東京大学運動会ヨット部

東大ヨット部の現役部員によるブログです。練習の様子、レース結果、部員の主張から日記まで。

若い?

2021-04-09 23:54:00 | 通常練習

 

クルーザー班3年萩原です。先週の活動報告をしたいと思います。

土曜日

葉山試乗会を行いました。久しぶりにディンギー班に会い、また新入生と交流するなど刺激的な1日でした。自分はオンライン新勧担当とあまり来た新入生との交流は多くなかったのですが、それでも入ったばかりの18歳の大学一年生と会うともう2年経ったのか、あと半分もないのかと思い、あっという間で焦りや羨ましさなどさまざまなことを感じました。

日曜日

日曜日は自分と4年生の落合さんの二人で知り合いの社会人チームのレースに参加させていただきました。具体的にはy-31でヴェラシスチャレンジカップに参加しました。J-24より船自体が大きく、またヒール感やジブ、リーフなどJ24とは違う面が多くとても勉強になりました。また一緒に乗った人が60-70代の方々で精力的に動作をしているのをみて自分も負けていられないなと、20代の自分が特に頑張らなければと焦りを感じました。


特にレースや他艇との練習が少ないクルーザー班にとって他の社会人チームのレースに参加するのは貴重な経験でした。あいにくコロナであまり活発に行動することはできませんが、それでも出来る限りさまざまなレースに出ていきたいと思います。



萩原和眞

コメント

シン・シジョウカイ:||

2021-04-09 23:21:09 | 通常練習


お世話になっております。3年スナイプクルーの山村です。自分からは先週の試乗会の振り返りをさせて頂きます。
 
 先週の土日は制限付きではありますが、約2年ぶりに試乗会が開催されました。

 土曜は程よい風かつ快晴で絶好の試乗会日和でした。送迎の車が渋滞で遅れる等のハプニングはありましたが、スケジュールを調整し恙無く終わることができたと思います。新入生の葉山散策についていって森戸海岸で葉山コロッケを食べていたら、工藤のコロッケが一口食べたところでトンビに取られたのがハイライトでした。

 日曜は風が強く、新入生にヨットに乗ってもらうことはできませんでした。それを前日に伝えた上でも4人もの新入生が来てくれたので、練習見学や陸上クイズ大会を行うことができました。自分が最初に試乗会に来た時もヨットには乗れなかったので懐かしかったです。

 今回の試乗会は、多くの新入生にとって初めてヨットに触れる場であるとともに、現役の多くとしても初めて勧誘側としての試乗会を体験する場でした。慣れないところもあり手際の悪いところもあったと思いますが、大きなトラブルなく終わることができて良かったです。今回の反省を活かしてこれ以降の試乗会も新入生に楽しんでもらいつつ勧誘できるよう頑張っていきたいと思います。

以上

コメント

私達も春に鍛えられました。

2021-04-07 16:41:00 | 通常練習


お世話になっております。3年マネージャーの齊藤菜々子です。

3年生として活動するようになり、そんな自分に驚きと今までにない責任を感じるようになってきました。

初マネージャーブログということで多少のプレッシャーを感じておりますが、マネージャー目線でヨット部の様子を伝えられるよう頑張りたいと思います。



先日、春合宿が終了しました。この春合宿では途中から、日替わりでクラスごとではありますが合宿ができるようになりました。

通いの練習ではお昼ご飯しか作れていませんでしたが、合宿となると13食作るようになり、マネージャーのご飯でプレーヤーの体が作られているということを改めて感じることができました。

