anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

七条大滝

2013-03-31 21:09:13 | 景色
                数日前、氷結したつららを見るにはちょっと時期はズレましたが
       
                      支笏湖近くの七条大滝に行ってみた
       
            場所は、勇払川上流で支笏湖近く国道453号線と276号線がぶつかるあたりで
       
            276号線沿いにあるPに車を止め、向かいの千歳と苫小牧の境界線の林道を歩く

  
   国道から見える林道の入り口です
   
              歩き始めてすぐ右側に曲がる道がありますが、雪解けしている所に何かが?
       
              大滝に行くには曲がらないでまっすぐだが・・・寄り道してちょっと見に行くことに
       
     
   道の真ん中に動物らしきものが・・             タヌキですが、かなり弱っている

             タヌキの傍で声を掛けると、やっと顔を上げるだけで立てない程弱っているようです
    
                約2時間後、七条大滝に行った帰りにも寄ったがうずくまったままでした
    
                    つれて帰れないので、糖分補給の意味でタヌキの口元に
    
                          私の常備している飴を置いてきました
    
                    駐車場を出て、時々足が雪にぬかりながら40分程歩くと
   
                         突然、「七条大滝」の看板が・・もうすぐです    

  
    この看板が無いと初めての人は、大滝に行けないと思います

           やっと七条大滝に着きましたが、氷柱やつららはピーク時の3割ほどしかありませんでした

  
    ピーク時は、この崖面全部が氷柱に埋め尽くされるようです、特に今年は良かったみたい

  
    少し近づいて見上げてみました 滝は16mの高低差があります

          上2枚の写真には写っていませんが、滝の右側に崖の3m程の隙間に氷柱が残っていました     

     
   離れて見るとこんな感じ                   近くに寄ってみると・・

                         次回来るときは、全面氷結した時に・・と
     
             来た道を歩いていると、次第に青空がでてきて前方にモラップ山が見えてきました

  
   遠くに、モラップ山が
                   
                    2時間半ほどの行程でしたが、会う人は誰一人いませんでした
      

             《 おまけ 》

        帰り、まともな通り道なので千歳川上流にちょっと寄ってみると
          
        すぐに下流から、2羽のヤマセミが飛んできて少し離れた枝にとまりました
  
     
   数ヵ月ぶりのヤマセミでした                  巣材を咥えてたシマエナガが近くに
  
       
コメント (2)

オオタカの捕食

2013-03-24 20:53:01 | 野鳥
               昨日、午後3時頃携帯に化石仲間のO氏から電話があった
      
                   「今、どこにいるの?」  ・・・「自宅だよ!」
      
              「家の裏でハヤブサみたい鳥が小鳥を捕まえて食べている!」
      
                それを聞いた私は、急ぎカメラの支度をしてO氏宅へ・・
      
                   電話もらってから15分位で着いてみると
      
           いました、いました30m位先のアパート風の2棟の建物の間の雪上に・・
      
                    かなり立派な成鳥のオオタカです


       《 今回は、ちょっと残酷な場面ですが自然の摂理と思ってご容赦を 》

  
   身を雪山に隠しながらじわじわと20m程に接近して   

  
   うわぁ~グロですねぇ~・・

  
   今度は逃げられるのを覚悟で車に乗り換え10m程に近づいて・・

  
   すごい迫力! 身震いするほど格好いいですね!

  
   あっ! 目が合った! 正面顔って、ちょっとユーモラス

                    この後すぐに、餌を食べつくしたようで、飛び去りました
    
         餌食になったのはドバトのようです、遠くの屋根の上で3羽のドバトがこっちを見ていました
    
           今回のオオタカは通常の大きさ45~50cmですがそれ以上の大きさに見えました
    
                すごい迫力ある食事風景に、周囲に5~6羽のカラスがいましたが
    
            普通は、食事現場の近くの地面に下りて隙を狙って餌にありつこうとするのですが
    
          写真を撮っている15分ほどの間、遠くの電柱や近くの建物の屋根の上を移動するだけで
   
                          一度も地面に下りてきませんでした
    
                 すごい迫力に、カラスも近寄れないほど圧倒されたのでしょうね
    
                私の1番好きな野鳥は、図抜けての1番がオオタカ(含ハイタカ)です
    
                         オオワシ、オジロワシは魚が主の餌ですが
    
               オオタカは、野鳥、小動物が餌! そのハンティングスピリットが魅力です
    
                   そんな1番好きなオオタカの捕食を教えてくれたO氏に感謝です

 
      
      
コメント (4)

まだいてくれました、猛禽達

2013-03-18 19:43:36 | 野鳥
                  先週中頃に、ほぼ1ヵ月ぶりに鵡川方面に行ってきました
    
     前回(2/14)行ったときは、ノスリ、ハヤブサなどの猛禽達が豆畑に群がるシメを狙って狩をしていました
     
       もう、餌になるシメもいなく猛禽達もいなくなっているだろうな・・と思って様子見に行ったのですが
    
                         お~、まだいてくれました
      
              まずノスリを見っけ! 以前、7~8羽いた気がしましたが今日は3羽ほど・・

 
   近くで、枝ぶりがいいとこにとまっていてくれました

  
   目が瞬膜の瞬間を撮れました

                 相変わらず、ハイイロチュウヒの雌がシメを追いかけていました

  
    何度か、アタックしているのを見ましたが捕れていません

  
    場所を変えて、民家近くに北紀行途中のオオハクチョウが餌をついばんでいる近くを・・

                 すごい勢いでシメを追いかけてこちらに向かってくる猛禽が・・・
     
                 わぁ~、シロハヤブサ(中間型)だ・・・まだいてくれたんだぁ~!
     
