現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

高山英香「トモばあさんの味」横丁のさんたじいさん所収

2018-01-31 08:30:37 | 作品論
 1960年代後半から、高度成長時代、1970年代のオイルショックまでの時代を背景にして、小さな工場の掃除のおばあさん(次第に料理を作るようになります)と周囲の人たちとの交流を描いています。
 時代背景を明確することによって、当時の人々の暮らしや人間関係などの情景をうつしだしています。

横丁のさんたじいさん (鈴の音童話)
クリエーター情報なし
銀の鈴社

コメント

1月30日(火)のつぶやき

2018-01-31 06:46:54 | ツイッター
コメント

丘修三「ワシントンポスト・マーチ」ぼくのお姉さん所収

2018-01-30 08:41:49 | 作品論
 脳性マヒで養護学校に通う、主人公の少年とクラスメートの少女の交流を描きます。
 少女は兄の、少年は姉の結婚式に出席するのを、それぞれ楽しみにしています。
 ところが、少女は結婚式に出席できませんでした。
 少年の方も、「親戚の恥」だと言われて、結婚式を欠席するように圧力をかけられます。
 けっきょく、姉とその結婚相手の強いサポートで、少年は出席できるようになります。
 しかし、少年は、少女のことを思いやって、自分も出席できなかったと、彼女には告げます。
 障害者を恥とする差別、それは現在でもこの作品が書かれた30年前と変わらずにあることでしょう。
 そういった偏見を乗り越えて、障害者と健常者のみんなで助け合って生きていこうという、作者の力強いメッセージが時を超えて伝わってきます。
 ただ、表題のワシントンポスト・マーチは、主人公が元気を出すための音楽なのですが、三十年前と比較するとややポピュラーでなくなっているので、このタイトルを聞いてメロディが浮かんでくる読者は減っているかもしれません。

ぼくのお姉さん (偕成社文庫)
クリエーター情報なし
偕成社
コメント

大江健三郎「自動人形の悪夢」静かな生活所収

2018-01-30 08:40:13 | 参考文献
 この作品でも、主人公の女子大生のマーちゃんと知的障碍者の兄のイーヨーの、イーヨーが作曲を教わっている父(大江健三郎を想起させる作家)の友人夫妻との交流を描いています。
 短編の中に、障碍者に対する差別(バスで女子高校生たちにイーヨーがぶつかって「落ちこぼれ」と罵られます)、「なんでもない人」(父のような「いくらか名の知れた小説家」でもなく、兄のような障碍者(ただし作曲の才能がある)でもない)としての生き方、両親の留守宅(父親が精神的なピンチのために、外国の大学の居住作家の申し入れに飛びついて、母親を連れて赴任している)助け合う三人兄弟(受験生ながら兄や姉を思いやる弟も含めて)、ポーランドの詩人や作家への弾圧への抗議活動、作者が傾倒しているブレイクの作品などを詰め込んだために、他の記事で書いたような二重視点のうちの作者の部分が強く出すぎていて、素直に主人公を応援できませんでした。
 この作品は1990年前後に書かれたのですが、作品の背後に、共産主義国家の行き詰まりと、それに伴って方向性を見失った革新系の人々の状況が、色濃く漂っています。
コメント

1月29日(月)のつぶやき

2018-01-30 06:40:36 | ツイッター
コメント

舞城王太郎「あうだうだう」短編集五芒星所収 群像2012年3月号 

2018-01-29 08:11:04 | 参考文献
 非・連続短編集の最終短編です。
 主人公の女子高校生の男性遍歴と、「あうだうだう」という悪い箱で神様のようなものと戦う女の子との奇妙な友情が語られます。
 主人公の男性遍歴は、何となくずるずるいってしまう人間の感情を表しています。
 「あうだうだう」と戦う女の子は、そのために牧場の動物を殺して体に装着せねばならず、悪と善の葛藤が不条理に描かれています。
 この作品も筋ははっきりしないのですが、シュールな魅力は感じられて、児童文学の世界、特にファンタジー作品の書き手には刺激になるでしょう。

