Granma のデジカメ写真日記

折々の散歩や旅行で撮った風景、花等の写真を載せています

今年最初の東御苑(6)長年探していた変わったトキリマメの実、カシワバハグマ、ソシンロウバイ

2017年01月18日 | 皇居東御苑
皇居東御苑の二の丸庭園でピンクの数寄屋椿を見た後、二の丸雑木林で
まだ通っていない散策路があったのを思い出して行ってみると、カメラを持った男の人が腰を低くして
何か熱心に撮っていました。少し休んでいた時に「何を撮っていらっしゃるのですか?」と尋ねると
「光にあたった草です」と答えられたので私も何か良いものはないかと探していて少し目線をあげると
絡み付いた蔓に赤いものと黒い豆のような草を見つけました。

形から去年この近くで咲いていた黄色い花の「トキリマメ」(吐切豆)の実ではないかと思いつきました。

8年程前から長年探していた変わった形をした実で
『大船植物園で見つけられなかった』
「トキリマメ」の実
『その2年後に行った時』も見つけられなかった実をやっと見つけました。

緑色の莢が赤くなり中の黒い種が出てきているのですが
まだ莢の端について落ちていない状態でした。

都心にある東御苑の中で草地や林縁に生える「トキリマメ」を
見られるなんて思いもよらなかったのですが
『去年花を見た時』にこの変わった実を見られたらと思っていたのが
念願かなって実際に見ることができて嬉しくなりました。

この後、広めの散策路を歩いていると「ゴンズイ」(権萃)の木に「トキリマメ」に
似たような実を見つけました。

二の丸雑木林の他の散策路を歩いて見たかった
『「カシワバハグマ」(柏葉白熊)』の枯れ花を見つけました。
花ではなく綿毛の落ちた後の「総苞」で
花のように見えて冬の好きな造形の一つです。
いぶし銀色のように輝いているような気がしました。

来た時に入って来た大手門口に帰るまえに新雑木林の入口角にある
「ソシンロウバイ」(素心蝋梅)が見頃を迎えていました。


すぐそばでは「ロウバイ」(蝋梅)も咲いていました。

撮影日 1月12日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最初の東御苑(5)真弓、水仙、数寄屋(椿)

2017年01月17日 | 皇居東御苑
皇居東御苑の梅林坂で梅を見た後、二の丸雑木林に行ってみると
草地に少し緑があるものの林の木々はすっかり葉を落としていました。

それでも野鳥が飛び交っていて、たまたま木の枝に止まったヒヨドリを撮ることができました。
緑の時期には鳥の姿は見えにくいのですが冬の落葉してしまった時期は
見つけやすかったのかもしれません。

新雑木林の秋にいつも『赤い実を探しながら通る散策路』も冬枯れ状態でした。

でも一種類だけ実を残している木がありました。「マユミ」(真弓)の木でした。

中の種は落ちてしまって開いた外皮だけ残っていて
見上げると花のように見えました。

日本庭園へ行くと池の傍で「スイセン」(水仙)が咲き、

少し斜面を上がった所では椿の「スキヤ」(数寄屋)が可憐な姿を見せていました。
(ピンボケ写真になりました。)

生い茂った緑の葉の間で咲くピンクの花が素敵でした。

撮影日  1月12日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最初の東御苑(4)オトヒメ、サザンカ、ワビスケ、タチバナ、キンカン、オガタマノキ、白梅、紅冬至

2017年01月16日 | 皇居東御苑
本丸休憩所脇で「シュウメイギク」(秋名菊)を撮った後、椿園に行ってみましたが
まだ咲いているツバキは少なくて「ロウラン」(楼蘭)や「オトヒメ」(乙姫)が見られましたが
「ロウラン」は遠くてピンボケになってしまたのでボツ

散策路から近い所にあったピンクの「オトヒメ」を撮りました。

少し進むとピンクの「サザンカ」(山茶花)が見られました。

書陵部近くでは白い「ワビスケ」(侘助)が咲いていました。

本丸広場の天守台近くに行き、「タチバナ」(橘)の小さな実が沢山なっているのを撮った後、

すぐ脇に植えられている「キンカン」(金柑)を見ました。
木が大きく、実もとても大きく我が家の2倍位ありました。

いつも撮る「オガタマノキ」(招霊の木)に小さな蕾がありました。春には
楚々とした 『モクレンに似た花』が咲きます。春に又来るのが楽しみです。

本丸広場から梅林坂へ行くと白梅がちらほら咲いているのがあったり

枝いっぱいに咲いている白梅があったりしました。何という種類の梅か
札を見忘れてしまいました。

咲き始めて梅と蕾が沢山ついている枝を見つけて撮りました。

「ベニトウジ」(紅冬至)という早咲きのピンクの梅が木全体に花がさいていました。

ピンクの梅を背景にして撮ってみました。早咲の梅が見られましたが
これからまだまだ梅が咲き続けるので又来月に見に行けたらと思っています。

撮影日 1月12日
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年最初の東御苑(3)フローレンスナイチンゲール、ノゾミコウシンバラ、カンザクラ、フユザクラ、ミヤマシキミ、シュウメイギク

2017年01月15日 | 皇居東御苑
高い所にある富士見多聞から下りて来てバラ園に寄ってみました。
数輪咲き残っている中に大好きな『フローレンスナイチンゲール』が咲いていました。

5月に咲いていたピンクの柔らかな色合いのバラが
寒い冬に咲いているのを見て驚いてしまいました。

「ノゾミ」(望)が赤い実に囲まれて1輪だけ咲き残っていました。
『去年の12月』にもやはり一輪だけ咲き残っている「ノゾミ」を撮っていました。

ちょっとうなだれてこちらに顔を見せてくれていませんが
「コウシンバラ」も去年と同じように咲き残っていました。

本丸広場の芝生を横切って反対側で咲き始めた「カンザクラ」(寒桜)を見に行きました。

まだ咲き始めで蕾の方が多いのですが

私は満開の時より、咲き始めの時が好きです。真っ青な空を背景にピンクの花が綺麗でした。

すぐそばではしばらく前から咲いていた「フユザクラ」(冬桜)が一重の花を咲かせていました。

『先日縁起物の実』を載せた時に別名の<億両>として「ミヤマシキミ」(深山樒)をリンクしたのですが
東御苑でまだ赤い実が見られました。

本丸休憩所近くでは変わった形の綿毛に変化している
『「シュウメイギク」(秋明菊)』を見ました。


撮影日 1月12日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最初の東御苑(2)ミヤマウグイスカグラ、ノリウツギ、ツワブキ、公開されていた富士見多聞

2017年01月14日 | 皇居東御苑
皇居東御苑で最初に訪れた「野草の島」はすっかり木々の葉も落ち、緑の草もなくなり冬枯れ状態でした。

花はやっと探して「ミヤマウグイスカグラ」(深山鶯神楽)の
小さな花が見られた程度でした。

冬枯れの野草の島で毎年楽しみにしているのは「ノリウツギ」(糊空木)の枯れ花

逆光で撮ると枯れた花が透けて見えます。
色がなく、変わっていますが好きです。

ほとんどの所で「ツワブキ」の花は綿毛の姿を見せていますが
この辺りの「ツワブキ」は冬の陽射しを受けて黄色の花を咲かせていました。

野草の島の端にあった「ロウバイ」(蝋梅)、花が少しですが咲いていました。


茶畑の方に行く途中の松の廊下跡辺りで「ヤブツバキ」(藪椿)が咲いていました。
花は沢山咲いていたのですが、綺麗な花がなかなか見つかりませんでした。

茶畑の脇の坂を登って少し高い所にある「富士見多聞」の前に来ると扉が開いていて
『公開されていたので』(去年11月下旬頃から)初めて中に入ってみました。

この写真は出た後に出口の方から撮ったものです。

中では靴を脱いでいました。

窓(?)から外を眺めてみましたがカメラで外を撮るのは難しくてやめました。

 隙間から乾通りの通り抜けて歩いた道や遠くに吹上げ御所の屋根らしきものが見えました。
春の乾通りぬけの時に『富士見多聞』を撮っていました。

撮影日  1月12日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最初の東御苑(1)『今日はブログを始めて11年目』 シナマンサク、シロミノコムラサキ、ヤブコウジ、センリョウ、マンリョウ、フッキソウ

2017年01月13日 | 皇居東御苑
今日は2006年からブログを始めて『11年目、同じ1月13日の金曜日』でした。
大好きな皇居東御苑へ今年初めて昨日訪れいつもと違う中朱雀門から入りました。
冬なのに行く理由は11年前にブログを始めてすぐに東御苑へ行き、野草の島で撮った
「シロミノコムラサキ」(白実小紫)別名「シロシキブ」(白式部)を懐かしむのが一つの理由でした。
いつも大手門口から新雑木林に行くのですが今回は「シロミノコムラサキ」がある
野草の島に近い中朱雀門の方から入りました。

野草の島に行く途中の坂道で「シナマンサク」(支那満作)の枝に
小さな花を見つけて驚きました。こんなに早く見られると思っていませんでした。
春にまず咲くということから「マンサク」と名付けられのですが
まだ真冬なのに咲いているのを見ると嬉しくなります。

青空を背景にして見ると変わった形の黄色い花が不思議に見えました。

野草の島に行くと『「コムラサキシキブ」(小紫式部)の実』はもう無くなっていましたが 
『10年程前に来た時』に残っていた時と同じように「シロミノコムラサキ」は沢山実をつけていました。


