現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

エーリヒ・ケストナー「万里の長城」子どもと子どもの本のために所収

2016-11-30 10:14:03 | 参考文献
 ケストナーは、この文章で、世代間の断絶(万里の長城はその例えです)と、それを克服する方法について述べています。
 その方法とは、若い世代に向けて自分の過ごしてきた過去について語ることです。
 一般的に、児童文学は、大人の書き手が子どもの読み手に向けて書かれるわけなので、何らかの方法で世代間の断絶を乗り越えなければなりません。
 過去においては、日本では戦争経験のあるなしが、大きな世代間の壁でした。
 しかし、戦後七十年以上を過ぎて、それも過去のこととなりつつあります。
 それ以降の大きな世代間の壁をいくつかあげてみます。
 戦後の混乱期、六十年代安保、高度成長時代、七十年安保、バブル、バブル崩壊、デフレ、ゆとり教育、格差社会、パソコンとインターネットとスマホ、東日本大震災など。
 こうした事象を経験するか、経験しないかで、物事のとらえ方は大きく異なってしまうでしょう。
 児童文学の書き手は、こうした重要な事柄を踏まえたうえで、世代間の壁を乗り越えなければなりません。

 
子どもと子どもの本のために (同時代ライブラリー (305))
クリエーター情報なし
岩波書店
コメント

ジグソーパズル

2016-11-30 09:27:03 | キンドル本
 二つ年上のにいちゃんは、主人公にとっていつもスーパーヒーローでした。
 小さいころは、いつも体を張っていじめっ子から主人公を守ってくれました。
 少年野球チームでも、努力家のにいちゃんは主人公のお手本でした。
 そんなにいちゃんが、中学生になってから不登校になります。
 引っ込み思案なところがあるにいちゃんは、いろいろな生徒が集まる中学校になじめなかったようです。
 にいちゃんがまた学校に通えるように、両親は手を尽くします。
 でも、なかなか効果があがらず、ついにはにいちゃんは家庭内暴力までふるうようになってしまいます。
 でも、ある日、にいちゃんの変化が見られます。
 主人公の誕生日に、彼の好きなアニメのヒーローのジグソーパズルを作って、プレゼントしてくれたのでした。
 その時、主人公にこみ上げてきた思いは?

 (下のバナーをクリックすると、スマホやタブレット端末やパソコンやKindle Unlimitedで読めます)。

ジグソーパズル
クリエーター情報なし
平野 厚


コメント

宮澤清六「兄のトランク」兄のトランク所収

2016-11-30 08:43:03 | 参考文献
 賢治の八歳年下の弟である清六氏が、1987年に出版したエッセイ集の表題作です。
 このエッセイ集は、清六氏が賢治の全集の月報や研究誌などに発表した賢治についての文章を集めたもので、発表時期は1939年から1984年まで長期にわたっています。
 賢治にいちばん近い肉親ならではの貴重な証言が数多く含まれていて、賢治の研究者やファンにとっては重要な本です。
 このエッセイでは、大正十年七月に賢治が神田で買ったという茶色のズックを張った巨大なトランクの思い出について書かれています。
 その年、二十六歳だった賢治は、正月から七か月間上京しています。
 その間に、賢治の童話の原型のほとんどすべてが書かれたといわれています。
 賢治の有名な伝説である「一か月に三千枚の原稿を書いた」という時期も、その間に含まれています。
 賢治は、この大トランクに膨大な原稿をつめて、花巻へ戻ったのです。
 1974年の3月14日に、賢治の生家で、私は大学の宮沢賢治研究会の仲間と一緒に、清六氏から賢治のお話をうかがいました。
 なぜそんな正確な日にちを覚えているかというと、その時に清六氏から賢治が生前唯一出版した童話集である「注文の多い料理店」を復刻した文庫本を署名入りでいただいたからです。
 宮沢賢治研究会の代表をしていた先輩は、どういうつてか当時の賢治研究の第一人者である続橋達雄先生に清六氏を紹介していただき、さらには続橋先生にも事前にお話をうかがってから、みんなで花巻旅行を行ったのです。
 賢治の生家だけでなく、賢治のお墓、宮沢賢治記念館、イギリス海岸、羅須地人協会、花巻温泉郷、花巻ユースホステル(全国の賢治ファンが泊まっていました)などをめぐる濃密な賢治の旅でした。
 私はスキー用具をかついでいって、帰りにみんなと別れて、なぜか同行していた高校時代の友人(宮沢賢治研究会のメンバーではなかった)と、鉛温泉スキー場でスキーまで楽しみました。
 その旅行の前に、代表だった先輩は、「清六氏にあったら賢治先生と言うように」とかたくメンバーに言い含めていましたが、当日はその先輩が真っ先に興奮してしまって、「賢治」、「賢治」と呼び捨てを連発してひやひやしたことが懐かしく思い出されます。
 清六氏は、37歳で夭逝した賢治とは対照的に、2001年に97歳の天寿をまっとうされました。
 その長い生涯を、賢治の遺稿を守り(空襲で生家も焼けましたが、遺稿は清六氏のおかげで焼失を免れました)、世の中に出すことに尽力されました。
 清六氏がいなければ、今のような形で賢治作品が世の中に広まることはなかったでしょう。

