倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

縄文はモダンアート

2009-02-28 07:34:47 |  縄文心導ヒーリング
晴天暖かい日です。
漢字からひらがな文字にエストニア人、フィンランド人の興味が移っています。
外人からみるとひらがなは抽象画のように見えるようです。
ひらがなの曲げて曲げるは、5000年前以上の国宝の火焔縄文土器と共通したものを感じます。
紫式部はこのひらがな文字があったから世界初の長編小説『源氏物語」を書き上げたのです。
縄文ストレッチの曲げて曲げてはさにこのひらがな文字です。
漢字は絵の様に見えますが、ひらがな文字はサイケデリックなモダンアートに見えます。岡本太郎がフランスで出合った縄文を日本に逆輸入させ、縄文ムーブメントは日本に上陸、現代急激に進化して行こうとする人間に縄文の魅力が伝わるのではないかと思います。
バレンシア通りで縄文モダンアートが広まる可能性は大きいですね。
コメント

サンフランシスコでゆっくりしました。

2009-02-27 11:36:04 |  縄文心導ヒーリング


サンフランシスコへ帰ってからゆっくりしています。
昨夜8時に寝て、2時半に目が覚めましたが、早すぎるので縄文ストレッチをしながら二度寝して、目が覚めたのが朝10時でした。
Cokoが言うには熟睡していたそうです。
昼からバレンシア通りの八重子さんのお店に帰国の挨拶に行きました。
エスト二アとフィンランドの寒さや食べ物、ワークの話を懐かしく共通するものを感じながら、再会を喜びながらランチで乾杯!
ひらがなの縄文マークも作られていました。
明日はお店でパーティを開き縄文デモとミニコンサートが計画されています。
縄文モダンアートはサンフランシスコの人に関心が高いようです。

コメント

サンフランシスコへ帰ってきました。

2009-02-26 12:12:27 |  縄文心導ヒーリング
待ち時間を入れて16時間近くの飛行機旅は疲れますね。
エンジンの火が三つ火を噴いた為アムステルダムで修理待ちが1時間半、飛行機事故が続いているので、乗客も治してもらう時間には長くとも納得。
機内のトイレで10000ユーロー入りの財布を拾ってしまいました。スグにスチュアーデスに届けたらフィンランド人の初老の男性のもので御礼を言われました。

久しぶりのサンフランシスコですが、暖かくて良かったです。Cokoが空港迄お迎えに来てくれていました。
凄く疲れたなあと思いましたが、犬のイイナが飛びついて来たので、散歩に出かけ足慣らしをしました。春らしき草花も咲き出し健脚ぶりは衰えていませんでした。明日から又散歩に精出します。
大根とワカメのお蕎麦が美味しかった~です。
コメント

シルカの運転でヘルシンキへ

2009-02-25 02:48:28 |  縄文心導ヒーリング
ユバスクラを後にしてヘルシンキまでシルカの運転で4時間、車中で話したことは、今回のワークで良かったワークは?とシルカが聞きました。
みんな良かったけれど特によかったのは、

・エストニアのSAKUのワークで、足が悪い肥満体のおばさんが手の指を組んで歩きだし、宇宙遊泳のエクササイズを真ん中に出てきてやられ,『今夜は来て良かった!」と喜んで帰られた事。自分は年だから出来ないと諦めないで!

・フィンランドのケウルの小学校の心導ストレッチクラスで、子供達にDnaメソットのテストエクササイズが大うけ、特に男の子が強くなれる!と。宇宙遊泳エクササイズで宇宙飛行士の体験し、気持ち良かったそうです。

・エスト二アのブラインドボーイ〔盲学校)のインストラクターコースで彼等の神秘的なヒーリングに感動!

・エスト二アのスパ「ありがとう」に40人の人が参加、その中に心導ブックの翻訳者が始めて心導ストレッチを体験され、「知らない人から背中をローティションで押してもらい、手が暖かく気持ちが良かった!」
 
・フィンランドのヘルシンキでラウリーの心導ストレッチクラスの雰囲気作りにセンスがあり、バックミュージックも若者らしくスローロック、最後に詩を入れて良かったです。ファッションもナイキの赤いTシャツで光っていました。

・ユバスクラアンコールデモで始めての参加者と縄文心導インストラクターのベテラン、ストレッチクラスの人たちが同じ土俵で癒しあいをした事。先生と云われている人も時には初心に帰り体を癒して欲しいからです。

シルカはインターナショナル新聞を作りたい。
今フィンランドの心導インストラクターの会員は130人ですが、1000人にする。
ノルウェーに普及運動に行くことなどを話していました。

