anmo's blog Ⅱ

同じ趣味(野鳥、化石)の人達と人生を楽しめれば・・・と

“蜜蜂と遠雷” を読む

2017-05-27 04:53:47 | 日記
          ここ数年、「小説を読んだことがない」と豪語していた私

          ましてや、本屋で購入してまで読むことは10年以上もなかった私が・・・

          何に血迷ったか、今年の直木賞と本屋大賞をダブル受賞した

          恩田 陸の“蜜蜂と遠雷”というタイトルの本を購入した

          あらすじは、ピアノコンクールを舞台とした若者達の青春小説である

       
        


          もう30年前になるだろうか・・

          学生時代から現在までクラシックギター音楽が好きな私が

          ピアノ曲やピアノコンチェルトに2~3年、はまったことがあり

          購入は、その時に聞いた懐かしい曲名が小説の中に出てくることが1つの要因でありました

          久々に、夢中になって読ませてもらいました

          小説の中で、主人公の1人「風間 塵」が弾いた曲目の中で

          一次予選の最後に弾いた、バラキレフの「イスラメイ」

          三次予選の最初に弾いた、サティの「あなたが欲しい」の2曲が

          今まで、聞いたことのない作曲者と題名が登場し気になっていたので

          You Tubeで演奏風景を見ながらヘッドホンをして聞いてみた


          ★ バラキレフ 「イスラメイ」

            ロシアの作曲者で1869年に東洋的幻想曲として発表された10分弱の曲です

            さっそく、You Tubeで検索し

            「小塩 真愛」さんの演奏で、昨日今日で5回聴きました(なかなかの名演でした)

            聴けば聴くほど、いい曲でした

            どこか東洋的というか日本風を感じる箇所もあるが、東洋的とあまり感じず聴けました


      イスラメイの冒頭の部分です (難曲で手の小さい人はなおさらのようです)      
     


          ★ サティ 「あなたが欲しい」

            曲を聴いていて、「んっ? これがクラシック? コンテストで弾かれる曲?」

            ・・ と思ったので調べてみると

            フランスのエリック・サティが1900年シャンソンの曲として作ったようで

            CMにも使われているようで、耳障りの良い心地よい曲なので

            クラシックはちょっと・・という人、ピアノ演奏でぜひ聴いててみてください

            聴いた後、作者は小説の中でこの曲をどう表現しているのか・・と思い

            改めて、この部分を読み返すと

            「シンプルなメロディーは、たちまちコンサート会場をパリの街角に変えてしまった」

            とあり、私もパリのイメージは同感でした

            パリの雰囲気を感じると 「エコール・ド・パリ」 パリ派の画家たちを想像し

            思わずネットで、シャガール、モジリアーニの絵を検索し、見てしまいました

            歳をとってもミーハーなことに影響される単純な私です



          ★ ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」

            小説の終盤は、勝ち抜いてきた6名の本選が描かれています

            本選は、オーケストラとの共演のコンチェルトです

            小説の中の3人の主人公達の演目には書かれていませんが・・

            私自身、無性にラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を聴きたくなりました

            これもまた、You Tubeで検索し、BBCがライブ放送した

            全盲の辻井伸行の演奏で、目を閉じヘッドホンをして聴きいりました

            演奏終了後辻井さんがピアノに左手を添え観衆に頭を下げるシーンで

            指揮者が辻井に近寄り抱き合うシーンを見て涙してしまいました

            歳をとってもちょっとしたシーンに涙する単純な私です




                    
コメント

春のタンチョウ  その2

2017-05-23 15:11:46 | 野鳥
          前ブログからの続きですが・・・

          それは、幼鳥が水をはった田に足を踏み入れたとこから始りました

          すぐに成鳥が後を追ったと思ったら2羽が飛び立ち

          50m程離れた水田に降り、2羽はすぐに舞い始めました

          それは成鳥が幼鳥に舞方を教えているようにも見え

          大胆にも優雅であり、シャッターを押すのを忘れるような突然の舞でした

          その舞は、1,2回2羽が絡むように舞ったのでなく

          7,8分間休むことなく舞ってくれたので写真に収めることが出来ました

          その舞を紹介します


  


  


  


    


  


  


  


    


  


  


          踊り終えると、水田の畔に来て

          幼鳥は疲れたのか草の中に座り込みました(頭だけ草から出ています)
          

    