群像 2012年 03月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
講談社
コメント

1月28日(日)のつぶやき

2018-01-29 06:55:35 | ツイッター
コメント

小川洋子「ハモニカ兎」いつも彼らはどこかに所収

2018-01-28 08:52:47 | 参考文献
 どこか(おそらくヨーロッパ)の国の小さな町で、オリンピックの競技(住民は誰もその競技を知らないのですが、おそらく野球だと思われます)が行われることになりました。
 その町の広場に設置された開会式までのカウントダウンを示すカレンダー(オリンピックに限らずいろいろなイベントで使われています)が取り付けられたハモニカ兎(かつてその地方にいましたが、乱獲で絶滅しています)と、カウントダウンのためにそのカレンダーをめくる役目を代々引き受けている朝食専門の食堂を経営している男の話です。
 児童文学でいえば、寓話かメルフェンといった味わいの作品ですが、ラストの「うるう年」を使った落ちも含めて、もうひとつうまくいっていない印象を受けました。

いつも彼らはどこかに
クリエーター情報なし
新潮社
コメント

1月27日(土)のつぶやき

2018-01-28 06:44:41 | ツイッター
コメント

古市憲寿「希望難民ご一行様」

2018-01-27 17:39:56 | 参考文献
 古市の修士論文を、読みやすいように加筆して本にまとめたものです。
 東大の大学院生(古市のこと)が実際にピースボートに乗り込んで、そこの乗客たちにフィールドワークをしたというキャッチフレーズを、巧みに利用して出版しています。
 多くの人たちが広告などでその存在を知りつつも、内実はよく知らないピースボートの実態と、現代の若者気質をユーモアたっぷりの達者な文章でつづっています。
 著書は、現代の若者を、希望を持ちながらそれがたやすくはかなわない現実の中で、終わりなき自分探しを続ける希望難民だと定義しています。
 その原因として、「いい学校」に入れば「いい会社」に入れて「いい人生」をおくれるという、かつての日本のメリトクラシー(業績主義)が機能不全になっていることを指摘しています。
 著者は、ピースボートを若者が求める承認の共同体と定義し、それが幻想にすぎないと主張しています。
 この本を読んで一番良かった点は、ピースボートの成り立ちや運営しているスタッフはいまだに政治的なものの、現在の乗客はほとんど政治的ではなく、自分が今まで思っていたことと実態がだいぶ違うことがよくわかった点です。
 著者は、ピ-スボートの乗客を、以下の四タイプに分類しています。
「自分探し型」は、自分探しのためにピースボートに乗船しましたが、それは発見できずに降りてからも自分探しを続けていきます。
「セカイ型」は、ピースボートのもともとの理念である世界平和に賛同していましたが、ピースボートでそれをあきらめて、船を降りればもう政治には関わらなくなります。
「文化祭型」は、みんなで楽しくすごすためにピースボートに乗船し、降りてからもお金がなくても友だちがいれば幸せを感じています。
「観光型」は、安い世界一周旅行ができるので乗船して、ピースボートを降りればモラトリアムの期間を終えて日常生活に戻っていきます。
 そして、ごく少数の政治的にアクティブな者だけが、スタッフとしてピースボートの活動に残ります。
 結論として、ピースボートが若者たちに自分の夢をあきらめさせるための装置としての働きをしていると、著者は主張しています。
 一読して、学生の修士論文としては良くまとまっていますが、データの集め方や処理の仕方などに稚拙なところが目立ち、結論もかなり恣意的な感じを受けました。
 なにより、あとがきで自分でも弁明していますが、作者自身も一人の若者としてピースボートに乗船したのに、その自分自身がこの本にはどこにも現れず、単なる傍観者として高みの見物をしている感じがぬぐいきれません。
 おそらく、古市は非常に頭のいい優秀な学生だったのでしょう。
 先行する文献や社会学者についても良く勉強しています。
 そして、左翼にも右翼にも激しい攻撃を受けない安全な立場に、自分をうまく置いています。
 そう言った意味では、かなり「こずるい」奴という印象を受けてしまいます。
 ただ、軽妙な文章と機知に富んだユーモア(特に解説の本田由紀が指摘しているように、引用されている学者たちの名前にいちいち的を得た枕詞をつけたのは、楽屋落ちながらなかなかおもしろかったと思います)は相当なもので、それからも一定の読者を獲得しつづけています。
 著者の分類に従って、ピースボートの若者たちを児童文学の読者として考えてみます。
 「自分探し型」は、いつまでも「大人」にならないという意味で、広範な児童文学(特にファンタジー)の読者になるでしょう。
 「セカイ型」は、かためのテーマ(戦争、平和、原発、災害など)を描いた児童文学のターゲットとするべき読者でしょう。
 「文化祭型」は、ずばりエンターテインメントのメインターゲットです。
 「観光型」はもともと大人なので児童文学の読者にはなりませんが、生活力は一番あるので親世代になった時に子どもに買い与えるという意味で、児童文学の有力な媒介者(子どもたちに本を手渡す役割を果たす大人のことで、両親、学校の教師、図書館の司書、読み聞かせのボランティア、子ども文庫活動家、書店員など)になるかもしれません。
 これらの分類は、ピースボートに乗らない一般の若者にも当てはまるでしょう。


