anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

亜種シジュウカラガン(在来亜種)

2018-12-06 00:07:54 | 野鳥
         毎年、マガンの群れに混ざっているシジュウカラガンを見ることがありますが

         今年は、長都沼やその周辺でやけに見かけることが多くなっています

         そこで、「環境省生物多様センター」発行のシジュウカラガンのリーフレットがありましたので

         少し勉強してみました

         100年位前は、かなりの数が渡ってきていたようですが

         シジュウカラガンの繁殖地である千島・アリューシャン列島に

         20世紀初頭に毛皮目的でキツネ類を放されたため激減してきたようです

         リーフレットに記載がありますが、在来亜種のシジュウカラガンに似た

         大型亜種(外来亜種・人為的に持ち込まれ野生化)のシジュウカラガンがいるようです

         環境省などの報告には在来or外来の識別して報告するようお願いしています

         ここ半月ほどで長都沼等で見かけているシジュウカラガンは、上記観点から・・

         頭頂部が平らで大きさから、すべて在来亜種のシジュウカラガンでした

         (このブログの写真は、ポップアップできないのでリーフレット内容が見ずらいかも)
         

    リーフレットの表面
   
   


    リーフレットの裏面
   
   


          ここ半月内に長都沼周辺でみたシジュウカラガンです


   長都沼水面に浮かぶシジュウカラガン、飛んでいるのはマガン
  

   2羽が飛んできました
  

   羽をパタパタ
  


    この写真は、舞鶴遊水地でのシジュウカラガン
  


   長都沼近郊の畑でこの日は吹雪気味の天候
  

  

  


          他に、シジュウカラガンの他マガンの中にハクガンが3羽いて少し長居しています


    


          
コメント

写真展

2018-11-19 23:18:18 | イベント
          今年も私が所属する写真サークルの写真展が開催されます

          一昨年前までは、写真展が終わった後にブログに掲載していましたが

          昨年は、写真展前にブログに案内したところ

          会場で、“ブログを見ています” という方、数人がいらっしてくれました

          それがとても嬉しかったので・・今年も・・



         


          「北広島市芸術文化ホール」の住所・電話は

               北広島市中央6丁目2番地1  ☎ 011-372-7667  となります


                         では、お待ちしています








         
コメント

みなとみらい(横浜)

2018-11-18 22:28:51 | 旅行
         今回の東京訪問でのブログ掲載の最終は、横浜です

         ほぼ50年前、大学と下宿生活の4年間を横浜で過ごし東京に就職

         40年前、転職で北海道に戻りました

         その後、仕事での出張、プライベイトなどでで東京には何度も行ってるのですが

         はっきり覚えてはいないが

         横浜にはおよそ35年前にプライベイト? で行ったのが最後だったかも ・・・

         大学時代の同じ学科の同期会に出席するも、東京で開催されたときばかりでした

         そこで懐かしさもあり、今回、山下公園、新港地域、みなとみらい地域を歩いてみた

         山下公園は何度も学生時代に行っていましたが・・行ってみると景色には全く記憶なし
         

   シーバスで山下公園に向かう途中、船内から新港・みなとみらい地区を撮る
  

   万国橋からランドマークタワー(真中から少し左のビル)方面を撮る
  

   上写真の夜景バージョン
  

   ランドマークタワーから新港地区方面の夜景を撮る
  

   こちらは、汽車道、馬車道方面の夜景を撮る
  


         今日の宿泊は、昨年建設されたみなとみらい地区にあるホテルです

         カメラを持って、ぶらぶらと物見遊山で歩く70歳代のおやじが泊まる宿としては・・

         素泊まりで1万円以上は贅沢か? ・・ まっ、旅行最後の夜だから いいか!


