グラフィックディレクター 大里早苗 ブログ

東京港区のデザイン会社、グラフィックメイトの代表を務める大里早苗のブログです。

【デザインのコツ】読者を想定する

2020-08-17 13:10:45 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
会社案内、学校案内、サービス案内などさまざまなパンフレットがあります。広報担当の方など、自分がパンフレットの制作側になったときは誰に向けたパンフレットなのかをしっかり想定する必要があります。

それは誰が読者ですか?
その読者はどんな方ですか?どんな状態の方ですか?
そのパンフレットは読者の立場で作られていますか?

例えばサービス案内なら「サービスを受けたい」と思っている人が読者です。その「読者」の立場に立って作られているのが良いパンフレット、ユーザビリティの良いデザインです。

ある「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」のパンフレットが目にとまり何気なく手に取ったところ、「読者をどう想定しているんだろう?」と思うデザインでした。

「サービス付き高齢者向け住宅」のパンフレットを見るのは誰か?
  この住宅に入ろうとされる高齢の方。
  あるいはそのお子さん。
    →10代20代というより40代以降の方が多いはず。

いずれにしても老眼世代であることは容易に想像がつきます。
にも関わらず、文字が同系色の背景の上に乗っていたり文字が小さかったり、あるいはやたらと文字に影をつけたりして読みづらいデザインになっていました。
もちろん料金や支援サービス、部屋の間取りなどは載っているので内容に不備はないのでしょうが、もう少し読者の立場に立ったデザインが必要です。

このパンフレットの読者は誰か。
からもう一歩踏み込んで
どういう状態の人か。
まで考えてデザインするべきです。



きれいなもの、人目を惹くものを作るだけがデザインではありません。
読者の立場に立って、使いやすいもの=ユーザビリティに配慮したものを作るのもデザインです。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の ユニバーサルデザイン に関する記事一覧
グラフィックメイトブログの中の 読みやすい に関する記事一覧





good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

本という形

2020-08-03 11:50:55 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
電車の中で本を読んでいたら、「こんにちは!」と声をかけられました。本から顔を上げると、娘の小・中学時代のお友達が立っていました(今は別々の高校に通っている男の子)。
「僕もその本、英語版を読んでるんです。学校の課題で」とのこと。実は娘も学校の課題で英語版を読んでいて、「けっこう面白いよ」というので私は翻訳版を読み始めたのでした。そんな話をしながら一緒に帰る形になりましたが、本のこと以外にも学校の様子や中学時代のお友達の近況などいろいろ話してくれ、楽しいひとときとなりました。

これがもし電子書籍だったらどうだっただろう?ふとそんなことを考えました。彼は私に気づいただろうか?声をかけてくれただろうか?



きっと彼は、私が「本」という形のあるものを手にしていることで、
・表紙のデザイン(ブックデザイン)で自分が読んでいる本だとわかった。
・共感が生まれた。
・会話のきっかけを発見した。
のではないでしょうか。

本には他にも様々なメリットがあります。
・デバイスが不要。
・全体のどの辺りを読んでいるかを把握しやすい。
・家族や友人に貸しやすい。
・紙の手触りや匂いなど五感で読んでいることを感じる。
・etc

もちろん電子書籍には電子書籍のメリットがあります。
でも、本という形で読んでいたからこそ、こんなひとときを過ごせたのだと思います。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の ブックデザイン に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

端まで魅せる

2020-07-28 09:46:59 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
デザインは、原寸より一回り大きい用紙に出力し、トンボでカットしてご確認いただく。これは大事なことだと思います。

プリンターでは用紙の端までは印刷できません。機械が紙を咥える都合上、天地左右とも5mm程度は印刷できずにあいてしまうのです。でも端までデザインしている場合にそれでは困ります。きちんと端までデザインをご覧いただきたいのです。


▲トンボに合わせて端をカットします。端まで魅せます!