私たちの役割がみんなの体の一部になっているというのはこんなにも嬉しいものなのかと、毎日楽しくご飯を作っていました。



この春合宿では増量を目的として、プレーヤー一人一人の食べれる量やその日のご飯の感想を聞き、それぞれに合った食事を出せるようにしてきました。

炭水化物やタンパク質、脂質の量を増やすようにし、間食も必ず出すようにしていました。


そんな春休みが終わろうとした時、

ある同期プレーヤーに、合宿が始まってから体重が増えたよという報告を受け、涙が出そうになるくらいとっても嬉しかったです。



葉山での練習は八景島での練習と違い、合宿所からハーバーまで絶妙に距離がありまして、、、

お昼ご飯を運ぶのも一苦労。プレーヤーの忘れ物などを届けに走る事も多々あります。

毎日合宿所からハーバーまでヨットをコロコロして運ばなければいけないという、なんとも大変な行程もあります。


元運動部だらけの東大ヨット部マネージャー陣は、それを筋トレだと捉え、毎日楽しく手伝っていました。が、

実は、私たちマネージャー、

葉山に引っ越してからというもの、毎日体のどこかしらが筋肉痛でした笑




この春合宿では、例年通りの合宿ができたという訳ではありませんが、合宿が再開できたことへの感謝を身に染みて感じながら、

プレーヤー全員が一人一人目標を持ち練習に励むことが出来ていたと思います。

そんなプレーヤーのみんなに負けないくらい、マネージャーも目標を持ち、ヨット部に貢献することが出来たのではないかと、喜びを感じております。


私たちマネージャーもとても多くのものを得ることが出来た春合宿でした。



新勧が始まり、これからヨット部の良さを伝える機会がたくさんあります。

私は自信を持って、楽しくて素敵なヨット部、そしてその仲間を新入生に勧めることが出来ます。



これからも、チームに貢献できるようマネージャーは全力を出して頑張っていきます!

今後ともよろしくお願い致します。


ありがとうございました!



3年マネージャー 齊藤菜々子








Attachment.png

コメント

春休み、積読を解消できずじまいでした。

2021-04-04 21:26:57 | 通常練習

いつもお世話になっております。クルーザー班二年の伊東です。

投稿が遅くなってしまいました。申し訳ありません。まずは練習報告から。3月30日まで、ラスト春合宿でした。マストハンド動作も慣れてきて、今合宿ではバウマン動作の練習を多めにやらせてもらいました。ポールの扱いが難しく、ドタドタしておりますが、少しずつ理解してきたように感じています。ただ、トラブル対応であったり、スピード感をもってこなすことが課題であり、どんどん場数を踏んで得意にしていきたいと思っています。

実は予てからブログに書こうと思っていたことがありました。

クルーザー班の気象情報報告業務を自動化したことについてです。我ながらいい仕事をした気がするので、まことに僭越ながらこの場ですこしだけ自慢させてください。

大前提として、ヨット部の活動には気象の要素がかなり強く影響します。そのため毎朝担当者がネットをチマチマと検索をかけて気象情報を取集して、SlackなりLINEなりに流して、ミーティングで読み上げる、ということを行っています。クルーザー班の気象情報の担当は僕なんですが、この業務、まあまあ面倒くさくて(こんなこと言ったらお叱りをうけそうですが)、毎朝眠い目をこすりながらやる時間を睡眠に費やしたいなあ、と思ったのでした。ところで、世の中は便利になったもので、ちょっとコードを書けばこのような単純作業を自動化できるのです。僕は全くのプログラム初心者なのですが、この機会に勉強も兼ねてお天気業務の自動化に挑戦してみようと思った次第です。

大きな枠組みは気象庁のサイトやヤフーの潮汐情報のページからスクレイピングという技術を用いてweb上の情報を取得して、LINE notifyのAPI(自作プログラムとアプリを繋げることのできる機能)を使ってLINE上で通知してくれる、というものです。

以下、僕がやったことをまとめておきます。完全に独学なので、もっと良いやり方とかあるかもしれません。というか、プログラミングができる部員の人なんてたくさんいそうなものなので、教えてほしいです。

言語はPythonを使いました。まあ、無難ですね。結構気軽にコードが書けて、その上自動化やデータ分析、機械学習など幅広く応用できるみたいです。スクレイピングというのは、指示されたwebページに飛んで、特定の情報を抜き取るというものです。これをするには裸の状態のPythonでは太刀打ちできないので、スクレイピング用のモジュール、という拡張機能をインポートしてあげる必要があります。スクレイピング用の拡張機能は主にseleniumというものか、BeautifulSoup4というものが主に使われるのですが、初心者の僕には後者が使いこなせなかったのでseleniumを使用しました。

seleniumがどういうことをしてくれるか、というと、普段なにか検索したいときってChromeのアイコンをクリックして起動して、URL入力して検索していると思うのですが、それを自動かつバックグラウンドで行ってくれるのです。で、webページの情報を読み込んでくれるので、そこからデータを引っ張ってくる、ということまでしてくれます。その機能を用いて、気象庁のサイトに飛びます。

で、今取得したい情報を丸で囲んだ部分(天気のところ)だとします。この情報は'td.forecast-sentence'というタグがつけられたweb上の情報のうち7個目なので、まずは'td.forecast.sentence'の要素をリスト化して取得する関数get_informaitionを定義してあげて、さらにその7番目をtodays_weatherという変数に割り当ててあげます。同じような要領で最高気温、降水確率、風向、波の高さ、潮汐、注意報警報に対してデータを割り当てます。これでデータの取得は完了です。

