現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

グードルン・パウゼヴァング「アメリカからの客」そこに僕らは居合わせた所収

2017-12-31 09:21:41 | 作品論
 アメリカから、おばあちゃんのお姉さんのイルムガント大叔母さんがやってきます。
 おばあちゃんの七十歳のお誕生日を祝うためです。
 大叔母さんは八十歳ですが、まだかくしゃくとしています。
 おばあちゃんのお祝いの日に、大叔母さんは、おばあちゃんの孫である主人公に、おばあちゃんがみんなに隠していたナチス時代のこと(精神障碍者やユダヤ人たちは強制収容所に送られて帰ってこなかったこと、自分たちの両親がナチス党の幹部だったこと、子どもたちにナチスの幹部にちなんだ名前が付けられたこと、兄弟の一人が強制収容所の看守で戦後アルゼンチンへ逃げたことなど)を暴露します。
 大叔母さんは、おばあちゃんの誕生日を祝うために来たのではなく、主人公にナチス時代の真実を伝えたくてやってきたのです。
 孫の世代に負の記憶を伝えることは、確かに正義にかなうことでしょう。
 しかし、おばあちゃんのお祝いの日に、その面前で孫に暴露するやり方は、日本人の感覚からいうと正直言って辟易しました。
 私がこの作品を書くなら、孫の主人公にそっと事実を伝え、後は自分でそれが真実であるかを調べるように促すでしょう。
 もちろん、この作品の書き方の方がインパクトは強いのですが、そこは国民性の違いなのかもしれません。

そこに僕らは居合わせた―― 語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶
クリエーター情報なし
みすず書房
 
コメント

12月30日(土)のつぶやき

2017-12-31 06:07:10 | ツイッター
コメント

村上龍「ペットロス」55歳からのハローライフ所収

2017-12-30 08:08:00 | 参考文献
 愛犬を失った六十才前後の女性の話です。
 ペットロスをきっかけに冷え切った夫婦関係が修復していく姿を描いたのがこの作品のミソなのですが、どうもこううまくはいかないんじゃないかと感じました。
 この作品を読んで、三十年ほど前に十七年間飼っていた愛犬を亡くした時の両親を思い出しました。
 この作品では夫が愛犬の死を迎える妻の姿を自分のブログに書くのですが、私の父は母と愛犬の姿を短歌に詠み新聞の地方版に記事が載りました(三十年の月日は、メディアや文章発表の方法を変えるものなのですね)。
 ただ、父の場合は彼自身と愛犬との関わりも深かったので、非常に犬に対して冷淡だったこの作品の夫の変貌(村上は妻に対する照れのせいにしていますが)は素直に納得できませんでした。
 ペットロスを扱った児童文学(ヤングアダルト作品ですが)としては、江國香織の「デューク」(その記事を参照してください)が有名ですが、あのように手放しに愛犬の死を悲しんでくれた方が共感しやすいです。


55歳からのハローライフ
クリエーター情報なし
幻冬舎
コメント

12月29日(金)のつぶやき

2017-12-30 06:17:24 | ツイッター
コメント

宮川健郎「「叙事」の方へ―ー斉藤隆介に関する18章」日本児童文学1979年2月号所収

2017-12-29 08:48:24 | 参考文献
 日本児童文学1979年2月号の「特集=斉藤隆介の世界」の中で発表された論文です。
 宮川は1955年生まれなので、まだおそらく大学院生だったころの若々しい文章で書かれています。
 宮川は、斉藤隆介の作品の持つ優れた抒情性に強くひかれながらも、そこに留まっていてはいけないのではないかと、以下のように指摘しています。
「「論理」を切りすてていくなかで、「情緒」なり「情念」なりをきわだたせていく、<中略>そういう作品のあり方は、かつての「近代童話(注:小川未明などに代表される抒情的な作品群のことで、現代児童文学はこれらを批判するところから出発しました。現代児童文学の始まりについてはその記事を参照してください)」のあり方とほとんどへだたりをもたないのではないか。」
 そして、「「抒情」を「叙事」の方へ切りかえしていかなければならないのではないか。」と主張しています。
 ここで宮川のいう「叙事」とは、古田足日が「六十年代をふりかえり七十年代を考えるおぼえ書」(「児童文学の旗」所収)という論文の「どのようにして変革が可能になるか、というプロセスなのだ。」という主張に基づいています。
 1970年に出版された(おそらく1960年代に書かれたと思われます)古田の論文は、まだ社会主義リアリズムが破たんしていなかった時代に書かれたもので、その考え方に1970年代の終わりに宮川がまだ影響を受けているのは、児童文学の世界がいつも世の中から少し遅れている傾向にあることを示しているように思えます。
 私は宮川とほぼ同世代で、1970年代半ばに学生時代をおくりましたが、そのころには、学生運動の破たんによる内ゲバを含めた新左翼のセクト間の対立に失望するとともに、日本共産党や日本社会党などの既存の左翼の考え方にも限界を感じていました。
 古田たちが主張していた現代児童文学の特徴のひとつである「変革の意志」はすでに行き詰まりを見せていて、現代児童文学の終焉はすぐそこまで来ていたのですが、そのころの宮川はまだまったく気づいていなかったようです(後に、宮川は現代児童文学の変曲点は1980年(児童文学研究者の石井直人の説は1978年)だとしています)。
 この論文の宮川の主張とは裏腹に、1980年代になると、皿海達哉や森忠明のような新しいタイプの抒情性豊かな優れた作家たちが登場してきます。

