倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

エストニア人の怒り!

2009-01-31 14:29:09 |  縄文心導ヒーリング
-4度心導がエスト二アに来てから13年、今回の旅で田舎の奥深い地域にまで心導が行き渡っているのを感じました。
縄文ストレッチも心導に続き拡がろうとしていますが、縄文ストレッチの肝のストレッチになると70パーセントの人が出来にくく苦しみを訴えます。肝臓は怒りと沈黙の臓器です。エストニアの侵略され続けて来たお国の事情が体に反映されているのを感じました。
ケルンははじめ心導に参加した時ペアーになり体を触れることに抵抗が、今はそれがとても良いので、楽しんでいます。食事も前のように一杯作らなくなった。シンプルで満足します。
エストニア人女性の卵巣に血の固まる病気が多くなって来ています。手術でとっても又溜まるので、もう手術はしたくないと言っている人がいて、生姜シップとストレッチで治すように指導しました。卵類の食べ物も禁止です。

SAKUでのワークは大成功!皆さんからお礼や喜びのメールをたくさん頂きました。エストニアに来て良かった!と思いました。
コメント

エスト二アの新聞ニュース

2009-01-30 17:56:07 |  縄文心導ヒーリング
-0度
ロシアと中国はアメリカのお陰で経済が悪くなったと言っています。。
アレルギーを起す洗剤などが多く出回っていて、みんなそれからの予防で運動しなさい。
ドラックも学校帰りの子供達をマフィアがまっています。最近はカメラが取り付けられ監視しています。
タバコの害、学校の授業にもタバコの害をビデオで見せます。タバコを吸う人のノドをみて、ケルンの息子ジェスパ〔11歳)は絶対吸わない、気持ち悪いといっています。
エストニアも景気が悪くエコノミーが落ちていてあんまり良いニュースがありません.

ケルン〔37歳)は、アースナチュラルの家は快適です。作るときお金が掛かったけど、毎月の電気代がないので凄く良い!
本当に床に寝転んでストレッチすると気持ちよくなります。

夕方から縄文ストレッチのデモへ出かけます。



コメント

ケルン一家

2009-01-30 00:10:53 |  縄文心導ヒーリング
-2度
タリンのホームスティと通訳を引き受けてくれたケルン一家は4年半前に広島に住んでいました。ご主人のブルーノはフットボールのアスリートとして製薬会社で活躍し、今はエストニアチームのコーチでテレビに出たりされて有名人。ケルンは日本語の勉強と広島大学で教師として5年働いて帰国したそうです。子供達も日本語を話します。家の庭が物凄く広く、夏になると子供達のサッカー場になるそうです。家はみんなで建てたのでお金は高くなかったそうです。
ケルンからエストニアの歴史や建築物の話を聞いて今回は良い勉強になりました。
エストニアの侵略されてばかりの歴史に建築物がいまも昔のまま残されている事に、エストニア人は壊されるのがいやで、敵にスグに鍵を渡し、建物を壊さないでくれと、そういうことで今もエストニアは古き良き時代の建築物がたくさん残されています。観光都市としてEUから客を呼んでいます。
60年前ロシア,ドイツから人口半分を殺されたり強制収容所につれて行かれたエストニア人の重要人物やユダヤ人の話も聞きました。ロシア人が何をしでかすか今も不安!な様子でした。EUに参加してはいるもののエストニア人の暗い冬などは心導ストレッチで不安を取り消すのには最適!で人気があるそうです。
コメント

感動!があればこそ。

2009-01-29 17:29:01 |  縄文心導ヒーリング
夜の縄文心導のデモがサクというビールで有名な町でありました。
メリッサがオーガナイズし、40人の女性と一人の男性が参加して会場は満杯!メリッサはヘリーの生徒でいつもは目立たない人ですが、今夜のワークはお見事!
たくさんの人達に心導ストレッチを教えていました。
足が悪く肥満体の60才の女性は心導ストレッチが出来なくて椅子に座って見ているだけでしたが、DNAメソットの指を組み合わせで歩くととても歩き易い!と会場の真ん中まで来られて宇宙遊泳や足のスパイラルにも積極的に参加されました。
キャリアコンサルの縄文タイムのお話や堀さんのお話等もしながら、盆ストレッチと安心ポーズで終わりました。

風邪気味でしたが、ワークの後は元気になりました。それにしても通訳のケルトの日本語は上手すぎ!英語を忘れてしまいました。
コメント

風邪引きました。

2009-01-27 21:45:28 |  縄文心導ヒーリング
-2度
みぞれの混じりのい中を帽子なしで歩いたら微熱がでました。
マルトの合宿で少し頑張り過ぎたのと、食べ過ぎもあります。
こちらの冬はやはり厳しいです。半日寝てワークに出かけました。
少しからだはきついですが、午後4時からDNAメソットワークがタリンでありますので、頑張って行ってきます。
コメント