兄のトランク (ちくま文庫)
クリエーター情報なし
筑摩書房
コメント

11月29日(火)のつぶやき

2016-11-30 08:35:11 | ツイッター
コメント

高田由紀子「まんぷく寺でまってます」

2016-11-29 16:53:22 | 作品論
 新潟県の佐渡島にあるお寺を舞台にした作品です。
 主人公の小学四年生の男の子が、お寺をついでお坊さんになるか、好きな漫画家になるか、悩みながら成長していく姿を描いています。
 そう、この作品は、最近少なくなっているかつての「現代児童文学」(定義については他の記事を参照してください)のような成長物語なのです。
 しかも、主人公だけでなく、おとうさんを亡くしてから心を閉ざしていたクラスメイトの女の子が心を開いていく様子も描いていて、ダブル成長物語ともいうべき本格派です。
 最近の出版状況(高学年の子どもたちは前よりも本を読まなくなっているので売れない)を反映してか中学年向きの本として書かれているので、限られた紙数の中に、二人の成長、現代のお寺や檀家の事情、主人公のおじいさんの病気などのたくさんの問題を盛り込んだため、後半の解決部分はやや急ぎ足になっている感はしますが、全体としてはよくまとまっています。
 作者の特長である、明るい筆致と全体ののんびりとしたタッチが、読み味を良くしています。
 ケストナーが言っていたように、児童文学者の大事な要素であるユーモアが作品内で発揮されています。
 また、舞台が佐渡の田舎のせいか、出てくる登場人物がみんなあったかいのも利点でしょう。
 特に、主人公と徐々に心を開いていく女の子との関係性が、好ましく感じられました。

まんぷく寺でまってます (ポプラ物語館)
クリエーター情報なし
ポプラ社
コメント

事故

2016-11-29 15:08:03 | キンドル本
 主人公は、中学受験を目指して塾の夏期講習に通っています。
 毎日、同じ小学校の仲間と昼ご飯を食べてから、一緒に塾へ行っています。
 ある日、仲間と離れて、みんなには秘密にしている趣味の鉄道模型の店へ、一人で行きます。
 店は休みでしたが、鍵がかかっていなかった店頭のジオラマで、列車を走らせることができました。
 鉄道模型好きの主人公にとっては夢のような時間はあっという間にすぎて、塾へ行く時間が来てしまいました。
 帰り際に、ジオラマにあったチアリーダーの人形を、何げなく持ってきてしまいます。
 その帰りに、主人公はエレベーターの故障で中に閉じ込められてしまいました。
 思いがけず一人きりになった主人公は、エレベーターの中で自分を見つめ直します。
 救出された後にとった主人公の行動は?