希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)
クリエーター情報なし
光文社
コメント

1月26日(金)のつぶやき

2018-01-27 06:47:39 | ツイッター
コメント

百円の恋

2018-01-26 09:47:41 | 映画
 「0.5ミリ」でも書きましたが(その記事を参照してください)、主演の安藤サクラは、美人女優ではないので、圧倒的に得をしています(それだけが彼女の魅力ではないのですが)。
 美人でなくブスでもなく、どこにでもいるような一般人としての存在感があり(しかもそれが魅力でもある)、彼女が主演するだけで作品に一定のリアリティを保証してしまうのです。
 この映画は、脚本も演出も他の共演者たちもイマイチなのですが、彼女を見るだけでも価値はあります(というか、それだけが魅力なのかもしれませんが)。
 特に、冒頭の小太りで自堕落な女性が、ぜい肉をそぎ落として血みどろで戦うプロボクサーに変貌を遂げる姿は、女性版ロバートー・デ・ニーロを彷彿とさせ、こういった役をこなせる彼女が、映画監督たちの間で引っ張りだこなのもむべなるかなと思いました。 

百円の恋 [DVD]
クリエーター情報なし
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
コメント

1月25日(木)のつぶやき

2018-01-26 06:45:59 | ツイッター
コメント

マージョリー・ワインマン・シャーマット「ぼうし」ソフィーとガッシー所収

2018-01-25 08:06:24 | 作品論
 ガッシーは、さくらんぼとお花とリボンのたくさんついた帽子を買いました。
 ガッシーがその帽子をかぶって歩いていくと、道で出会った友だちがみんな口々に新しい帽子を褒めてくれます。
 でも、ガッシーは、ソフィーの家へ行って「帽子が目立ちすぎて気に入らない」といいます。
 ソフィーは、「少し飾りをとって目立たなくすればいい」とアドバイスしてくれます。
 ガッシーは、リボンをひとつはずしてソフィーにあげます。
 ソフィーは、そのリボンを飾りのついていない自分の帽子につけます。
 その後も、ガッシーは帽子の飾りをどんどん外して、ソフィーはその飾りを自分の帽子につけていきます。
 とうとうなんの飾りもなくなった自分の帽子を見て、ガッシーはがっかりします。
 そして、今はすべての飾りをつけたソフィーの帽子が欲しくなります。
 すると、ソフィーは、その帽子をガッシーの今は何も飾りがついていない帽子と、あっさり交換してくれます。
 こうして、ガッシーのご機嫌はすっかりよくなりました。
 それはそうです。
 ガッシーは、新しい飾りのたくさんついた帽子と、ソフィーの変わらぬ友情を手に入れたのですから。
 この二人の友情は、今の女の子たちにとっては古風すぎるかもしれません。
 なにしろ、この本は日本では2012年に出版されましたが、原作は四十年も前に書かれたものですから。
 でも、ソフィーの友だちへの心遣いを、現代の女の子たちにも理解してもらえたらなかなか素敵だなと思いました。

ソフィーとガッシー
クリエーター情報なし
BL出版
コメント

1月24日(水)のつぶやき

2018-01-25 06:47:48 | ツイッター
コメント