          
          2日後、又、タンチョウの舞が見たくて行ってみましたが

          相当、周辺を探しましたが見つかりませんでした




コメント

春のタンチョウ  その1

2017-05-21 06:28:30 | 野鳥
          鳥仲間のMさんから、「河川敷にタンチョウがいる」との連絡が入りました

          地元の公園にいた私は、そこを撤収しすぐに向かった

          聞いた場所に行ってみたが、探せどいない

          そこで、近郊の畑作地を探すことに

          探すこと20分程で水田のあぜ道にいるのを発見

          緑とタンチョウもいいですね


   いたいた、緑にタンチョウも綺麗
  

   何か餌を探していますね
  

   少しずつ近いづいています
  

   立派な成鳥ですね
  

   おっ、畦に上がります   
  

   もう1羽も・・ 手前の子は昨年生まれた若鳥ですね・・
  

   若鳥が水をはった田に入って行きました・・・
  


         この後、タンチョウは優雅な舞を見せてくれましたが

         その模様は、次回「その2」でお見せします

         それにしても、こんな場所で・・ 連絡くれたMさんに感謝です

         地図をよく見ると、いたのは

         鵡川と、たまに見かける長都沼や近郊の遊水地を結ぶほぼ直線状の地点にあり

         今回は長都沼を通り越して飛んでいったのでしょうか??

         尚2羽は、鵡川地区で生まれたタンチョウと思われます

         この地区で昨年は1羽育ち

         2年前は生まれたが子供は死んだそうです

         3年前は1羽育ち、4年前にも1羽育っていますので

         今回見られたのは

         昨年生まれた子と、3,4年前のどちらか1羽でしょうね


     
         
コメント

コサメ&キビタキ

2017-05-14 22:16:09 | 野鳥
          恵庭公園にもコサメビタキ、キビタキなどのヒタキ科が飛び交うようになりました

          ヒタキ科の代表でもあるオオルリは今日(5/14)の段階では

          公園でお会いしたバードウォッチャーの人によるとまだ1羽しか入っていないとの事

          確かに、ここ数日恵庭公園にきているが

          鳴き声も2度程、姿も遠くの木々を飛んでいるのを1度見ただけ

          オオルリだけでなく、アオジを始めすべての夏鳥の数が少なく感じます

          そんな中、コサメビタキとキビタキが遊んでくれました

          コサメビタキは地味な色ですが、何とも言えぬ可愛らしさがあって好きな野鳥です


   以下5枚はコサメビタキです、まず目がかわいいです
  

  

  

  

  


          キビタキも元気いっぱいの姿を見せてくれました


   以下4枚がキビタキです 黄色が目立つ鳥です
  

  

  

  


         コサメビタキを撮りながら

         エゾビタキやオジロビタキを探していますが、まだ見つけていません

         今季、探すことができるかな




          
コメント

ヤブサメ など

2017-05-02 21:02:35 | 野鳥
         前回のルリビタキを撮った場所に、2日後に行ってみた

         同じ場所で待つこと15分位、「何か来た!」

         ルリでなくヤブサメでした

         時期になると“シシシシシシシシ・・・”笹薮からよく鳴き声が聞こえるが・・・

         なかなか姿を見せてくれず、撮ってる写真もいたって少ない

         ひょっとして、いままでで1番ヤブサメを綺麗に撮れた写真かも・・

         

   ヤブサメ君、尾羽が短くかわいいね!
  

   おや、向きを変えてどうしたの・・
  

   そうか、羽を広げてくれた、、、羽も短そう・・
  


         次に顔を見せてくれたのは、アオジでした

         距離も5m程と近くに来てくれました


   アオジ君、顔がちょっと怖いです
  

   鳴き声はなかなかの美声です
  


         次は、メボソムシクイです、一瞬、見たときはセンダイムシクイと思って撮っていたが

         枝に止まっているかと思ったら

         笹薮に入りジェジェジェ・・と鳴きながら笹の中を移動し、また枝に止まってくれました

         センダイムシクイはこんな行動をとらないし、鳴き声も違う

         ムシクイ類の判別はなかなか難しいとこあります

        
   こんにちはメボソ君、以前にお会いしたことありましたっけ?   
  

   これからは、意識して撮らせてもらうね
  


         メボソムシクイは終始行動を観察していたので判別できましたが

         ちょっと見、なかなか判別が難しい

         判別が難しい種に

         ヒタキ類、センニュウ類がありますが

         これから見られる野鳥なので、しっかり判別して撮りたいと思いました

         結局、この日はルリビタキは見ることはできませんでした

        



  
コメント