ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

土に近い土舗装

2010-06-04 02:12:29 | うんちく・小ネタ
「ジオベストで土舗装すると、どんな色になりますか?」
こんな質問を受けました。

山から運んできたばかりの真砂土には10%程度の含水比があるので、褐色の土色をしています。
この土に酸化マグネシウム系土舗装固化材ジオベストを混合して、敷き均し、転圧すると、下の写真の様な色をしています。

しかし、水分が蒸発してくると、やや白っぽくなります。
これは、真砂土が乾いた状態と同じ色です。
でも、雨が降ると、施工した頃の土の色に戻ります。
乾いた状態でも湿気のある土の色をしていたら、それは本来の土の色ではなく、顔料が混ぜてあるからですね。

酸化マグネシウム系土舗装材ジオベストの色はホワイトに近いので、混練時はやや白っぽくはなりますが、本来の土色に戻っていきます。
4~5年経過後、酸化マグネシウム系土舗装固化材で土舗装したところは、施工した当時と同じように、土らしさを失っておりません。より土に近い舗装っていうわけです。
■ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社  http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561までお気軽にどうぞ。

P.S.ジオベストの色ですが、下の色になります。
コメント