anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

昼のすすきの

2013-04-26 14:08:44 | 道すがら
           札幌の大通美術館で仲間の写真展を見た帰り、昼間の“すすきの”の街を歩いてみた
     
                  夜の“すすきの”に最後に行ったは、もう5年前になるかな?
      
                   昼の“すすきの”は何時に行ったか思い出しもできない!
     
                  しかし、20年前のバブル時代は営業を担当していたので・・・
      
                          どれだけ通ったことか・・
     
                    私は体質的にアルコールはまったく駄目なので
     
             “すすきの”からタクシーで帰り、家に着いたとたん何度もゲーゲーしたことか
     
               それでも、ほぼ毎日の摂取にある程度飲めるようになったものです 
   
                   きっと夜はお祭りのような人通りですが、昼間は閑散と・・

  

         ジュリアナ東京などディスコダンスが盛んな時代、札幌では「キング・ムー」が旺華していました
    
               今は違うお店がはいっているようですが、建物の外観は当時の名残りが・・・
   
             建物内も相当お金を掛けたようですが、私は前を通るだけで入った事はありません
   
  

                        左の写真のビルには、よく通いました。 
    
            懐かしく思い、店舗案内を見ましたが行きつけだった店の名はありませんでした
    
            歩いていて、思わず写真に撮りたい! という猫をあしらった看板を見つけました

     

           裏小路をあるいていると、傾いた屋根の小さな飲み屋、休憩のあるホテルそして空き地
    
                   そうした中に、普通の民家が残されている・・・住んでいそう!
    
                  すぐ後ろには、「EXCEL HOTEL TOKYU」と現代風高層ホテルが
    
                               新旧のバランスが面白い

  

            駅前通りに出ると、今年2月末に閉店した日本最後の大型キャバレー“クラブ ハイツ”の看板が
    
              その昔、1000㎡以上のキャバレーは札幌に“ハイツ”“エンペラー”“ミカド”と3店ありました
    
                 ミカドは行ったことがありませんでしたが、他2店は4~5回は行ったかも・・・
    
                   変なところに行くなら、女性も気軽?に行けて安心で安全な社交場でした

    


                 今は、コップ半分のビールで全身赤くなりますのでお酒は口にしていません

                     それから、夜の“すすきの” に行くことはもうないだろうな~! 

     
コメント (4)

パラモーター飛ぶ

2012-04-16 23:53:10 | 道すがら
              先日、久々にシギ類に期待をして鵡川河口の干潟に行ってみた
   
                干潟へ行く入り口に車を止め2kmほど歩いて人工干潟へ
   
           対岸に位置する海辺には釣り人が10人程いたが野鳥探索路には私1人
   
                       目的の干潟に来てみたが
  
            いたのはマガモとヒドリガモが10羽程度とダイサギ1羽、それも遠い
   
                  歩く道すがら枯れた草原にはヒバリが飛んでいた
  
          ほとんど、写真を撮れずに海岸線沿いに帰路に向けて車を走らせていると
   
           勇払地区の海沿いの砂浜から数人がパラモーターを楽しんでいました
  
              野鳥をほとんど撮っていなかったので、飛ぶ対象物としてパチリ

  
   とても気持ちよさそう・・・

     


  
   遠くに見えるのは、苫小牧東港にあるコンテナ用クレーン



            《おまけ》
  
               カササギもパラモータを見ていました

  



  
   
コメント (4)

北海道神宮

2010-05-22 07:44:28 | 道すがら
        1週間前ほどに、写真仲間と桜を撮りに北海道神宮に行ってきた

        しかし、本命は石狩の望来にある「戸田記念墓地公園」の桜でした

         写真仲間のK君は、毎年、10日程リフレッシュ休暇を利用して

         全国の桜を撮っている、その彼が、北海道での桜のいいとこは・・

          函館の五稜郭公園と戸田記念墓地公園の2つをあげます

     ところがです、行った戸田記念公園は札幌は満開といっているのにほぼ蕾状態

                 そこで、急遽、北海道神宮へ

        桜が満開だけど人々の宴会もジンギスカンの煙も満開でした

             人々が比較的少ない、梅園に行って写真を撮る

   

     

   
    桜をバックに梅一輪

           今度は、北海道神宮の向かえの円山側でシマリスに挨拶

   

             せっかく来たのだからお参りに行く途中の景色から

     