次は、LINEに送ってくれるようにするパートです。LINEnotifyというシステムを使えば自分でもbotのようなものを作成できるのですよね。今回はそれを使って、クルーザー班のグループに送信してくれるようにしました。このパートはググってコピペしただけなのでそんなに大変ではなかったです。たぶんSlackとかにも応用できるはずです。

で、毎朝僕がやらなくてはいけないのはkoajiro_weatherforecast.py(上のプログラムを書いたコードです)を実行するだけ、というわけです。朝集の日なら京急線で寝る時間が増え、合宿中なら歯磨き中に仕事が完了する、というQOL爆上がりする結果となりました。

とはいえプログラミング歴1か月の僕がやったことなので課題もまあまああります。まず、seleniumは前述の通りいちいちブラウザを開くので(バックグラウンドとは言え)結構実行に時間がかかるということです。まあ1分くらいなのでに手動に比べたら断然速いですが。BeautifulSoup4を使えばそのあたりは解決しそうですが、うまいこと気象庁のサイトを開けなかったので頓挫しました。次に、最大風速ネットに乗ってない問題です。こればっかりは仕方ないのですが、毎朝177に電話するしかありません。載ってるサイトあるなら教えてください。合宿期間中の電話料金かかっちゃう問題が解決するので。それから、一度潮汐情報の取得でバグがあったことです。バグがあったのは3月23日で、前日は満潮が一度しかない日だったのが原因なのかな、と思っています。うまいこと修正しないといけません。あと、命名規則とかプログラミングのお作法をガン無視したスパゲティ・コードであることは間違いないので何とかしたいですね。それに、いちいちVScodeというプログラミング用のソフトウェアを開いてプログラムを実行しないといけないのでユーザ・インターフェイスは最悪です。現状、他の人がいじることは想定されていない。最後に、いまは毎朝7時くらいにPCを開いてプログラム開いて、ってやっているのですが、それすらもめんどくさくなってきたので自動的に定期実行してくれるようにしたいですね。まあ、本業はヨットなので、暇をみつつぼちぼち頑張ってみたいと思います。

ひとつ感じたのは、作りたいものがあると色々調べて試行錯誤するので勉強になるな、ということです。普段のヨット部の活動でも、常に目的意識をもってやっていきたいと思います。

長々となってしまいました。あっという間にサクラの季節も半ばを過ぎ、大学の授業が始まろうとしています。今一度気を引き締めて精進して参ります。それでは、失礼いたします。

伊東秀晃

コメント

気づいたらラスト春合宿

2021-04-02 17:49:00 | 通常練習

お世話になっております。ヨット部4470クルーの齊藤崇です。もう新4年でもなく、本格的に4年生になりました。時間の経過というものは本当に早いものですね。

1年生の時の春合宿は、雪も降るなか練習してめちゃ寒い、手の皮がむけてヒリヒリ痛い、動作に追われて余裕がない、と毎日泣きたくなるのを堪えて練習していました。

こうした苦い思い出のある春合宿は、去年も、そして最後である今年も、気づいたらあっけなく終わっていました。果たして喜ぶべきか悲しむべきかといった複雑な気持ちであります。


先合宿の練習を振り返ります。


土曜日は南風順風の中、他大学との合同練習を行いました。全日本インカレ常連校が多く、かなりレベルの高いコース練習となりました。我々東大はまだ葉山に引っ越してきたばかりということもあって、なかなか前を走る経験はできませんでしたが、他の大学のレベルを知ることができる、学びの充実した良い1日でした。


日曜日は本来は六大学戦が予定されていたのですが、平均10メートルが吹いているど強風で、葉山新港には赤旗がそれはそれは高らかにあがり、部員の期待とは裏腹に中止が余儀なくされました。

レースは中止となりましたが、470チームは470 3艇、レスキュー2艇という安全は十分に確保された状態で海に出ました。大波と爆風の中の練習で、沈艇も続出するサバイバルコンディションでした。海上に出たのはほんの2時間程度でしたが、部員がシーマンとして大いに成長できる、実りある2時間であったと思います。


月曜日は南からインデッキからフルトラくらいまでの風が安定して吹いていました。風は弱いながらも、大きなうねりが残っている中の練習だったので、ヒールトリムやハンドリングには苦労した1日でした。


