ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

ジオベスト 公園の造成

2009-12-12 20:55:56 | インポート

荒地を整備して公園にしたい・・・そのために表層土を改良したいという問い合わせをよくいただきます。真砂土を敷き均すだけの造成だと、あっという間に雑草だらけになってしまいますが、ジオベストを混ぜて表層土を改良すると、雑草防止だけでなく、透水性があり、砂が雨で流されない、自然土に近い固さの土舗装が完成します。施工敷地が広いと、スピードアップのために大型トラクタを利用しています。広い駐車場のぬかるみを改良したいという問い合わせもいただいておりますが、同様な施工方法で整備できます。

■ジオベストのお問い合わせは

ジオサプライ合同会社

Hyousoukairyou

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561

コメント

公園緑地施工例

2009-12-08 01:49:35 | インポート

寒さが一層厳しくなってまいりました。土舗装にとっても寒さは大敵です。特に寒冷地ほど凍害対策には悩まされておられることと思います。それでも止む無く施工される場合は、早めに工事を切り上げられ、凍害対策をされることをお奨めします。酸化マグネシウム系固化材ジオベストの場合も凍害に弱いのは他の材料と同様ですが、施工したあと、余った土を施工した土舗装の上に寒さ対策として1cm程度盛ってください。もちろん、水やジオベストを混ぜないで、土だけで覆っていただければ寒さ対策になります。施工した上なので転圧もしません。冬が通り過ぎてから土を除いてやれば、凍害から逃れることが出来ます。ジオベストの場合は、一気に固まるのではなく、時間をかけて、しっかりと固まっていくので、この方法がちょうどいいわけです。

下の写真は10月下旬から11月にかけて、約500㎡の公園緑地をジオベストを使って施工した例です。上が施工前で、下が施工後の写真です。土が自然に固まったような自然の土の風情がある仕上がりとなります。公園などには特にお奨めです。

Koube

■ジオベストのお問い合わせは、

ジオサプライ合同会社

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561までお気軽にどうぞ。

コメント

建設廃材にならない土舗装

2009-12-07 22:33:24 | うんちく・小ネタ

12月7日の夕刊に環境省は産業廃棄物の不法投棄を防ぐため、排出責任制を設けるという記事が出ました。不法投棄の約8割は建設廃材で、悪質な下請け処理業者が原因となっているが、2011年度からは、元請け事業者に排出責任を負わせるということになるようです。

元請けは、①処分を委託した下請け処理業者と廃棄物の種類や量の把握②処分の方法と現地確認③帳簿の作成・保管などが義務付けられます。

これまでほかの業界では産業廃棄物のマニュフェスト制度は、当たり前のようにありましたが、建設業界では、元請け事業者が責任を持つのか、下請け処理業者に責任があるのか不明確だったことから、今回、責任を明確にして、違反業者には行政処分や罰則の強化をしていく模様です。

では、酸化マグネシウムを材料としたジオベストによる土舗装はというと、弱アルカリ性なので、建設廃材には該当しないということになりますが、セメント系の固化材や石灰系、樹脂系の材料を使用した土舗装は建設廃材となります。唯一、酸化マグネシウム系材料のみが建設廃材になりません。環境に配慮された材料としてお奨めできます。

■ジオベストのお問い合わせは

ジオサプライ合同会社

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561

コメント