ホタルの独り言 Part 2

ホタルの生態や生息環境を48年研究し保全活動をしていますが、趣味で撮影した昆虫や
美しい自然風景写真も掲載しています。

エゾトンボの静止飛翔

2020-09-15 16:07:58 | トンボ/エゾトンボ科

 エゾトンボの静止飛翔は、8月22日に撮影し記事「エゾトンボ」の中で6枚掲載済であるが、今回、同じ湿地を訪れた際、まだ多くのエゾトンボがおり、あちこちの湿地上で静止飛翔(ホバリング)をしていたので、前回よりも奇麗に撮りたいという欲に駆られてカメラを向けた。
 このブログは「今日はこんな所に行ってきました」と過去に掲載した同じような写真を連ねる日誌ではないと申し上げているが、撮影した結果に満足できなければ何度でも撮り直す。自然風景も昆虫の生態においても「何とか残せた」という証拠程度の写真を掲載することもあるが、根本理念は「美」を追求し「美しいものを 一番美しい時に 美しく写す。」である。まずは自己満足できる結果を残し、そして写真をご覧頂いた方々からも高評価を得られるものでなければならない。そのために何年もの月日を費やすこともある。良い結果が残せれば、その後は次の目標やテーマ、更に深い領域へと進むことになる。

 さて、トンボの静止飛翔(ホバリング)の撮影は、広角レンズのパンフォーカスで背景も写し込む方法や望遠レンズで背景をぼかして被写体だけをクローズアップする方法等があるが、私の場合は、常に後者の方法で撮影している。
 静止飛翔はトンボの種類や気象条件、活動時間、個体によっても違うが、同じ位置に止まっているのは2~3秒、長いと5~10秒ほどである。テリトリーの範囲を飛び回っている中での行動であるから、構図が難しい。頭の先から尾の先端までピントが合い、触覚や細毛までブレることなく細かく描写でき、そして色彩等の特徴も分かる真横からの構図を基本と考えて撮っている。素早く飛び回りながらある場所で数秒間静止飛翔するトンボを真横から狙ってピントを合わせてシャッターを切るのであるから、カメラやレンズの性能ではなく撮影者の勘と腕が試される。
 私の場合は、カメラはCanon EOS 7D、レンズは中古で購入した古いトキナーの単焦点300mmの組み合わせが多い。三脚にカメラを固定し上下左右にカメラを動かせる状態にする。置きピンではなく、 トンボが静止飛翔を始めたらファインダーを覗きながらマニュアル・フォーカスでピントを合わせる。ピントリングは左手の親指で瞬時に回し、ピントが合ったと思ったらシャッターを切る。その間はおよそ3秒。トンボが3秒以上静止してくれれば成功率は高い。連写はしないが、フィルムでは決して撮らないだろう。また以前は使っていなかったが、昨今ではストロボも発光させている。半逆光(逆光とトップライトの中間)で撮ることが多いからである。
 エゾトンボ科は、複眼と胸部の金属光沢のある緑の輝きが特徴で、それは光線によって変化する。今回、様々な角度と光線で撮影し、前回に掲載した写真よりもエゾトンボの魅力や特徴が分かる飛翔写真に少しだけ近づけたと思う。また、今回は9月12日においても発生を確認したという「記録」の意味もあり、再度、エゾトンボの静止飛翔を掲載した。

参照:エゾトンボ

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、1024*683 Pixels で掲載しています。ウェブブラウザの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorer等ウェブブラウザの画面サイズを大きくしてご覧ください。

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F8.0 1/1000秒 ISO 1250(撮影地:長野県 2020.9.12 9:53)

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F8.0 1/1000秒 ISO 1250(撮影地:長野県 2020.9.12 9:53)

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F8.0 1/800秒 ISO 1250 -2/3EV(撮影地:長野県 2020.9.12 8:55)

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F8.0 1/800秒 ISO 1250 -2/3EV(撮影地:長野県 2020.9.12 11:00)

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F8.0 1/500秒 ISO 1250 -2/3EV(撮影地:長野県 2020.9.12 8:58)

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F8.0 1/1250秒 ISO 1250 -2/3EV(撮影地:長野県 2020.9.12 9:17)

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F8.0 1/800秒 ISO 1250 -2/3EV(撮影地:長野県 2020.9.12 8:56)

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F8.0 1/500秒 ISO 1250 -2/3EV(撮影地:長野県 2020.9.12 8:57)

エゾトンボ(静止飛翔)の写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F8.0 1/500秒 ISO 1250(撮影地:長野県 2020.9.12 11:03)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) 2020 Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

コメント (4)

