anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

ダイゼン

2013-09-29 23:25:02 | 野鳥
                  9/15の「キョウジョシギ」のブログに書いたのだが・・・
           
         まだ遭遇していない野鳥として、「今度は、ダイゼンに会いたいと思ってます」と書いたら
           
                      先日、遭遇することができました
           
           最初に会ったとき、水辺から少し離れたとこで餌を探しながら動き回っていました
           
                     やはり水辺にいる方が絵になると思い
           
             それとなくやんわりと、陸から水辺の方に行くように追い立てるのだが
           
           なかなか水辺の方に行ってくれない、逆に陸側の私の方に向かってくることも
           
          結局最初の遭遇では、水鳥なのに水の中にいるダイゼンを撮ることが出来なかった
           
                 その数日後に、リベンジのつもりで再度行ってみた
           
                   トーネンやメダイチドリがちょろちょろしているが
           
              目的のダイゼンは1時間半過ぎてもなかなか出てきてくれない
           
              今日はもう会えないのかな? との思いが頭をよぎったとき・・・
           
                     現れてくれました、それも水の中です

           
   少し体を沈めて勢いをつけます  
  

   “えいっ!” 立ち上がった姿勢になりました  
  

   飛び上がりました、どこかに飛んでいくのかな?  
  

   違いました、飛び上がった場所に下りました  
  


             この後、どこからか2回りも小さなトーネンがダイゼンの前にあらわれました
          
                  では、2羽で揃ったパホーマンスを見せてもらいましょう

          
   “では、揃いましたか! 始めますよ! ずいぶん大きさが違いますね”  
  

   “はい! では頭を背にうずめて下さい”  
  

   “次は、頭を胸にうずめて下さい”  
  


                        は~い! よく出来ました!


コメント (2)

戦車

2013-09-26 21:47:25 | 乗物
                  私らの年代では、戦車といえば「戦争」と思われますが
        
             今の時代、美少女と戦車をテーマにした “ガールズ&パンツァー” が
       
                      一部の若い人達に受けいられていて
        
        その関係のツアーが千歳の部隊でイベントとして開催された事を、テレビのニュースで見ました
        
              それとは別に先日、恵庭の北部隊が開放イベント日となっていたので
        
                  自宅から歩いて15分、小雨でしたが行ってきました
        
             現在の日本の主力戦車である74式戦車、90式戦車の写真をアップします
        
   部隊内に入ってすぐに催し会場にいろいろな戦車が並んでいました  
  

   74式の主砲の先をアップ                      74式の砲塔を正面から     
     

   74式戦車の走行姿の勇姿      
  

                    次は、90式戦車の走行の姿を・・・

   泥を跳ね上げての走行です、主砲の位置はどんなアップダウンや向きでも的を狙っています  
  

   戦車ファンにはたまらい姿でしょう                 流し撮りですと少し臨場感が  
     

                どちらの戦車が好みか? 私は丸味のある砲塔の74式がいいかな

                  最後に、数十年前の戦車上の兵士の写真を載せてみました           
   
   白黒写真で兵士を見ると、世界一有名な?写真を撮った「ロバート・キャパ」を思い出します  
  

                たった今、楽天が優勝しました “楽天イーグルス おめでとう!!”


コメント

バン&イソシギ

2013-09-20 19:15:10 | 野鳥
                    長都沼とその近郊は我が家から近いので
        
               野鳥が少なく寂しい時期でも、時間があれば顔出ししている
        
                     時として思わぬラッキーがあるからです
        
                        でも、今年はなかなかない
        
            後1ヵ月半もすれば、ハクチョウ、マガン等の姿も見れるようになるのだが
        
                   先日、沼にある東屋からバンの親子に会えた
        
             カルガモが休んでいる横を、成鳥2羽と幼鳥3羽が動きまわっていた
        
                   少し背景がうるさい写真ばかりですが容赦を・・・


    カルガモの前を通ってきました(前:親鳥、後:幼鳥)  
  

   水に入るとこです  
  

   幼鳥がカルガモに何か言われています・・後ろにはカイツブリ   「うるさい! 何度言ったら分かるの!」      
     

   「うわぁ~~、怒られたよぉ~~」  
  


               この後、沼の近郊を走っていると土管のある堆肥場の水溜りに
         
                     イソシギとコチドリの幼鳥がそれぞれ1羽
         
                          しばらく観察していると
         
                    イソシギが狂ったように水浴びをしだしました


   水があるとこ、どこにでも現れるイソシギですが鳥たちが少ないときは貴重です  
  

   「体に虫が付いてかゆいの・・・」                  「ザブン!」         
     

   「あ~かゆい! ザブン! バシャ! バシャ!・・・」    
  

   「わぁ~、もう、我慢できない!」   ・・・ とイソシギが言ったかどうか?  
  