現代児童文学の語るもの (NHKブックス)
クリエーター情報なし
日本放送出版協会
コメント

12月28日(木)のつぶやき

2017-12-29 06:53:27 | ツイッター
コメント

ヘッドライト

2017-12-28 09:08:19 | 映画
 1956年公開のフランス映画です。
 初老の長距離トラック運転手と、そうした運転手たちを顧客にしている、郊外のロードサイドにあるガソリンスタンド兼食堂兼ホテル(主に仮眠用)の若いウェートレスとの悲恋です。
 家族から疎外されている男(NHKの「72時間」というドキュメンタリー番組で見たのですが、日本でも長距離トラック運転手たちは家庭問題で悩んでいることが多いようです。長時間にわたる不在、変則的な勤務、家にいても疲れ切っていて寝ていることが多いなどの理由で、家族生活を営むことにいろいろな困難があるのかもしれません)と、ひとりぼっちの若い女性(母親は、若い再婚相手が彼女の方を好きになることを恐れて、実家にいることを拒んでいます)が、互いに自分の求めているものを相手に認めて魅かれあっていきます。
 女性の場合は亡くなった父親の、男性の方は一番彼を阻害している実の娘(スターになることを夢見ていて派手な男たちと遊び歩き、父親のような地道な労働者を馬鹿にしている)の代わりを、相手に求めていたのかもしれません。
 ストーリー自体はベタなメロドラマなのですが、この作品が映画史に残っている理由は、主役を演ずるフランスの大スター、ジャン・ギャバンが、人生の悲哀を重厚な演技で観客にうったえかけてくることと、ヒロインのフロンソワーズ・アルヌールのいかにも幸薄そうな表情や仕草にひかれるからでしょう。
 また、こうした感情にうったえかける作品は、余計なビジブルな情報のないこうしたモノクロ映画の方が向いているようです。
 それにしても、この映画のジャン・ギャバンの年齢(実年齢は52歳ごろで、この役も同じぐらいの年齢設定でしょう)を等に越してしまっているのに、幸か不幸か、彼のように人生の重みを表すことができていません。


ヘッドライト HDリマスター版 ジャン・ギャバン/フランソワーズ・アルヌール [DVD]
クリエーター情報なし
株式会社アネック
コメント

中脇初枝「あかいくま」

2017-12-28 09:04:28 | 作品論
 りかちゃんは、自分のことを赤い熊だと思っています。
 それは、赤ちゃんの時から赤い熊の人形といっしょだったからです。
 それに、おかあさんもおとうさんもりかちゃんと遊んでくれないし、おにいちゃんなんかりかちゃんをいじめます。
 そのため、りかちゃんは、一人で赤い熊さんと遊んでいたのです。
 りかちゃんは小学校に入りますが、自分が赤い熊だと思っているので人間の学校になじめません。
 鏡にうつったりかちゃんは、赤い熊に見えます。
 りかちゃんは、自分が本当に赤い熊なのかを知るために山へ入って行きます。
 からすは、りかちゃんはからすの子どもだと言います。
 へびは、りかちゃんはへびの子どもだと言います。
 くもは、りかちゃんはくもの子どもだと言います。 
 山から帰ったりかちゃんは、自分の家でりかちゃんのことを待ってくれている家族を見て、家族が自分のことを面倒見てくれていたことを思い出します。
 そして、くまさんといっしょのときは自分は赤い熊、家族と一緒にいるときは人間の子どもだということがわかりました。
 そして、学校にもなじめるようになりました。
 鏡にうつったりかちゃんは、人間の子どもに見えました。
 でも、今でもくまさんといっしょのときは、りかちゃんは赤い熊なのです。
 メーテルリンクの「青い鳥」タイプの家族やその幸福を発見するメルヘンに、人間の子どもでいながら「赤い熊」でもあるという現代的な自分探しの要素をプラスアルファしたところが、この絵本の新しいところなのでしょう。
 でも、家族の描き方がステレオタイプなので、あまり新鮮に思えませんでした。
 中脇初枝の文章やストーリーより、布川愛子のカラフルな絵の方が魅力的でした。
 