明日はヘルシンキ発6時の飛行機でサンフランシスコへ帰ります。


コメント

529人がワークへ参加

2009-02-24 15:44:04 |  縄文心導ヒーリング
ワークに参加した延べ人数はフィンランド滞在4週間299人、エスト二ア滞在3週間230人合計529人の人が縄文心導Dnaワークに参加されました。
北欧のエコノミーも今年は悪いと聞いていたので、あまり期待しないでいましたが、フィンランド、エスト二アについて蓋を開けてビックリ!ワークをオーガナイズしたインストラクターも縄文心導Dnaワークの人の集まり驚いていました。
エスト二アのヘリーのオフィスのお隣のホテルのお昼など、閑散としていましたが、ヘリーのところに集まるインストラクター達が毎日ランチに行ったりお茶したり宿泊などで、お客が毎日満員!ホテルのオーナーが喜んでいました。
世の中は不景気でも縄文心導協会に集まるインストラクターの人にはあまり関係なさそうです。経済効果にもなったようです。
プロとして活動している人達の参加者が多かったのは、縄文心導の認知度を高めました。皆さん良いヒーリングを捜している中で縄文心導Dnaは人気の的。
ユバスクラのアンコールデモには今回参加できなかったインストラクターや、新聞を読んで初参加された人、ストレッチコースを受けている人など男性一人あとは女性でした。女の人の意識を高めていくのも大切な仕事です。
これで慢心しないで、謙虚な気持ちを忘れずにの皆さんと一緒に精進したいと思います。

毎日ブログを見てくださった方有難うございました。『倉富さん無理しないで下さい」「マイナスの寒さがどんなものか想像もつきません」「自分達も頑張ります」とかいろんなコメントや、メールを頂きました。
日本人の心を世界の人に伝えたいと思う一心が私を動かしています。
13年前イギリスの大学教授がNHKテレビのドキュメントで言っていたことは、「日本人は西洋のものを全部ものにした、後日本人がやることは日本の縄文文化をいかに分かり易く世界に伝えるかだ!」と。忠実に守り通しながら今日まできました。明日から新しい気持ちで頑張りたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
コメント

全部のワークを終了しました。

2009-02-24 05:13:49 |  縄文心導ヒーリング
フィンランド、エスト二アのワークを全部終了しました。
アンコールデモに女性19人男性一人参加、マンダラハウスに入れない人もいたそうです。
1月1日 ヘルシンキ空港に着きユバスクラのシルカの所まで車で4時間、シルカは往復8時間車を運転したことになります。シルカの情熱に動かされた旅でもありました。
帰りの飛行機はヘルシンキ発6時アムステルダム乗換えサンフランシスコと待ち時間を入れると計16時間以上かかることになります。シルカのお姉さんの家に一泊して翌朝3時に家を出ます。サンフランシスコ空港迄の直行便はありません。
シルカの運転でユバスクラを発ちます。最後までシルカはサポートをするつもりです。
2ヶ月後のサンフランシスコの飛行機の旅の体力気力を持たせるように注意して生活していましたが、「案ずるより生むがやすし」体調は来たときよりも良い感じがします。
ワークの威力!は凄いなあと改めて感じます。大好きなワークで、皆さんと一緒に元気になれたことが嬉しいですね。フィンランド、エスト二アに後に続くリーダーがたくさん育っているのは、今回の旅の収穫でした。日本でもキャリアコンサルの堀さんがインストラクターを育成してくれていますので、次回合同ワークをするのを、こちらのインストラクターも楽しみにしています。3月に堀さんの生徒の塚田さん、後藤さんのフィンランド、エスト二アの訪問のワークの企画をしています。楽しいことが一杯!
サンフランシスコへ帰ったらサムリと約束した縄文心導、Dnaの小雑誌作りの原稿書きをします。
英語も再トライしてもっと喋れるように頑張ります。
以外や、4ヵ月シティカッレジで勉強した英語がこちらへ来て身についていたことに驚きでした。勉強中は何て覚えが悪いのか、もうボケが始まったのかと、心配になった事もありましたが、ミス・スミス先生の教え方に感謝です。
サンフランシスコでも八重子さんが縄文ストレッチクラスをやるのを楽しみに待ってくれています。
旅をすることは、感謝する心の出会いです。
感謝!!!!!!
コメント

