ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

土舗装-酸化マグネシウム系材料

2009-10-31 23:51:07 | インポート

夏から冬にかけて、10月から11月というのは土舗装を行なうのに一番いい時期といえます。

夏場は酸化マグネシウム系材料であるジオベストと土に水を混ぜた舗装材が早く乾いてしまうために、固化不良を起こしてしまうことや、冬場は、凍害の影響を受けるので、養生をしなくてはならないなど、土舗装にとっては工事がやりにくい要素がありますが、10月から11月は、工事をする人にとっても快適な時期となります。よって、いまのうちに工事を先行されることが望ましいといえます。

土舗装に酸化マグネシウム系材料を使い始めて5年を経過しましたが、環境問題についてのニュースが流れるたびに、酸化マグネシウム系土舗装固化材であるジオベストが注目を集めてきました。特に水場が近い園路などは、排水による生態系への影響に対する配慮からジオベストが使用されております。また、土壌汚染された土を不溶化したいので、ジオベストを使用したいという問い合わせも増えております。

■ジオベストのお問い合わせは

ジオサプライ合同会社

Kt050012g

■ジオベストのお問い合わせは、ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561までお気軽にどうぞ。

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561

コメント

土舗装をきれいに仕上げるには

2009-10-28 20:00:29 | インポート

ジオベストによる土舗装の仕上がりは、固まった運動場、踏み固めたグラウンドのように自然の風合いを残したものになります。

土舗装は、もともとが土なので、土本来の良さを残しながら固めるというのが、土舗装本来の姿だと感じております。

コンクリートのようにカチンカチンにしてしまうと、土が固まったようには見えません。セメントで固まっているようにしか見えません。

しかし、土本来の良さを残しながら土舗装もきれいに仕上げたいという要望も多くあります。ではどうしたらいいかということになります。ローラーやプレートを使うと、土が軟らかいので、跡がつきます。跡を消すために、何度もローラーやプレートを往復させるけれど、なかなか跡が消えてくれないという悩みをもたれている方が多くおられます。ベニヤ板やブルーシートを敷いて、プレートやローラーをかけるというのもいい方法ですが、施工面が見えません。そんな時は、ポリエチレン製の透明ビニールシートを敷いて、プレートやローラーをかけてください。跡がつきません。ぜひ、お試しください。

■ジオベストのお問い合わせは

ジオサプライ合同会社

Siage

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561まで

コメント

酸化マグネシウム系材料

2009-10-28 19:55:27 | インポート

土舗装を行なうには、土と土を結びつける固化材が必要です。

固化材には、セメントを材料としたもの、石灰を材料にしたもの、樹脂系材料、そして酸化マグネシウムを材料にしたものという区分けができます。酸化マグネシウム系材料とは、最後の酸化マグネシウムを固化材に使用したものです。

酸化マグネシウムを材料とした固化材は、環境にやさしい材料であることが最大の特徴です。

1つ目の理由は、強アルカリ性の材料ではないので、生物を殺したり、生態系を破壊するといったことがありません。つまり、弱アルカリ性の材料であるということです。

2つ目の理由に、六価クロムなどのような強い毒性を持つ有害物質を含んでいないということが上げられます。六価クロムは、皮膚粘膜に付着した状態を放置すると、皮膚炎腫瘍の原因になります。また、発癌性物質としても扱われています。多量に肺に吸入すれば呼吸機能を阻害し、長期的には肺癌に繋がります。消化器系にも影響するとされており、長期間の摂取は肝臓障害・貧血・大腸癌・胃癌などの原因になります。

土舗装でいつも問題になり、ニュースで取り上げられているのは、上記の2つです。

ジオベストは、酸化マグネシウムを成分とした土舗装用固化材です。

環境にやさしいだけでなく、取り扱う「人」に対してもやさしい土舗装用固化材です。

Geobest

■ジオベストのお問い合わせは、

ジオサプライ合同会社

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561までお気軽にどうぞ。

コメント

生コンプラント

2009-10-28 19:52:31 | インポート

生コンプラントは、大容量の二軸強制練りミキサーを使用し、コンピュタ―による計量制御・出荷管理方式の一貫したシステムによる製造形態をとっているコンクリートを練るプラントのことです。

プラントでは、セメント、ジャリ、砂、水、薬品の混合量やミキサーの動作制御を自動で行なっています。

ジオベストの土舗装においても、2000㎡から4000㎡の規模になると、この生コンプラントで、土ジオベスト、水を混合し、練ったものを出荷してもらっています。

1回の練りで、例えばジオベスト20kg入りを10袋、真砂土約1.5トン(10%の自然含水比があるもの)、水を約30kg投入して練ることができます。この配合設計量は、事前に試験をした上で決定しますが、30分もかからないで10トン車いっぱいの土舗装材を作ることを可能にします。

工期も大幅に短縮できるメリットがあります。

■ジオベストのお問い合わせは

ジオサプライ合同会社

Plant

http://www.geosupply.jp/

広島082-299-0681 神戸078-843-2561まで

コメント