        帰ろうと駐車場に向かっての途中、陸上競技場で中学生の大会があった

   
    学年は判らないが男子100m決勝から

           さすが、大都市札幌の公園、人、人で逆に夕方になって増えてきたような・・

 
コメント (7)

散歩・道すがら (2)

2009-03-03 20:08:52 | 道すがら
 年明け早々から、ウォーキングを初めています。
 週2~3回を目標にしていますが、今のところ飽きっぽい私ですが何とか目標を達成
しているかな!
 コースは、市立図書館で直線的にコースを取ると片道3.3Km位で往復7,000歩位の
工程で、ちょうど好きな野鳥を撮りながらのウォーキングで楽しい。
 でも、同じコースだけなら少し飽きがきます。
 たまに少しずつコースを変えると、また、「え!こんなとこに・・」の発見があります。

 今日のウォーキングの変更コースで出会ったお店を見ていきま~す。

 ☆おお!質屋だ! 学生時代、お世話に   ☆理容店だ!青色の壁が印象的
   なりました。 「気軽によく貸す」?       近頃、脱毛が多いんだよ
   困ったら、お願いします。             抜けた分、安くしてくれる?
 

 まもなく、いつもの公園の池をチェックし図書館へ・・ 
 今日は、「セラミック素材」「サロベツ原野の鷲鷹」の本で2時間位読書後、正午過ぎに
図書館を出る。
 帰りがてら、公園を歩いていると、お!ヒヨドリが・・・

☆池に水が流れ込む狭くなったところで・・      ☆もう一羽が後の樹に・・
 “ヒヨドリ”の水浴び、気持ちよかったぁ~       樹液を吸っています、おいしい?
 

 家に着くまでに半分以上きました・・  いつもの帰路をずれて(PM1時頃)・・

☆おやつ菓子 雑貨「セブンチャイム」         ☆食堂だ!混んでそう!
  ええ~ やってないの! 何時から!         近いうちに入ってみようかな?
   廃業したのか~                      おいしいかな?
 

 恵庭に来て30年、はじめてみる店でした。




コメント (2)

散歩・道すがら 

2009-02-03 20:55:32 | 道すがら
 散歩してると言っても、まだ6回ほどで初心者マークをつけているような者で、ごもっとも・・
な事は言えません。
 健康のためにウォーキングといって、自宅から片道約3.3Kmの図書館までの往復である。
今まで、100m先の店に行くにも車を利用していたので、ほとんどが広く、決まった道です。
 今、決めている散歩道は、出来るだけ図書館に直線的、そして、野鳥に逢えるように木々が
ある所を設定している。
 直線的な設定だから、細い道、入り組んだ道が若干ある。
当然、車の通れないとこなので、歩いてみて初めて見るものがたくさんある。
「えっ、こんなとこに 道が・・、食堂が・・」
「へぇー、立派な家だね! やぁ~、この犬おとなしい・・」 
今のとこは、見るものにはじめての発見もあり、実に楽しい。
 「あのスズメ、もう3回も同じとこに止まっているな!先日は、確か、電線の保護管から出てき
たような気がする・・ひょっとして寝ぐらかな?」



 このスズメのとこから100mほどで、JRの陸橋がある、横の歩道橋から渡る、この階段の上り
下りが、また、運動に良い。
 階段を下りて、JR線の敷地内にある橋げたに、何か!いたずら書き?
「チェ・ゲバラ」の肖像画だ、横の文面 FREE.... WHAT IS THAT MEAN も意味深だ。
でも、実に肖像画がうまい・・ どうやって書いたのだろう?
書いてある橋げたの向こうには、下りの線、こちら側は上り線だ・・立ち入ってはいけない場所だ。



 やがて、36号線を渡り、小学校の横を通り過ぎれば、図書館はもうすぐだ・・
図書館の裏手から横道を通って図書館に着く。
その横道の5~6m先に5m×10m位の小さな柵があり、その中になんと、5匹ほどの“ウサギ”
“黒ぶた?”“茶のヤギ?”写真にはないが“ダチョウ?”そして、“マガモ”のツガイが1つの柵
の中にいる。(動物の名前、よく分からず?をしています)
 また、横に2羽の猛禽が足に鎖をしてつながれている。 ここは、何だ!
帰って調べると「エコ・コミニュティー専門学校」で動物の癒しを利用した医療?の勉強のようです。





 行動を見ていると、面白いのでついつい長居してしまった。



コメント (7)