現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

黒川博行「喧嘩(すてごろ)」

2017-05-31 20:14:18 | 参考文献
 「すてごろ」と言うのは、刃物などを使わずに素手でやる喧嘩のことで、主人公(堅気だが暴力団の密接交際者)の相棒(疫病神)で元やくざの桑原は、「すてごろ」だったら大阪一と言われる男です。
 前作の「破門」(直木賞受賞作。その記事を読んでください)で暴力団の組を破門になった桑原と、ひょんなことから主人公はまたつるむことになります。
 喧嘩はできないが金のためなら危ない橋も渡る主人公と、イケイケやくざのデコボココンビが、また大暴れします。
 暴力や犯罪が頻出するこの作品がこんなに人気があるのは、やくざ以上に人間のクズの国会議員や地方議員、議員秘書、役人、警察などの悪事が暴かれていく痛快さでしょう。
 もちろん徹底したエンターテインメントなのですが、議員や議員秘書や役人の実態は本当にこんなものじゃないかと読者が思っているからこそ、作品に一定のリアリティが保障されているのでしょう。
 視察と称する観光旅行を公費で行い、政治活動費で飲み食いする議員やその関係者は相変わらず後を絶ちません。
 また、「指示したことは一切ない」と国会で見えを切りながら、裏で役人たちに自分の意思を忖度させて思い通りにしている総理大臣や、「記憶にない」とか「メモは廃棄した」とか臆面もなく国会で言ってのける鉄面皮の官僚たちを、いやというほどテレビで見せられると、実態はこの作品よりもっとひどいのだろうと思ってしまいます。
 今回の作品では、桑原の喧嘩(すてごろ)も組の代紋あってのものだったことがはっきりし、さすがのイケイケやくざもそれをなくしたことによる弱みを見せます。
 それと同じで、実際の政治家や役人も、政府、政党、議員、役所といった代紋がなければただの愚かな人間にすぎず、それゆえその代紋にしがみついている様子がよくわかります。
 ラストで、桑原は組に復帰することが許されます。
 作者は、この人気シリーズで、まだまだ稼ぐつもりのようです。

喧嘩
クリエーター情報なし
KADOKAWA

コメント

奥田亜希子「キャンディ・イン・ポケット」五つ星をつけてよ所収

2017-05-31 20:08:14 | 参考文献
 高校のカースト制度の最下層(ルックスがよくない、学力もなく地元の大学に進学する予定、流行のファッションをする勇気もない、性格も地味、他の子たちとコミュニケーションする能力も低い、もちろん彼氏はいない)の主人公の女の子が、カースト制度の最上層(かわいい、ファッションセンスもいい、東京の大学に進学する学力がある、バンドのリードボーカル、コミュニケーション能力も高い、クラスの人気者、もちろん東京の大学に通う年上の彼氏もいる)の女の子と偶然知り合って、三年間同じ電車で待ち合わせて学校までの三十分を過ごします。
 主人公にとっては何事にも代えがたい、彼女との三年間の思い出を断ち切るために、主人公は卒業式を途中で抜け出して、いつも彼女からもらっていたのど飴を、彼女のコートのポケットにそっと入れます。
 作者は、最後は思いがけない結末を用意して、主人公を救っています。
 「既読スルー」を小道具に使って現代性を演出していますが、登場する女子高校生たちは少し古い感じがします。
 また、最上層の女の子の彼氏が理想化されすぎていて、「デウス・エクス・マキナ」(ギリシャ悲劇に登場する機械仕掛けの神)的な印象を受けました。