               前回、飛んでる姿を撮れなかったので、ラッキー!一生懸命撮りました

  
   来年は、真っ白になって戻ってきてね! 中間型は真っ白にならないのかなぁ~

                猛禽達の動きが少なくなったので、帰ろうと農道を走らせていると・・
   
                晴れ間の出た電柱に何かが、ノスリかと近寄るとシロハヤブサだった
   
               さっきまで飛んでいた個体とは、顔の紋様から別のシロハヤブサのようだ   

  
   ちょっと電柱が気になりますが、シロハヤブサに免じて・・

                  なんとなく、この場所で猛禽を見るのも終盤のようにかんじました
     
                    長くいてくれた猛禽達も、まもなくさらに北に帰るのだろう
         

                《 おまけ 》
               私が、年初めに見たシメの数から見れば1/20,1/30と激減していますが
     
                       まだまだ、群れで飛ぶ姿は見ごたえはあります
     
                       こうした、シメ達がいるので猛禽類がいてくれる

  
    横から飛ぶ姿のシメ

  
    正面に向かってくる姿のシメ



コメント (4)

森で会った野鳥達

2013-03-08 16:55:44 | 野鳥
          ここ最近、天候とのタイミングが合わないこともあり、ちょっと出不精になっていました
     
               3日前、久々にゆっくりと森の中を歩いて野鳥と親しんできました
     
                 あまり寒くもなく、久々に防寒ズボンをはかずゆったりと・・・
     
               川沿いの小道を歩いていて、たまに聞こえてくる囀りはカラ類かな
     
  
    近くの枝にヒガラがいてくれました、短い冠羽がかわいいね!

                     小道を歩き続けていると、異様な鳴き声が・・・
    
                   そうか! ミヤマカケスが何かの声真似しているのだ

  
     餌を見つけたのか、何かに夢中になっていました

                   か細い鳴き声が聞こえています、あたりをしばらく探すと
      
                 アカゲラが空けた穴なのか少し離れた木にキバシリがいました

  
    穴を覗きながら、キバシリが餌をさがしています

                 またも異様な鳴き声が聞こえてきました、今度はカケスとは違う
     
                          かなり甲高い! クマゲラです
     
               鳴声の方をよく探すと、小道から50m程離れた林の中の木に黒いものが・・
     
                      近くに行くには、雪をこいでいかなければならない
     
               もしペアになっていれば、今は抱卵前の大事なときストレスをかけてはと
     
                       見つけた小道から、枝がかからないところで         

  
    頭部の赤毛から、クマゲラの雌です  ・・・あっ!飛んだ!

             飛んだと思ったらすぐ近くの、樹皮が剥けた木にとまってしばらく木をつついていた
     
                 まだ大きな採餌痕の穴は遠くから見えないが、新たな採餌木かな?

  
    この木に20分?はいました

                    やがて、クマゲラは飛び去ったので、駐車場に向かう途中
      
                       何か、ごそごそと動く殺気が!! 目をやると
      
                 小枝が混んでいる合間から、エゾシカの子供?雌?と目が合いました
      
               すぐに逃げると思ったが、写真を撮るあいだこちらを見て逃げないでいてくれた             

  
    1頭だったのかな、周囲には仲間のシカを確認できませんでした

                            ゆっくり歩いた鳥見だったが
      
            とてもいいロケーションの枝にとまっていたミソサザイを撮り逃したのが残念でしたが
        
                               楽しめた1日でした


       

         
 
コメント (4)

シメ

2013-03-05 19:13:10 | 野鳥
             1月6日「オジロワシ」のブログの「おまけ」で紹介した“うっとりシメ”の話です
        
            仲間からはぐれたのか? 12月の中ごろから現在なお我が家に居ついています
        
                      3年前にも、我が家に長く居ついて
        
             車のサイドミラーやフロントガラスに自分の姿を映して、うっとりしていました
        
                  今年のシメも、我が家の車に姿を映してうっとりしたり
        
              ホバリングしながら写る自分の姿に嘴でガラスをつっついたりしています

  
    フロントのワイパーにとまり自分の姿をガラスに映しながら遊んでいます

  
    よくホバリングしながらガラスに姿に映すこともやります

  
    我が家に車がない時、隣の家の車に・・実は糞で汚くなります・・お隣さんごめんなさい

         2月に入ったあたりから、ほぼ毎日朝7時頃私の部屋(2階)の窓ガラスのとこにやってきて
      
               窓ガラスに姿を映し、嘴でコンコンと窓をつっつくようにになりました
       
                        けっこう、この音で起こされます       

  
   「コンコン、コン・・・」  ・・・おっ! おはようシメ君!

 
   「バタバタ、バタ・・・」 ・・・今日も元気いいね、シメ君!

                冬期間、餌台を用意してひまわりの種を置いているのですが
    
          ここには、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヤマガラ、スズメ、カワラヒワがよく来るのですが
    
                     シメが一番大きな顔をして餌台にきます
    
                   先客で他の鳥がいると追い払って食べています

      
         《 おまけ 》
      
                 今年、初めて冬場にカワラヒワが3~4羽来てくれています
       
               時々、仲間同士で餌を取り合って飛びながら取っ組み合いをします
      
                 まだ写真に納めれていませんが、広げた羽がとても綺麗です
       
  
   餌台の近くに立っている竹棒にとまっています、かわいいですね!まだ若そう!
   

  
        
コメント (4)