火曜日、水曜日は似たようなコンディションで、朝出艇してから、北風強風でしたが、だんだん落ちて、南に風が周り、午後時間が経つにつれて南風が強くなるという、葉山の海ではよくある風の中で練習ができました。また、東大と横国の合同練習(通称、東横戦)も開催され、チームレースを考える良い経験となりました。


総じて、葉山での練習が本格的に始まり、充実した1週間でした。合宿もチームごとに2日に1回できるようになったので、部としての結束力は少しずつ強まってきていると思っています。


自分の課題としては、艇数が多くなるコース練習の中での、マーク際の動作と立ち回りがまだまだだと痛感しました。前に出る瞬間があっても、ボロボロと順位を落としてしまうことが多く、悔しい思いをすることもありました。


春合宿は終了し、新歓も始まるので、今後はなかなか練習時間を確保することが難しくなってきますが、積極的に自主練習を行なって、春インカレまでに今合宿で発見できた弱点を一つ一つ克服していきたいと思っています。


最後になりますが、お忙しい中、練習を見にきてくださったLB西坂様、多賀谷様、戸沢様、小野様、塚本様、天木様、野村様、ありがとうございました。たくさんのLBの方が来てくださって、レースや練習内容に関して様々な角度からフィードバックしていただけるのは実に贅沢なことだと思っております。また何より、LBの方々が練習に来てくださると、春インカレに向けて本当に心強く思えます。

今後ともよろしくお願いします。


それではこの辺で失礼させていただきます。


4470クルー  齊藤崇

コメント

八景島からの脱出 2021春

2021-03-26 21:04:00 | 通常練習
新3年470スキッパー調です。
遂にブログが回って参りました。

今クールは、活動再開後春合宿4クールとのことで、早いことで再開からもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。

今クールの途中に、遂に八景島から葉山へ引っ越しました。

葉山合宿所はまたもや森に還っていたようで、引っ越し葉山組がきれいに掃除してくれました。
その後、チーム全員で葉山合宿所でのライジャケなどの備品管理ルールを決め、セールの置き場なども工夫して中々良い感じになったのではないでしょうか。

少なくとも僕が入部して以来最もコンディションは良いです。


そして、遂に、葉山への引っ越しを機に、クラス別での合宿許可が降りました。
これによって、朝早く出艇が可能になります。
許可してくれた大学に感謝し、1年間築いてきた信頼を崩さぬよう、これまで以上に感染対策に心がけてゆきたいです。



さてさて、その次の日には早速葉山で出艇した訳ですが、それが中々ハードな練習になりました。
午前はフルパワーからオーバーのそこそこの風が吹いていたのですが、どんどん風は強まり、午後にはmax13m/sほど入り、南風も合いまって大波強風コンディションになりました。
その後さらに上がり赤旗が掲揚されました。

個人的には史上最大の波で、最後のランニングは完全にびびってしまいました。

それでも一番怖かったのは、そんな中でレスキューの周りを5艇でサークリングするよう言ってきた小松コーチなのかもしれません。
「この風でこそ、サークリングなんだぁ〜」
とのことで、内心心臓バクバクでしたが、強い気持ちとハンドリングを身につけられたような気がします。

自分としては、そのようなコンディションでも、スピンを上げてきちんとランニングの角度を走って、沈せずにハーバーバックできたことに、成長を感じました。

日曜日の六大戦はこれ以上に風が強く、また海風というハードなコンディションで、しんどいレガッタになりそうですが、レースの中で少しでも成長できるよう頑張りたいと思います。

おやすみなさい。

470スキッパー 調亮太郎


コメント

レスキューに感謝

2021-03-25 22:41:00 | 通常練習

こんばんは。仰秀3年の萩原です。

今週の活動報告をします。


今週は微風2日、強風3日と極端なコンディションの多い週でした。


金曜日は午前中強風、午後微風で、午前中はジブで走る練習を、午後は自分のスタート練習をしました。バウマンでのスタレンはほぼ初めてだったので、難しさを痛感しました。


土曜日は微風でした。主に回航練を行い、微風でのタック・ジャイブを練習しました。特にロールを重点的に練習しました。かかり具合がものすごく良い回とあまり良くない回の差を知るべくひたすら試行錯誤したのですが、あまりよく分かりませんでした。今後の課題です。


日曜日は強風のため出艇せず、午前中はジェノアやライジャケの補修、午後はトレーニングと過去の先輩方の動画研究を行いました。特に、現役の動画と比べると、回航動作の速度がまだ先輩方に追いつけてないことを実感し、今後のさらなる改善が必要だと再認識しました。


