『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』に 

東京近郊を散歩した折々の写真とたまに俳句。

四季折々31   片倉城跡公園3

2013-04-30 00:43:03 | まち歩き

片倉城跡公園は低地の部分と小山の部分からなっている。

Dsc03844
入口にある案内図。

Dsc03867
蓮沼。まだ蓮の花は咲いていない。

Dsc03874
湯殿川の岸辺にある岩の標識。

Dsc03869

セイヨウシャクナゲ。

Dsc03876
小川。

Dsc03879_2
昔の田んぼの跡。水生植物が育つ。ホタルも飛ぶ。

Dsc03881_2

水車小屋。

ちょっとランキングにクリックを!

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

コメント

読書感想69  花崗岩の街

2013-04-29 22:00:54 | 日記・エッセイ・コラム

 

Dsc03792

著者     :  スチュアート・マクブライド<o:p></o:p>

 

居住地    :  スコットランド<o:p></o:p>

 

翻訳出版年  :  2006<o:p></o:p>

 

出版社    :  (株)早川書房<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

感想<o:p></o:p>

 

 著者のデビュー作。スコットランド第3の都市アバディーンが舞台で季節はクリスマス前、いつも冷たい雨が降っている。3歳の男の子の遺体が水路から発見される。そして次々に幼児の行方不明の報告が入ってくる。変質者による連続幼児殺人事件かと警察は色めき立つ。一方警察の情報がリークされスクープ記事が出る。情報をリークしているのは誰なのか。スクープ記事を書くコリン・ミラー記者は情報源を明かさない。ミラーの記事が捜査妨害になってくる一方、無能で怠慢といった批判を鎮静化させるためにミラーの協力を必要とする警察はジレンマの中にある。そして新しい被害者の遺体がゴミ袋の中から発見される。<o:p></o:p>

 

登場人物は一癖も二癖もあるが、特に捜査を担当する警官たちは個性的だ。主人公のローガン・マクレイ部長刑事は1年前に被疑者にナイフで腹を刺され、復職したばかりだ。頭がよくナイーブで格闘する際には腹がウィークポイントになる。彼を助けるジャッキー・ワトソン婦警は美脚ながら「ボールブレイカー(玉つぶし)」と呼ばれる強面ぶりを発揮する。溌剌としている。ローガンの上司のインスク警部はいつもキャンディやゼリーを頬ばり、アマチュア劇団に出演しているが、頼もしいボス。ローガンの元恋人の検死医イソベル・マカリスターはスターのような衣装に身を包みながら、現場検証に臨み、警官ですら吐いてしまうような死体の解剖を常に冷静沈着にやり遂げる。氷姫と呼ばれている。<o:p></o:p>

 

風土の陰鬱さと殺人事件の陰鬱さが重なる。そしてその陰鬱さを圧倒するほど体当たりで犯人と闘う警官の奮闘が光っている。事件が一つ一つ解決されていくので読者にとってわかりやすい。面白くて読みやすい、お勧めのミステリーだ。

<o:p></o:p>

<o:p></o:p>


ちょっとランキングにクリックを! 

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

にほんブログ村 本ブログ 本情報へ

コメント

四季折々30   片倉城跡公園2

2013-04-29 12:19:01 | まち歩き

彫刻広場の彫刻をもう少し見てみよう。すべて八王子で生まれ育ったとか、住んでいるとか、八王子と関係のある彫刻家の作品だ。

Dsc03846
「アテネの戦士」

Dsc03847

「春を感じて」

Dsc03856
「希望」

Dsc03865_2
「浦島長寿の年」

Dsc03866
「憧れ」

Dsc03868
「夢につつまれて」

Dsc03875
「春休み」

ちょっとランキングにクリックを!

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

コメント

四季折々29  片倉城跡公園1

2013-04-27 15:03:54 | まち歩き

八王子市の片倉城跡公園へ行く。

彫刻広場に彫刻が20ぐらい置かれている。面白い物をいくつか見てみよう。

Dsc03870
「酔っ払い」

Dsc03848
「風景ー海」

Dsc03851_2
「雪の朝」

Dsc03860_2
「早く来ないかなあ」

Dsc03863_2
「ダンシングオールナイト」

ちょっとランキングにクリックを!

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

コメント   トラックバック (1)

四季折々28  庭の雑木

2013-04-26 15:47:21 | まち歩き

2年間ほど留守にしていた間に庭に雑木が増えた。半年に一回ぐらい帰ってきて、その度に草や雑木を伐採していたが、あまりに堂々としていて気付かないうちに成長していた。もう少しで狭い庭は雑木林になるところだった。ここは八王子の丘陵地帯で元々は雑木林だった。自然の生命力に脱帽!

Dsc03842
いつのまにか野ばらが育っていた。庭には野ばらは植えていない。そのまま生かす予定。

Dsc03843
塀の外まで山吹が進出。山吹は塀の中に一つだけある。伐採予定。

Dsc03840
ライラックの根元にぴったりついて育った雑木。花のついていない左から前にかけての元気な枝がそうだ。伐採予定。

Dsc03833_4
ブルーベリーの木にぴったりついて大きくなった雑木。左から手前の元気な枝がそうだ。伐採予定。

Dsc03832
手前の小さい木が雑木。そばの雪柳の種から発芽した模様。伐採予定。

Dsc03838_2
大きい山茶花の根元にある、葉の小さい木が雑木。伐採予定。

ちょっとランキングにクリックを!

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ

コメント (1)