野草の島では「ヤブコウジ」(藪柑子)別名十両や

「センリョウ」(千両)が見られました。

赤実の千両と隣り合って黄実の千両もありました。

前回来た時はまだ色づいていない「マンリョウ」(万両)を見ていたのですが
今回は赤くなった実を見ることができました。

「ヤブコウジ」のすぐそばには「フッキソウ」(富貴草)の面白い実を見つけました。

丸い実に角が生えているように見えます。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

休苑になってしまった馬事公苑と思い出の風景

2017年01月11日 | 馬事公苑
今日の午後、病院へ行く途中、いつも病院へ行く途中に寄る馬事公苑の
覆馬場(室内馬術競技場)の脇を通り

弦巻門の前を通ると扉が閉まっていて

昨年12月31日から2020年の馬術競技の開催の準備の工事の為
5年間程休苑され再開は2022年秋ごろになるようです。

正門の方に行くとやはり門が閉じられていました。

丁度工事の車を通すために係員の方がいたので桜の時期も
特別に見られないのですかと聞くと
工事をしている最中なので中に入れませんとのことでがっかりしました。
いつも見ていた正門からの風景です、左奥の方がメインアリーナで
障害物競技などが行われる所です。
撮影日 1月11日 カメラ Olympus stylus1s

ブログを始めて初めて撮った『メインアリーナの雪景色』


今年4月の『桜の風景』
数年前の日本庭園の『しだれ桜』もとても綺麗でした。

12月中旬頃が見頃の『武蔵野自然林の紅葉』
青い『  』の上をクリックすると
それぞれ懐かしいその時々の風景が見られます。
家から自転車で12、3分で行けて足しげく通っていた馬事公苑の様々な景色を
5年あまり待たなければ見られなくなってしまったのが本当に残念です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月初めの世田谷フラワーランドで スノードロップ、スイセン、クレマチス

2017年01月07日 | 世田谷フラワーランド
買い物ついでに今年初めて世田谷フラワーランドへ行きました。
『昨年12月中旬に赤くなりかけていた是爪悦危惧種の「タコノアシ」(蛸の足)』
真っ赤に茹で上がっているような状態を見たかったのですが
既に池の中の草は刈りこまれていて見ることができずがっかりしました。
冬なので咲いている花は少ないのですが花壇ではパンジーや葉牡丹が綺麗に植えられていました。
時間がなかったので毎年1月に楽しみにしている「スノードロップ」を見に行くと咲き始めていました。
離れている所に咲いていたので遠くから望遠でやっと撮れました。

ペーパーホワイト(水仙)も何株か園内のあちらこちらで見られ

「ニホンズイセン」(日本水仙)も咲きだしていました。

クレマチスが蕾をつけていました。『花や綿毛』を見たことがあるのですが
蕾を見るのは初めて。クレマチスが冬に咲くのをすっかり忘れていました。
花が咲く頃に見に来たいと思いました。
馬事公苑が昨年末で休園になってしまったので、
今年はフラワーランドに来る機会が多くなりそうです。

撮影日 1月7日
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新春に浜離宮へ(3)櫨の木の紅葉、白梅、枝垂れ梅、三百年松

2017年01月06日 | 公園、植物園

『浜離宮庭園』の奥に少し行って林のような所を歩いていると
紅葉した木が見えて来て色づいたモミジが
まだ残っているのかしらと思いながら近づいて

木を見上げると真っ赤に紅葉した「ハゼノキ」(櫨の木)でした。

あまり時間に余裕がなかったので梅林やお花畑へは行かず
入口に戻っている途中、数本の梅の木があったので
開花している梅を探すとほんの数輪咲いていました。


少し先へ進むと枝垂れ梅の枝に咲き始めている花を見つけたので

同じ花を背景を変えて撮ってみました。で
もピンボケになってしまいがっかりしてしまいました。
やはり花はコンパクトな三脚を持ち歩いて写真を撮らなくてはと反省しました。

帰りに入口近くに行くと大きな松があり、説明板がありました。

300年程前に六代将軍家宣が庭園を大改修した時に、
その偉業をたたえて植えられた松。太い枝が低く張っていて見事でした。
広角レンズで入りきらずかなり後ろに下がって松全体がやっと撮れました。
撮影日 1月4日

冬で咲いている花は少なかったのですが、久しぶりに青空に恵まれて日本庭園を巡り、
静かな池の様子やぴんと張った雪吊りの綱の美しさに感動しました。
秋のコスモスが咲いている時などに来たことがあるのですが
春の桜の時期にも来てみたいと思いました。
帰りにすぐそばの築地市場に寄りたいと思いましたが4日までお休みで残念でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新春に浜離宮へ(2)雪吊り、庭園風景

2017年01月05日 | 公園、植物園
浜離宮の潮入りの池へ向かいました。池にかかる「お伝い橋」を渡る前に
左手に見える「松の御茶屋」のそばに雪吊りをされた松がありました。

中島の御茶屋の近くにも「雪吊り」がありましたが
背景に築地のビルが入ってしまいました。

中島の御茶屋は一般に開放されていて抹茶セット等を頂けるお店になっていました。

先程の「松の御茶屋」をお伝い橋から撮りました。

カメラを広角にして池を広く入れて撮ってみました。

少し歩いた先にあった小高い所「御亭山」から遠くを眺めると東京タワーが
かすかに見えました。
写真でははっきり見えないのですが六本木ヒルズのビルも見ることができました。


撮影日 1月4日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加