月曜日は午前中は強風のため出艇できず、午後に出艇しました。強風ギリギリで出艇したのですが、練習中に風がどんどん落ちていきさまざまな風の速度に対応する良い練習になりました。特に振れも大きく回航後どこまで上すとクローズかが変わりやすく良い練習になりました。


火曜日は短い距離での回航練をひたすら行いました。特に課題の回航後素早くクローズに合わせること、即ジャイを重点的に練習しました。練習していると、途中でディンギーのレスキューが葉山への引っ越しの途中に小網代に寄ってくれました。そのため後ろから動画を撮ってもらえたので練習後皆で分析しました。ディンギーの方々ありがとうございます。



以上、今週の仰秀の活動報告でした。これからもよろしくお願いします。


萩原和眞

コメント

整備は大事

2021-03-24 08:47:13 | 通常練習

こんにちは。仰秀の新3年の青木維摩です。
先週の活動報告をさせていただきます。

14日はジェリーフィッシュチームと走り合わせを行いました。フォアデッキについては動作にまだまだ改善の余地があると感じると同時に、走りに関してもクローズの走らせ方の引き出しをもっと作らなければいけないと感じました。

15日はスタート練習とロングの走り練習を行いました。スタート練習では大外しの回数が減り成長を感じるとともに、ここを限りなくゼロに近づける、風が振れてもリカバリーできるようになることが必要だと感じました。走り練習では、いつもと違う走らせ方をしてみたり、色々な変数を変えてみたりと順風での最善の走りを研究しました。

16日は強風のため整備のみを行いました。数年ぶりにスピンバックを外したり、アウトホールのカムを交換したりと、仰秀の積年の整備事項に取り掛かりました。

以上、先週の仰秀の活動報告でした。

青木維摩

コメント

春合宿折り返し地点

2021-03-18 23:13:21 | 通常練習

新2年スナイプスキッパーの千田です。第3クールの練習報告をさせていただきます。

 

3月12日は1-3mほどの風の中、コース練習を行いました。微風での走らせ方の良い練習となりました。13日は午前は赤旗、午後になると一度は降りましたが出艇直前に再び赤旗が上がり、練習はできませんでした。14日は私は船舶免許の試験を受けに行き、八景島では順風の中コース練習を行っていました。多様な風で練習ができる貴重な機会となったようです。15日は走水で小松コーチに見ていただきながら、動作練習、数艇でバウを揃えてストップアンドゴーの練習を行いました。私にとっては初めての加速やストップの練習で、思い通りにはいかなかったものの、スタートのイメージを少しは掴めたように思います。16日も赤旗となり、上級生は整備、新2年は上級生やLBの永田様に見ていただきながら陸シミを行いました。永田様、アドバイスをいただきありがとうございました。

 

赤旗の二日間は新2年は小松コーチから海難事故の事例など安全に関するお話を聞きました。普段の練習においても事故が起きる可能性は十分にあり、とにかく人命を最優先にすること、危険を感じたらいち早く身を守ったり部員を助ける行動をとったりすることが重要だと感じました。豊富な事例を身をもって経験した方から聞く話はリアリティがあり、海で活動するヨット部の一員として、今回聞いた話を忘れないようにしたいと思います。

 

続いて練習で感じたことを記します。練習が再開しスキッパーの練習を始めてから二週間が経過しました。まだまだ自分の思い通りに操船ができず、ケーストラブルに発展することが何度かありました。中でも最も大切だと思ったのは、他艇を避けようとする意識です。今週の練習では何の行動もとらずにケースを起こしてしまっていました。安全においても最も基本的である、声をかけてコミュニケーションをとることの重要性を改めて感じました。

帆走に関してはまだ舵に集中するとメイントリムが疎かになり、どちらもしようとすると舵がぶれるという状態です。常にメインセールの形を見るという意識を持ち、リーチリボンを流せるようトリムを頻繁に行うことが次クールの課題です。またオーバーヒールしそうになり、メインを抜いて少し上ると逆にアンヒールが入り慌てて下るということが多々あり、この二週間でなかなか改善していません。練習を重ねるたびに意識すべきことが増えていますが、消化不良を起こさず確実に成長できる様にしていきたいと思います。

 

以上でスナイプチーム第3クールの練習報告と致します。

 

新2年スナイプスキッパー 千田綾菜

コメント

Step by Step

2021-03-18 19:50:43 | 通常練習

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。

新2年470クルーの松尾です。

 

私からは470チームの春合宿第3クールの練習報告をさせていただきます!!