ハネビロエゾトンボ

2020-09-05 14:15:15 | トンボ/エゾトンボ科

 ハネビロエゾトンボ Somatochlora clavata Oguma, 1913 は、エゾトンボ科(Family Corduliidae)エゾトンボ属(Genus Somatochlora)で体長約57mm~ 70mm。北海道・本州・四国・九州に分布し、エゾトンボ属ではもっとも南方まで分布する。同属のタカネトンボが池沼性、 エゾトンボが湿地性に対して、ハネビロエゾトンボは、平地から低山地の周囲が樹林に囲まれた薄暗い細流や湿地の細流、河川上流域のうす暗い渓流などに生息する流水性種である。幼虫は流れが干上がってもいきているようである。
 6月~7月頃に羽化し、羽化直後の若い個体は羽化水域から離れた疎林で生活、成熟する8月には流域に戻り、オスは流水の上にホバリングを交えて縄張りを形成し、9月頃まで見ることが出来る。
 本種の色合いは、光沢感少なく黒みが強く、体型は太く短い感じである。未成熟のオスは胸部の黄斑が目立つが、成熟すると一部を残して消える。メスは成熟しても胸部側面の黄斑が顕著である。また他のエゾトンボ属各種と同様、オスの場合は尾部付属器の形状で、メスの場合は産卵弁の形状で区別できる。

 ハネビロエゾトンボは、環境省カテゴリでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に選定され、実に39の都道府県のRDBに絶滅危惧種として記載されている。東京都と神奈川県では「絶滅」、撮影した千葉県では絶滅危惧Ⅰ類及び最重要保護生物種に選定、栃木県では準絶滅危惧種に選定されている。
 農薬などの流入による水質汚濁、開発などに伴う生息地の破壊や消滅、森林伐採などに伴う生息地の乾燥化、谷津田の放棄による植生遷移などが減少の原因と考えられる。

 前々回の記事では「エゾトンボ」を紹介したが、今回は同属であるハネビロエゾトンボの飛翔の様子を撮影したので、2012年に千葉県で撮影した静止写真とともに掲載したい。
 今回の撮影場所は、肉眼でも簡単に判別できるほど明るい細流であるが、農業用水路のためか、ほとんど流れが干上がっており、極一部に水が溜まっているという状況であった、また時期が遅いこともあり、確認できた個体は2頭のオスのみであった。オスは、朝日が当たり始めた午前7時過ぎから飛翔を開始。流れ上の狭い範囲を短いホバリングを交えて行ったり来たりしながら縄張り飛翔を繰り返し、8時頃になると流れから離れて摂食飛翔を行っていた。
 千葉県の生息地に比べて明るいことから撮影はし易いものの、午前7時台は活動時間的なものだろうかホバリングが1~2秒と短い。また、シオカラトンボやアカネ属のトンボ多く、それらを追い払うので頻繁に移動する。更にはカメラとストロボの設定ミスからシャッタースピードが遅くなってしまい、静止飛翔の様子をキッチリと撮ることができなかった。昼近く、または午後ならばもっと長いホバリングをするのかもしれないが、直射日光のあたる気温34℃の蒸し暑さに耐え切れず、証拠程度の写真で撤収することにした。
 来年は最盛期に訪れ、再度、静止飛翔を狙うとともに産卵シーンも収めたいと思う。

参照:日本のレッドデータ検索システム

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、1024*683 Pixels で掲載しています。ウェブブラウザの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorer等ウェブブラウザの画面サイズを大きくしてご覧ください。

ハネビロエゾトンボの写真

ハネビロエゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F6.3 1/80秒 ISO 400(撮影地:栃木県 2020.8.30 7:25)

ハネビロエゾトンボの写真

ハネビロエゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F6.3 1/200秒 ISO 400(撮影地:栃木県 2020.8.30 7:25)

ハネビロエゾトンボの写真

ハネビロエゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F6.3 1/160秒 ISO 400(撮影地:栃木県 2020.8.30 7:28)

ハネビロエゾトンボの写真

ハネビロエゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F6.3 1/100秒 ISO 400(撮影地:栃木県 2020.8.30 7:28)

ハネビロエゾトンボの写真

ハネビロエゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / Speedlite 550EX / 絞り優先AE F6.3 1/40秒 ISO 400(撮影地:栃木県 2020.8.30 7:37)

ハネビロエゾトンボの写真

ハネビロエゾトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 内部ストロボ使用 / 絞り優先AE F9.0 1/60秒 ISO 400(撮影地:千葉県 2012.8.04 6:30)

ハネビロエゾトンボの写真

ハネビロエゾトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 内部ストロボ使用 / 絞り優先AE F9.0 1/60秒 ISO 3200 -1 1/3EV(撮影地:千葉県 2012.8.04 6:37)

ハネビロエゾトンボの写真

ハネビロエゾトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 内部ストロボ使用 / 絞り優先AE F9.0 1/20秒 ISO 400 -1 2/3EV(撮影地:千葉県 2012.8.04 6:40)

ハネビロエゾトンボの生息環境写真

ハネビロエゾトンボの生息環境

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) 2020 Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

