ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

ジオベストと凍害

2009-02-08 08:12:21 | うんちく・小ネタ

野菜からコンクリートまで、あらゆるところで被害が発生する凍害ですが、一般的によく知られているのが、コンクリートの凍害です。コンクリートの場合、コンクリートの中の水分の凍結・融解の繰返しにより発生します。固まってしまえば発生することは少ないのですが、わずかな割れ目などがあると、深部へ水が浸入し、これが凍結してクラックなどの破損に結びついていきます。対策としては、水セメント比を低減し緻密なコンクリートとすることなどが一般的です。

では、ジオベストによる土舗装の場合はどうかというと、やはり、冬場の施工の場合は真砂土とジオベストを混ぜて練る時、水分を少なくするなどの対策をとりますが、それでも表面が崩れたり、細かいクラックが発生したりすることがあります。しかし、ジオベストによる土舗装の場合、凍害に合ったからといって慌てる必要はありません。なぜなら復元は簡単だからです。どうしていいかわからなくなったら、ご一報ください。通常、土舗装の場合、一度固めると、時間の経過とともに強度が弱くなるのが普通ですが、ジオベストを使用した土舗装は、適度の湿度と圧力があれば、時間の経過とともに強度を増す傾向があることが、復元力につながっています。

■ジオベストのお問い合わせは

ジオサプライ合同会社

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561まで                               

コメント