グラフィックディレクター 大里早苗 ブログ

東京港区のデザイン会社、グラフィックメイトの代表を務める大里早苗のブログです。

平成史③ 卒業

2019-03-18 13:22:54 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
私事ですが、この春子どもが中学校を卒業します。まだまだ心配事はつきませんが、子育てはひと段落です。平成という時代の後半は、子どものことを考えることが第一になっていました。仕事をしながらの子育て、まず最初に直面したのは保育園に入れるかということでした。育児休暇はそれなりにとれましたが、仕事を辞めるという選択肢は考えもしませんでしたので。
住まいが区境に接したところにあるため、住民票のある区と隣の区、双方の保育園を何か所も見学させていただき、第三候補までの申し込みをしました。隣の区の保育園の方が圧倒的に近く、また出社・退社時の送り迎えにも便利です。区を越境しての入園許可は難しいとは聞いていたのですが、第一希望は隣の区。0歳児の枠には空きがなく、やむなく近くの無認可保育園に入園。1歳になってから再度認可保育園にチャレンジ。幸いにも第一希望だった隣区の保育園に入園することがきました。その後、小学校、中学校もお友達と一緒に隣区に通学させていただきました。時期的にもラッキーだったようで、翌年からは越境しての入園がどんどん難しくなりました。幼児でも歩いていける距離の保育園に通えてどれほど楽だったか、と今でも思います。


▲希望の保育園に入園できたおかげで仕事を続けることができました)


平成28年の『日本死ね』のツイートが話題になった時は他人事とは思えませんでした。保育園、幼稚園に加え、平成18年には認定こども園という制度ができていても、仕事をしながらの子育ての環境はほとんど変わっていないと改めて思いました。今年の10月からは、いわゆる幼保無償化がスタートします。平成の後半は、子どもを巡る問題が政治的な課題として取り上げられることも増えていますが、行政を頼るとどうにも「えっ、まずはそこなの?」というケースが少なくないようです。平成が終わっても子育ての環境に劇的な変化はないのかもしれません。まだまだこれからの問題も山積みです。個人的にはひと段落を迎えた身ですが、この15年間を振り返り、子どもを巡る問題に関わっていきたいと考えています。
平成という時代、皆さんは何に関わってきましたか。自分に深く関わってきた問題を、あなたの「平成史」として改めてまとめてみませんか。
個人史、自分史の制作も当社でお手伝いいたします。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「平成史」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate

ポスター・チラシの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

平成史② 2011年3月11日

2019-03-11 11:40:54 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
3月11日。
今年もこの日がやってきました。


▲お向かいの国立新美術館では半旗が掲げられています


平成を振り返る時、この日のことが頭をよぎる人も多いのではないでしょうか。私も忘れることができません。小学生だった子どもが待つ家まで歩いて帰った日のことを。ご家族、知人を亡くされた方、未だに生まれ故郷に帰れずにいる方とは比ぶべくもありませんが。

あの日、六本木から渋谷に向かう青山通りは、私と同じように家路を辿る方でいっぱいでした。足元もさまざまで、歩くのが辛そうな方も少なくありません。靴ずれをおこしたとしても、後から後から続く人の波に押され、立ち止まることもままならない状態でした。東京では車が動いていましたが、歩道の混雑を避けて車道を歩く人も多く、車も思うように動けずにいました。渋谷警察署のところからの歩道橋では、狭さゆえに混雑を極め歩くスピードは更に遅くなりました。どうしようもない状況の中で気ばかりが焦っていたことが、今でも昨日のことのように思い出されます。







▲2019年3月現在、様変わりした歩道橋。

あれから8年。あの日通った歩道橋は渋谷地区の再開発の中で大きく様変わりしています。大きな災害が起きた時には一斉帰宅をしないなど対応の基準も変わっているようですが、あの日のような人の波は二度と起きないのでしょうか。この街は、その人の群れに耐えられるのでしょうか。
2020年、そしてその先の未来に向けて新しい姿に変化していく街を見ながら、8年前のあの日を改めて記録しておきたいと思います。



