初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ノブドウ   ラクウショウからもれふるひかりの下に   東京都江東区恩賜の森

2021-10-05 00:01:44 | 東京都江東区恩賜の森

  

 

ラクウショウからもれふるひかりの下に。

 

ヤブガラシほどではないが、市街地にも普通に繁殖し、

スペースあれば群生造っている。

ブドウ科のうつくしい葉と、多彩なうつくしい実が好まれ

処分を免れているのをよく見かける。

ここ恩賜の森は手入れが行き届いており、

散策するするすばらしい環境が整っている。

また、東京の自然な植生を適度に残すことに細心の注意を払って、

草刈り機の効率を落としている。

もしかして、知識やセンス、世界観を併せ持つヒトが直接作業を?
ノブドウ初めイタドリや、イヌガラシ等々がきれいに刈り残される。

指示するのは厄介。

さすが東京♪

 

 

(野葡萄)ブドウ科ノブドウ属。

原産、日本・アジア東北部。

花径3~5mm。花期、7~8月。

白い実以外は、虫の寄生果の説。

緑色から白色、淡紫色、青(碧・空)色と成熟する説。

いまだに諸説あって、確定されていないよう。

ただ、大きさは、通常1cmくらいが、寄生果はおおむね2cmくらいになるものも。

隔離環境で栽培すれば検証できるはず。

行われていないのはその価値が認められていないということなのでしょうか。

名の由来、古代ペルシャ語でブドウは「ブダワ」。

中国に伝わり葡萄(ブダワ)を当て、日本ではブドウに訛った説。

 

サオトメカズラとなかよし。

(早乙女葛)アカネ科ヤイトバナ属。

標準悪名 屁 糞 葛(ヘクソカズラ)。

宇宙の果てに捨ててきたい。

 

 

アーカイブ。

7月中旬。

 

 

 

8月初め。

 

8月中旬。

 

 

 

10月中旬。

 

 

 

10月下旬。

 

 

 

 

仲間。アーカイブ。

ヤマブドウ

(山葡萄)ブドウ科ブドウ属。

原産地日本、中国、朝鮮半島。

花期、初夏。草丈3m以上に。

雌雄異株。収穫期9月中旬~10月上旬 。

生食、ワイン、ジャムへの利用が拡大している。

葡萄色(えびいろ)は、この果実に由来。

 

 

エビヅル

ベランダのプランターに鳥が運んできて10数年。

 

(蝦蔓)ブドウ科ブドウ属。

北海道南部以南、山間、森林縁に。

朝鮮、中国にも分布。

花期、6~8月。秋に熟す果実は食用。雌雄別株。

 

 

コメント (27)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする