anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

ハイタカの捕食

2013-04-30 23:59:15 | 野鳥
              ここ3日程、低気圧の影響で強風と雨と・・道東は連日雪である
     
                 今日も4月最後の日だというのに3月並の寒さである
     
                  朝から小雨が断続的に雨が降り、風もそこそこ強い
     
               千歳市に行く用事があり、早めに出てよく行く畑地に寄ってみた
     
              のろのろと野鳥を探しながら畑の間の小道を車を走らせていると
     
                   遠くに、畑の側の低木にアオジがさえずっている

  

            もう少しアオジに近づこうと車を寄せたら、アオジが急に木の根元に下りた
      
                     その瞬間、ハイタカが低木に来てとまった
      
  

              予期せぬあまりの瞬間に、好きなタカを目の前にして気が高ぶった
       
                    ハイタカが1m程移動して下を気にしている

  

                    次の瞬間、ハイタカが根元に下りたと思ったら
       
                     足に小鳥を捕まえて、側の枯れ草の上に・・・
       
                     良く見ると、さっき根元に下りたアオジである
       
                     すぐに、畑の側溝の窪みに移動し食べ始めた

     

     

                  毛をむしるが、雨混じりの強風にすぐに遠くに飛ばされてしまう
     
              30分ほど食していたが、食べ終わるとまた低木にとまってあたりを伺っている

  

                   低木にとまっているところを、広角に撮ったのが下の写真です
     
                  風景とあいまって、どんなところで撮っていたか想像しやすいかも
  

                   この後、ハイタカは近くに来たヒバリにアタックしたが失敗でした
     
                 それにしても、あの餌食になったアオジ、運命とはいえ可愛そうでした
     
                アオジの写真は1枚目に掲載したのが唯一の1枚で、遺影の1枚になった
     
                          そして、最後の囀りも確かに聞きました
    
                  「アオジ君! とても美声でしたよ! ゆっくり休んで下さい!」




            
コメント (4)

昼のすすきの

2013-04-26 14:08:44 | 道すがら
           札幌の大通美術館で仲間の写真展を見た帰り、昼間の“すすきの”の街を歩いてみた
     
                  夜の“すすきの”に最後に行ったは、もう5年前になるかな?
      
                   昼の“すすきの”は何時に行ったか思い出しもできない!
     
                  しかし、20年前のバブル時代は営業を担当していたので・・・
      
                          どれだけ通ったことか・・
     
                    私は体質的にアルコールはまったく駄目なので
     
             “すすきの”からタクシーで帰り、家に着いたとたん何度もゲーゲーしたことか
     
               それでも、ほぼ毎日の摂取にある程度飲めるようになったものです 
   
                   きっと夜はお祭りのような人通りですが、昼間は閑散と・・

  

         ジュリアナ東京などディスコダンスが盛んな時代、札幌では「キング・ムー」が旺華していました
    
               今は違うお店がはいっているようですが、建物の外観は当時の名残りが・・・
   
             建物内も相当お金を掛けたようですが、私は前を通るだけで入った事はありません
   
  

                        左の写真のビルには、よく通いました。 
    
            懐かしく思い、店舗案内を見ましたが行きつけだった店の名はありませんでした
    
            歩いていて、思わず写真に撮りたい! という猫をあしらった看板を見つけました

     

           裏小路をあるいていると、傾いた屋根の小さな飲み屋、休憩のあるホテルそして空き地
    
                   そうした中に、普通の民家が残されている・・・住んでいそう!
    
                  すぐ後ろには、「EXCEL HOTEL TOKYU」と現代風高層ホテルが
    
                               新旧のバランスが面白い

  

            駅前通りに出ると、今年2月末に閉店した日本最後の大型キャバレー“クラブ ハイツ”の看板が
    
              その昔、1000㎡以上のキャバレーは札幌に“ハイツ”“エンペラー”“ミカド”と3店ありました
    
                 ミカドは行ったことがありませんでしたが、他2店は4~5回は行ったかも・・・
    
                   変なところに行くなら、女性も気軽?に行けて安心で安全な社交場でした

    


                 今は、コップ半分のビールで全身赤くなりますのでお酒は口にしていません

                     それから、夜の“すすきの” に行くことはもうないだろうな~! 

     
コメント (4)

春です! ウグイスが鳴きました!