あかいくま (わくわくライブラリー)
クリエーター情報なし
講談社
 
 
コメント

12月27日(水)のつぶやき

2017-12-28 06:55:07 | ツイッター
コメント

本谷有希子「哀しみのウェイトトレーニー」嵐のピクニック所収

2017-12-27 09:09:28 | 参考文献
 ボクシングの試合を見たことをきっかけに、平凡なパート主婦がボディービルのトレーニングとそのための食事を始めます。
 彼女はだんだんボディービルに熱中して、素晴らしく大きな筋肉の体を手に入れます。
 ボディービルに関して、職場は理解がありますが、夫は無関心です。
 トラブルをきっかけに職場でも孤立を深め、彼女にはボディービルしかなくなってしまいます。
 彼女の過激な熱中には、本谷らしいシュールな感覚があるのですが、ラストは夫や職場の理解が得られる平凡なハッピーエンドで意外でした。
 一つのことに偏執的に熱中する主人公の話は児童文学でもよくありますが、要はどれだけ徹底して面白く書けるかが作者の腕の見せ所です。

嵐のピクニック
クリエーター情報なし
講談社
  
コメント

12月24日(日)のつぶやき

2017-12-25 07:01:25 | ツイッター
コメント

伊坂幸太郎「密使」PK所収

2017-12-24 08:21:54 | 参考文献
 この作品でも、「僕」と「私」の物語が複線的に進んで、最後につながります。
 時間停止、タイムパラドックス、タイムトラベルなどのSFの手法を駆使していますが、それ自体は全く目新しくありませんし、「私」の部分でそれらをかなり解説的に書いているのは禁じ手を使っている感じです。
 この作品でも、「PK(その記事を参照してください)」とつながるようにして、連作短編集の体裁を整えているのですが、かなり無理があります。
 この本は純文学ではないのですから、あまり細かな矛盾点に目くじらを立てたくないのですが、エンターテインメントとしてもいまいちのできかなと思いました。
 かつてSFは、児童文学においてもエンターテインメントとして大きな地位を占めていましたが、今はファンタジー全盛で、ライトノベルを除くとほぼ全滅の状態です。


PK
クリエーター情報なし
講談社
コメント

12月22日(金)のつぶやき

2017-12-23 06:56:35 | ツイッター
コメント

甘い生活

2017-12-22 10:15:26 | 映画
 1960年公開のイタリア・フランス合作映画です。
 巨匠フェデリコ・フェリーニ監督が、マルチェロ・マストロヤンニの演じるゴシップ記者の目を通して、ローマの、特に上流階級の退廃した生活を描いています。
 1950年代のフェリーに作品と違って、社会批判や風刺の力は弱くなっていて、フェリーニ好みの絢爛たる映像美が目を引きます。
 この変化の象徴として、かつては私生活でもパートナーのジュリエッタ・マシーナのような決して美人でない演技派の女優が主人公だったのに対して、この映画にはたくさんの美人女優が出演しています。
 中でも、アニタ・エグバーグ演ずるアメリカ女優は群を抜いてゴージャスで、彼女とマストロヤンニが、あのトレヴィの泉で戯れるシーンは有名です。
 ちなみに、有名人を追い掛け回すゴシップカメラマンのことをパパラッチと呼ぶようになったのは、この映画で同様の仕事をしている男の役名パパラッツィオからきていると言われています。
 
甘い生活 Blu-ray
クリエーター情報なし
IVC,Ltd.(VC)(D)
コメント

12月21日(木)のつぶやき

2017-12-22 06:51:28 | ツイッター
コメント