おやじのつぶやき

おやじの日々の暮らしぶりや世の中の見聞きしたことへの思い

JR内房線「浜野」~外房線「誉田(ほんだ)」。その1。大網街道。房総往還(内房沿い)との分岐。「房総東往還・伊南房州通往還」を歩く。第1日目。)

2023-11-04 20:16:18 | 房総東往還

JR内房線「浜野駅」

今回から「房総東往還」を歩くことにします。正しくは、「伊南房州通往還」のようです。

伊南房州通往還(いなんぼうしゅうつうおうかん)は千葉県千葉市中央区浜野から外房を通り館山市北条に至る街道である。茂原市までの一部は「茂原街道」と「大網街道」として構成されている。別称は「房総東往還」である。

千葉県外房の大部分を通っており、現在は県道14号国道128号が当街道に沿う形で建設された。しかし、元禄地震関東地震関東大震災)などの東京湾地下の相模トラフ巨大地震慶長地震などの房総沖地震千葉県東方沖地震などにより隆起沈没、樹木の倒壊、地質が軟弱のため土砂崩れが起こるなどしたため道順は度々変化している。また、正確な成立年は不明である。なお、「伊南」とは中世の上総国夷隅郡に作られた荘園である伊南荘に由来する。当街道は江戸時代には確立しており、内房の房総往還、外房の伊南房州通往還、銚子街道成田街道(佐倉道)と共に多くの生活路・輸送路として役割を果たした。

主な地名(市・町)をつなげると、

浜野~大網~茂原~一宮~大原~御宿~勝浦~安房小湊~鴨川~和田~館山 

《浜野から館山までの約132km+α》

鉄道だと主に「JR外房線」沿い、となります。

赤い線が「房総東往還」、青い線が「房総往還」     

浜野付近の今昔

1880年代)赤↓:茂原街道、青↑:大網街道

蛇行して進んでいるのが「房総往還」。この頃には、茂原街道ルートが主流になってきているようです。

(現在)茂原街道ルートは線路のため迂回。

・茂原街道ルート

千葉市中央区「浜野」交差点の房総往還から分岐する。「高師」交差点で国道128号大網街道ルート)と合流する。

「浜野」。

房総往還と分岐する。手前の道が茂原街道、正面が房総往還。

茂原街道は大きく右に曲がり、浜野駅付近からほぼ東を進む。

→茂原街道へ。

・大網街道ルート

房総往還「塩浜橋」交差点から分岐し、北東に進み、外房線沿いをたどる。             

         塩浜橋。

房総往還(船橋方向)。

「房総往還」(JR内房線沿い)を歩いたとき、この地も通りました。

 

                 房総往還は、突き当りを左折。

今回、歩く順路は、大網街道ルートにし、茂原で茂原街道ルートと合流します。

ということで、まずは、2日間かけて大網まで歩きました。

しばらく房総往還を歩きます。

塩浜橋から分岐。

住宅地を進みます。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 関東ローカル鉄(鐵)道線総... | トップ | JR内房線「浜野」~外房線... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

房総東往還」カテゴリの最新記事