現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

小山田浩子「穴」新潮2013年9月号

2017-12-09 08:24:32 | 参考文献
 2014年上期の芥川賞を受賞した作品です。
 夫の転勤で会社を辞めて、夫の実家の隣で専業主婦を始めた女性の話です。
 謎だらけの義理の家族や動物、そして風変わりな隣人たちに囲まれて、主人公の田舎暮らしは次第に現実と空想の世界の境界がはっきりしなくなります。
 小山田の執拗な描写が、この不可思議な世界をどこまでも追求していきます。
 この作品の持つ意味が何なのかは最後まで不分明なままですが、今まで味わったことのない読書体験が得られたことだけでは間違いありません。
 児童文学の世界でもかつては独自の作品世界を持つ作家がたくさんいましたが、今は没個性な物語も文体も型にはまった読みやすい作品を書く作家ばかりになってしまいました。
 その原因は、出版社側の書き手に対する要求によることが多いでしょう
 現在の児童文学作家は、文学的な冒険をするためには、一般文学に越境するしかありません。

新潮 2013年 09月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
新潮社
コメント