

          鳥見をしていないのか? というとそうでもなく

          そこそこは出かけていました

          今日は、わが町にいるオジロワシの登場です

          ここ数年、近くを通ったとき見かければ2、3枚シャッターを押す感じです

          3月に入り、もうそろそろシベリアに帰る時期です

          毎年、ツガイで来てくれるのですが

          今年、一度に同じ木に3羽いる所を見たのですが・・・

          羽の感じから成鳥、やっとツガイの子かと思ったが残念



   青空を背景に撮れたのは、今年はこれ1枚
  

   見返り鷲
  

   いいとこに止まってるね
  

   こっち向いた「えっ、あっ  どうも 写真でお世話になってます」 
  


          私が、野鳥の写真を撮るようになったおよそ10年前から見ています

          また、12月の冬に会えること楽しみにしていますよ


コメント (2)