        窓から見る夜景も、バスルームも綺麗でした                   
       


コメント

2018-11-12 23:52:37 | 思い
          今回の東京行きの大きな目的が、次男の子(5歳の孫)と多摩動物園に行くこと

          次男の住まいに行くため最寄りの駅に降りると、孫とお嫁さんが迎えに来てくれてました(次男は仕事中)

          ほぼ2年ぶりの再会です、歩いて5分程の家に行くと

          さっそく孫が自分の玩具等の置き場に案内してくれ、自慢げに説明してくれました

          その一生懸命な姿が実にかわいかった

          そうこう30分程していると、今度は、「ダルマさんが転んだ」と「かくれんぼ」

          ふう~・・ 孫は疲れを知らない
                    

   「ダルマさんが転んだ」の遊び中に写真を撮る
  

   屋上に案内してくれて、一生懸命シャボン玉をする姿もかわいい
  


          次の日、息子一家と多摩動物園に

          存分に孫の写真を撮ろうと、北海道を出る時から張り切っていたのですが

          園内は広く、アップダウンの通路は喘息持ちの私には・・・

          入園後、ライオン館に向かう途中からもういきなり息切れが・・
 
         
   次男一家の3人です  
  

   幼稚園では「キリン組」との事で、柵に足をかけて
  

   抱っこされてはしゃぐ孫でした
  


         この後、オオカミを見に行きたい・・と なったが

         お嫁さんが、私の体に気を使ってくれて、私一人休憩所で休むことに

         でも、楽しい1日を過ごさせてもらいました



コメント

木場の角乗(かくのり)

2018-11-03 23:57:11 | イベント
          東京の指定無形民俗文化財になっている

          江東区の木場公園で行われた「木場の角乗」を見て来た

          江戸時代から続く伝統芸能で

          水上に浮かぶ、長さ5mで30cm角の角材に乗っての芸です

          角材を足で回転しながら扇や傘を持ったり、下駄を履いたり色々です


   「花かご乗り」 二人が籠を担いで角材を回します
  

   目隠しでの角乗です   
  

   角材の上で、シャチホコの形になるよう逆立ちです
  

   「梯子乗り」 角材に梯子を掛け その上に乗っての芸です
  


          材木が産地から海路や河川で運ばれていた頃は、集積場所の河川や港で角乗していたようですが

          今は、木場公園の池で毎年行われているようです


          次は、今回の東京行きで撮った私の好きな幾何学模様的な景色から


   表参道原宿の東急ハンズ内から撮りました 万華鏡のような景色が気にいりました
  

   乃木坂近く、黒川紀章設計の国立新美術館の全面ガラスの外壁です
  

   国立新美術館の内部、吹き抜けの3階から下のテラスを撮影   
  

          
          新しい感覚の建物やビルの面白い写真を撮ろうとしたら

          数の多い東京にかなわないのかなぁ~

          地元でも探してみようかな・・・・


                   
コメント

迎賓館赤坂離宮 そして 豪徳寺

2018-11-01 16:38:00 | 建物
         孫の誕生日に少しかこつけて東京に行ってきました

         羽田空港に降り、まっすぐ迎賓館に向かいました

         西洋風の迎賓館本館は国宝に指定されているようで威風堂々としていました

         迎賓館の本館、和風別館どちらも外観はいくら写真をとってもいいが

         内部は一切撮影禁止で、撮りたいとこ沢山あったが残念でした
         

   「門しょう」 日本じゃないような感覚を覚えました
  

   明治時代に建てられたと思えない規模です
  

   堂々とした面構えですね、感動です
  


         本館内部は、あまりにも豪華でテレビやアニメなどで見た宮殿の印象とごっちゃになり

         実際に見る本物が価値ある素材で造られているかどうか? すぐには理解できないでいました

         今回の参観には、事前に予約していたので

         解説者つきで和風別館とその内部を見ることができました

       
   和風別館(游心亭) 池に面したたたずまい 昨年11/6にトランプ大統領が訪れています
  

   池の向こうの小道(白い)を歩くトランプさんと安倍首相が歩く姿がニュースで流れていましたね   
  


         まだ、参観したことがなく東京に出かけ時間に余裕のある方は一度は訪れてはいかが・・

         次の日の午前中、世田谷の豪徳寺に出かけて見ました
         

   この参道の左側に、招き猫の人形がたくさん奉納されています
  

  

  