今回は出版社さんから、表紙だけでなく中のページデザインもご依頼いただきました。
ご提案するB5サイズの見開きページ・・・つまりB4サイズを、一回り大きいA3サイズの用紙に出力し、トンボでカットしていきます。端まで意識をもってデザインしています。

さて気に入っていただけるでしょうか。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の 印刷物 に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

素敵な靴で歩きたい

2020-05-25 11:23:41 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
今日にも緊急事態宣言の全面解除されそうですが、先日の緊急事態宣言一部解除のあと、都内でも営業を再開する店舗が出てきました。ゴールデンウィーク明けくらいから、大通りに面した飲食店が時短営業やテイクアウトのみの営業を始めたりしていました。

それに加えてファッション関係のお店も少しずつオープンしています。通勤途上の靴店は店舗に並べていた商品をすべて撤去していて、まるで閉店したのではと思える状態だったのですが完全復活。明るい店内に目にも楽しいデザインの靴がディスプレイされ、店の奥にはにこやかな店員さんの笑顔がありました。『ソーシャル・ディスタンス』を意識してか、以前のように気軽に近づいて来られることはありませんでしたが。



この日はウインドウ・ショッピングだけで失礼しましたが、あの素敵なデザインの靴で街をかっ歩できる日が来ることを願っています。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

書体の世界

2020-02-10 10:34:30 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ユリイカ2020年2月号をお読みになったかたはいらっしゃるでしょうか。このブログを読んでくださる方の中には、デザインを生業とされている方もいらっしゃると思います。そのような方は何を今更とおっしゃられるかもしれません。
『ユリイカ』は青土社から出ている詩と批評の雑誌ですが、毎月さまざまなことを特集として取りあげています。マンガ家や作家の特集もあり、そんなときは家人が置き場所も考えずに買ってくるので困っています。
それはさておき、2月号の特集が『書体の世界ーー書・活字・フォント』。書体といえが私の仕事と切ってもきれないものです。ロゴデザイン、表紙デザイン、ポスターデザインに説得力やインパクトを与えるためには、どんな書体をベースにするか。中学生や小学生向けの冊子の本文はどんな書体が向いているのか。今は、どんなお子さんにも読みやすいようにUDフォントという書体もあり、必要十分な条件をクリアできるよう、毎回アタマをひねっています。

そんな「書体」が特集ですので、さっそく手にとってみました。まだ全てを読み終えてはいませんが、面白い記事がたくさんあります。写研の写植書体見本帳を使用したことのある身としては、『写研の時代』という記事はたいへん興味深く、かつ楽しめました。


▲写研の「写真植字」。これを見本にしていた時代もありました。

『UDフォント』開発についての記事もありましたし、『文字のないタイポグラフィに向かって』という対談は、今まで存知あげなかった方によるものだけに世界が広がる感じがしました。『書体をめぐる三つの質問」というアンケートは実用性たっぷりのアンケートで……もうしばらくはこの雑誌で楽しむことができそうです。
デザインや文字にご興味のある方も、ぜひ一度手にとってみてはいかがでしょう。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「フォント」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

ピクトグラムで会話をサポート

2020-01-20 11:41:19 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
阪神・淡路大震災に関するトピックとして「やさしい日本語」についてテレビで紹介されていました。阪神・淡路大震災では、被災した多くの在日外国人が、避難所やライフラインの情報を理解できずに困難な状況にあったそうです。そこでそういう人たちにが災害時にも適切な行動をとれるように考え出されたのが「やさしい日本語」だそうですが、それを補助するものとして、ピクトグラムもあげられていました。

被災時には在日外国人の方も避難所生活を送らざるを得ない場合も出てきますが、日本語も英語も理解が難しい場合はピクトグラムが有効だというのです。被災した外国人の方が宗教上の理由から、あるいはアレルギーなどによって食べられないものがあってもそれをうまく伝えられない。そんなときにも、牛や豚、鶏などのピクトグラムを指差せば伝わる…そういったシーンを番組では紹介していました。
より細かく、生活に密接に関わることもピクトグラムを使用することで伝わる。これもデザインの力だと改めて感じました。


▲一方的に伝えるだけでなく、相手の意思も確認できる


2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会ポータルサイトによると、定住外国人が理解できる言語は、「日本語」は62.6%、「英語」は44%という調査結果もあるそうです。そして
「多言語対応協議会では『多言語対応の基本的な考え方」を2014年に定め、「日本語+英語及びピクトグラムによる対応を基本としつつ、需要、地域特性、視認性などを考慮し、必要に応じて、中国語・韓国語、更にはその他の言語も含めて多言語化を実現』として、取組を進めています」
とのこと。これからますますピクトグラムの重要性が増しそうです。

