anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

桜とメジロ

2021-05-10 23:59:11 | 野鳥
久々のブログ更新です

パソコんに向かうことが、面倒で、億劫で・・・

年齢のせいにしてきたが

ある若いエンターテナーのパフォーマンスに元気と刺激をもらい

「時間を無駄にしたと思わない行動を、日々心掛けています」の言動に

現在のだらだらした己の日々に・・  発奮!!

今、自分の生き方をいろいろ見直しています

その1つとして、「10日に1度は短くてもよいからブログ掲載」を

   *     *     *

数日前に撮った、桜とメジロの定番の掲載です

 

 

  隣の桜にウグイスがきてくれました
 


今年は、北海道にしてはメジロの飛来数が多かった印象です

 
コメント

鳥撮りでの・・・番外編

2021-03-31 00:27:00 | 動物
3月に入って、我が町のちかくにある長都沼、舞鶴遊水地そして近くの畑には

シベリアに北帰行するハクチョウ、マガン達が立ち寄ってくれます

2年前程からはタンチョウも見られ、つい足が向いてしまいます

鳥を撮りにいっているのですが、

ラッキーがあれば思わぬ小動物に遭遇することがあります

今回のブログには

はじめに、1週間前に舞鶴遊水地で会ったアライグマを
   
 

  写真を撮っていた女性の足元を移動しながら
 

 


次に、10日前に長都沼で会ったミンクです

 魚をくわえています
 

 


どれも、本来、日本にいない動物で

特にアライグマは、木に登れるので野鳥やリスの巣穴に入って襲い

キツネ、タヌキの子供を襲ったりで、従来の日本の生き物の生態を破壊しつつあります

また、農産物を食い荒らす、見た目は可愛いが今や一番の害獣です



コメント

コウライキジ と ナナカマド

2021-02-10 00:47:31 | 野鳥
今月、7日の午後3時過ぎ、曇りであったが・・

地元、恵庭のオジロワシが気になり漁川沿いを車を走らせた

オジロワシは見つける事ができなかったが

探す途中の道路沿いのナナカマドの木に5,6羽のツグミが・・と思ったが

同じ木に、オスのコウライキジが止まってナナカマドの実を食べていた

あわてて通り過ごした車を反転させ、ゆっくり近づきながら写真を撮る


 見つけて間もない時の写真、この時はまだナナカマドの実を食べていました
 

 ゆっくり近づくが、実を食べるのを止め、まったりした様子
 

 コウライキジが少し移動した
 

 後ろ姿をアップ  ちょっと私を気にしている
 

 広角に撮った写真、上にいるのがツグミです
 


そして昨日、同じ時間帯に2匹目のドジョウを期待して行くが、ツグミさえいない

すぐに帰えろうと、車を500m程走らせると

雪の中からでている枯草の実を、2羽のコウライキジのメスがついばんでいました


 

 


昨年は、いつになくコウライキジを見かけることが多かったが・・

今年も期待できそう・・
 
コメント

夕陽に輝く、ジュエリーアイス

2021-01-13 00:22:18 | 自然
新年度、初のブログは夕陽に輝くジュエリーアイスです

ジュエリーアイスと言えば、十勝川河口付近で見れる朝日に輝く氷塊ですが

鵡川で見れるのは、朝日でなく夕陽に輝く氷塊です

ジュエリーアイスは、逆光に太陽が出てくれなければ

ただ浜に打ち上げられた氷塊にすぎません

撮影したこの日は、西側の地平線よりに厚い黒い雲があり

夕陽の太陽が雲に隠れてなかなか顔をだしてくれません

赤味がかった太陽は50分位の間に4回、15~20秒ほど雲の隙間から光を射してはくれましたが

いろいろな風景を撮る時間がなく、先客が立てたのか?

1つの氷塊に絞って撮影しました


 撮影現場の全体の風景です
 

 夕陽が射す短い時間を、誰かが立てたと思われる氷塊(中央に見える)に絞って撮影
 

以下、夕陽の時間との闘いで撮った、ジュエリーアイスの表情変化です

 

 

 

 

 

 【おまけ】

 ウミウシ風、ジュエリーアイス
 


家に戻って、この日の夕方4時頃の気温は -13℃、風速8m 

すごく寒かったです

 
コメント

謹賀新年

2021-01-01 01:17:24 | 日記

 
  
コメント

ハクガン、雪原に降りる

2020-12-23 23:58:11 | 野鳥
近くの長都沼に、12月に入っても

マガンに混じって20~30羽のハクガンが長居してくれていました

今回の写真は、ちょうど1週間前の12/17に撮ったものです

この日は、この付近、今年初の雪がうっすらと降った日で

この後は、雪と寒波で沼も氷結しマガン、ハクガンが南下したのか

まったく見られなくなりました

その時、マガンに混じって沼から飛び立ち、畑に降りるときのハクガンです


 

 

 

 

 

 

 

 

この後は、来年3月の北帰行する時期に、又、マガン、ハクガンに会えるでしょう
コメント

夕暮れの長都沼

2020-12-16 22:22:26 | 野鳥
前回のブログが10/23投稿で、あと1週間後には2ヵ月間投稿が無いと・・

喚起のCMがブログの初めにテロップのように入ってしまいます

それで、あわてての投稿です

今時期、我が街の近くの長都沼には、ハクチョウ、マガンなどでにぎわっています

ハクガンも多いときは30羽以上、長くとどまってくれています

今時期は昼間に行くことが多く、夕時は寒いので1、2度、夕陽とハクチョウを撮りに行ってます


  オオハクチョウ 夕焼けの空の中を
 
 
  オオハクチョウ 飛んできて、水面に着陸です
 


  ハクガン マガンに混じって飛んでいます(中央上の2羽)
 

  ハクガン 飛んできて水面に着陸です
 


  ミコアイサ ハクチョウとマガンの間にいる、小さい2羽(オス)がそうです
 

  ミコアイサ 中央2羽がそうで、右がオス 左がメス
 


  ダイサギ フォルムがきれいですね
 

  ダイサギ 日没間近の太陽の上を、2羽が飛んでいます 
 


夕方撮る写真は、個人的にその雰囲気が大好きで天候を見計らかって行きますが・・

この日も撮影していたときは、マイナス5℃位だったかな

年寄りにはこたえます


コメント

タンチョウの親子

2020-10-23 23:38:35 | 野鳥
今年6月、空知管内で100年ぶりにタンチョウの子が生まれたと話題になりました

そのタンチョウの幼鳥が親と一緒の行動がとれるようになったのか・・・

10月に入ったあたりから、頻繁に遊水地の周辺で見られるようになりました

親子3羽で一心に畑で餌をついばんだり

飛んで畑を横断したり

畑の畔で小魚やエビなどを捕ったり

道路を歩いて横断したり・・・etc

見てたら一時も休まず動いています

そんな親子3羽の姿を撮ったので説明なしに掲載します


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


雪が降って餌が不足になっても、居ついてくれるのかなぁ~


コメント

旧発電所と紅葉

2020-10-22 00:25:17 | 自然
3日前、北海道の石炭産業を支えた北炭の旧清水沢火力発電所を見た後

同じ北炭の旧滝の上水力発電所に立ち寄った

時期的に紅葉の時期であり、北海道では紅葉で有名な場所でもある


  レンガ造りの建物は大正14年に建設された、旧滝の上水力発電所です
 

  紅葉に映える建物です(現在はこの建物内では発電していません)
 

水力発電に使われたのが、発電所裏を流れる夕張川で紅葉も綺麗なとこです

 

 

 

 

 


こんな綺麗な紅葉でしたが、人々はパラパラと20人ほどしかいませんでした


コメント

“写真展” 中止のお知らせ

2020-10-07 22:51:13 | イベント
毎年、11月末に開催してきた

写真サークル Ambitious 写真展は、新型コロナの影響により中止することに致しました

例年寒い時期なので、今年は第19回として10月8日~10月11日(日)つまり明日からを予定していました

18年、続けてきた展示会を中断するのは断腸の思いですしたが

万が一の事を考えるとやむなしと判断させていただきました

来年、開催できる環境になりましたら改めてお知らせさせて頂きます


 写真は、今年撮った砂浜に塩水を飲みにきたアオバトです

 

 

 

 




コメント