2013-04-19 22:12:55 | 野鳥
               春です! と言ったものの今日朝方に雪が少し降りました
     
            昼前には晴れ間が出てきたので、 近郊をぷらりと車を走らせました
     
            千歳川沿いに行ったとき、目の前の枯れ木で急にウグイスの声が・・
     
                 でも鳴き声を聴かせてくれるのは、20分位に1度で
     
            とにかくちょこまかと、つるが絡んだ枯れ枝の中を動き回っています
     
             ウグイスは声はするけど姿がなかなか見れない事が多いのですが
            
                   今時期はまだ葉がないだけに見つけやすい
     
                   今年は初対面から近くで撮ることができました

  

     

      なかなか鳴いてくれなかったが、やっと嘴の開いた写真が撮れました
  

                       近郊の野鳥の要所を見て回っていると、
    
              ノビタキ、ホオジロ、オジュリンなどの夏鳥が見られるようになりました
    
                  後1~2週間もすると、草原はもっと賑やかになるでしょう

     

  
コメント (4)

ヨシガモ

2013-04-13 21:52:40 | 野鳥
                    今日は、すべて我が街で撮った野鳥から
      
             2日前に、川、遊水池など水のある所をぶらぶら車を走らせていると
      
                     こんなにも、野鳥を見ることができました
       
           まずタイトルの、見れそうでなかなか見れないナポレオンハットのヨシガモから

  
   漁川下流に4組のツガイのヨシガモがいました

     
    ヨシガモ以外にも、コガモ、マガモ、ヒドリガモ、キンクロ、そしてカイツブリまで見れました

                  次に、ヨシガモを見た地点から漁川近くの農業用溜池に行くと

  
   こんな所に、キンクロハジロが30羽ほどが・・・そしてカワアイサも5羽

                         溜池から東側には舞鶴橋が見えます

  
   青く塗られた舞鶴橋を背景にマガンが飛んでいきました

                   この後、島松の排水機場の水溜場にもいろいろカモ類達が

     
   アオサギとハシビロガモのツーショット          排水機近くの枯れ草にオオジュリンの雌が

              この後、舞鶴橋から車で5分ほど走らせた工事中の遊水池(長沼)に行ってみた
   
                     あっ! 近くだけどここだけ我が街でなかった(ペコッ)
    
               いるわいるわ! まだ分割されている遊水池にざっとハクチョウが500羽ほど
     
               その他に ヒシクイ、マガン、そして何千羽かのカモ類(双眼鏡で9種確認)が・・・

  
   まだ枯草の残る遊水池の風景です

              帰りにいつもの長都沼に寄ってみましたが、ハクチョウ、カモ類がほとんどいません
     
                      近くの遊水池に、かなりの数が行ってたんですね!


                 《 おまけ 》

                   七条大滝のブログの中で、弱っているタヌキの話をしましたが
     
                    今回は、排水機場近くの枯れ草にキツネがうずくまっていた
     
                        間に3m程の用水路があって傍に行けないが
    
                何度も何度も声を掛けると、やっと顔を上げるだけでまったく動こうとしない
     
                     何度か顔を上げてくれたが、1度もパッチリ目を開けない
     
                タヌキ同様、老衰で目が弱った様子です、かわいそうだがどうにもできません
     
                     厳しい冬が終わって、やっと暖かくなってきたと言うのに・・・

  


  
コメント (2)

スズガモ

2013-04-08 22:14:49 | 野鳥
          見れる時期には、どこの港、海岸でもそれも数多くの群れで見ることが出来るので・・
      
                  つい、いつでも見れて撮れると勘違いしてしまいますが
      
       一部の地域では通年見れるようですが、シノリガモ、キンクロハジロより頻度は少ないようです
      
                   先日漁港に行って、カメラを持って岸壁に近寄ったとき
      
               岸壁近くにいたスズガモ、ヒドリガモの小群が逃げて遠ざかったが・・
     
                           静かに見守っていたら
      
                 やがて、スズガモの警戒心が緩んだのか岸壁に近づいてきて
     
                 いろいろな仕草を見せてくれました、 とても可愛いかったです

  
   スズガモのツガイです 右の茶色が雌です

               行動を見ている間は、雄の方が活発でいろいろな仕草をしてくれました

  
   海に何度も何度も潜ってくれました

  
   こんなノビをしてくれたり・・・

  
   羽をパタパタしてくれたり・・・

  
   おっ! 正面顔って恐そう!

                       潜って、大きな海草を咥えて浮上したときに
  
              雌やヒドリガモに見つかり海草を狙われて、あわてて逃げる姿がおかしかった

                             スズガモを撮る前に、
   
                1週間前ほどに見たコオリガモが気になったので、そっちに寄ってみた

  
   双眼鏡で探してみると、えっ! 湾内の砂浜で休んでいる、氷の上じゃないの?

  
   忍び足で30m程に近づいて

  
   気づかれて飛ばれてしまいました

                  飛んで下りた先を見ると、海上の雌の側でした、仲良くね!
         
      
      
コメント (2)