 (下のバナーをクリックすると、スマホやタブレット端末やパソコンやKindle Unlimitedで読めます)。


事故
クリエーター情報なし
平野 厚

コメント

佐藤忠雄「少年の理想主義について」思想の科学1954年3月号所収

2016-11-29 08:10:01 | 参考文献
 「思想の科学」の1954年3月号に発表された、「「少年倶楽部」の再評価」という副題がついた論文です。
 「現代児童文学論集2」にも再録されていますので、今でも読むことができます。
 古田足日、鳥越信たちの「少年文学宣言」や石井桃子、いぬいとみこたちの「子どもと文学」と並んで、小川未明以来の近代童話を批判して、現代児童文学の誕生に寄与したとされています。
 しかし、今でも何らかの形で児童文学に影響を持っている「少年文学宣言」や「子どもと文学」に対して、この論文は今ではほとんど忘れ去られています。
 その理由として、この論集のまとめを書いている児童文学評論家の大岡秀明は、「既成の児童文学や子ども観を批判する部分に力点が置かれているように概念のワクを破壊するが、その破壊した後の方法に関しては、不明確な点が多いものでもあった。」と指摘しています。
 確かに、「赤い鳥」以来のいわゆる「良心的児童文学」が実際にはあまり読まれていなかったのに対して、少年倶楽部に掲載された作品群がいかに多くの読者を獲得したかについては、ページを割いて力説されています。
 また、それらの作品群を児童文学史ではほとんど無視していることを糾弾し、これらの作品が読者たちの人格形成上大きな貢献をしたことにも言及しています。
 しかし、大岡が指摘しているように、過去の事実の指摘にとどまり、今後の児童文学への反映の提案はほとんどなされなかったので、児童文学のその後にほとんど影響を及ぼしませんでした。
 少年倶楽部の作品群は、今でいえばエンターテインメントやライトノベルの先達的存在に位置付けられますが、エンターテインメント系の作品群が児童文学史上での評価がほとんどなされていないのは、今もほとんど変わりはありません。
 ただし、那須正幹の「ズッコケ三人組」シリーズについては、児童文学研究者の宮川健郎や石井直人たちによって、まとまった評価がされています。
 佐藤の論文では、自分の体験や少年倶楽部の関係者への取材に寄りかかりすぎて、それらに対する客観的な評価に欠けているのも気になりました。
 「少年文学宣言」が高らかに述べた「子どもへの関心」や「散文性の獲得」や「変革の意思」、「子どもと文学」が提唱した「おもしろく、はっきりわかりやすく」などのような、その後の児童文学への提言が佐藤の論文には決定的に欠落していて、ともすると単なる懐古的な文章に受けとめられたのではないでしょうか。

 
現代児童文学の出発 (現代児童文学論集)
クリエーター情報なし
日本図書センター
コメント

11月28日(月)のつぶやき

2016-11-29 07:35:45 | ツイッター
コメント

エーリヒ・ケストナー「賢く、それにもかかわらず、勇敢に」子どもと子どもの本のために所収

2016-11-28 14:09:41 | 参考文献
 第二次世界大戦の敗戦後に、廃墟の中で若い人たちに向けて書かれた文章です。
 その中で、12年もの間、執筆を禁止され、書いた本を焚書までされて、弾圧されたにもかかわらず、外国に亡命しなかった理由を、以下のように述べています。
「作家は、彼の所属する国民が悪い時にどんなに運命に耐えるかを体験することを欲するし、体験しなければなりません。まさにそういう時に外国に行くのは、さし迫った生命の危険があるという場合にだけ、正当とされます。それはそうと、どんな危険をもおかすことは、作家の職業上の義務です。もしそれによって終始目撃者になることができ、他日、文筆でその証言をすることができるすれば。」
 戦時中の日本の児童文学者で、このようなことを胸を張って言える人は一人もいません。
コメント

松谷みよ子「龍の子太郎」

2016-11-28 08:27:15 | 作品論
 現代児童文学の出発期の1950年代(出版は1960年)に書かれた創作童話の古典です。
 三匹のイワナを一人で食べてしまったために龍になり、その後に生まれてきた子どもを育てるのに乳の代わりに自分の目玉を与えたためにめくら(原文ママ)になった母親と生き別れになった龍の子太郎が、波乱万丈の冒険の末に、みんなと力を合わせて豊かな土地を開拓し、おかあさんも元の姿に戻すことができるというハッピーエンディングストーリーです。
 児童文学研究者の石井直人は、この作品を「作者と読者の「幸福な一致」。すなわち、作者と読者のユートピアである。」と評しています。
 つまり「龍の子太郎」は、まだ民衆の団結や社会の改革を、作者も読者も信じられた時代の児童文学の大きな成果だったのです。
 さらに言えば、日本が「戦争、飢餓、貧困」といった近代的不幸を克服できていなかった50年代や60年代前半の子どもたちにとっては、米やイワナを好きなだけ食べられる豊かさというのは、現在の子どもたちには想像できないような大きな夢だったのでしょう。
 その後、70年安保の挫折や革新勢力の分裂などを経験した1970年代には、「国内での矛盾を外国を侵略する事によって解決しようとする思想」だとか、「個々の登場人物が行動する際の契機になっている発想のディテールは、実は(解放の)正反対の献身と自己犠牲の範疇にある」などといった批判を受けた時期もありましたが、それらはこの作品の背景にある遠い昔からの民衆の願いを軽視した的外れなものでしょう。
 飽食の時代で、母と子の関係も大きく変わった現在では、読者の子どもたちは、この作品の持つ意味合いを正しく理解することは困難だと思われますが、ハラハラドキドキするストーリーや親しみやすい民話の語り口は今でも十分に楽しめます。

table border=0 colspacing=0 cellpadding=0>龍の子太郎(新装版) (児童文学創作シリーズ)クリエーター情報なし講談社
コメント

