『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

そぞろ歩き韓国45  仁寺洞餅屋

2011-12-30 11:46:24 | まち歩き

仁寺洞で見つけた伝統菓子のお店。喫茶店も併設している。

Photo_2
?(トック)、つまり「餅」の看板が出ている。

Photo_7
店先には餅で作ったクリスマスケーキを販売。

試食もさせてくれる。意外と軽くふんわりしている。

Photo_12
喫茶のメニューには英語と日本語も。

6000_3
小豆粥。甘くなく塩味。シッケという冷たい甘酒もついてくる。

値段は420円ぐらい。

5000_3
さつまいものラテ。裏ごししたさつまいもに牛乳を加えたもの。

甘くて、サツマイモの味がする。

値段は350円ぐらい。

Photo_15
伝統的な韓菓子も売っている。

コメント (2)

そぞろ歩き韓国44  クリスマスの明洞聖堂

2011-12-25 19:11:29 | まち歩き

クリスマスのソウルは晴天。日本の初詣の感覚で明洞聖堂のミサに参加した。参加者が多くて神父さんの姿が見られないので、テレビがいくつも設置してあり、後ろからでもミサがみられるようになっていた。「ハレルヤ」や昔日本語で歌った讃美歌が歌われた。教会は幼稚園、小学校以来だが、気持ちが洗われる。

Photo_12
ステンドグラスが美しい。

Photo_13
ミサをテレビで中継中。

Photo_14
中央の祭壇。

Photo_15

祭壇の下に韓国風の服装をした人形が演じるキリスト生誕の場面。

Photo_16

明洞聖堂の入り口。

Photo_17
明洞聖堂の塔。

Photo_18
明洞聖堂の外に作られたキリスト生誕の場面。

Photo_19
ミサに向かう人々。














コメント

そぞろ歩き韓国43  冬の清渓川

2011-12-25 02:48:53 | まち歩き

ソウルの繁華街、鐘路を流れる清渓川(チョンゲチョン)は12月でも流れている。

Photo_3

側道を散歩する人はいない。
Photo_5
光化門の近くの噴水。噴水も寒そう。

Photo_7
滝の向こうにツリーが輝いている。

Photo_10
日陰に氷の柱ができている。



コメント

翻訳 ミズダコに尋ねてみて5 

2011-12-25 02:26:31 | 翻訳

 

入場券売り場の横の両替所で現金を換えてくるまで、村上と子供は互いに永遠に離れないように固く手を握り合っていた。シスチーナ礼拝堂に上がる階段で、私は丁重に彼を先に上らせた。日本人らしく彼は礼儀正しくすぐその私の気持ちに応じた。そして子供と挨拶を交わして階段を上がって行った。子供は、彼と一緒に行こうと、なぜ彼が僕たちと一緒ではいけないのと抗議した。私は腹を立てたように子供と少し離れて階段を上がった。彼は階段の上で消えるように右側のドアに入って行った。ミケランジェロの「天地創造」を見ようとすれば、私と子供は階段の上で左側のドアに入らねばならなかった。階段の上まで上がって来たとき、右側のドアに入っていった彼がもう一度出てきてノートを差し出した。構わなければ名前と連絡先を書いてくれませんかと言った。出張のために釜山に連絡してもわからないと言った。私はおとなしく自分の名前3字を書いた。どうもありがとうございます。彼が首をゆっくり下げた。純真に笑う彼の顔を見て子供の表情が明るくなった。私と子供は改めて彼と別れの挨拶をした。村上、ボンジョルノ! 子供はローマに滞在している間暇があるとスペイン広場に行こうとせがんだ。そこにはマクドナルドや噴水があったが、村上に会った後では事情が少し変化した。帰国してしばらく子供は村上を忘れてしまったようだった。ところがある明け方、目が覚めた子供がコンピューターの前でぼんやり座っていた私の膝の上に乗ってきた。釜山へいつ行くの、僕たち? その時まで私は釜山をすっかり忘れてしまっていた。私は愛想のない声でなぜ釜山―?と尋ねた。釜山には誰も血縁の人がいないし、これからも当分の間行くつもりはない。子供は自分が何を尋ねたか忘れてしまって、きょとんとして私の顔を眺めたまま私の胸の中で寝入った。いつの日か釜山に行くことは行くだろう。最近子供はよく寝ながら夢を見ているように釜山―! と叫んだ。 <o:p></o:p>

 

 私が今の子供ぐらいの年に私の母からはいつも日本の臭いがした。それは毎日使う石鹸の臭いより、顔に塗る白粉の臭いよりも強く不思議な臭いだった。母は5年前、6月に日本へ行った。その年の春、私はとんでもないことに癌で夫のフアンを亡くし、母は夢に描いていた東京行きの飛行機に乗った。その前に私もフアンと日本へ行くつもりだった。当時東京には実家の長兄一家が住んでいた。夫は東京の物価がちょっと高いかと、私たちが行けば長兄ご夫婦に迷惑をかけると、私の考えに遠回しに反対した。私はそれ以上フアンに日本の話を切り出さなかった。ところがどういう風の吹き回しかフアンから私に日本へ行こうと言った。その時フアンは勤めていた新聞社を辞めて、小説を書くことに専念してから1年経っていた。いつ? 小説を書くことも職場も暮らしも育児もどれ一つ十分にやり抜けないであたふたして生きている私を見て、気の毒がって心から湧き上って出た言葉ということがわからなくはなかった。6月ごろ。その時私たちは病院の応急室の寝台に並んで座っていた。<o:p></o:p>

 

コメント

そぞろ歩き韓国42  師走のソウル広場

2011-12-23 09:55:52 | まち歩き

地下鉄1号線と2号線が交差する市庁駅。

市庁と徳寿宮に挟まれたソウル広場は、

秋とはすっかり変わっていた。

スケートリンクが出来ていたのだ。

Photo
スケートリンクの周囲を囲む木板が真新しい。

Photo_2

「ソウル広場スケート場」の電光掲示板。

まだ滑る人はいない。

Photo_3
スケートリンクの横に設置されたツリー。

Photo_4
電飾で灯りの色が変化していく。

Photo_5
クリスマスツリーの周りを飾るミニイルミネーション。

コメント