コメント

エゾトンボ

2020-08-24 22:04:25 | トンボ/エゾトンボ科

 エゾトンボ Somatochlora viridiaenea (Uhler, 1858)は、エゾトンボ科(Family Corduliidae)エゾトンボ属(Genus Somatochlora)のトンボ。体長約5cmで、体は全体に金属光沢のある金緑色で美しい。
 北海道・本州・四国・九州に分布。平地から山地の豊かな樹林に囲まれた明るい湿地に生息している。北海道や東北では平地で普通に見られるが、中部地方では特に高層湿原に多く見られる。環境省カテゴリに記載はないが、26の道府県においてレッドデータブックに記載しており、東京都及び千葉県では絶滅。(ただし、東京都内では細々と生息)埼玉県、静岡県、福岡県、熊本県では絶滅危惧Ⅰ類としている。いずれも産地の限定と生息環境の悪化が原因となっている。
 エゾトンボは、かつて本州産の後翅長40ミリ以上のものを亜種として区別しオオエゾトンボ Somatochlora viridiaenea atrovirens Selys,1883 と呼んでいたが、 個体のサイズはヤゴの栄養状態や生育年数による違いであることが証明されており、またDNA解析でも明確な差異がないことから、現在はこの和名は使われていない。

 今回訪れたのは、長野県のこれまで寄ったことがない標高約1,400mの湿地。主目的は某ヤンマのオス型メスであったが、目撃はできたものの撮影には至らなかった。 再び現れるのを待つ間、湿地上でホバリングするエゾトンボ科を撮影することにした。エゾトンボ科は、飛んでいる時に見ただけでは区別するのが難しい。種によって 生息環境が異なるためある程度は同定できるが、オスの尾部付属器の形状で区別するのが確実である。
 リリースを前提に網で捕獲して形状等を調べるのも一つの方法であるが、できれば写真でも同定できる画像を撮りたい。幸いホバリングの時間が3~5秒と長いため、トンボの真横からピントを合わせて撮影することができた。今回撮影した画像をみると、何度も撮っているタカネトンボとは違う。生息環境もタカネトンボやハネビロエゾトンボとは異なっている。帰宅してから専門書等で調べると本種は「エゾトンボ」であることが分かった。本種は、2011年8月に福島県会津若松市にてメスを撮影しているが、オスは今回が初撮影である。
 エゾトンボは、午前8時半頃にはオスが日当たりの良い湿地上で3頭がホバリングしており、メスも1頭産卵にきた。撤収する午前11時頃にはホバリングするオスも姿を消した。当地では、数年前から某トンボを探索しており未だに見つけられていないが、この湿地ならば生息している可能性が大である。また、某ヤンマのオス型メスの生息も確認できたため、再訪して目的を達成したいと思う。

参照

  1. カラカネトン
  2. タカネトンボ

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、1024*683 Pixels で掲載しています。ウェブブラウザの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorer等ウェブブラウザの画面サイズを大きくしてご覧ください。

エゾトンボの写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/5000秒 ISO 2000 Speedlite 550EX E-TTLハイスピードシンクロ(撮影地:長野県 2020.8.22 8:55)

エゾトンボの写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/4000秒 ISO 2000(撮影地:長野県 2020.8.22 9:00)

エゾトンボの写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/4000秒 ISO 2000(撮影地:長野県 2020.8.22 9:00)

エゾトンボの写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/5000秒 ISO 2000 Speedlite 550EX E-TTLハイスピードシンクロ(撮影地:長野県 2020.8.22 9:01)

エゾトンボの写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/1600秒 ISO 2000(撮影地:長野県 2020.8.22 8:58)

エゾトンボの写真

エゾトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/4000秒 ISO 2000(撮影地:長野県 2020.8.22 8:55)

エゾトンボの写真

エゾトンボ(メス)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/4000秒 ISO 2000(撮影地:長野県 2020.8.22 8:55)

エゾトンボの写真

エゾトンボ(メス)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / 絞り優先AE F3.5 1/320秒 ISO 200(撮影地:福島県会津若松市 2011.8.7)

エゾトンボの写真

エゾトンボ(オス)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/2500秒 ISO 1250(撮影地:長野県 2020.8.29 8:21)

エゾトンボの写真

エゾトンボ(オス)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/500秒 ISO 1250 +1EV(撮影地:長野県 2020.8.29 8:22)

エゾトンボの写真

エゾトンボ(オス)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/2500秒 ISO 2000(撮影地:長野県 2020.8.29 9:47)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) 2020 Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

コメント

タカネトンボ(静止と産卵)

2017-08-26 20:33:28 | トンボ/エゾトンボ科

 タカネトンボ Somatochlora uchidai Forster, 1909 は、エゾトンボ科(Family Corduliidae)エゾトンボ属(Genus Somatochlora)で、北海道・本州・四国・九州・屋久島に分布している。和名の“タカネ”は、高嶺(高い山、高い峰の意)にちなんでいると言われるが、標高300mほどの丘陵地から標高1,600mの高地まで分布し、周囲を樹林に囲まれた閉鎖的で小規模な池沼等に生息している。

