グラフィックディレクター 大里早苗 ブログ

東京港区のデザイン会社、グラフィックメイトの代表を務める大里早苗のブログです。

「小口」にご注意

2013-02-27 12:34:57 | DTP覚え書き
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
「中綴じ冊子」を作りたいというご相談がありました。
中綴じ冊子は週刊誌などによくある綴じ方で、中心を針金で止める方法です。用紙にもよりますがページ数の多いものには不向きで、ネット印刷などでは64ページまでというところが多いようです。今回は80ページでのご依頼で、印刷会社さんに相談してギリギリという中で対応いただくことになりました。

「中綴じ」は全体を折り曲げた状態で断裁されます。そのため中心部と外側では1ページの広さが変わってきてしまいます。今回ご依頼のあった80ページでは3mm程度変わってくると予想されています。

これによって注意が必要なのが小口(本の開く部分)の処理。今回のお客様も、辞書にある「あ」「か」「さ」…のような小口装飾をご希望でした。

▲小口装飾の例。厚い冊子や本では重宝します。

小口の断裁量がページによって異なる中綴じでは、そのままでは小口装飾した部分のサイズが変わってしまいます。「文字が欠けてしまった」ということさえ起こりかねません。

小口装飾をやめるか冊子の綴じ方を変えるか。
中綴じは比較的安価な製本方法ではありますが、使い勝手も考慮して適切な造本計画をお勧めしたいと思います。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

メディカルイラスト

2013-02-25 10:52:58 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
久しぶりに本格的なメディカルイラストのご依頼がありました。デフォルメした臓器などはしばしば作成していますが、なるべくリアルに病変(病気になっている状態)を表現することになりました。

メディカルイラストを描くにはサンプルとなる写真などが欠かせません。健康な臓器、正常な状態というのはサンプルがたくさんあるのですが、病変のサンプルはあまり多くありません。病気の状態はさまざまなので、必ずしもご依頼に合った状態の病変とは限らないのです。
また表現ひとつで別の病気にも見えてしまうので、細かい修正も多々発生します。

でも医学書では「情報を正しく伝える」ことはとても大切です。受注企業の宿命として出来上がりを公開できないのが残念ですが、ご満足いただけるメディカルイラストに仕上げてご提供致します。




good life ☆ good design ☆ graphicmate

医療系書籍・メディカルデザイン
ならグラフィックメイトへご相談ください
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310

コメント

復活!にこにこパン屋さん

2013-02-12 10:22:19 | グラフィックメイト・サポーター
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
先日、嬉しいハガキをいただきました。「ピーターセン」というパン屋さんが再開するというお知らせです。このお店は数年前まで我が家の近くにあり、とてもお世話になったパン屋さんです。

娘がまだ2~3歳の頃、保育園に迎えに行っても「もっとあそぶ~」とダダをこねることしばしば。少しでも早く帰って食事やお風呂をしなければ…と思い、「おうちでご本よもうか」「おふろでお歌うたおうか」などなど言ってみるものの、効果があるのはほんの1~2回。だんだんそんなものでは釣られなくなってきました。

そんな頃、ときどき行っていたパン屋さん。いつもお店の女性がにこにこして迎えてくれるので、娘と私は「にこにこパン屋さん」と呼んでいました。

あるとき、いつものように「もっとあそぶ~」と言う娘に「にこにこパン屋さん、いこうか」と言ったら「いく~」。よしよしと思いながらピーターセンさんへ。お店ではいつものように笑顔で迎えてくれ、保育園での出来事を聞いてくれたりしました。それからは保育園帰りに娘がダダをこねるとすぐに「にこにこパン屋さん行き」となったものでした。

あるとき「きょうはチョコパンかう」と言いながらパン屋さんへ行くと、チョコのついたパンがみんな売り切れ。夜7時前後という時間帯では売り切れとなって当然なのですが、それを理解しない「魔の2歳児」。どうやってもチョコパンを買うんだといってごねる娘に手を焼いていると、お店の方がパンに使う「チョコチップ」を持って来てくださいました。「今日はチョコパンがなくなっちゃったからこのチョコでがまんしてね」と。娘はすなおに納得。本当に助かりました。
こうしてたびたびたびたび育児を助けてくださったピーターセンさんが閉店となってしまったときには本当に残念でした。

それから数年たちましたが、とうとうお店を再開したという連絡が!もちろん開店初日に駆けつけました。行ってみると外に行列ができるほどで、パンが焼けるのが間に合わないほどの盛況振り。あいにく今回もチョコパンは売り切れてしまっていたので他のパンを買って帰りましたが、どれも以前にも増しておいしいパンでした。(すぐに食べてしまい写真を撮るのを忘れました、残念!)

我が家からはだいぶ遠くなってしまいましたが、ぜひまた娘と一緒に買いに行こうと思います。今度はチョコパンあるといいな。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
パンフレットの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

「ファミリーデー事例集」に掲載!

2013-02-04 16:30:49 | ワークライフバランス実践ヒント集
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
このたび、当社が東京都制作の冊子「ファミリーデー事例集」に掲載されました!

以前、このブログでも「ファミリーデー開催!」として実施をお知らせしました。このときの様子は東京都主催の「東京しごとの日」というWebサイトにも掲載されています。
そしてさらに!「ファミリーデー事例集」という冊子にも掲載していただきました。




当社のような小さな企業ではワークとライフのバランスをとっていくのは大変です。また「デザイン制作」という業務も、入稿時間に追われたり急ぎの対応を求められたり…ということがしばしばです。
それでも子どもを育てながら働ける会社として、今後は若い方にも支持されるような企業になっていきたいと思います。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

良質をデザインするグラフィックメイト


広報誌の制作ならグラフィックメイトへ https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310