【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「平成史」に関する記事一覧
グラフィックメイトブログの中の「震災」に関する記事一覧





good life ☆ good design ☆ graphicmate

ポスター・チラシの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

御社の平成史とは

2019-02-26 15:39:05 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
天皇陛下在位30年記念式典が2月24日に行われました。祝賀ムードとともに、終わりが近づいている『平成』について改めて思うことがありました。

『平成』にはさまざまなことがありました。もちろん30年もの時間なのですから、いろいろなことがあったのは当然です。いかにも紋切り型な表現と失笑される方もいらっしゃるのでは。ですが、それにしてもと思い返されます。やはり大学を卒業し就職して社会人として歩んできた期間が、そっくりそのまま入っているということが大きいのでしょう。

お恥ずかしいことですが、新人時代は未だバブル景気の余韻が残り、いかにものほほんとした新人でした。そんな私でも現場では独り立ちし、人に指導などをするようになる中で遭遇した阪神・淡路大震災や、安全神話の崩壊と取りざたされた大事件は、改めて社会と個人のつながりを考えさせられました。

その他にも、前代表の後を継いで直面したリーマン・ショックの影響を受けた日々や、子供が待つ家まで多くの人にもまれるようにして歩いて帰った3月11日の経験など今でも忘れることができません。
もちろん社会的な災害・事件とは関係なく、日々の仕事の中にあった達成や失敗も数限りがありません。特に経営者としての『平成』後半の経験は濃密だったと感じています。
とにもかくにも歩み続けて来られたと言うしかありませんが、この歩みは間違いなく『平成』という時代とともあったと言えると思います。新元号の時代を迎えても、この『平成』の経験を忘れずに歩み続けていこうと思います。

皆さまも、『平成』という時代の区切りを機会に、これまでの経験をこれからの時代に繋いでいく平成史をまとめてみませんか。
当社で社史制作のご相談をお受けする企業や団体の方は口を揃えて、その企業、団体が持つ創業の理念をこれからのメンバーに伝えていきたい、そのために社史を作りたいとおっしゃっています。
『平成』という時代の区切りは、御社の理念を改めてご確認され、これからへと伝えていくのに良い機会ではないでしょうか。

皆さまにとっての『平成』はどのような経験でしたか。
御社の平成史の制作を当社がお手伝いいたします。



御社の平成史とは。時代の区切りに伝えていきたいことは何でしょうか


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「年史制作」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

年史制作の担当になっちゃった

2019-02-04 11:33:37 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
翌年に創立30年を迎える企業さんから年史制作のご相談をいただいたときのことです。「30年」ということでまだ過去に年史を制作したことがなく、担当になった方は「これまで誰もやっていないのに年史制作の担当になってしまって、何をどうしたらいいものやら…」。困惑されるのも無理ありません。

1、どんな年史にするか

まず明確にしておきたいことは、
・発刊の目的をはっきりさせる
・配布対象、読者対象を決める
・どんな性格(タイプ)の社史にしたいか
・費用はどのくらいかけられるか
・いつまでに発刊したいか

などです。これらのことは社史発刊の責任者や経営トップの方のご意向も重要になります。

2、どう仕事を進めていくか

そのうえで、具体的にどう仕事を進めていくかを検討します。具体的というのは
・「編纂委員会」「編集事務局」の人数や具体的なメンバーを決める
・「社内で行うこと」「外部の人/会社に頼むこと」を明確にする
といったことです。予算やスケジュールに左右されることでもあるので、1の「どんな年史にするか」をあらかじめ明確にしておく必要があります。

「いやいや、そこからしてどう考えたらいいかわからない」というような場合は、ぜひ当社にご相談ください。
「年史制作の担当になっちゃった」とお困りの担当者さんをしっかりサポートしていきます。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「年史制作」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

色味が変わるマットPP加工

2019-01-28 10:27:55 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ある法人さんの記念誌を制作した際、今回の記念誌に関連する言葉をデザイン的に表紙に掲載したい、というご要望がありました。いくつかご提案した中で採用されたデザインは、文字をあまり目立たないような濃度で地紋のように背景に散らす案でした。

「目立たないように」という濃度がなかなか難しく、プリンタ出力したもので「この濃度がいい」と言われても、印刷でそのとおりに出るとは限りません。本紙校正は必須だな、と思い印刷会社さんに相談したところ「マットPP加工でも色味や濃度が変わってしまうので、本紙校正だけでなくマットPP加工まで試した方がいいです」とのお返事。
PP加工とは、印刷用紙の表面にポリプロピレンのフィルムを圧着する加工で、保存性を高めるために本の表紙などはこの加工をすることが多いです。今回もその加工をしますが、普通のPP加工は光沢が出るのに対し、マットPP加工をすると落ち着いた印象になります。今回のようにわずかな濃度差で文字を見せようという場合は、これがどう影響するかがわからないから実際に試してみた方がいい、というアドバイスでした。
これを試すには費用がかかるのですが、クライアントさんのご了承をいただき、マットPP加工をしたものも作成してもらいました。


▲左がマットPP加工無し、右がマットPP加工をしたもの。背景色や文字の見え方が変わりました。


あがってきた色校正は、マットPP加工をしたもの、しないもので色味や文字の見え具合が異なりました。クライアントさんにも加工前・加工後をご覧いただき、ご納得いただいてデザインが確定しました。

年史や記念誌のように何年にもわたって読んでいただきたい、保存していただきたいというものは、ぜひきちんとした色校正をとりたいものです。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の色校正に関する記事一覧
グラフィックメイトブログの中の冊子制作に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
パンフレットの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

受講「著作権超入門」

2018-07-30 08:21:07 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ブログを書いていると、他の方のSNSなども気になってしまいます。あれ、この写真大丈夫かな。この表現、引用と言えるのだろうか?…と思うことが少なくありません。仕事柄、著作権は常に意識していて、自分のブログで使用する表現や写真には十分に気を配っているつもりなのですが、実はそこに法的な根拠があるのかと問われると、自信をもって肯けるわけではありません。
先日、著作権に関する専門家として著名な福井健策弁護士による「著作権超入門ーここまでOK、ここからNG」という講座があったので受講させていただきました。
それにしても福井先生のお話のうまいこと!まるで講談でも聞いているのかという感じでした。わずかな時間だったのですが、「どんなものに著作権が生じるのか」「著作権がない情報」など、表と裏からレクチャーをしていただきました。中でも、これは!と思わされたことが……。
① スナップショットにも著作物と考えられることがある
② 公衆送信権は要注意
③ 著作権は譲渡可能
④ 引用は公表作品のみが対象
⑤ ちょっとした映り込みなら、あのねずみの会社も恐れずに足りず
などなど。

著作権侵害の事例として紹介された、「スイカ写真事件」には被告側の弁明も含めて笑わせていただきました。最後には質問にもお答えいただき、非常に勉強になりました。それでも、90分という時間では著作権に関する知識のさわりのさわりということで、更に勉強したい人にはと、以下の2冊の本を紹介されました。関心のある方はお手にとってみてください。
18歳の著作権入門
著作権法入門第2版

【関連記事】グラフィックメイトブログの中の「著作権」に関するブログ記事一覧





good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

使いやすい写真

2018-07-02 10:38:50 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
社史や年史、社内報などでインタビュー記事を掲載することがあります。この時の撮影をプロのカメラマンさんにお願いできない場合は、関係者による撮影となることでしょう。カメラの選び方や撮影のための設定について、などはカメラマンさんにお任せするとして、撮影された写真を使ってデザインする立場から「使いやすい写真」についての覚え書きです。

インタビューをする場所としては屋内が多いと思いますが、その場合はやはりフラッシュの使い方に注意が必要です。暗いからといってフラッシュをたいてしまうと顔周りに影が黒く出てしまいがちです。できるだけ外光を取り入れ、顔を明るくするのがいいのですが、天気の悪い日や日暮れ以降ではそれも難しいですね。その場合は室内の光源の位置を意識して、少しでも顔が明るくなるように撮影するとよいでしょう。屋外での撮影時には顔に葉陰などが落ちないように注意します。

顔の向きは一方からでなく、右側から、左側から、角度を変えて撮影してあると良いです。紙面のどこにレイアウトするかによって使いやすい顔の向き、というのがあります。大まかにいうと、顔が紙面の中央を向くようにレイアウトする方が読者にとっては自然に見えるのです。それも真横を向くのではなく、30度あるいは45度くらいの角度で中央を向いているとよいでしょう。もちろん顔の周りに余白をとっておくことも忘れずに。トリミングする際には余白がないとトリミングがしにくいのです。

被写体のかたが目をつぶってしまったり、急に動いてぶれてしまったり、ということもあるので、何度かシャターをきっておくといいですね。
ちょっと気をつけるとレイアウトに使いやすい写真になります。どうぞお試しください。

【関連記事】グラフィックメイトブログの中の「撮影」に関するブログ記事一覧





good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

原稿の文字数の数え方

2018-05-18 11:44:08 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
当社は社史や年史、社内報などの制作を多く手がけています。これらの原稿は、プロのライターや編纂委員の方が全てを書くわけではありません。取引先の方や関係機関の方に寄稿をお願いする場合も多々あります。そういう場合、原稿量はどのようにお伝えしていますか?
原稿を依頼する場合、「400字で」「800字で」とお伝えすることが多いのですが、文字数どおりに書いていただいてもなぜか予定のスペースに入らないことがあります。


37文字 × 7行の原稿


26文字 × 8行の原稿

どちらも「文字」だけをカウントすると198文字ですが、上の場合は35文字 × 7行なので245文字と数える必要があります。下の場合は26文字 × 8行なので208文字と数えます。
つまり文字のない赤いラインの部分も文字数としてカウントする必要があるので、1行が何文字か、行数が何行かによって「レイアウト用の文字数」が変わってくるのです。
Wordなどの文字数カウント機能では文字のない赤ライン部分はカウントされないので、依頼した文字数で原稿を書いていただいても「予定のスペースに入らない!」ということになります。結果として原稿の削除をお願いしたり、文字間を詰めて無理やり押し込むことになりかねません。
編集者(編集委員)の判断で原稿の文字数を調整できる場合はいいのですが、できない場合はレイアウトしたときをイメージして「○文字 × ○行で」という原稿依頼をされることをおススメします。

当社では、原稿依頼の前にレイアウトサンプルを作成することも可能です。サンプルをご覧になって書体や文字の大きさも含めて文字数を検討いただけます。どうぞご相談ください。





good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

MOドライブ健在

2018-05-11 11:38:37 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ある法人さんの年史を制作中です。古い写真などを使用することになりご提供いただいたのが…MO(光磁気ディスク)です。若い担当者さんはMOをご存知ないようで「これに古いデータが入っているようなんですが…」と困惑顔。


128MB、230MB、640MBのMO。もはや骨董品?

世の中的にももはやMOを知らない方のほうが多いかもしれませんが、ワープロ時代から使われていたFD(フロッピーディスク)に比べ、重いデータを入れられる画期的なメディアでした。我々デザイン会社は画像などを入れるのにずいぶん重宝しました。しかしCDやDVD、USBメモリ、さらにはクラウドなど、データの保存や受け渡しに、より便利、より高性能なメディアが登場したのですっかり使わなくなりました。
しかし社史年史制作を手がける当社は、今回のように古いメディアでデータをご提供いただくこともあるためMOドライブも健在です。
古いメディアのデータでもまずはご相談ください。

グラフィックメイトブログの中の「年史制作」に関するブログ記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
パンフレットの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

配布したくなる年史

2018-04-13 09:42:56 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ある企業さんの周年史を制作させていただいていました。1年以上にわたる制作期間を要しましたが、先ごろ納品し周年記念式典で配布されました。年史はとても好評だったというご連絡をいただき、私どもとしても大変嬉しく思いました。
この年史、当初は1000部印刷の予定でしたが、途中、1200部に、1500部に…とご希望数が増えていき、最終的に2000部の印刷となりました。これは年史が完成形に近づくにつれ、トップの方があちこちに配布したくなり必要部数が増えていった結果とか。「配布したくなる年史」ができたことは、編纂委員のみなさんの奮闘があったからこそ、ではありますが、原稿作成やデザイン・レイアウトをさせていただいた当社としても本当に嬉しいことです。

さて今回のように印刷部数が倍になるような変更は、ときとして印刷会社さんに無理をお願いすることになります。
印刷会社さんではあらかじめ印刷機の稼働予定を組んでいます。部数が増えると稼働時間(日数)を増やさねばならないので、繁忙期には機械のやりくりがつかず、増刷が困難なこともあります。製本部数も増えるので、製本日数も予定よりも必要になります。
今回は納品予定日から式典までの間に時間的余裕を見ていたことと、印刷会社さんのご尽力もあって式典までに部数増加が間に合いました。
今後も「配布したくなる年史」制作のための進行を心がけていきたいと思います。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

時間を考えたデザイン

2018-03-30 11:37:33 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
社窓の桜は満開!を過ぎて散り始めてきました。名残り惜しむかのようにカメラを向ける方を何人も見かけます。桜が散ったあとは手前のツツジが花開き、また違った風景を見せてくれます。


社窓からの風景を眺めると、庭園デザインというのはすごいものだといつも思います。平面デザインが主である私どもとは違い、立体的に、さらには時間まで考えてデザインするのですから。
以前、ある植木やさんは「季節の変化だけでなく、10年先、20年先まで考えて植樹します。」とおっしゃっていました。

当社が手がける平面デザインの中でも、年史は「時間を考えたデザイン」と言えるかもしれません。30年前、50年前のことを今の人に伝える。あるいは20年先、30年先にも読まれるものにする。ファッション雑誌のように「今」を切り取ったものとは違うデザインが求められます。
庭園デザインのように、10年先、20年先にも愛されるデザインを残したいものです。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

不祥事も掲載

2018-02-23 14:45:13 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
某局の連続ドラマで、ドラマ中の企業が創業25周年にあたって社史の編纂をしています。前社長がどういう思いで会社を起こしたのか、どのように会社が成長してきたのか…等々をきちんと残しておこうというものです。
そして「いいことだけでなく失敗したことこそ残してください」という現社長の言葉がありました。「同じ失敗を繰り返さないために」と。
そうです。社史は良いことばかりを書くものではありません。失敗や困難をどう乗り越えてきたか。あるいはどうして乗り越えられなかったのか。それらを記録しておくことで、この先同じような場面に直面したときの手引きとなるのです。

いま制作をお手伝いしている法人さんは「不祥事も掲載する」と判断されました。
企業にとってはもみ消したい出来事であっても、二度と同じ間違いを繰り返さないためには新しいスタッフにも伝えていくことが不可欠、というお考えです。
社史や年史を単なる「記念品」にするのではなく、御社発展のための「財産」にしていきましょう。