 この時期は、タカネトンボの最盛期である。東京都内の低山地や丘陵地の神社の池や林内の水たまり・・・どこでも見かける。オスは、池の上でこまめに移動しながらホバリングし、縄張りを見張っている。そんな様子を見ると、ついカメラを向けてしまう。過去に何度も撮影し本ブログ記事においても「タカネトンボ」として写真を掲載しているが、今回もカメラを向けてしまった。ただし、今回はホバリングを撮るためのレンズを持っていなかったので、静止と産卵の撮影に挑戦した。
 東京都内では珍しい種ではないが、環境省カテゴリでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に選定され、青森、秋田、山形、宮城、新潟、長野、石川の各県RDBでは絶滅危惧Ⅰ類に選定されており、岩手と富山県では絶滅危惧Ⅱ類に選定されている。

 タカネトンボの美しさと魅力は、鮮やかな金緑色に輝く複眼とメタリック・グリーンの胸部であろう。枝に止まったところで、ストロボを自動調光で発光させて撮影。また自然光のみでも撮影した。(後日、9/18に自然光のみで撮影した写真を2枚追加した。)
 池上からオスが姿を消すと、それほど間を置かずにメスが産卵にやってくる。メスは、一度、池面に腹部を付けて腹端に水を含ませ、その後、泥の岸辺や苔むした石等に卵と水滴を一緒に飛ばして貼り付けるという産卵方法である。そのためだろうか、メスの産卵時の腹端は大きく上下に開いているのが特徴である。
 過去にも産卵の様子は撮影し「タカネトンボ(産卵)」として掲載しているが、今回も産卵そのものの瞬間ではなく、産卵飛翔の証拠程度の写真しか撮ることができなかった。薄暗い池においてストロボを使用すると、夜に撮影したかのような画面になり、またタカネトンボの体色はギラギラした感じに写ってしまうので、ストロボは使いたくない。しかし、明るいレンズでなければ、シャッタースピードを稼げずに被写体ブレの写真になってしまう。なかなか難しい撮影である。
 これもピンボケで証拠程度であるが、過去に撮影したタカネトンボの産卵の動画を参考までに掲載した。この動きを写真で撮るのは、至難の業である。

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、すべて1024*683 Pixelsで掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

タカネトンボの写真

タカネトンボ(オス)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/50秒 ISO 400 -1/3EV ストロボ使用(2017.8.26)

タカネトンボの写真

タカネトンボ(オス)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/40秒 ISO 400 ストロボ使用(2017.8.26)

タカネトンボの写真

タカネトンボ(オス)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/125秒 ISO 3200 -2/3EV(2017.8.26)

タカネトンボの写真

タカネトンボ(オス)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F5.6 1/125秒 ISO 3200(2017.9.18)

タカネトンボの写真

タカネトンボ(オス)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F6.3 1/125秒 ISO 3200(2017.9.18)

タカネトンボ産卵の写真

タカネトンボ(産卵飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/100秒 ISO 3200(2017.8.26)

タカネトンボ産卵の写真

タカネトンボ(産卵飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/160秒 ISO 3200(2017.8.26)

タカネトンボ産卵の写真

タカネトンボ(産卵飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F4.0 1/50秒 ISO 3200(2017.8.26)

タカネトンボ(産卵)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / (2014.9.14)

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コメント

オオトラフトンボ(飛翔と産卵)

2017-05-29 22:30:42 | トンボ/エゾトンボ科

 オオトラフトンボの飛翔と産卵を撮るべく、一週間前に訪れた池を再訪した。前回は羽化個体は撮影したが、成熟個体は1頭を見かけたのみ。今回の再訪では、多くの成熟個体が池面上を飛んでいたことから、羽化から10日ほどで成熟して池に戻ってくることが分かった。
 同属のトラフトンボのオスは数秒というホバリングを行うが、オオトラフトンボのオスは全くホバリングをしない。岸辺から数メートルの所を左右10mほどの範囲を縄張りとして行ったり来たりの飛翔を繰り返す。時々、他のオスが侵入してくれば、激しい空中戦で追い払う。
 全くホバリングをしないオオトラフトンボの飛翔を撮るのは容易ではない。いわゆる「流し撮り」で撮るが、相手は小さく距離もある。移動するオオトラフトンボをファインダー内に収めながら ピントリングを回して、ピントが合ったと思った瞬間にシャッターを切るしかない。一週間前に撮影したカラカネトンボの飛翔撮影が楽に思える。当然、ピンボケ写真の量産であるが、まぐれで撮れることを期待して、とにかく撮りまくる。成功率は5%以下であったが、以下に飛翔写真を掲載した。
 前回、羽化殻を見つけた時に気になっていたが、今回も飛翔撮影中に見たオオトラフトンボの脚の長さが気になる。エゾトンボ科は全般に脚が長いが、特にトラフトンボは長く、中でも後脚が長い。生態における必然で、必要であるからこのように進化したのだと思うが、その理由は分からない。メスが卵塊を作る際に姿勢を保つのに有利であったり、ヤゴが羽化場所に移動するために有利であると考えられるが、仮説にもならない勝手な推論である。
 飛翔を狙っていると、時々、メスを見つけたオスが交尾態となる。トラフトンボの場合は、池上をタンデム飛翔した後に池の草に止まる。しばらくすると離れてメスは産卵体制に入るが、 オオトラフトンボの場合は全く違う。交尾態のまま隣接する林内の高い梢へと飛んでいく。目撃はできても、撮影は困難であった。それよりも、メスが、いつ、どこから戻ってくるかが分からない。両種ともに、メスは植物などに止まって数分間かけて腹端に卵塊を作り、1回だけ打水してその卵塊を沈水植物に絡ませるような産卵を行うのであるが、交尾を終えたメスを発見できなければ、産卵の様子を撮影することができないのである。
 午後になり、オスの飛翔を撮っていると、目の前にメスが飛んできて茎に止まった。しかも、腹部先端に紐状の卵が付いている。おそらく、卵塊を作った後に打水はしたものの、上手く沈水植物に絡まなかったのであろう。このメスは、再度、打水して産卵を終えて飛び去っていった。卵塊を作る瞬間は撮れなかったが、今回の瞬間も、お目にかかることは多くはないだろう。