五つ星をつけてよ
クリエーター情報なし
新潮社
コメント

5月30日(火)のつぶやき

2017-05-31 04:46:44 | ツイッター
コメント

色川武大「とんがれ とんがり とんがる」怪しい来客簿所収

2017-05-30 20:50:52 | 作品
 著者が無頼生活をしてドヤ街で暮らしていたころに知り合った、姉妹について描いています。
 ほとんど楽しみらしい楽しみを知らずに暮らしていた姉妹やその幼い弟たちを、著者は井の頭公園や深川不動へ連れて行ったりしてかわいがっていました、
 父親の死後、彼らは遠くの親せきにもらわれていきましたが、そこも追い出されてドヤ街に戻ってきます。
 そのころ無頼生活から足を洗った著者は、ドヤ街を離れます。
 その後再会した姉は、身を持ち崩して精神を病み象のように太っています。
 妹の方は、水商売の世界で出世(銀座に出た)して、やくざの組長の女になり、おつきの若い衆を引き連れています。
 姉とは全く違う境遇になった妹ですが、その後ろ姿は象のような姉の感じが移っていて、著者をアッと思わせます。
 子どもたちが貧困からどのように抜け出すか。
 この作品には、一昔前の典型が描かれています。
 男の子たちは、やくざや愚連隊になって、その世界でのし上がる(姉妹の兄弟たちもそうです)こともその一つの方法でしたが、その多くは命を落としたり刑務所入りしたりしました。
 女の子たちは、水商売の世界でのし上がり(そのころのゴールは銀座でした)、自分の店を持つことを夢見ますが、その大半は姉のように身を持ち崩したり、妹のようにやくざの女や金持ちの愛人に(昔はお妾さんとか二号さんと呼ばれていました)なるのがせいぜいでした。 
 再び子どもたちの貧困が問題になっている現在も、昔と状況はあまり変わっていないように思えます。
 たしかに暴力団はかつてのようには表立ってはいませんが、姿を変えたいろいろな犯罪組織に取り込まれていく男の子たちは今でもたくさんいます。
 女の子たちを取り巻く環境は、さらに悪化しているかもしれません。
 キャバクラなどでお金を稼いで店を持ったり、常連と結婚したりできる女の子はごく一部で、いろいろと名前を変えた性風俗やAVなどに取り込まれていく女の子たちもたくさんいることでしょう。
 子どもたちの貧困を行政や教育機関や地域社会が解決できない限り、いつの時代にもこの作品に描かれたような子どもたちは存在し続けます。

怪しい来客簿 (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋
コメント

5月24日(水)のつぶやき

2017-05-25 04:47:48 | ツイッター
コメント

色川武大「砂漠に陽は落ちて」怪しい来客簿所収

2017-05-24 22:00:32 | 作品論
 流行歌手のハシリの一人で、戦前の一時期はエノケンよりも人気があった歌手兼コメディアン(というよりはヴォードビリアン)の二村定一について書いています。
 器用でなんでもこなす独特の感性の持ち主だったのですが、持続力に決定的に欠け、スターの座からどんどん転げ落ちて、戦後すぐに深酒のために血を吐いて死んでしまいます。
 こうした浮き沈みの激しさは、かつての芸人の典型的な一例かもしれません。
 現在でも芸人の世界は経済的に厳しいですし、本来のネタの素晴らしさよりもフリートークが重視されて、うまく立ち回ってひな壇芸人になり、やがてはMCになるのが出世コースのような現状では、本当の意味での芸で食べていくのは、かえって今の方が難しいのかもしれません。
 この文章に限らず、読んでいていつも驚かされるのが、著者がこうした戦前の芸人たちと実際に交流があったことです。
 なぜなら、その時の著者は、小学生かせいぜい旧制中学生だったからです。
 学校をさぼって東京のあちこちの盛り場をうろついていた著者には、はるかにスケールは小さいですが同じような性癖(電車通学をしていた小学校、中学校、高校をさぼって、そのころはあちこちのちょっとした駅には必ずあった小さな映画館に入り浸っていました)があったので、考え方やモノの見方に共感できる点がたくさんあります。
 そして、そのころの著者の経験は、阿佐田哲也名義の「麻雀放浪記」などの作品に生かされています。

怪しい来客簿 (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋
コメント

色川武大「名なしのごんべえ」怪しい来客簿所収

2017-05-24 21:48:51 | 作品論
 戦前の東京の話です。
 そのころは、人々の行動範囲が狭く、テレビもなかったので、それぞれの町々(筆者の場合は、牛込や神楽坂など)が小社会を形成していたようです。
 町ごとに、小さな寄席や安い映画館があり、露店もずらりと立ち並んでいました。
 夜毎に、人々はそのあたりを散策して、露店をひやかしていたようです。
 子どもだった著者もまた、自習塾へ行くと称して、毎夜そのあたりを徘徊していました。
 そこには、その小社会だけの人気者が存在していました。
 食べ合わせのタンカ売をしている薬売り、舌の裏に小さな笛を入れて器用にいろいろなメロディを吹く音符売り、鍾馗様のような髭を生やした熊公焼(あんこ巻)、バナナの叩き売り、大学帽をかぶり毎日決まった時間に高下駄で通りを往復するカランコロン、旗が大好きで葬式、お祭り、祝日、出征兵士の見送りなどで大活躍する旗バカなどです。
 しかし、彼らが生きていくだけの余裕のあった小社会は、やがて戦争(特に空襲)で一掃されて、彼らも姿を消します。
 その中で、著者が一番シンパシーを抱いていた世捨て人のような南京豆売りの婆さんだけは、戦後も焼け跡に姿を見せて、著者を祝盃をあげたいような気分にさせるのでした。
 こうした多様な人たちが一緒に暮らしていた小社会は、現在では望むべくもありません。
 人々は、その特性や境遇によって選別されて、互いにすれ違ったままで触れ合うこともなく暮らしています。
 現在のSNSの爆発的な広がりは、そうした人々の心の隙間を埋めるように見えて、実際は選別化をさらに加速しているのかもしれません。
 

