フリースクールやすづか学園物語

新潟県にある不登校生の居場所「やすづか学園」での毎日がここに・・・。

書道

2014年01月24日 18時15分42秒 | Weblog
ブラジルのヴィヴィアン、ケンゾウ、レイラちゃんの文字

学園の生徒とあんまり差がない文字・・・!?

すたふ まるた

れにゃどーる えすた びんど

2014年01月24日 18時02分59秒 | Weblog
れにゃどーる:ポルトガル語で「きこり」
~えすた びんど:ポルトガル語で「~が来たぞ」
という意味です。

「森の中のリス」というゲームで
きこりが来たぞー!と言ったら木の役が逃げ、
オオカミが来たぞー!と言ったらリス役が逃げ、
嵐が来たぞー!と言ったら全員バラバラになるということを伝えるために用意したイラストです。


木こり(ネット画像から)は中2のNさん
オオカミ(辞典から日本狼)は中2のTくんが書いてくれました。
嵐が来たイラストは丸田。

「れにゃどーる えすた びんど」
「ろぼ(狼) えすた びんど」
「てんぺすたーじ えすた びんど」

通訳の人に教えてもらって、大声でさけんでいた丸田ですが、ほんとに通じていたのかは不明。
イラストは皆、理解してくれました。

大騒ぎして楽しんでくれたのは間違いないのだけれど・・・。

 すたっふ まるた

ブラジルの小学生がやってきました。

2014年01月23日 18時30分12秒 | Weblog
ブラジルから小学生18名がやってきました。

写真は一緒に書道をしている様子。

ブラジルの子ども達には、好きな日本語を考えてきてもらっていたのですが、

「心」「火」「雪」「愛」などの一文字漢字を書いてくれました。

学園生とのコラボ書道作品として、大きな紙に寄せ書きしたので、それは後日アップしますね。


その後、「森の中のリス」というレクリエーションをしたりして、わいわいキャーキャー大盛り上がり。

言葉はほとんど通じないのですが、通訳さんの力を借りて楽しい時を過ごしました。

中学生も子供に混じって嬉しそうでした。

日系の子が多くて「たかはし」さんや「けんぞう」くんなど、親近感の持てる名前の子もたくさんいました。

ブラジルの子ども達が来る前は

「今日は見ているだけでいい?」

「これは強制参加なの?」

などと、言っていた生徒たちも、外国の子ども達の喜ぶ様子に、おもてなしの心が生まれてきたようで、けっこう頑張って相手をしてくれていました。

全員しっかり活動してくれていました。

言葉はなくても、同じことを一緒にするというだけで、気持ちが近くなります。
連帯感が生まれます。
もっと仲良くなりたいという気持ちが生まれます。
何かしてあげたいという気持ちが生まれます。

ちょっと疲れたけれど、今日はいい体験ができました。

すたっふ 丸田




積雪190㎝です。

2014年01月22日 15時02分13秒 | Weblog
久しぶりの更新

積雪もあっという間に増えてもうすぐ2メートルです。

グラウンドの中心でK君、T君が穴を掘りました。
彼らは直径1mの穴を掘り進め、二日でグラウンドの土までたどり着きました。

その様子を見に、他の子らが集まったのが、この写真。

寒い冬でも、雪まみれ。それが子どもの心意気。

すたっふ 丸田


ついに3学期 始まりました!!

2014年01月09日 17時31分46秒 | Weblog
写真は、今日の夕食の準備の風景

現在8名でスタート

今日は、午前中に「三学期はじめの会」
始めに学園長が
「夢なきもの 目標なし
 目標なきもの 計画なし
 計画なきもの 実践なし
 実践なきもの 喜びなし」
という言葉が好きだという話をされました。


その後、まず冬休みの報告を生徒一人一人が発表。

「弟のつきそいで仮面ライダーの映画を見た」
「ずっと寝てた。時々自分でキムチラーメンをつくった。」
「友達とカラオケに行ったり、部活にも出てきた」
「スキーをして映画「永遠の0」を見た。以外はゲームしてた。」
「永遠の0を見たけど、泣けんかった。」
などなど。

その後、3学期の目標作り

「高校合格」
「早寝早起き(自宅)」
「筋力アップ」
などなど。

午後は、中3生がおちついて受験に挑めるように配慮しての部屋換え。

その後、受験に面接がある生徒は面接練習。

といそがしく過ぎていきました。

それでも、その合間をぬって、体育館でミニバスケをしたりする元気者もいました。
寒くて、「手がゴムのようだ・・・」というわけの分かるような分からないような表現をするK君。
彼は今日、レイアップシュートのコツをつかんだようです。
 私、丸田は体力をなるべく使わないようにしながら、それでもすぐにヘトヘトになってしまいました。

すたっふ まるた