11月27日(日)のつぶやき

2016-11-28 08:20:16 | ツイッター
コメント

香山リカ「劣化する日本人」

2016-11-27 18:18:01 | 参考文献
 精神科医の香山が、2014年に話題になった様々な問題や事件は、日本人が劣化していることが原因であると主張している本です。
 「STAP細胞問題」、「音楽界でのゴーストライター問題」、「パソコン遠隔操作事件」、「ヘイトスピーチ問題」、「橋下大阪知事や安倍首相などの政治家の発言問題」、「反知性主義問題」、「製薬会社の臨床研究不正事件」など、旬な問題や事件を、精神医学の観点から論じています。
 それぞれの問題や事件は興味深いのですが、あくまでも個別なミクロな事象であり、「劣化する日本人」というマクロな現象との結びつけが決定的に弱いです。
 マクロな結論を導き出すのなら、具体的なデータの提出が不可欠なのですが、この本で提示されたデータは「大学生の四割が一日の読書時間0」、「テレビの朝の情報番組の他愛ないゲームに毎日三百万人も参加している」のたった二つだけです。
 また、個々の事象に関する情報も、すべてマスコミですでに明らかになっているもののみで、独自の取材や調査は皆無です。
 さらに、精神医学的観点の分析も、先行する論文などの調査はきちんと行われておらず、都合のいい部分だけが引用されています。
 ひどい時には、その引用も孫引きのことすらあります。
 自分の文章の中で引用するならば、原典にあたるのは書き手としての最低限のモラルでしょう。
 香山は、この興味深いテーマを、なんでこんなに荒っぽく書いてしまったのでしょうか。
 そこには、「これらの問題や事件が旬なうちに出版してたくさん売りたい」という編集サイドの意図が明瞭にうかがえます。
 香山自身が「あとがき」で述べているように、「この緊急企画を考え、あわただしい執筆の過程を支えてくださった」のは編集者です。
 おそらく香山は、編集者が用意した素材を使って、精神医学の知見でさばいて見せたのでしょう。
 これは、ワイドショーなどで見かける様々な肩書を持ったコメンテーターが、自分の専門領域外のことまで、その日の話題にもっともらしくコメントしている姿に酷似しています。
 そして、執筆の背景には、商業主義(つまりお金です)や、虚栄心や自尊心の満足と行ったことも絡むでしょう。
 そういう意味では、香山自身も、この本で取り上げられたいろいろな問題や事件に現れた人びとサイドの人間だと言えるかもしれません。

劣化する日本人 (ベスト新書)
クリエーター情報なし
ベストセラーズ
コメント

11月26日(土)のつぶやき

2016-11-27 16:49:10 | ツイッター
コメント

エーリヒ・ケストナー「アルキメデスの四つの点」子どもと子どもの本のために所収

2016-11-26 10:10:52 | 参考文献
 若い人々に対する短い新年のあいさつとして、ケストナーは以下の四つのアドバイスをおくっています。
 ここでアルキメデスと言っているのは、アルキメデスが「支点さえあれば、世界をその軸から持ち上げることができる」と言ったといわれる故事からきています。
 第一の点。人間はみな自分の良心の声を聞きなさい!
 第二の点。人間はみなお手本をさがしなさい!
 第三の点。人間はみないつも子どものころを思い出しなさい!
 第四の点。人間はみなユーモアを身につけなさい!
 ここでも、ケストナーは子どもたちに絶対の信頼を置いています。
 また、以上の四点は、児童文学を書く上では、特に大切です。

子どもと子どもの本のために (同時代ライブラリー (305))
クリエーター情報なし
岩波書店
コメント

キッカーズ

2016-11-26 08:48:19 | キンドル本
 主人公たちは、中学校の校庭でゴムボールのミニサッカーをやっていました。
 学校には、サッカー部がないからです。
 しかし、練習をしていた野球部ともめて、学校にサッカーをすることを禁止されてしまいます。
 主人公は、部活ではない自分たちのサッカーチームを結成することにします。
 一年生だけですが、なんとか試合ができるだけの人数が集まりました。
 荒川の河川敷にある区営グラウンドで、自分たちだけで練習を始めます。
 しかし、初めての試合で、小学生のクラブチームに完敗してしまいます。
 それをきっかけに、チームの仲間たちはバラバラになっていきます。
 チーム消滅の危機を迎えた主人公たちの取った行動は?

 (下のバナーをクリックすると、スマホやタブレット端末やパソコンやKindle Unlimitedで読めます)。

キッカーズ
クリエーター情報なし
平野 厚


コメント