最終日が来ました。

2009-02-23 17:45:51 |  縄文心導ヒーリング
-5度
縄文ストレッチインストラクターワークを昨夜終え、ホッと一息入れ,シルカの推薦映画『アイランド」のDVDを観ました。
将来生まれるであろうクローン人間の生き方を描いていて、人間が一番でクローン人間が常に二番手にしかない位置におかれていますが、心と魂が入ってない人間はクローン人間よりも劣るという内容でした。
シルカが何故この映画が好きなのか、彼女とこの2ヵ月一緒に仕事をしていたので、良くわかりました。彼女は体も大きいけれど大きい心で世界ををとらえていて頼もしいです。
「縄文心導コレッジを作ります。学校よりもコレッジの方が規模が大きいです。一つの会社だけの協会であってははならない!と、みんなの幸せの為に働くのが嬉しいです」と、シルカは力説。5年後が楽しみです。
今夜6時からマンダラハウスのアンコールデモが、最後のワークとなります。
私も元気でこの日を迎えられて良かったです。
コメント (1)

フィンランドのカエバラ伝説

2009-02-22 10:54:10 |  縄文心導ヒーリング
縄文ストレッチインストラクターコースワークのディスカッションで縄文に似たフィンランドのカエバラ伝説の話等がありました。
ケルトやアボリジニ、ネイティブアメリカなど昔の古い記憶を掘り起こす時代の必要が来ています。
参加者の中にユバスクラ大学教授とハメリアの大学教授ティナが参加しているので、彼女達の話も聞きながら、これからの世界に於ける平和と健康について語りました。
現代文明のハイテクノロジーも凄いけども縄文時代の自然ハイテクも凄いものがあったと、今世紀に達成しなくてはならない問題点をしっかり定めて地球規模で流れを変えて行く事。
シルカは縄文ロックフェスティバルにはカエバラの朗読会を出演させたいそうです。
8年前糸魚川にフィンランド人が来たときに小学校の校長先生のツーラがカエバラを朗読してくれましたが、迫力!がありました。今でもその時の感動を思い出します。
フィンランドで通訳を引き受けてくれたミルカは今日でお別れです。月曜日から韓国へ4ヵ月交換留学します。
「縄文ストレッチは最初ビックリ!したが面白く、体も柔らかくなりました」と感想を述べていました。
有難うございました。
赤ワインと豪華な夕食(豆腐と野菜のステーキ、ラーメンスープ、小魚のフライ)の後フィンランド映画『フィンランドの魔法」を見ました。
中国に於けるフィンランド人のルーツを引き出そうと映画にしたもので、それはカエバラ伝説だそうです。黒髪のフィンランド人男性と中国人女性の恋の物語りから始まりました。悲恋に終わり最後はお互いの国同士の人と一緒になるお話でした。
画面には時折りコンピュターに映し出された人間の脳が何かを物語っています。
脳からルーツを探る、面白い時代になって来ましたね。映画を観ながらレーナがカエバラ時代のフィンランドのトラディショナルの手の平マッサージだと云い、やってくれました。
気持ちよくて映画の途中うつらうつらと居眠りしてしまいました。2時間の長い時間有難う!
コメント

ケウルの新聞記事

2009-02-22 00:11:45 |  縄文心導ヒーリング
-8度
ケウルの小学校を訪問したときの心導ストレッチの新聞記事が出ていました。

子供のお母さんのラウアが学校で教えています。
今日は創始者の倉富先生が授業の合間に学校に来て教えてくれました。
腕を組んで足を拡げて、といって自分でストレッチをしてみせました。
英語からフィンランド語に通訳されました。
気持ち良い!なんだか暖かい!と子供達はみんな言いました。
シルカのワークにラウアが一回行って興味わいて、自分でもインストラクターになりました。
倉富先生は娘の喘息とアレルギーを治す為に始めました。心導をやって娘の喘息は良くなりました。
心導は昔からの日本の伝統を基に作られました。21世紀心導は重要なヒーリングです。倉富先生はフィンランドに16回訪問しました。
心導をやることで頭の中のストレスがなくなる。自分で体験するとわかる。体のエネルギーが洗われる。インストラクターからサポートしてもらい一番良い正しいポーズを教えてもらうともっと効きます。

他にもハメリアの新聞の一面全部に大きく取材された記事と写真がカラーで紹介されたりして、アンコールデモンストレーションが入ったのも皆さんからの要望によります。大きな成果をこの旅で上げたようです。シルカは皆さんに喜んでもらえてよかった!と。
コメント

修行しています。

2009-02-21 15:57:58 | Weblog
何が修行かというと気候変動の寒さが体にこたえます。
が凍りだしスリップするので散歩が出来ません。散歩大好きの私です。
食べ物はこちらで出来た黒パンとポリッジにブルーベリーをかけて食べています。
栄養源にチーズが毎食出るこちらの食事は食べれませんので、たんぱく質が足りていません。
精神力がどれくらい効果があるのか挑戦!頑張っています。
あと3回のワークを達成したらおわりです。
コメント