グラフィックメイトは、外国の方にも理解してもらえる情報発信をお手伝いします。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

今年もお世話になりました

2019-12-27 17:09:40 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
薦められて『書店本事』という本を読みすすめています。年末年始の休み中にも読み終えられればと思っています。
副題に<台湾書店主43のストーリー>とあるように、台湾の個人経営の書店についてルポルタージュです。台湾でも読書離れが喧伝され、出版不況が続いているそうです。
そんな中で気を吐いているのが、独立書店と呼ばれる個人経営の町の本屋さん。そんな本屋さんを巡り話を聞いた本です。ひとつひとつの本屋さんのエピソードは、さすが文字の国の裔と思わされるものばかり。それぞれの話の扉には、その本屋さんの特徴をとりあげた可愛らしいイラストも添えられていて楽しいです。「ブックデザイン」という側面からもおすすめです。

『書店本事』についてはこちらから。

日本でも小さな元気な本屋さんの話を聞きます。私どもも小さなデザイン事務所ですが、これからも元気に営業して参りたいと思います。
2019年は大変お世話になりました。2020年もよろしくお願い申し上げます。



▲2019年 年末の社窓。来年も良い年になりますように。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「ブックデザイン」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

医学書デザイン『頭頸部癌取扱い規約 第6版補訂版』

2019-12-23 10:40:23 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
医学書の出版社である金原出版さんの「癌取扱い規約」というシリーズの表紙をデザインさせていただいています。
このたび「頭頸部癌取扱い規約 第6版」の内容に部分的な変更を加えた「頭頸部癌取扱い規約 第6版補訂版」が刊行され、当社にもご寄贈いただきました。



▲『頭頸部癌取扱い規約 第6版補訂版』編集:日本頭頸部癌学会/発行所:金原出版株式会社

頭頸部癌とは、鼻、口、のどなど、顔から首の範囲に発生した悪性腫瘍のことです。頭頸部には様々な器官が集まっているため、口腔癌、咽頭癌がん、甲状腺癌、…など多くの種類に分けられますが、それらをまとめて表現するために、鼻腔、口腔、咽頭などの部分を濃度の異なるグラデーションで表現しています。

先に刊行された「領域横断的がん取扱い規約」との整合性も図られ、頸部リンパ節のレベル分類について、図表を用いた解説を追加されました。関係各位、ご興味のある方はぜひご購入ください。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「医学書」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

世界のブックデザイン2018-19

2019-12-16 05:20:04 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
12月14日(土)から、印刷博物館・P&Pギャラリー「世界のブックデザイン2018-19」が始まりました。それに先立ち13日(金)には内覧会とレセプションが行われ、私も出席させていただきました。


▲「世界のブックデザイン2018-19」


会場には「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書をはじめ、ドイツ、オランダ、中国…など7カ国のコンクール入賞図書など170点が展示されています。見た目の美しさだけでなく、本の内容との整合性や本を手にした時の風合いなど、さまざまな観点から選ばれた素晴らしいブックデザインの数々です。それらを実際に手にとって触って、その感触を感じることができます。
技術的にも優れた本が展示されていて、特殊な製本方法の本、特色7色刷りの本…など大変興味深いものでした。



デザイン関係の方だけでなく、本好きの方にもおすすめです。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「ブックデザイン」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

HELLO neo SHIBUYA

2019-11-18 10:33:31 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
先日、友人と渋谷で会食をしました。待ち合わせは渋谷駅新南口近くのお店。渋谷自体は毎日通過している場所なのですが、新南口方面へ行くのは久しぶりです。日頃なかなか行かない場所に、再開発が重なって、通れると思っていた歩道橋が通れなくなっていたりして道に迷ってしまいました。早めの行動を心がけていたので待ち合わせには遅れませんでしたが、街の変化には戸惑ってしまいました。

会食の席でも、以前いっしょに食事をしたお店の閉店や旧東急プラザの閉館など、渋谷の再開発や変化ぶりが話題にのぼりました。果ては、今は渋谷ヒカリエになっている場所にあった映画館渋谷パンテオンまで時が遡ることになりました。

帰りは最近開業した渋谷ストリーム、渋谷スクランブルスクエアを通り新しい渋谷を体験して来ました。渋谷では、『HELLO neo SHIBUYA』という「まちびらき」プロジェクトが進行中です。この街のリ・デザインがどうなるのか、過日の渋谷を懐かしみつつも、楽しみです。


▲『HELLO neo SHIBUYA』のロゴマーク




good life ☆ good design ☆ graphicmate
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

ハロウィンにデザインの力

2019-10-28 11:19:57 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
10月も後半、この週末もあちこちでハロウィンイベントが開催されたようで、街のいたるところに小さな魔女やドラキュラがあふれていました。ちびっこたちの仮装には、さすがにゾンビ系は見当たりませんでしたが、そのかわりにお姫様系もたくさん。背中に羽根を背負っていたのは妖精だったのでしょうか。ハロウィンイベントに参加してバスケットにお菓子を入れて、みんな楽しそうに走り回っていました。区民センターや公園など区切られた空間だけでなく、駅前の商店街などが会場になっているところもありましたが、消防団の制服を着た方や、商店会のビブスを着た方が交通整理をされていて、安全に十分に配慮されていたようです。

そんな中に車イスに乗ったお子さんをチラホラと見かけたのが印象的でした。私が見かけた限りの話ではありますが、その車イスのお子さんに特別な配慮がなされているという感じではありません。もちろん付き添っている方はいるのですが、そのお子さんも、走り回っている他のお子さんと同じように色々なアトラクションに顔を出していました。ハンディキャップのある方個々に対応していくのではなく、会場全体をどのようなお子さんでも楽しめるようにあらかじめデザインされているようでした。アトラクションのブースを形作っているテントの間口も十分に広く、余裕のあるものが使用されていました。
2020年を軸に都市の再開発が進んでいます。パラリンピックがメディアでもフィーチャーされていることを反映して、社会側にある障害を取り除くデザインになっているようです。でもそれよりも早く、身近な手作りイベントのデザインが変化し、その力を発揮しているのですね。

改めてデザインの持つ力を意識した一日となりました。




グラフィックメイトブログの中の「ハロウィン」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
学校案内の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

左から右から

2019-09-24 10:48:32 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
不登校のお子さんの支援をする株式会社Allight様から、ロゴをはじめ、会社案内などの制作依頼をいただきました。代表の方とは以前からお取引がありましたが、今年になって新たな体制をとられることになり、そのためのご依頼でした。これまでの実績を評価いただいてのことと身の引き締まる思いとともにお引き受けいたしました。

会社案内には支援内容を紹介することはもちろんのこと、Allightの代表が今まで保護者を対象に話されてきた「不登校の解決のための7つのポイント」という講演内容を読み物として収録したいとのご要望がありました。色々な面からの支援内容、料金体系や連絡先など掲載すべき内容を検討していくと、コラムと呼ぶには長すぎるテキストの収まりどころを全体構成のどこにするのかアタマを捻ることとなりました。
会社案内としては横書き表記の方が、手にとっていただいた方に情報をお届けしやすいと思うのですが、当の「不登校の解決のための7つのポイント」は縦書きにした方がリーダビリティが良いように思えました。しばらく考えた後で出した結論は、下の写真でご紹介している〝左右両開き〟という形式です。




▲サービス案内は左綴じ/横書きで展開





▲「不登校の解決のための7つのポイント」は右綴じ/縦書きで展開


会社案内としては左綴じの横書き。裏返して右綴じ縦書きの新書風「不登校の解決のための7つのポイント」。カンプを作成してのご提案を代表にも気に入っていただき、完成品にもご納得いただきました。

株式会社Allight様が展開する、不登校のお子さん支援するという社会事業『Allight Educational Consulting(オールライト・エデュケーショナル・コンサルティング)』に、多少なりともお力添えできればと思っています。ご興味のある方は『Allight Educational Consulting』のWebサイトもご覧ください。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「会社案内」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

