anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

頑張る、息子達・・

2019-10-30 22:25:53 | 自然
         昨日、仕事仲間のTさんと頑張る息子達の話になりました

         私の次男坊は、東京で一般の仕事の他に、有名ではないが俳優もしています

         昨年、映画で大ヒットした「カメラを止めるな!」の上田信一郎監督の第2弾

         「スペシャルアクターズ」が、今、日活系劇場で公開しています

         2日前の28日に観に行ってきた

         なかなかコメディー的な笑える映画であった

         息子は、カルト集団の一員の役を演じている

         これから映画を見る方に・・・眼鏡をかけ、背広を着ているのが息子です

         では、プロモーションビデオを見てみましょう


        


         残念ながら、このプロモーションビデオには息子はほとんど映ってはいませんが

         舞台挨拶のYouTube動画には出ています


         Tさんの息子さんは凄いですよ

         フォーミュラーの「ドリフト」ってしっていますか?

         今年、アメリカに渡って本場アメリカでドリフトレースに臨んでいます

         プロ選手の中でも、すでにランク15位で頑張っています

         まず、「ドリフト」というものは何か、動画で見てみましょう

         黒い服を着て運転しているのが、Tさんの息子さんです(すごい迫力です

         少し長い動画ですが、運転は7分後から始ります

        
        

         上記動画は、プロドライバーがあこがれる、HOONIGANでのドラフト走行です

         あまりの負荷に、エンジンから火が出てラジエータも水漏れ、もちろんタイヤはおしゃか

         数日前、Tさんは今期最終レースのカルフォニア大会に息子さん応援のため渡米してきました


          がんばれ! 息子達・・・



         


         
コメント

アンモナイト化石採取

2019-09-25 15:56:01 | 自然
         2週間前、仲間4人で今年2回目のアンモナイト採取に行ってきた

         場所は、苫前町を流れる古丹別川上流に流入する道道742号線沿いの支流の沢沿いです

         この場所は空振りが少ないので、ここ数年この場所で採取することが多い

         4人合計の年齢が303歳のシルバー軍団、この年齢でこの趣味は過酷である
         
         

   年に1度は見る崖です
  


   この崖の右端には4m程の正断層がみられます
  


   この崖に埋まっているノジュールにアタックするY氏
  


   休憩中の、Y、I、O氏、中心のI氏が抱えている約12Kgのノジュール、10cmクラスが3~4個含有してそう 
  


沢から戻ってくる仲間達  
  


   この日採取したノジュールの一部  
  


   採取している後半、私の胴付長靴の靴底のフェルトが剥がれ歩きにくい、途中紐を拾って結んだが・・大変だった  
  



         この日(9/8)、27℃程あり胴付き長靴は蒸れて暑く4人ともヘトヘトでした



  
         
コメント

カラーマーキングされた “マガン” 見っけ!

2019-03-27 23:12:33 | 自然
         昨年秋の終わりころから、本州などに南下していたハクチョウ、マガン、ヒシクイなどが

         3月に入ったころから、北帰行の旅の途中に北海道に立ち寄ってくれます

         そんなハクチョウやマガンを探して、畑や田んぼを回っていた時

         首にカラーマーキングを付けたマガン1羽を発見

         発見したのは、3/20の昼頃で場所は恵庭市林田にある田んぼの中

         20羽程のハクチョウ、10羽程のヒシクイ、そして50羽程のマガンが混在しているなか

         1羽のマガンにマーキングが・・・そして足にも足環が確認できます


 首に緑のカラーマーキングしたマガンが見えます
  

   拡大して見ました
  

   「2J」の文字が見られます
  


         緑のマーキングに「2J」とありますが

         山階鳥類研究所によるマーキング種類によると

         青色のマーキングに「〇〇Y」(注:〇には数字が入る)と文字が入ることになっています?

         3/25に山階鳥類研究所に、目撃報告をしましたが、付せて上記疑問を問い合わせしました

         下記5枚の写真は、千歳の駒里地区で撮った写真で、カラーマーキングとは関係ありません

         今は、あちこちの田畑でこうした状況がみれます


  

  

   このハクチョウ、美形と思いませんか! 立ち姿もモデル立ち
  

  

  


         
コメント

雪まくり

2019-03-16 00:01:57 | 自然
          “雪まくり” これって何のことか分かりますか?

          雪原に起こるかなり珍しい現象で、スノーロールとも言われています

          先月、釧路に近い標茶町を走っていたときに、数キロの範囲で初めて見る事ができました

          その光景が次の写真です
          
         
   雪原にランダムに雪の塊が散らばっています   
  


          地図で見ると、この場所から丁度直線で8Km先が「摩周湖」があります 左の山が仁多山、右が西別岳

          上記現象が、なぜ珍しい現象か調べてみました

          “雪まくり”ができる条件は

           ① 適度に湿り気がある雪であること
           ② 雪の層がめくれて転がる程度の風の強さであること
           ③ 転がって雪だるま状になった雪の塊が吹き飛ばされない程度の風であること
           ④ 雪が転がりやすい微妙な坂や岡などの地形であること

           上記条件が、同時に満たされる事が必要のようです

          これで、数キロの範囲でしか見られなかったのが分かりました

          ちょっとした地形の違いで、できたり、できなかったりするのですね


   少し拡大して見ましたが分かりますか、確かにロール状になっています
  

          もう少し、角度を変えて“雪まくり”現象を見てみましょう

  

  


          実際、現場で見ると写真で見るより、迫力がありなかなか摩訶不思議な現象でした
コメント

野付でサンセットを撮る

2019-03-12 00:17:01 | 自然
          前回のブログで野付のサンライズ(日の出)を掲載しましたが

          今回は、サンセット(日の入り)を掲載します

          野付湾は、朝日と夕日の両方を撮ることができます

          今回のブログは夕日を背景に、ナラワラにいたエゾシカとコラボしてみました

          しかし、エゾシカが走りだすと大変、夕日からエゾシカがはずれてしまう

          何度か、車で結構なスピードで追いかけ、追い越したところで

          エゾシカを待ち伏せ状態での撮影である

          そうして撮ったのが今回の写真です


  

  

  

  

  


          野付は、野鳥、動物を撮る以外にも、魅力一杯の地域です
コメント