ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

ジオベストは、なぜ環境にやさしい防草材なのか?

2019-05-31 00:52:30 | うんちく・小ネタ
防草といえば、「草刈り」「除草剤」「防草シート」などの方法があります。
しかし、それぞれには、メリットとデメリットがあり、短期的には効果を発揮しますが、長期的な防草を実現することはできません。
ジオベストは環境に負荷を与えないで長期的な防草を可能にします。
つまり、
「有害物質が入ってない(有害な重金属が含まれていない)。」
「pH値が9前後(土と混ぜると7~8.5)。」
「人体・昆虫・植物への負担がない(昆虫を殺さない。他の植物への影響がない)。」

という3つのことが、環境にやさしい防草材といわれる所以です。
その裏づけとして、「ヒメダカ急性毒性試験」「ラットを用いた単回経口投与毒性試験」を行なって安全を確認しています。
※一般財団法人化学物質評価研究機構:試験番号95185

Q-1 ジオベストで雑草が生えなくなるメカニズムは、以下の通りです。

土中のリンには、植物が吸収するリン(可給態リン)と吸収できないリン(不動態リン)がありますが、植物が吸収できるリンをジオベストに反応させると、植物が吸収できないリンに変わることを、リンの固定化といいます。
ほかの養分についてもジオベストに反応させると、それぞれの養分を固定化できます。
固定化とは、養分を植物に吸収させないようにすることです。
下の表は、ジオベストを10wt%添加した時の養分の固定化率を表したものです。
全リンの81.7%、全窒素の70.6%、カリウムの46.4%を固定化できることが出来ました。


Q-2 次ぎに、雑草が生えなくなるのは嬉しいけれど、他の植物が枯れてしまったら困ります。
ジオベストのpHは、8~9.5の間で、土に混ぜるとpHは、7~8.5なので、植物・樹木に影響はありません。土舗装をした部分から溶出する水分は弱アルカリなので、植物を枯らすことはなく、昆虫を殺すということもありません。


Q-3 防草効果が薄れるのは酸性雨の影響です。
酸性雨の酸性が強いほどpHの低下は著しくなります。
酸性雨が、固定している養分を変化させていくため、徐々に固定化率は低下しますが、ジオベストは酸性雨の影響を受けにくいため、長期に渡って効果が持続します。


Q-4 1年草と多年草では雑草が伸びる強さが違います。
よって、雑草の種類によって、施工厚を変えましょう。ジオベストは土と混ぜた時点から土の中の水分と反応(一次反応)します。よって、乾燥した土と混ぜる場合は、すぐに締め固めする必要はありませんが、水分のある土と混合する場合は、すみやかに混合→締め固めをしてください。ジオベストは養分を固定化して雑草が生えるのを抑制しますが、締め固めることでさらに雑草の発芽を抑制します。ジオベストには除草剤が含まれておりません。よって、雑草を枯らすことは出来ません。


■ジオベスト及びジオミックスの価格のお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページよりお問い合わせください。 

コメント

ジオベスト防草工事から11年

2019-04-04 16:09:58 | うんちく・小ネタ
防草といえば、「草刈り」 「除草剤」「防草シート」が上げられます。
それぞれに問題があり、短期的には効果を発揮しますが、長期的な防草を実現することはできません。
ジオベストは、環境に負荷を与えないで長期的に防草を可能にする材料です。
その仕組みは、ジオベストが中性域で土壌にある養分を雑草が生えにくい土壌(雑草が吸収しにくい養分に変化させた土壌)にするからです。
よって、従来からある抑草土とは異なり、アルカリ公害や重金属類の溶出はありません。
また、ジオベストは、酸性雨の影響を受けにくいので、長期的に防草の維持ができます。
下の写真は施工前の2008年3月の撮影です。

ジオベストで防草工事をした直後の写真です。2008年3月の施工です。

そして、早いもので11年が経過しました。下の写真は、2019年4月撮影です。

雑草が生えない理由は、植物に必要な養分を、ジオベストが植物が吸収できない養分に変えてしまうからです。


■ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページにてお問い合わせください。
 
コメント

ジオベスト土舗装の施工上の注意

2019-02-24 04:39:46 | うんちく・小ネタ
冬季に土舗装をするのは硬化に時間がかかるため、施工を控えるケースが多いと思います。
特に外気温が5℃以下になると固化反応が遅くなり、固化不良が発生することがあります。
とはいっても期末に工事が集中するので、春まで待って施工するわけにはいきません。
よって、冬季に施工する場合は、機械施工が一番安心です。締め固めの強さと強度は比例するので、搭乗式コンバインド型振動ローラでのしっかりした転圧がお奨めです。
1トン以下のハンドガイド式振動ローラによる転圧でも構いませんが、冬季は水加減が重要となるので、一番強度が出る施工方法を選びましょう。
1.ジオベストの施工方法は多様です。現場や用途に合わせて施工方法を選べばいいわけですが、
  水分が多くなると、なかなか乾きませんし、硬化が遅れ ます。よって、散水方式ではなく、
  一番強度が出る含水比で混合し、締め固めを行ないましょう。ジオベストの最適含水比は
  10%です。手で握れば団子になりますが、手にはくっつかない程度の水分量で固めると、
  余分な水を含まないので硬化も早くなります。
2.まず、真砂土等を混合する土の含水比を測定してください。フライパンに1kgの土をのせ、
  カセットコンロで水を飛ばして含水比を測定します。5%の含水比であれば、5%の加水を
  します。真砂土に散水すればダマになりません。ミキサーで真砂土とジオベストと水を入れ
  て混ぜるとダマになりやすく、混合に時間がかかります。真砂土に加水した後、バックホゥ
  等で混練り、転圧するのがポイントです。
3.転圧後は散水をしません。強度が一番出る最適含水比の土でジオベストと混合しているので、
  締め固めが十分に出来、固化材と反応する水分量も十分足りているので、散水の必要はない
  というわけです。あとは硬化するのを待つだけです。天気さえ良ければ、冬季でも早く硬化
  します。



