anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

ツルシギ&タシギ

2011-09-29 23:56:22 | 野鳥
           前回のブログに続いてシギ類のなかのツルシギとタシギの登場
   
      ツルシギは昨年4月に長都沼で撮って以来ですが、その時より近くで撮れました
   
              長都沼の周囲の畑で数日間見れていたシギ類が
   
           ここ3日ほどまったく見れていない、もう南下したのだろうか?

  
   ツルシギとハクセキレイの幼鳥、 一緒に少し歩いていました

  
   右に、2回りも小さいオジロトーネンが・・ 見ていてすごく可愛いかった

  
   左から、ツルシギ、オグロシギ、コアオアシシギ、オグロシギ


              水溜りの方にカメラを向けていると、豆畑の中に何か動くものが・・・
    
                        何かと思えばタシギでした

  
    周囲に溶け込む羽の紋様で、動いてくれないと近くにいても気がつきにくい

  
    あっ! 飛んだ・・


             上空には、ヒシクイ、マガンのVの字編隊が見れるようになりました
   
              あと1ヵ月もすれば長都沼も渡り鳥でにぎやかになるでしょう
     
コメント (4)

アオアシシギ

2011-09-26 20:53:22 | 野鳥
            今は、野鳥撮りには寂しい時期ですが、やっと長都沼にもカモ類が・・
  
       詳細には観察していないが、マガモ、カルガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロが見れた
  
                しばらく寂しかった展望台にも野鳥好きな人々が・・
  
      長都沼の周囲は畑だらけですが、なんとこの畑の一角の水溜りにシギ類がきていました
  
              初めてシギに気がついたのが丁度1週間前の19日の祭日で
   
               アオアシシギが4羽水溜りで餌を忙しくついばんでいた
   
                それからほぼ毎日、見つけた3ヵ所の水溜りに通った
   
                  昨日までに、ここで見たシギはなんとなんと
   
         アオアシシギ、コアオアシシギ、キアシシギ、コキアシシギ、オグロシギ、ツルシギ
  
                   オジロトーネン、タシギ と8種類もにびっくり
   
         特に、コキアシシギは日本では超レア種で詳細な図鑑でないと記述がないようです
   
             何回かに分けてブログ掲載予定で、今日はアオアシシギをメインで・・

  
   どうですか、スマートで細身の綺麗な鳥でしょう

     
   豆畑?が大雨の後で水溜りに、そこを歩いていると餌を捕ったセキレイが横切りました

  
   オグロシギ(手前)と一緒に餌探し

     
   左の写真は、左からコキアシシギ、アオアシシギ、ハクセキレイ、キアシシギ
   右の写真は、アオアシシギと右が黄色(オレンジっぽい)足のコキアシシギ

  
   2羽のアオアシシギ、30分ほど一生懸命に餌を探していました

                写真では水溜りといっても広い沼のように見えますが
  
             実際は、およそ1m×1m、3m×5m、12m×7m位の3ヵ所です
  
                 今日の写真は1番大きな水溜りで撮ったものです
   
              砂浜、河口、干潟にでも行かなければ見れないようなシギが
   
               近くの水溜りで見ることが出来るなんて・・・ビックリです
  
            どこの水溜りも、堆肥が横にあるので虫などの餌が豊富なのでしょうね   
   
   
コメント (2)

ハヤブサ

2011-09-19 21:32:54 | 野鳥
             アオバトが海水を飲みに来るという小樽の恵比須島に行ってきました
   
                  数時間、海辺の石の上に座って様子見をしていたが
 
             ヤマバトは山側の遠くに、たまに2~3羽が飛んでいるのが見えるが
   
                     なかなか、目の前の岩礁に来てくれない
  
                  よくよく見ていると、ハヤブサ2羽が周囲を飛んでいる
  
                     これでは、アオバトが水のみに来られない
  
                そうこうしている内に、1羽のハヤブサが恵比須島にとまった

  
    ハヤブサの位置は海面から30m位の高さで、左側真下に水飲みにくる岩礁がある

     
    飛び立とうとしています。 岩肌にとまっているハヤブサを初めて撮れて感激

  
    飛び立つところも写真に収めれました

  
    ハヤブサはその後、山側の崖にとまりました

    《 おまけ 》
            アオバトを見に来た恵比島周辺の景色です

     
   山側の崖下を通るJR電車                  恵比須島から小樽側を見る岩礁にウミウが数羽
コメント (4)

エゾフクロウ(幼鳥 心安らぐ編)

2011-09-10 23:25:51 | 野鳥
               最近、一般野鳥が少なくカワセミしか撮れていません
   
               聞き様によっては、「カワセミしか・・」とは贅沢な話です
   
           そこで、5月末に撮ったエゾフクロウの幼鳥のかわいい癒しの写真を・・・
   
           幼鳥といっても前日に洞から巣立ったばかりのバリバリ?の幼鳥です
  
                  まだ、まともに飛べないので木の上に行くには
  
                 鳥なのに歩いて登ります、その姿が可愛いのです

  
     ボク、一生懸命に登ったよ! わぁ~ 見晴らしいい ママはどこかなぁ~

               では、ボクの登っている姿で癒されてね!

     
     ヨイチョ  ヨイチョ  ヨイチョ               おっとと! ヨイチョ・・・

  
     ふ~・・ ちょぴっと ちゅかれたから一休み・・ あっ、どうも

     
    もうちょっと! ヨイチョ ヨイチョ               後一歩、そ~れ!                    

      
        わ~い、登れたちゅ  でも、細くて足場わる~い(ゆらゆら)

     
     あっ! (ずるっ)                     お~ あぶいあぶい!


                    どうですか? 少しは癒されましたか・・・
   
                親鳥は、近くの木にとまって子供を見守っていました
  
コメント (4)

ドジョウ政治、ガンバレ!

2011-09-06 14:08:28 | 野鳥
             今回の民主党の野田政権に期待する支持率も上向きのようです
   
           ドジョウを例えに「泥臭い政治」を訴えたのがよかったのかもしれません

  
   我が、“ノダセミ”君もドジョウを捕って考えぶかげである
   東日本復興、円高、難問山積だが頑張ってもらわなければ・・・

     
   「ノーサイドにしましょう、もう・・」                    低姿勢で野党ともうまく立ち回らなければ
   党内融和を図って、スムーズに法案を通してもらわないと・・   でも、小さくならずノビノビとして

  
   いろんな意見があると思いますが、組閣も懐の広い面を見せたと思いますよ・・・
   反小沢だけじゃ駄目ということ、国民も分かったときだけにね・・第三次補正予算を急がなきゃ!

  
   いやぁ~、子供手当ての問題もあるね! そんなに小さくならないでいいよ!
   復興という重い優先課題があるが、国民の為と思った事、躊躇なく(自民に遠慮しなくていいよ)

     
  でもね、参議院の定数を考えると・・・ねじれ国会           変にすり寄って、自ら逃げ出す羽目になっても
  野党との合意も必要かな、野党にすり寄るのもね・・         そのへんは、慎重にね!   

   
   これから、どちらの方向に行ったらいいか迷う場面、時には綱渡りしなければならない場面
   いろいろ出てくるでしょうが、泥臭くてもいい、自分の信念を・・・

            民主党としてもう後がありません、真剣に日本をひっぱっていって下さい。   
  
   
コメント (6)