レトロなデザイン『函館ハイカラ號』

2019-09-18 11:32:22 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
先日函館に行ったとき、観光には市電を利用しました。一日券を購入すれば乗り降り自由なので、近距離移動にも便利です。
早朝から市場に行ったり港に行ったり、観光名所の坂を登ったりでだいぶ疲れていたところに遭遇したのが『函館ハイカラ號』です。





▲レトロなデザイン『函館ハイカラ號』


4月から10月にかけての土日祝日を中心に運行されているそうですが悪天候時は運休、運行する日でも一日に数本のみ!そんな貴重な(?)レトロ車両に遭遇できたなんて、なんたる幸運!


▲内装もクラシック。明治・大正時代の路面電車の姿を再現しているとか

運転手さんや女性車掌さんは、『函館ハイカラ號』をバックに写真を撮ってくれたり車両の説明をしてくれたり、出発までのひと時を楽しませてくれました。今乗ってきて終点についたのに、そのまままた乗車する、というお客さんも。
本来は移動手段である市電も、このデザインだと乗っているだけで楽しい。また乗りたい。疲れて文句を言い合っていた我々一家もすっかり笑顔になりました。

デザインで人を幸せな気持ちにさせることができることを改めて実感しました。

グラフィックメイトブログの中の「レトロ」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
学校案内の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

デザインマンホール

2019-08-27 10:48:26 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
先日、函館に行ってきました。昼夜を問わず蒸し暑い東京と比べ、夜などは肌寒いくらいの気温。昼間の日差しの下で動くと多少汗ばむものの、さらっとした空気にすぐ汗が引き、とても心地よかったです。
さわやかな天候に気分良く街を歩いていると見つけたのが、これです。


▲函館のデザインマンホール

こういったマンホールは「ご当地マンホール」あるいは「デザインマンホール」と言われるそうで、日本各地に存在するそうです。そういえば長崎でもカラフルなマンホールを見かけた記憶があります。

本来、マンホール蓋表面の紋様は滑り防止のために付けられているそうで、デザインマンホールは単純な幾何学模様のものに比べて平らな部分が増えて滑りやすくなるようです。また、カラーであることで製造コストもアップするので「税金を無駄にしている」という批判もあって、デザインマンホールを中止する自治体もあるそうです。

機能性やコストも重要ですから安易に「中止しないで!」とはいえませんが、個人的にはこういうところにもデザインをするのはとても好ましく思いました。街歩きが楽しくなるデザインマンホール、存続を期待しています。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「ご当地」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

メープルシロップのボトル

2019-08-14 14:36:00 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
我が家にはメープルシロップが常備してあります。朝食時のヨーグルト、休日のホットケーキ等々、我が家にとっては欠かせないものなのですが、「どこの家でも常備しているもの」ではないですよね。
我が家にメープルシロップが常備されているのは、私の父が箱買いしているからです。昔、喫茶店でホットケーキを食べた時に添えられていたメープルシロップがとても美味しかったそうで、あるとき通販の広告を見て以来箱で買うようになりました。それを我が家にもくれるので、いつのころからか我が家もメープル常備の家になりました。

さてこのメープルシロップのボトル、小さな取っ手がついていることが多いですね。元は5ポンド(約2.2kg)の容器に入っていたので運搬時には取っ手があると便利だったそうです。今のようなサイズでは必要ありませんが、メープルシロップであることが一目でわかるようにと、今でも取っ手が残されているそうです。


▲小さな取っ手がついているメープルシロップのボトル

これは「スキュアモーフィックデザイン」あるいは「スキューモーフィックデザイン」と呼ばれる手法で、「機能的に必要であるかないかに関係なく、質感や特徴など現実世界のモチーフを模倣したデザイン」をいいます。
日本でも国産のメープルシロップが製造されていますが、国産のものは必ずしも取っ手つきのボトルではないようです。取っ手付きのボトルの形は「カナダ産メープルシロップ」を象徴するデザインと言えそうです。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の ボトルの形 に関する記事一覧



good life ☆ good design ☆ graphicmate
パンフレットの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

良質をデザインするグラフィックメイト


広報誌の制作ならグラフィックメイトへ https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310