ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

防草(土舗装)の季節

2008-02-10 05:39:59 | インポート

なんで今が防草の季節なのか?

本当は日差しが暖かくなる頃か、秋が感じられる涼しい季節に防草対策をするのが一番いいのですが、施工が年度末に集中するので、2月~3月は「防草対策で一番忙しい季節」になっています。しかし、春先から雑草の新芽が出てくるのを見ると、夏場のうっそうとした情景が思い出されるので、春の前に防草対策をしておくのもいいものです。特に雑草が発芽するのに必要な養分を植物に吸収させないように対策をとっておくと、発芽を食い止めることができるからです。ジオベストは植物の初期の発芽に必要な3大養分を不溶化します。不溶化とは、植物に栄養分が吸収されないように固定化してしまうことをいいます。

安全で環境にやさしい弱アルカリ性の酸化マグネシウムが効力を発揮します。

その3大栄養分とは、次の3つです。

     窒素(植物のタンパク質、葉緑素をつくるために必要):成長の早い段階から開花前まで必要です。ただし、連続して開花する場合は続けて必要になります。

     リン(植物体内での生化学変化、エネルギー運搬に必要):花を咲かせたり実ほ実らせたりするときに必要です。

     カリウム(光合成やタンパク質合成に必要):成長の初期段階から最後まで一定量が必要です。

下記の写真は、2月7日に撮影したものですが、出来るだけ早い時期の対策をお奨めします。

Zattusou 

■ジオベストのお問い合わせは

ジオサプライ合同会社

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561まで                               

コメント

酸化マグネシウムを主成分とした土壌改良材の開発

2008-02-01 15:32:08 | インポート

ジオベストは、酸化マグネシウムを主成分とした土舗装固化材ですが、酸化マグネシウムの応用範囲は土舗装だけでなく、土壌改良のあらゆる分野で利用されています。特に河川へドロ対策や汚れた湖を蘇らすことにも使われています。こうした技術を背景にして出来上がっているジオベストですが、ジオベストを深く知っていただくためにも、下記をご参照ください。

■ジオベストのお問い合わせは

ジオサプライ合同会社

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561まで                               

Ecoearth01

コメント