         豪徳寺は、井伊直弼で有名な井伊家の菩提寺になっています
         

コメント

大雪山系(黒岳・銀泉台)の紅葉

2018-10-03 12:33:17 | 自然
         先月後半に、大雪山系に紅葉を撮りに行ってきた

         強風で一時、黒岳のロープウェイが止まったりして雲の流れが速く

         今一の天候であったが、それなりの紅葉を撮ることができました
                 

   スキーリフトから見る黒岳
  

   黒岳7合目付近の紅葉
  

   5合目から撮った黒岳
  


         次の写真は、ロープウェイが止まっている間

         機転をきかし、銀泉台に回ってみた

         喘息持ちの私には、辛い登りもあったが

         何とか、赤岳に向かう途中の東面でそれなりの紅葉が見れました


  

  

  


         これから、南へと、下界へと紅葉が進んでいきます

  
コメント

エゾシカ

2018-09-13 20:55:14 | 動物
          エゾシカの写真は冬場に撮ることが多く

          鹿の子模様(夏毛)のシカをメインに撮りに行くのは数年ぶりかな・・

          上から4枚のエゾシカの写真は

          前回のブログ(キツネとタヌキ)の場所から2~300m位離れた場所で

          今回の大地震で名前が全国区に響いた 苫東厚真発電所のすぐそばです

          意外とオスはオス同士、メスは子供を含めメス同士で群れているのを見ることが多いですが

          ここでは、立派な角をもったオスとメス、子供が混在しているのを見れました



  

  

  

  

          以下3枚の写真は、上の写真から3Km程離れた道端近くで

          車の中から撮ったので

          すごく臆病なシカですが、近くで撮らしてくれました

          優しい目をして、癒される顔です
          


  

  

  




コメント

タヌキとキツネ

2018-09-03 00:37:17 | 動物
          先月、勇払でエゾシカを撮りに行ったとこで

          タヌキとキツネを同時にいるところに遭遇した

          車で走行中、50m程前方に黒いものが道路の真ん中にいるのを発見

          近づいて逃げられないように、その場で車を降りてカメラを向けた

          最初は、距離があったせいかこちらを気にする様子がない

          むしろ、タヌキはしばらくこちらに気づいていない様子

          

   道に黒い生き物が・・犬? アライグマ? 最初はタヌキと分からなかった
  

   タヌキを見つけて、すぐ右側にキツネが2匹出てきた
  

   タヌキがキツネに近づくが、互い敵対する様子はありません
  

   そのうち、タヌキがゆっくりこっちに向かってきます
  

   キツネも一緒にこちらに向かってきたが、キツネは私の存在に気が付いたみたい
  

   キツネは道にお座りしたが、タヌキはまだこっちにむかってきます
  

   タヌキもやっと私に気付きました、そして左の草むらに入ったまま出て来ませんでした
  



         タヌキとキツネを同時に見るのは初めてです

         いつも、この付近で顔を合わせているのか争うそぶりは互いにありませんでした

         最近、この付近にはアライグマもいるようなので

         お互い、協力して生まれたばかりの子供をアライグマに襲われないよう守って欲しいものです




コメント

アオバト

2018-08-22 21:17:47 | 野鳥
         前々回のブログで、ナキウサギは年に1度は会いたい生き物と書きましたが

         頭上を羽音をたてながら飛んできて、海水を飲むアオバトも会いたい野鳥の1種です

         そこでお盆を挟んで、小平、1週間後に寿都に行ってきた

         どちらの場所にも近くにハヤブサがいたが、アオバトの出方は寿都の方がよかったかな・・

         そこで、最初の6枚は寿都で撮ったアオバトを掲載します         
         


  

  

  

  

  

  


        寿都では、アオバトが岩礁に降りたときに何度かハヤブサがアタックしましたが

        撮影している間、捕獲できないでいました

                
   アオバトの捕獲に失敗して、私の側を通って狙い場所に戻るハヤブサです
  


        最後2枚の写真は、小平での撮影です

        ここでは、何度か偵察に飛んでくるのですが

        岩礁に降りたのは、3時間ちょっと居る間に写真の1回だけでした


  

  





コメント