タリンの郊外VIIMSIへ

2009-01-26 15:05:04 |  縄文心導ヒーリング
マルトと過ごした ワークの一週間は楽しかったです。
八重子さんは明日サンフランシスコへ帰る為バスで一足先にタリンへ向かわれました。タリンのバス停にはカトリがお迎えに、ヘルシンキにはラウリーが待っていて翌日のヘルシンキ空港まで送ってくれます。
八重子さんサンフランシスコへ帰られても心導ストレッチ続けて下さいね。
10日間の滞在中に彼女は肩と背中の無駄な肉が取れ若返りました。心も強くなつたと言われていました。「後は食の欲望のコントロールだけが問題ですね」、と八重子さん。フィンランド人もエストニア人も彼女のサポートを喜んやってくれました。皆さんありがとうございました。

夕方7時にタリンへ、トーマスが車で次の滞在先VIIMSIへ送ってくれました。
タリンから車で20分の海岸沿いにあるケルトウの家に着いてビックリ!白い館で家の中は日本風、浮世絵や鯉のかけ塾などや暖房施設がアースウオーミングされていました。土地の暖かさで暖房や温水が出て気持ち良く、グッスリ寝ました。ここに2週間滞在し、ワークへ出かけます。
エストニア人のケルトウが通訳をしてくれます。日本にご主人(ハンドボールコーチ、建築家)と長女メリッサ〔15歳)ジェスパー〔11歳)の4人家族、犬のゲンキとこの大きな家に住んでいます。8年日本に住んでいて家族みんな日本語を話されます。
コメント

マルトの最後のワーク

2009-01-25 16:17:45 |  縄文心導ヒーリング
-3度
マルトは研究熱心!ワークをビデオに収めています。今回のビギナースクラスに22人参加しましたが、みんなとても上手でした。前にいったリズムも日本的になってきて私が言ったことを守り教えていました。
心導をエストニアへ持って来てくれて有難うと夕食会のときにお礼をいわれました。こんな田舎にも心導を広めてくれています。
一組の母娘が参加されましたが、お母さんがこの子はフラワー〔11歳)で養女です。実の娘は亡くなりました。でもこの子が私夫婦の夢!心導が大好きお父さんにもやってくれて、頭痛がよくなり毎晩心導をして楽しいです。と話されていました。
コメント

ビリヤンテへ車で2時間

2009-01-24 14:43:02 |  縄文心導ヒーリング
-2度
トーマスの車でビリヤンテへと、車から見る雪景色は白黒で幻想的、ネオンがシンプルにデザインされていて素晴らしかったです。
ビリヤンテの人口は2500人と小さな町です。エストニアの人口は百二十万人。
少年少女達が日本人の私達をみていました。日本人の観光客はなくて、ここでは珍しいらしく笑いかけてみていました。

車中でマルトがワークの感想を、「今回はワークが終わった後みんなでミ-ティングしました。心導についてわかりやすくなった。前は話し合いはなかった。
みんながポジティブになった」と話していました。

コメント

ラクべり最後の夜はサウナで

2009-01-24 04:17:12 |  縄文心導ヒーリング
ラクべり最後の夜はサウナに入りました。
エレクト二クスではなく、木で焚いたサウナなので気持ちよく汗をだしました。
黒ビールが用意されていてエストニア人は粋!ですね。
八重子さんも2日のお休みの後元気になり、綺麗な顔になり夕食に降りて来たら皆喜んでハグをしてくれていました。
ワークで癒しあいした後は戦友のような親しさを感じられます。
昼過ぎから次のワークの町へ、車で1時間45分のビリヤンディへいきます。
コメント

ラクべり最後の夜

2009-01-23 15:07:49 |  縄文心導ヒーリング
八重子さんは反応が出て眠り姫となりお休みされました。寝ても寝ても眠たいと、「何が起きてるの?」と、18年アメリカで頑張って来て、疲れががここに来て出ましたね。日頃目のい白い玉が赤かったのがなくなり、寝ることで元気を回復されています。ランチがすんでから雪の中を皆で散歩しました。リーレはマルトのお手伝いと通訳をやってくれましたが、彼女は絵描きで心導インストラクターの勉強中です。「今日の気温は何度?と聞いたら」、雪を手で取り崩れ方を見て、「1度です」と言いました。成る程!
コメント