 
          後、2ヵ月もすれば多くのカモ類、そしてハクチョウ、マガン、ヒシクイで賑やかになります
           
                          そして、猛禽類たちも・・・

      
  
コメント (2)

京女鷸 (キョウジョシギ)

2013-09-15 21:44:07 | 野鳥
                最近の天候で、ここ数日まともに鳥見が出来ないでいる
         
                 そこで、先日シギッチを撮りに行った時の在庫から
         
                そんなに珍しい鳥ではないが、私には初見の野鳥です
         
              成鳥のまだら模様が着物をイメージして“京女”とつけたとか・・・
         
                  でも、行動を見ているとかなりやんちゃなようである

   ミュビシギ、トーネンに混じって・・・ おっ!キョウジョシギがいる!  
  

   少ししたらキョウジョシギが集まってくれた、成鳥が1羽、若鳥が3羽いました  
  

   成鳥で“京女”由来の模様がはっきりしています          こちらは若鳥です  
     

   あらよっと! 若鳥は元気です  
  

   成鳥が甲殻類のような餌を見つけました、走りながら何度も餌を落としては咥える行動をしていました  
  

           初めてのキョウジョシギに会えたので、今度はダイゼンに会いたいと思っています



                        《 おまけ 》

                          キョウジョシギの近くで
       
            ほぼスズメ大のトウネンが波打ち際から少し離れた陸側に数羽が集まっています
         
                   静かに見守っていると、3~4m近くまで寄ってきます
         
                       寄ってくる姿が、これまた可愛いです

  

コメント

これでもか!! スカイツリー 写真

2013-09-08 21:37:21 | 景色
               先日、東京に行った時に息子達とスカイツリーの展望を楽しみましたが
         
         一人の限られた時間で、夜、次の日の午前とスカイツリーの景観こだわって撮ってきました
          
                  撮った写真は、延べ6時間近くで400枚位になりました
          
         そこで、これでもか! これでもか! と今までのブログでは1番多い20枚ほど掲載します
          
         撮影場所も記載しますので、これから写真を撮ろうとしている方の参考になればと思います
     
        (スカイツリーの写真、縦長写真が多いので写真の上をクリックして大きな画像で楽しんで下さい)

     
     スカイツリーの下(タワーヤード)から上に向かって、「うわ~、たっけ~!」      
  

     スカイツリー駅側(ウェストヤード)から見上げました      ☆☆押上駅側(イーストヤード)からの全景  
     

     石燈籠の上をを手前にして(押上天祖神社)  
  

     狛犬も入れてみました(押上天祖神社)             北十間川の側から木の葉を入れて              
     

       押上天祖神社は、スカイツリーから500m程離れた住宅街に囲まれた小さな小さな(20m×20m程)神社です
      
            野球の王選手が子供の頃キャッチボールしてたところで、注意しないと見落としてしまうかも

     ビルに写るスカイツリー(北十間川からイーストヤード側のビルを見て)  
  


                 夜のライアップされたスカイツリーも撮らなきゃ価値も半減するので
              
                    夜の不慣れな道を右往左往して撮ることができました
              
                    ライトアップですが、オリンピック招致運動の応援の為
              
                8/24~9/7まで1時間ごと交代で特別のライトアップされていました
              
              1つは墨田区の小学生が考えた緑、黄、橙色での“明花”というライトアップ
              
                          もう1つは、金色のライトアップ・・・
              
             メダルは金銀銅がありますが、招致できる国は1ヵ国で金色以外はダメなのです
              
               このおかげか? 見事、東京オリンピックを誘致出来ました   バンザイ!!
               

     誘致に貢献した金色のライトアップです(ツリー正面)  
  

    ☆☆ソラマチEV近くからの“明花”のライトアップ         押上駅前交差点からライトアップを見る  
     

                   ☆☆印の3枚目(昼)と9枚目(夜)は同じ場所からです

     駒形橋直前の横断歩道から見るツリー              隅田川の厩橋から見た夜景  
     

     駒形橋からツリーを入れた夜景を撮っていると、屋形船が通ってくれました  
  


                    スカイツリーに近い浅草をスカイツリーを意識して歩いてみました

     浅草寺の境内から五重塔を対比させて  
  

    雷門近くから吾妻橋方向を見て                  宝蔵門の大わらじを入れて  
     

     五重塔の軒先と木々の三角形の隙間から見るスカイツリー  
  


                遊び心の写真がないと「お前らしくいない!」と写真仲間から言われそうなので
            
                           そこで、ちょっと遊んでみました


     あっ! 犬が舐めてる!(上野公園西郷像)           浅草仲見世横の小路から  
     

     波打つ北十間川に写るスカイツリー               名前が彫られた石碑に写る(押上天祖神社)  
     


                   最後に、執念の1枚を、帰りの飛行機の中から撮ったものです
               
           飛行機がターミナルから離れて離陸する滑走路に移動したとこで2~3分程止まっていました
               
                  機内の窓から外を見るとスカイツリーが見えるではありませんか!
               
                   そして、ラッキーなことに着陸態勢で飛んでいる飛行機が背景に

               
     左側の窓であったこと、止まってた位置でスカイツリーが見えたこと、運と執念 (羽田飛行場滑走路内)               
   


           
                         スカイツリーばかりの写真で飽きたでしょうね

                         オリンピックを招致できたので、どうか容赦を・・・


           
コメント (2)