怪しい来客簿 (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋
コメント

色川武大「門の前の青春」怪しい来客簿所収

2017-05-24 21:41:58 | 参考文献
 作者にとっては、戦時中の唯一といってもいい友人の話です。
 作者は、この友人から文学への関心のきっかけをもらい、逆に友人には無頼の暮らしを教えます。
 二人は、ガリ版雑誌の発行が問題視され、首謀者とみなされた作者は無期停学に、友人も謹慎処分を受けます。
 それをきっかけに、作者は無頼の道に邁進しますが、復学して大学に進んだ友人とも親しく付き合います。
 卒業後に、高校教師となって北海道へ行った友人は、その後大阪の新聞社に職を見つけ、結婚して子どももできます。
 無頼のまま人生を送っていた作者には、友人のそうした小市民的安定をどうしても許せませんでした。
 私は、この作品中の友人が通ったのと同じ大学に四半世紀後に入学したのですが、そのころでも児童文学のサークル内には無頼を気取った先輩たちがいました。
 彼らは、留年を重ねた後で大学に追い出されるようにしてしぶしぶ社会へ出て行ったのですが、その際のあからさまな小市民的変化は、はたで見ていて気分のいいものではありませんでした。

怪しい来客簿 (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋
コメント

河合雅雄「自然の中の子ども ― あとがきにかえて」少年動物誌所収

2017-05-24 21:23:39 | 作品論
 この文章の中で、著者はアフリカで童心に帰って魚捕りをしたエピソードを語って、この二十年間(この本は1976年に出版されているので、五十年代後半から七十年代にかけての高度成長時代を意味します)に、日本の自然が環境破壊や汚染にさらされて変ってきたかを指摘しています。
 そして、この本に書かれた自然に囲まれた少年時代は、戦前に育った人たちにとっては普通のことだと述べています。
 確かに、現代と違って、当時の日本人の子どもたちが育ったのは、ほとんどが農村や漁村でしたので、ごく一部の都会育ちの子どもを除けば、当たり前の世界だったのでしょう。
 しかし、六十年代に東京の下町で少年時代をすごした私から見ても、なんと豊穣な少年時代だったのでしょうか。
 この本が出版されてから、四十年以上がたちました。
 日本では、自然破壊や都市集中がますます進み、今の子どもたちにとっては著者が描いた世界は想像さえできないことでしょう。
 外遊びをする子どもたちはほとんど見かけなくなり、たまにいてもたいていはスマホや携帯ゲーム機やトレーディングカードで遊んでいます。
 さらに、時代が進んで、ウェアラブル・コンピューターやヴァーチャル・リアリティがより安価に実現したらどうなってしまうのでしょうか。
 いや、半導体の世界でムーアの法則(「集積回路上のトランジスタ数は18か月ごとに倍になる」という、Intelの創業者の一人のムーアが1965年にした有名な予言で、これが50年以上実現され続けててきたことによって、かつてのスーパーコンピューター以上の性能がポケットに入るスマホが実現しました)が成り立つ限りは、数年後にはこれらの装置が身近にあふれていることでしょう。
 そうした時代において、どういった児童文学を創造して、どのようにして子どもたちに届けるかをもっと真剣に考えなければならないのです。


少年動物誌 (福音館文庫 ノンフィクション)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント

河合雅雄「魔魅動物園」少年動物誌所収

2017-05-24 21:05:51 | 作品論
 主人公は、また病気で学校を休んでいます。
 そんな彼を慰めてくれるのは、すぐ下の弟が捕ってきてくれた子雀のチー子だけです。
 常にエサを求めるチー子の世話をする時だけは、病気を忘れられます。
 主人公は、少し具合がよくなって学校へ行った時も、密かにチー子を連れて行って教室で逃がして大騒動になります。
 学校へ行かれない主人公を慰めるために、弟と二人で庭に魔魅動物園を作ります。
 そこで飼われているのは、イヌ、ニワトリ五羽、シマリス二匹、十姉妹五羽、文鳥二羽。ブルーインコ二羽、二十種もの魚やエビ、ハイ(オイカワ)、カワムツなどですが、彼らが在所の子たちと戦うために育てている毒ガス部隊の屁こき虫のコウヤ(ミイデラゴミムシ)、クソジ(カメ虫)、パピ子(ナミアゲハの幼虫)などもいます。
 それに、弟がもらってきた三羽のゴイサギの幼鳥も加わりました。
 ゴイサギは大ぐらいで、二人は餌の蛙やタニシを捕るのに追われます。
 そして、目を離したすきに、魔魅動物園の他の魚や虫たちも、ゴイサギに半分近く食べられてしまいました。
 また、一攫千金を夢見た二人は、アカチナ・フリカという食用カタツムリの飼育にものり出します。
 秋が来て、ついにゴイサギは野に放たれ、魔魅動物園の魚や虫、それにアカチナ・フリカまで死に絶え、かわいがっていたチー子まで主人公の不注意で死なせてしまいます。
 こうして、主人公の少年時代は終わりを告げたのです。