 前回の記事同様に、本ブログでは撮影地の記載をしておりません。またお問い合わせにもお答えできませんのでご了承お願い致します。

参照

  1. オオトラフトンボ(羽化個体)
  2. トラフトンボ

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、すべて1024*683 Pixelsで掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、 画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

オオトラフトンボの写真

オオトラフトンボ(オスの飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 2000 +2/3EV(撮影日:2017.5.27 9:26)

オオトラフトンボの飛翔写真

オオトラフトンボ(オスの飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/500秒 ISO 2500 +1/3EV(撮影日:2017.5.27)

オオトラフトンボの飛翔写真

オオトラフトンボ(オスの飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/400秒 ISO 1600 +2/3EV(撮影日:2017.5.27)

オオトラフトンボの飛翔写真

オオトラフトンボ(オスの飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 800 +2/3EV(撮影日:2017.5.27)

オオトラフトンボの飛翔写真

オオトラフトンボ(オスの飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/400秒 ISO 2000 +1/3EV(撮影日:2017.5.27)

オオトラフトンボの飛翔写真

オオトラフトンボ(オスの飛翔)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/400秒 ISO 640 +1/3EV(撮影日:2017.5.27)

オオトラフトンボの産卵写真

オオトラフトンボ(産卵)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/400秒 ISO 1600 +1/3EV(撮影日:2017.5.27 12:42)

オオトラフトンボの産卵写真

オオトラフトンボ(産卵)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F6.3 1/640秒 ISO 200 -2/3EV(撮影日:2017.5.27 12:43)

オオトラフトンボの生息池の写真

オオトラフトンボの生息池
Canon EOS 7D / SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE / 絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 1250 +1/3EV(撮影日:2017.5.27 12:43)

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コメント

オオトラフトンボ(羽化個体)

2017-05-24 22:55:42 | トンボ/エゾトンボ科

 オオトラフトンボ Epitheca bimaculata sibirica Selys, 1887 は、エゾトンボ科(Family Corduliidae)トラフトンボ属(Genus Epitheca)の北方系トンボで、北海道と本州(長野県以北)に分布し、北海道や青森県等では、平地の池でも見られる。その他の地域では、標高の高い寒冷地の山岳地域の森林に囲まれた池に生息しているが、局所的で数も少ない。早い地域では5月中旬頃から羽化し、未熟な個体は、池から離れた林内で生活し、成熟すると池に戻り、繁殖活動を行う。同属のトラフトンボ Epitheca marginata (Selys, 1883)に似るが、一回り大きい。
 オオトラフトンボは、環境省RDBに記載はないが、宮城県と群馬県のRDBでは絶滅危惧Ⅰ類に選定され、栃木県のRDBでは絶滅危惧Ⅱ類、秋田県、山形県、長野県では準絶滅危惧種に選定されている。

 オオトラフトンボの撮影は、過去に日光白根山で行い記事「オオトラフトンボ」として掲載しているが、未成熟個体の写真であったため、その後、成熟個体の飛翔と産卵の様子を収めようと思いながら達成できずにいた。今回、独自の調査方法で新たな生息地を見つけ、撮影を試みた。
 池に到着後、周囲を探索すると、いくつもの羽化殻を発見。面白いことに、ほとんどが水辺から数メートル、遠いものでは7mも離れており、羽化殻は極めて狭い範囲にまとまって見られた。 ほとんどが背の低い葉(シダ等)の葉裏であり、地面は乾燥した場所であった。
 ムカシトンボは、羽化の一か月前くらいに上陸して、川から数メートルも離れた場所で羽化するが、他のトンボの仲間では、ほとんどが水辺である。今回観察した事実は、オオトラフトンボ特有の行動なのか、あるいは地域特性なのかは、他のオオトラフトンボ生息地との比較をしなければ分からないが、いずれにせよ、オオトラフトンボの生態における新たな発見であると思う。

 この日は、羽化したばかりの個体と羽化不全の個体が見られたが、成熟個体は捕食行動で飛び回っていた1頭のみを見かけただけであった。おそらく、羽化したばかりの個体が多く、それらは羽化水域からかなり離れた林に移動して生活をしているものと思われる。自宅からの距離は遠いが、素晴らしい環境の生息地を見つけたので、次の課題は、飛翔と産卵の撮影である。

 以前採集者が入り、多くのオオトラフトンボを採集していったと地元の方から伺った、ようやく、個体数も増え始めたとのことである。従って、本ブログでは撮影地の記載をしていない。またお問い合わせにもお答えできないのでご了承願いたい。

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、すべて1024*683 Pixelsで掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

オオトラフトンボの写真

オオトラフトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/400秒 ISO 200(撮影日:2017.5.20)

オオトラフトンボの写真

オオトラフトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 200(撮影日:2017.5.20)

オオトラフトンボの写真

オオトラフトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 200(撮影日:2017.5.20)

オオトラフトンボの写真

オオトラフトンボ(羽化不全)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / 絞り優先AE F5.6 1/640秒 ISO 200(撮影日:2017.5.20)

オオトラフトンボ(羽化殻)の写真

オオトラフトンボ(羽化殻)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 / 絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 200(撮影日:2017.5.20)

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コメント

カラカネトンボ

2017-05-21 21:00:15 | トンボ/エゾトンボ科

 カラカネトンボ Cordulia aenea amurensis Selys, 1887 は、エゾトンボ科(Family Corduliidae)カラカネトンボ属(Genus Cordulia)のトンボで、タカネトンボやエゾトンボ等のエゾトンボ属に似ているが、カラカネトンボ属として分類されている。オスは、尾部下付属器が上付属器よりわずかに短いだけなので、エゾトンボ属の種との区別は難しくはない。ちなみに、日本に分布するエゾトンボ科は以下である。

  1. ミナミトンボ属(Genus Hemicordulia
    • ミナミトンボ Hemicordulia mindana nipponica Asahina, 1980
    • オガサワラトンボ Hemicordulia ogasawarensis. Oguma, 1913
    • リュウキュウトンボ Hemicordulia okinawensis Asahina, 1947
  2. カラカネトンボ属(Genus Cordulia
    • カラカネトンボ Cordulia aenea amurensis Selys, 1887
  3. トラフトンボ属(Genus Epitheca
    • オオトラフトンボ Epitheca bimaculata sibirica Selys, 1887
    • トラフトンボ Epitheca marginata (Selys, 1883)
  4. エゾトンボ属(Genus Somatochlora
    • クモマエゾトンボ Somatochlora alpestris (Selys, 1840)
    • ホソミモリトンボ Somatochlora arctica (Zetterstedt, 1840)
    • ハネビロエゾトンボ Somatochlora clavata Oguma, 1913
    • コエゾトンボ Somatochlora japonica Matsumura, 1911
    • モリトンボ Somatochlora graeseri Selys, 1887
    • キバネモリトンボ Somatochlora graeseri aureola Oguma, 1913
    • タカネトンボ Somatochlora uchidai Forster, 1909
    • エゾトンボ Somatochlora viridiaenea (Uhler, 1858)

 カラカネトンボは、北海道と東北、上信越と北陸の山岳地帯に分布し、福井県大野市が西限で岐阜県白鳥町が南限とされ、 抽水植物や浮葉植物が適当に生え、開水面がある樹林に囲まれた沼や湿原の池に生息している。5月中旬頃から8月頃まで見られ、羽化した未熟個体は水域を離れ、かなり遠くまで分散して生活をする。成熟した個体は池沼に戻り、オスは岸に沿って時々停飛しつつ占有飛翔を行う。メスは、岸近い水面上を低く飛びつつ、単独で打水産卵する。
 環境省RDBに記載はないが、栃木県、富山県で絶滅危惧Ⅱ類、石川県、福井県、岐阜県で準絶滅危惧種として選定している。

 カラカネトンボは、2011年に尾瀬で飛翔を撮影して以来の出会いである。今回訪れた池では早朝から多数のオスが占有飛翔を行っていた。池を一周してみると、どの場所でもオスが飛んでおり、個体数がとても多いのに驚いた。カラカネトンボのオスは、岸辺近くの水面上を2秒ほどのホバリングをしながら、忙しなく移動し、他のオスとの縄張り争いを繰り返しながら探雌を行い、メスを見つけるとすぐに周囲の林内に連れ去っていった。
 オスの飛翔撮影は、トンボ撮影の醍醐味の一つではないだろうか。ホバリングが短時間のため簡単ではないが、チャンスはいくらでもあるので、楽しい一時を過ごせる。私の場合は、300mmレンズでマニュアル・フォーカス。ストロボも使わない。置きピンではなく、空中静止したトンボに素早くピントを合わせてシャッターを切る。カラカネトンボは岸と平行ではなく、岸に対して若干斜めにホバリングするので、全身にピントを併せることはできなかった。
 メスは植物が茂った岸辺で打水産卵しており、その様子をしばしば観察できたが、植物が邪魔で撮影までには至らなかった。また産卵を繰り返し行っていたメスが、疲れたためか、岸の 広葉の上に止まったことが一度だけあった。しかしながら、ピント合わせが間に合わず、撮影前に飛んでしまったので、本記事では、オスの飛翔のみの掲載である。

 今回訪れた池の標高は270mほどしかないが、岸辺の多くは泥炭層になっており、池の規模は大きいが高層湿原の池塘にも似た環境で、周囲周辺の自然環境も大変豊かである。また、池内にはブラックバス等の外来生物もいない。「幼虫期における主な死亡要因は被食である(*1)」と推定されていることからも、この池がカラカネトンボの生息に最適であると言えるだろう。ただし、近くにあるもう1つの池は、湿原化が進んでおりハンノキの侵入も著しい。将来的には、湿性遷移により池はなくなってしまうと考えられる。カラカネトンボの生息する池も数十年先には、湿原化している可能性もある。

 余談であるが、早朝から池畔でじっと動かずにカラカネトンボの飛翔を撮っていると、気が付けば、手はブヨに何か所も刺されて腫れ上がる始末。朝夕は、ブヨの活動時間なので、今後は対策をして臨みたい。

参考文献(*1)
生方 秀紀
カラカネトンボの生存曲線と羽化個体数の年次変動
日本生態学会誌 Vol. 31 (1981) No. 4 p. 335-346

お願い:なるべくクオリティの高い写真をご覧頂きたく、すべて1024*683 Pixelsで掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

カラカネトンボの写真

カラカネトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/4008秒 ISO 800(撮影日:2017.5.20)

カラカネトンボの写真

カラカネトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 1600(撮影日:2017.5.20)

カラカネトンボの写真

カラカネトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/400秒 ISO 400(撮影日:2017.5.20)

カラカネトンボの写真

カラカネトンボ
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 / 絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 250(撮影日:2017.5.20 7:02)

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コメント

タカネトンボ

2016-08-28 16:58:28 | トンボ/エゾトンボ科

 タカネトンボ Somatochlora uchidai Forster, 1909 は エゾトンボ科(Family Corduliidae)エゾトンボ属(Genus Somatochlora)で、北海道・本州・四国・九州・屋久島に分布している。タカネトンボは、ミナミトンボ属(Genus Hemicordulia)を除くエゾトンボ科の中で最も南方まで分布する種である。和名の“タカネ”は、高嶺(高い山、高い峰の意)にちなんでいると言われるが、標高300mほどの丘陵地から標高1,600mの高地まで分布し、周囲を樹林に囲まれた閉鎖的で小規模な池沼等において、6月上旬頃から10月下旬頃まで見られる。オスは縄張りを持ち、時折ホバリングをしながら水域の周囲を旋回する様子がしばしば観察できる。
 成熟した成虫の複眼は鮮やかな金緑色に輝き、胸部も金属光沢を帯びた緑色で美しい。エゾトンボ科は、近似種が多いが、オスの尾部付属器の違いで区別することができる。タカネトンボは、環境省RDBに記載はないが、千葉県では絶滅危惧Ⅰ類(重要保護生物)、高知県、宮崎県、長崎県では準絶滅危惧種に選定している。

 タカネトンボは、先日、標高1,600mの池にて撮影したが、過去にも多く撮影しており、本記事ではそれらから選別して掲載した。静止写真は、比較的じっくりと撮影できるが天候や光の当たり具合、ストロボのあて具合で複眼と体の色が違って見え、どれもタカネトンボの美しさを綺麗に写すことができていない。一方、飛翔写真は、ピンボケや被写体ブレが多い。撮影方法は、シャッター・スピード優先でもなく、ストロボも使わない。また、置きピンではなく、ファインダーでトンボを追いかけてホバリングした時にマニュアルでピントを合わせてシャッターを切る方法。最低でも5~6秒ほどホバリングしてくれれば、撮る自信はあるが、タカネトンボのホバリングは、ほとんどがその半分の時間で、しかも忙しなく移動するので難易度が高い被写体である。産卵の様子も撮影し「タカネトンボ(産卵)」として掲載しているが、ピンボケばかりである。Canon EOS 7D では、AF-ONボタンでピントを合わせる親指AFとAIサーボを組み合わせる方法もあるが、現在使用しているAFが遅いタムロン・レンズでは有効ではない。「いかに美しく撮るか。」今後の大きな課題である。

