フリースクールやすづか学園物語

新潟県にある不登校生の居場所「やすづか学園」での毎日がここに・・・。

田んぼにはサルビアが良く似合う

2010年06月15日 20時41分45秒 | Weblog
学園の前の長くてきつくてカーブしてる坂道!ここ数年、坂の脇にはサルビアを植えています。初夏から雪が降るまで、ずーっと赤い彩りを添えてくれます。

毎年、このサルビアは地元の山岸俊雄さんが寄付してくださっています。山岸さんは、毎年ご自身で種を蒔いて苗を育てていらっしゃって、サルビアやマリーゴールドやアゲタラムのポットをいっぱいごと寄付していただいてます。(いっぺごと=沢山)

それで、今年も6月に頂いた苗を生徒とスタッフで植えましたこて。(こて=修辞詞)暑かったな~!ふらふらしちゃった生徒もいましたが、だ~から帽子かぶれって言ったこて(言ったこて=言ったでしょう?)。

この写真は植えて1週間のサルビアです。今はもう真っ赤です。

学園の田んぼも良く育っております。マルタさんがよーく見張ってます。夏休みには、市内の生徒が草取りに来てくれました。ありがとねー、あっついのにねー。

田んぼの緑にサルビアの赤!学園の入り口の景色です。


今年の田植え

2010年06月06日 10時56分00秒 | Weblog
 5月3日。例年よりも少し遅い今年の田植え。

 学園で、初めての試み、それは「全てを手植え」ということです。

 毎年、1枚の田だけを手で植えて、あとの2枚は機械に任せていたのです。
しかし、今年は「時間がかかってもみんなの手で植えよう」と、開学以来始めての「オール手植え」に挑戦しました

 支援委員会の方々に指導していただき、みんなで広い田んぼに入りました。田んぼの両端から植えていき、真ん中で合流するというやり方です。

 朝9時に始まった田植えも、全ての手植えが完了したのは夕方4時!
みんな、とってもいい顔をしていました

 その後、自分達が植えた田んぼを見下ろしながら、みんなでアイスクリームを食べました。とってもおいしかったです

 秋に、豊作だといいな