社史や年史は御社の貴重な財産になり得ます





good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

テーマパークで撮影したスナップの掲載

2017-11-27 12:03:30 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ある法人様の年史制作をしています。イベントでディズニーランドに行ったことを掲載したい、とスナップ写真とともに原稿が届きました。パーク内でキャラクターとともに撮影したスナップです。
楽しそうないい写真なのですが、キャラクターの写っている写真は著作権や版権などの問題で迂闊に掲載はできません。特に今回のテーマパークは権利関係にとても厳しかったはず…。

でもお客様が掲載したいとおっしゃるなら!と掲載許可をとるべく「インフォメーションセンター」に問い合わせたところ、結論としては「NO」。
「数人の友人で楽しむ範囲ならかまわないが、不特定多数の方の目に触れるものへパーク内やキャラクターの写っている写真掲載はしないでいただきたい」とのこと。「きちんと申請をして掲載許可をとることはできませんか?」と問うと、「私どもオリエンタルランドはウォルトディズニーカンパニーの許可を得て使用しているので、著作権や版権の許認可について判断する立場にありません」というお答え。「ではどこに申請すれば許可が取れますか?」と更に聞いてみましたら「ウォルトディズニーカンパニーのほうでも一般の方の許認可に対応する窓口はございません」。

…とても残念ですが今回はお客様に写真の変更をお願いするしかないようです。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

デザイン会社の年史制作

2015-08-05 16:21:21 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ある方に「デザイン会社がなぜ年史?」と問われました。不思議に思われるのも無理のないことですね。

当社は1967年の創立以来、かなりの数の年史を制作させていただいています。大手印刷会社さんの「年史センター」からのご依頼で多くの年史デザイン・レイアウトをする中で、年史の構成や編集などのノウハウも蓄積してきました。
その後は当社が企画・構成、編集からデザイン・レイアウトまで、一貫して手がけるようになりました。
それらの経験やノウハウは社内資料としてまとめ、現在のスタッフにも継承しています。


50年近くにわたる年史制作ノウハウを社内資料に


読む年史、見る年史、さまざまなタイプの年史を制作

当社ではデザイン的な完成イメージも考慮しながら、全体構成・編集、さらには原稿作成も行います。社内スタッフだけでなく外部のライターさんとのネットワークもあるので、内容や分野によって相応しいスタッフでのチーム編成が可能です。
原稿が確定した後は1ページ1ページ丁寧にデザイン・レイアウト。年表や資料も美しく見やすく伝わりやすく作成します。

出版社さんが作る年史、編集会社さんが作る年史、印刷会社さんが作る年史、そしてデザイン会社が作る年史。それぞれに特徴があると思います。御社ではどんな年史をお考えでしょうか。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

年史はトップダウンで

2015-06-25 17:30:48 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
立て続けに年史制作のご相談をいただきました。スケジュールや見積、進行方法や編集案など、クライアントさんごとにアドバイスをさせていただきますが、どのような組織でも言えることは「年史はトップダウンで制作を」ということです。

多くの場合、年史制作を任されたスタッフの方々が原稿やデザインの確認をされ、だいたいまとまったところで上層部の方に見せる…ということになりがちですが、これは危険です。
十二分に制作方針を検討され、そのうえで制作スタッフの方に全権委任されているなら良いのですが、土壇場になって「トップの一声」ですべてやり直しになることもあるのです。

原稿管理や写真集めなどの具体的な作業を進める「制作スタッフ」とは別に、内容についてジャッジのできる立場の方を中心とした「編纂委員会」を設けることが必須です。
執筆者の書いた原稿は「編纂委員会」の方に確認いただき、方向性にブレがないよう仕上げていきます。「編纂委員会」=「組織の顔」として、そこでのご意見を集約していきます。

そういうしっかりした「編纂委員会」を設けていても、数年にわたる年史制作の間に社長さんが変わって編集方針が一変することもあるのです。

組織の歴史をどう見せるか。これはトップの方の腕の見せ所でもあると思います。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

良質をデザインするグラフィックメイト


広報誌の制作ならグラフィックメイトへ https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310