追 記
 複眼の美しいタカネトンボであるが、羽化したばかりは茶色で、このような輝きはない。同様にヤンマを含むすべてのトンボ類がそうであり、成熟するに従って色づいてくる。不思議である。

お願い:写真は、1024*683 Pixels で掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、 画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

タカネトンボ

タカネトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F6.3 1/125秒 ISO 400 -1 1/3EV ストロボ使用(2016.8.20)

タカネトンボ

タカネトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F6.3 1/250秒 ISO 200(2012.8.25)

タカネトンボ

タカネトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F5.6 1/250秒 ISO 320 -2/3EV ストロボ使用(2011.9.18)

タカネトンボ

タカネトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F6.3 1/250秒 ISO 500 +2/3EV(2010.8.28)

タカネトンボ

タカネトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F3.2 1/320秒 ISO 400(2016.8.20)

タカネトンボ

タカネトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F3.2 1/320秒 ISO 400(2016.8.20)

タカネトンボ

タカネトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F3.2 1/320秒 ISO 1600 +1EV(2015.8.1)

タカネトンボ

タカネトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F4.0 1/640秒 ISO 200 -1/3EV(2014.9.23)

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コメント

トラフトンボ

2016-05-04 13:34:57 | トンボ/エゾトンボ科

 トラフトンボEpitheca marginata Selys, 1883)は、エゾトンボ科(Corduliidae)トラフトンボ属(Epitheca)で、5月上旬に繁殖を迎えるエゾトンボの仲間である。エゾトンボの仲間は、全身が光沢を帯びているが、トラフトンボは、名前にあるように黄色と黒の虎斑模様が特徴である。ただし、複眼は成熟すると 金属光沢のあるグリーンになり、エゾトンボの仲間らしい。
 4月中旬頃に羽化した未熟個体は水域を離れ、林などで生活をする。成熟した成虫は羽化水域に戻り繁殖行動を行うが、トラフトンボの大きな特徴として、メスの産卵行動を挙げることができる。
 産卵は、午後に行われる。オスは、数秒というホバリングをあちこちで行ってはメスを探す。メスを見つけると、雌雄がつながりながらのタンデム飛翔が始まる。産卵場所を求め広範囲を飛び回る交尾態のカップルは、しばらくすると雌雄が離れ、メスは水面近くの植物などに静止し、産卵弁の間に卵を600~800個ぐらい放出して卵塊を作り始める。その後、1回だけ打水してその卵塊を沈水植物に絡ませるのである。卵塊はすぐに数cmから10cmぐらいの乳白色をした細長い紐になってゆっくりと沈み、抽水植物が枯れて倒れた茎などに絡みつくのである。
 トラフトンボは、本州、四国、九州に分布し、挺水植物や浮葉植物が繁茂する比較敵深くて大きい池沼に限って生息している。環境省RDBに記載はないが、生息環境の消失や悪化により、都道府県のRDBでは、東京都、神奈川県、青森県で絶滅、多くの県で絶滅危惧Ⅰ類やⅡ類に選定されるほど数が減ってきている。

 トラフトンボ属は、国内にもう一種、オオトラフトンボ(Epitheca bimaculata sibirica Selys, 1887)が生息しており、2014年7月に未成熟のメスを撮影しているが、 今年は、オオトラフトンボの成熟した個体と産卵の様子を撮影することが目標である。

参照:オオトラフトンボ(飛翔と産卵)

注釈:本記事は、過去に様々な地域や場所において撮影し個別に公開していた写真を、時節柄の話題として提供するために再現像し編纂したものです。

お願い:写真は、1024*683 Pixels で掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、 画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

トラフトンボ

トラフトンボ(未成熟オス)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先AE F6.3 1/160秒 ISO 400(2012.4.29)

トラフトンボ

トラフトンボ(オス)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先AE F6.3 1/320秒 ISO 200(2012.5.5)

トラフトンボ

トラフトンボ(メス)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1
絞り優先AE F8.0 1/80秒 ISO 400(2012.5.5)

トラフトンボ

トラフトンボ(ホバリング)
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4
絞り優先AE F5.6 1/500秒 ISO 200(2013.05.05)

トラフトンボ

トラフトンボ
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F8.0 1/320秒 ISO 800(2012.06.30)

トラフトンボの産卵

トラフトンボの産卵
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 + Kenko TELEPLUS 2X
絞り優先AE F8.0 1/640秒 ISO 3200(2013.05.05)

トラフトンボの産卵

トラフトンボの産卵
Canon EOS 7D / Tokina AT-X 304AF 300mm F4 + Kenko TELEPLUS 2X
絞り優先AE F8.0 1/640秒 ISO 3200(2013.05.05)

トラフトンボの卵塊

トラフトンボ(卵塊)
Canon EOS 7D / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO
絞り優先AE F8.0 1/250秒 ISO 800(2012.06.30)

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コメント (2)