少年動物誌 (福音館文庫 ノンフィクション)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント

河合雅雄「タヒバリ」少年動物誌所収

2017-05-24 20:52:58 | 作品論
 主人公は、もう三日も、タヒバリを追って雪の残る田んぼを歩き回っています。
 その手には、兄のお古のおもちゃのような空気銃(目などに当たらない限り何もしとめられません)を手にしています。
 獲物をとるのには一対一の格闘しか潔しとせず、魚も手づかみかヤスを使うぐらいで、釣りの時は針も浮きも手作りで、テグスのようなだまし討ちをするようなものは嫌って木綿糸を使っていた主人公にとっては、空気銃は堕落ないし、真の意味での少年期が終わりが近づいていたのかもしれません。
 それでも、今日もまたタヒバリを追い詰めきれずに一日を棒に振った主人公は、帰り道で出会ったもっと上等な空気銃(タヒバリなどは簡単にしとめられるでしょう)を持った少年に、「タヒバリをうったらあかんぞ」とすごむのでした。
 好敵手のようなタヒバリ、文句も言わずに明日も付き合ってくれる相棒のすぐ下の弟、そして、帰りの遅い主人公たちを叱ろうと家で待ち構えているおかあさん。
 少年時代において、他に何を望めと言うのでしょうか。

少年動物誌 (福音館文庫 ノンフィクション)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント

河合雅雄「おばけ鮒と赤い灯」少年動物誌所収

2017-05-24 20:47:17 | 作品論
 篠山城跡のお堀で、投げ込み(大きなウナギや鯉などを狙って、太い糸と大きな針にデカミミズやドジョウをつけて、夕方に水の中に投げ込んでおいて、翌朝引き上げる漁)で釣り上げた50センチもあるおばけ鮒と、その鮒や赤い金魚(和金)などをさらいに来たイタチ(おそらく)の思い出です。
 さかんにイタチをやっつけようとするすぐ下の弟と違って、主人公はなぜかイタチに対して優しい気持ちを持ちます。
 いつか重病で病床にいた時に、イタチが庭を訪れて、病魔を連れ去ってくれたと信じているからです(「イタチ」の記事を参照してください)。
 そして、それはまた、主人公にとって、(残酷な)少年期の終わりが近づきたことを示しているのかもしれません。

少年動物誌 (福音館文庫 ノンフィクション)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント

河合雅雄「クマネズミ」少年動物誌所収

2017-05-24 20:15:44 | 作品論
 主人公は、胸を病んで病床にいます。
 熱がもたらす幻想に交じって登場するクマネズミが、毎晩主人公を悩ませます。
 そして、主人公とクマネズミの確執が始まりました。
 例によって、主人公たちのクマネズミ退治は残酷なものですが、クマネズミの方も忍者のような素早さで対抗します。
 戦前の山間部にある家ですから、家の中には、クマネズミ(都会ではないのでドブネズミはあまりいなかったのでしょう)だけでなく、それを狩るアオダイショウやイタチなどまでが、天井裏には潜んでいます。
 私が子どもだった昭和三十年代の東京の下町でも、ドブネズミはたくさんいましたし、それを追って猫までが天井裏を駆け巡ったことがありました。
 下水道が整備された現在では、よほど山間部にでも行かない限り、こういった光景の名残すら感じられないでしょう。
 一方、今ではほとんど考えられませんが、当時の結核は死病でしたから、その恐怖が夜になって寝静まった頃に部屋を訪れるクマネズミと重なり合っていたようです。

少年動物誌 (福音館文庫 ノンフィクション)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント

5月22日(月)のつぶやき

2017-05-23 04:43:54 | ツイッター
コメント

河合雅雄「イタチ ― 落ち葉の精」少年動物誌所収

2017-05-22 19:58:50 | 作品論
 長く患って高熱を出した主人公は、次第に消耗していきます。
 おかあさんは懸命に看病してくれますが、なかなか回復しません。
 往診してくれている老先生は、「ようすをみてみましょう」というだけで、頼りになりません。
 熱にうなされながら、主人公は様々な美しい幻想を見ます。
 イタチが、庭でカサコソ音を立てているような気もします。
 おかあさんは、イタチは血を吸いに来るので怖いと言いますが、主人公はイタチが病気を追い払ってくれると信じています。
 ある日、とうとう主人公は、庭にやってきた三匹のイタチを、ガラス戸越しに目撃します(ような気がしただけかもしれません)。
 その後、イタチはやってこなくなりますが、主人公の病気もなおります。

少年動物誌 (福音館文庫 ノンフィクション)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント