anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

アオバズク

2019-09-10 05:33:35 | 野鳥
          今年も「1度はアオバズク」と思い 先月のお盆に撮ってきました

          お盆だけあって、現地はカメラマンは2人ほどで静かなもの

          かんじんのアオバズクがいるとこは、7m程の高さの枝が混みあっている木の中

          そして曇り空で暗い、なんとか頑張って撮ってきました



   お~、あんな高いところにいた!
  

   幼鳥2羽が、こっち見てるよ  


   よっ! エンジェルポーズ!
  

   しばらくすると、親鳥がきました(右上が親)
  

   5羽家族のうち子供3羽と親1羽がそろってくれました
  

   幼鳥の1羽が、伸びのエンジェルポーズを・・
  

   かっこいいね!
  


           幼鳥はだいぶ大きくなっていましたが、仕草がかわいい




コメント

ハイタカ 幼鳥の成長

2019-08-04 23:08:42 | 野鳥
         タカ、ハイタカは、私が好きな野鳥の中で“ノビタキ”と甲乙つけがたい野鳥です

         ノビタキとタカでは、すべてが全く違う仕様ですが、何故か両方が同じ位に好きなのです

         タカ・ハイタカの魅力は、何とも言えぬ眼光鋭い金色の目

         そして、餌のほとんどが生きた小鳥を狩りしてのもの、恰好良いです

         死んでる小鳥や小動物を餌にすることは無いと聞いています

         久々のブログで、今回はハイタカの子供達が巣の中で成長し

         巣を出て近くの木々で過ごす様子を、20枚の写真で掲載します

         7/5~7/29 の間に5回行って撮ったハイタカの子供達です

         巣の中にいる幼鳥は、最初の1枚以外はトリミングしています

         幼鳥は4羽、4羽ともしばらくは近くで独り立ちするでしょうが

         とりあえず、無事4羽とも巣立ちしました


       1)、7/5撮 木々の隙間を探して・・風が吹くと撮影が大変                

   トリミングしないと、こんな光景で撮っています   
  

  

  


       2)、3日後の7/8撮 みるみる大きくなり羽ばたきの練習も盛ん

  

  
  
  

  

  

  


       3)、7日後の7/15撮 近くの木々を頼りなく飛んでいました

          まだ頭などに産毛のような毛が残っています、かわいい

  

  


       4)、更に12日後の7/27撮 4羽の幼鳥は盛んに巣の近くを飛び交っていました

          まだ自分では餌を上手に捕れず、親が持ってきてくれる餌が命です

          今回近くで撮れた幼鳥は、親から受け取った餌(スズメ)を足で握り

          自慢げにキーキー鳴きながら何度も場所を変えながら食べていました

          餌をちぎっている様子は生々しいので掲載から外しています 

  

  

  

  

  

  


       5)、2日後の7/29撮 前回から2日後なので様子はあまり変わらず

          最後の3枚、枝に長くとまっていて羽を広げたり、いろんな仕草を見せてくれました

          本当にかわいかったです

  

  

  


         こうして、幼鳥を観察して見ていると

         見た目の精悍さや生活の一端に感動して、好きになっていたが

         幼鳥の可愛さに、ますますハイタカが好きになりました


コメント

クマゲラ  

2019-07-19 14:22:11 | 野鳥
         丁度、1ヵ月程前に苫小牧で子育て中のクマゲラを撮ってきました

         幼鳥が巣立って、3週間程経ったのでブログに掲載してもクレームは来ないだろう・・と

         子育て中のクマゲラを撮ったのは4年ぶりかな!
 
         私の好きなノビタキには申し訳ないが、やはりクマゲラは存在感ありますね


    親が飛んできました
  

    嘴をだしている子供達にエサをあげています
  

    親鳥は巣中に入り子供達をチェックして、また餌を探しに・・・
  

    飛び立ちました
  



         クマゲラの子供達は、ほぼ1週間後に無事巣立ちしたそうです
         


        
         
         
         
コメント

オオヨシキリ

2019-07-09 22:51:56 | 野鳥
         野鳥に詳しい年配に聞くと、

         「昔は沢山いて、昼夜大声でさえずるので、寝れないくらいだった・・」と聞いていた

         しかし、毎年見るのはコヨシキリばかりで、オオヨシキリ過去に2度しか見たことがなかった

         やっと三度目のオオヨシキリを、先日、島松の草原で見る事ができました


   特徴である頭の毛を逆立てて、鳴いています
  

   目いっぱい嘴を開けてのさえずりです
  

   確かに鳴き声が大きい、いや、うるさいくらいです
  

   たまに、頭の毛を逆立てないで鳴いていることも・・
  

   一瞬見ただけでは、コヨシキリに間違えそう
  


         鳥見を初めて15年程になりますが

         15年に3度の出会いとは、5年に1度・・・

         なかなか、出会いには難敵な野鳥でした



コメント

ノビタキの給餌

2019-06-23 00:00:43 | 野鳥
         今年も大好きな野鳥、ノビタキの給餌を撮ることができました

         毎年、この時期にブログに書いていますが

         野鳥写真家には、人気のある種とは言えませんが

         私には、4月末頃から飛来し、子育てをし、巣立ち直後の給餌

         こうした流れを撮ることを毎年ライフワークにしています

         特に、給餌のシーンは巣立ったその日が撮影チャンスで

         次の日になると

         幼鳥の行動範囲が急激にスピーディで広範囲になり、見つけるのも追うのも大変です

         だから、ベビーラッシュを迎える6月初旬から中旬にかけて

         毎日のように、草原を探していました


   いましたよ! 黄色っぽいくちばし、頭の縦スジ・・ こんにちは、1年ぶりだね!
  

   親が近づいたので、“おねだり” でも、この時は・・
  

   近くにいた他の幼鳥に餌がいき、この子は今回はスルー
  


         幼鳥は、だいたい4~5羽生まれ巣立ち直後は飛べる距離、大きさに個差が見られます

         餌をもらう瞬間は全身で羽を震わせ、もらった直後の満足気な顔がとても可愛くおもいます

                  
   枝に幼鳥がいます
  

   近くに親が来たようです
  

   きたのはお父さんのようです
  

   「ちょうだい、ちょうだい!」
  

   お父さんから、もらえてよかったねぇ~
  


         今年は、昨年撮れなかった麦の上にとまるノビタキが撮れました

         そして、空中給餌も・・・


   いいとこにいるね
  

   今度はお母さんが飛んできました
  

   おおっ、完璧な空中給餌です
  

   「ぼくちゃん、まっててねぇ~」
  


         10日程、草原をうろうろして7、8組の親子をみつけましたが

         スズメより、ちょいと小さいノビタキなので

         10m位の近さまで寄ってくれないと、なかなかいい写真は撮れません

         子供が生まれて数は増えているはずですが・・・

         これから、南下する9月~10月迄、何故か? 見かける回数がぐっと減少します







コメント