冬季限定というわけではなく、どのシーズンであっても注意が必要なのは、土系舗装は透水性舗装であることを念頭におきましょう。
例えは、下の写真は排水溝に向けて勾配がある場所の土舗装です。
浸透した水が排水溝に流れるためには、排水溝も透水性のあるものにする必要があります。透水性のある排水溝ではない場合、排水溝に穴を開け、土舗装を浸透した水が排水溝に流れるようにするだけで水の滞留が防げます。
土舗装の下に水が溜まると、オーバーフローだけでなく、凍結などで不具合を起こすこともあるので、土舗装を長く良好な状態に保つためにも水には注意しましょう。



土舗装の下の地盤に透水性があれば水抜き穴を開口する必要はありませんが、水が集まる場所は滞留しやすいので、水が溜まらないように水をコントロール=水が排水できるように導くことが良質な土舗装には必要です。下の写真は完成写真です。

■ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページ
ジオベスト事例のページからお問い合わせください。

 
コメント

ジオベストでの土の流失対策

2019-01-14 18:19:14 | うんちく・小ネタ
土には空隙があり、空気や水が入ります。
降雨により空隙に一気に水が浸入すると、土は膨らみ、土の団結力が弱まるので流れてしまいます。
つまり、砂浜でトンネルを造って遊んでいても、波が寄せてくれば砂が多くの水を含むのでつぶれてしまうのと一緒です。また、盛土をする時は、ある程度の含水比があるので整形することが出来ますが、乾燥して水分がなくなると土は雨水で流れてしまいます。
そんなわけで真砂土だけでは土が流失してしまいます。
下の写真は、年間130万人を超える公園の土の流失状況とジオベストでの対策後の写真です。
【工事前】

【工事後3ヶ月】

下は、別の場所になります。
【工事前】

【工事後3ヶ月】

実は、学校のグラウンド工事においても、グラウンド周りだけをジオベストで固めて、土の流失を防ぐこともやっております。

■ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページよりお問い合わせください。


コメント

土系舗装は透水性舗装

2018-12-10 04:20:18 | うんちく・小ネタ
12月に入り、今年は暖冬かと思ったのも束の間、昨日8日は晴れてはいるものの、急な寒さで時々初雪が舞っていました。
今日も晴れていますが、駐車場は3日前に降った雨が残っており、水溜りを作っていました。
もしも、この場所を土系舗装で固めていたら、どのようになっていたでしょうか?
想像しただけで怖くなります。
土系舗装とは天然の土や砂と、それらの粒子を結合する固化材との混合物なので、空隙のある透水性舗装です。一般的なコンクリートやアスファルトなどの排水性舗装とは大きく異なります。
よって、土系舗装に雨が降ると、一時的に空隙は水で満たされますが、すぐにその水は路盤を通過して下へ下へと浸透していき、土系舗装の空隙には水が溜まりません。しかし、路盤が下の写真のよう透水性のない路盤だとしたら、水は下へ浸透できないので、路盤の上に滞留するか、オーバーフローして表面に溢れてきます。
そして、雪が舞うような氷点下の寒さになれば、空隙に入った水が凍結して膨張(109%の体積膨張)するため、土系舗装は破壊されてしまいます。

一般的なアスファルトやコンクリートは、土系舗装と異なり、空隙率が小さく、ほとんど水を通すことはありませんが、土系舗装は、空隙が大きく透水性があるので、雨水を地下に浸透させる構造にする必要があります。
つまり、路盤に透水性の高いクラッシャランを用いたり、路床との間にフィルター層(砂など)を挟んで透水性を高めます。
もちろん、土系舗装に使用する土や砂もシルト分を極力少なくし、空隙が細粒分で詰まるのを防ぎます。
歩行者のみの歩道であれば、それほど強い支持力を必要としないので、路盤を設置せず、下地転圧だけで済ます方が路盤による不具合は避けられます。

しかし、歩行者だけでなく、自転車も通る場合、水が透水することで路盤の支持力が弱くなるので、下のように透水性のない路盤(再生クラッシャラン)にする場合もあります。
その場合、土系舗装は透水性があるので、表層を浸透した水が路盤上に溜まることになります。
つまり、それを防ぐためには、下のように浸透した水が排水できるような勾配が必要になります。狭い遊歩道などの場合、横勾配で水の滞留は防げるので問題はありませんが、道幅が広いと滞留が避けられません。
また、道幅が狭い場合、水の滞留が防げるとはいっても、縁石ブロックなどで排水口をせき止めるとオーバーフローになり、不具合の要因になります。

路盤の上に水が滞留するということは、土系舗装の空隙に水が入り、凍結膨張する恐れも出てくる確率が高くなるということでもあります。「透水性のない路盤」は、「透水性のある路盤」よりも何倍も排水の注意が必要になります。

土系舗装は、透水性舗装だから、透水した水が滞留しないように水をコントロールする(=排水)ことが、表層の舗装をすること以上に大切です。
土系舗装を予定されている方は施工前にご相談ください。
■ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページよりお問い合わせください。

コメント