今クールは、赤旗が多かったことや、コース練が中心だったこともあり、同じく新2年の千田が投稿するスナイプチーム報告と重複する箇所もございますが、僕なりの感想や反省も含めて報告できればと思います。

 

まず初日、金曜日。

第一に、マネ飯のドライカレーが、最高に美味しかったです。(個人的には、春合宿メニューランキング暫定1位です)

それはさて置き、この日は、かなりの微風のコンディションでした。出艇直後、新2年クルーはピンダウン(アップ)の練習をしました。前日に上級生に教えていただいた手順を、海上で実際に実践してみて体にインプットすることができました。実際はレースの合間、しかも強風の時に素早くやらないといけないということで、今後慣れていきたいです。

その後は、早稲田と合同でスタート練習・コース練習を行いました。タックの際、ロールのかけ方や起こし方に大胆さが足りないことが今後の課題です。お昼休憩ごろに、少しだけ風が強まったと思ったのも束の間、午後はほぼ無風に近かったため早めに着艇し、トレーニング・整備等に充てました。

 

翌日土曜日は、朝から赤旗でした。上級生が整備をする中、新2年は早稲田の新2年と合同で、小松コーチの講習を受けました。基本的な人命救助や、海上で悪天候に見舞われた時の対応、沈の起こし方について話していただきました。正午ごろ、赤旗が黄旗に変わったため、艤装を完了させ出艇を試みましたが、雷雨がきつくなり、視界不良のため断念しました。

今回は実際に出艇はしませんでしたが、こうした厳しいコンディションの時こそ、小松さんがおっしゃったような冷静な対応が生きてくるのだと感じました。

 

3日目は、私と同期数名は船舶免許を受験しに行っていました。

(一緒に受験した同期全員、無事合格していました!さすが東大生、試験にはめっぽう強いです笑)

八景では、トラぺゾイドのコース練習を行いました。着艇前には、さらに良い風が吹いてきて充実した走り合わせができたようです(同期談)。

 

月曜日は、先週同様、走水で練習を行いました。午前は強風で、470チームは主にスタート時の加速練習や、動作練習を中心に行いました。最近の早稲田とのコース練習では、動作練を集中的にやる機会はあまり無いので、自分の課題を考える良い機会でした。私自身、トラッピーズタックにまだまだ不慣れで、動作自体を素早く行うことはもちろん、ジブを掛け替えるタイミングやアジャスタートリムなど、頭では理解できていても上手くできてないことが多いです。もっともっと陸シミュをこなしていくことが大事だと思ってます。

午後は、一気に風が落ちましたが、ロールタックやサークリングなどを重点的に練習しました。私は、470クルーの先輩にスキッパーとして乗っていただき、動作の細かい部分を教えていただきました。特に、初日に課題としていたロールのかけ方、起こし方の部分を繰り返し練習し、かなり成長できた感触があります。ハーバーバックの曳行開始の直前、また強い風に恵まれ、リーチングなどの走り合わせができました。1日だけで、これだけ多様なコンディションで練習できたことはすごくラッキーだったと思います!

 

そして、最終日も赤旗になってしましました。先輩たちは整備を、新2年は午前中に艤装の復習、小松コーチの安全講習Part2を、午後に陸シミュを行いました。特に陸シミュは、ずーっとやりました。ずーっとです。今までも、「陸シミュやろう、やろう」とはなっていたものの、通い練習の性質上なかなかまとまった時間が取れずにいました。今回、集中して下オンからフルトラまで基本的な動作をシミュレーションできたのは、すごく良かったです。「ハンドトラッピーズで素早く出る」という部分を以前よりできるようになっていたのが個人的成長です。

 

今週は、海にいた時間こそそれほど長くはありませんでしたが、超微風から強風まで多様な風の中で練習でき、個人的には陸シミュも含めて充実していました。

まだまだ課題だらけで不甲斐ない時もありますが、確実に進歩している実感もあるので、一度やったことを忘れないようにしながら前進していきたいです。

また、船舶免許を取得したり、艤装もある程度覚えられたりと、練習の運営という観点からも部の一員としての意識も強くなってきています。

 

来週は、葉山に引っ越します。葉山でヨットに乗るのは実は初めてなので、楽しみです!!

以上で470チーム春合宿第3クールの紹介とさせていただきます!!それではまた。

 

新2年470クルー 松尾一輝

 

P.S.  オフを利用して、新2年で立て看板作ってきました!駒場キャンパスを訪れた際は探してみてくださいね!!

 

コメント