狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

【速報】米国・トランプ大統領、日米安全保障条約撤回の考えキタ━━━━(゚∀゚)━━!!

2019-06-25 14:19:19 | 辺野古訴訟

【速報】米国・トランプ大統領、日米安全保障条約撤回の考えキタ━━━━(゚∀゚)━━!!

 
1: ガーディス ★ 2019/06/25(火) 12:02:11.03 ID:cCJZQr9+9
The Spectator Index @spectatorindex 
BREAKING: President Trump mentioned withdrawing from military treaty with Japan in front of aides 
https://twitter.com/spectatorindex/status/1143342113158881280 
deepthroat @gloomynews 
トランプ大統領が側近らを前に、日米安保条約撤回の可能性について言及したとの情報。 
https://twitter.com/gloomynews/status/1143343314684395520 
以下の記事全文はソースをご参照ください
7: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:03:24.08 ID:5Mf+SQ3i0
>>1 
となると、憲法改正急がんとな



163: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:10:14.82 ID:dpb07nBh0
>>7 
憲法改正を急ぐために安倍がトランプに頼んだのかもな。



200: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:11:30.06 ID:2VUz9dCo0
>>7 
目的はコレです。



12: ガーディス ★ 2019/06/25(火) 12:03:52.44 ID:cCJZQr9+9
>>1 
日本語ソース 
(ブルームバーグ): トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に示していたことが分かった。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。 

関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。約60年前に調印された同条約は、第二次世界大戦後の日米同盟の基盤となっている。 

大統領は条約破棄に向けて実際に措置を取ったわけではなく、政権当局者らもそのような動きは極めてありそうもないことだと話している。トランプ氏の個人的な会話の内容だとして関係者らはいずれも匿名を条件に語った。 

万が一条約破棄となればアジア太平洋地域の安全保障に役立ってきた日米同盟を危うくする。日本が中国および北朝鮮からの脅威に対して防衛するため別の方法を見つける必要が生じ、新たな核軍備競争につながるリスクもある。 

トランプ大統領、日米安保条約破棄の考え側近に示していた-関係者 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-31418694-bloom_st-bus_all



67: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:06:44.29 ID:5Mf+SQ3i0
>>12 
どっちにしても憲法改正案件じゃんw



275: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:13:48.73 ID:o21gTrbI0
>>1 
条約破棄すると実質的にアメリカ軍はアジアで活動できなくなるので、中国との覇権争いから脱落する



4: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:02:52.87 ID:hDvX/abH0
日本から散々奪っておいて何様のつもりだよ!



8: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:03:41.65 ID:xOp5J4oe0
日本が核を持つ時が、 

とうとうきたな



98: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:07:54.98 ID:FWw6LYku0
>>8 
まさにこれ



149: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:09:48.50 ID:7ar5v4UhO
>>8 
ワクワクが止まらん 
これから日本が米国から独立するんだぜ



10: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:03:42.31 ID:n2Lw34WS0
やったぜ 
日本は中国に付くからw



11: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:03:51.76 ID:4ij5pYpZ0
野党どーすんの? 


9条改憲の議論から逃げるなって現実が突きつけられてるわけだが



20: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:04:41.54 ID:hDvX/abH0
>>11 
まずはそれ前にアメリカに変わる同盟国を 
イギリスかドイツか



110: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:08:22.70 ID:NcEPNGx+0
>>20 
ドイツとか話にならないよ。 
太平洋に基地を持てるイギリスしかない。



13: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:03:57.56 ID:9EHgbbuE0
在日米軍基地もなくなるの?



14: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:04:06.49 ID:so2sjqkH0
えっどういうこと?



17:  2019/06/25(火) 12:04:22.60 ID:tr8pFDMq0
オール沖縄大勝利って事ですか



59: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:06:23.55 ID:rNMBDJ0r0
>>17 
代わりに自衛隊が使うと思う



18: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:04:22.72 ID:kXHr3MI60
ほほう。すごいニュースだね。 

じゃあ日本は、速やかに核装備を進めないとか。



225: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:12:11.60 ID:CGCYCjOu0
>>18 
ほお、勇ましい! 
で、国内のどこでテストするのかね?



282: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:14:03.26 ID:fFfkC7XR0
>>225 
別に金払ってマリアナ海溝でも良いやん。



325: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:15:06.43 ID:EdNbTVjk0
>>225 
竹島



22: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:04:50.37 ID:HtjZEhqR0
これが進めば。日ロ交渉が進展する



412: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:16:58.73 ID:37518b3a0
>>22 
北方領土が今度こそ返ってくるかもね



459: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:18:00.33 ID:fsSu+cMG0
>>412 
返ってくるわけねーだろ



32: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:05:18.07 ID:RJGJOvqc0
むしろ核武装のチャンスでわ?



37: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:05:32.41 ID:Gh31Iqpl0
またマスゴミのフェイクニュースか。 
株も為替も全く無反応だぞw



38: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:05:35.79 ID:xlaH0V830
いいよ、でも核武装に内政干渉するなよ。



40: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:05:39.24 ID:1HoAXEbV0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!



41: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:05:40.15 ID:nXMpI8QM0
一度解消して仕切り直すのもいいかもしれんな 
平和ボケの連中も目が覚めるだろう



42: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:05:41.41 ID:VzoEI81g0
潜水艦発射型巡航核ミサイルの開発と 
イプシロン改造のICBM核ミサイルを配備しよう



43: 名無しさん@1周年 2019/06/25(火) 12:05:46.41 ID:JtmIQAtN0
いやー、護ってもらえないなら 
不本意ながら軍隊を持たざるを得ないなw



引用元: ・【速報】トランプ大統領側近が日米安全保障条約撤回の可能性に言及

コメント (3)

新・「鉄の暴風」のいかがわしさ

2019-06-25 05:14:03 | ★集団自決


狼魔人日記

 

⇒最初にクリックお願いします


ここ数日風邪をこじらして、熱で頭がさえない。

例年慰霊の日の前後にアクセスが増える過去ブログから、もう一編紹介しよう。


『鉄の暴風』のいかがわしさ 2007-11-01 06:15:54 

米、数千人動員して民間人救出
「米軍より日本軍怖い」感覚へ

  沖縄戦に関する沖縄県民の手記には、しばしば「米軍よりも日本軍の方が怖かった」という感想が出てくる。言葉も通じない敵の軍人に、同じ日本人よりも親近感を覚えるということが果たしてあるのだろうか。それは、米軍が「日本の圧政に苦しみ、虐げられている状況を打開してくれた解放軍」という認識を、県民が抱くようになって初めて可能だ。(略)(世界日報 2007年10月30日) http://www.worldtimes.co.jp/index.html

                     ◇

■米軍は解放軍■

「鉄の暴風」という言葉から受ける印象は、

「沖縄対日本軍」の戦いである。

そして米軍は日本の沖縄を解放に来た解放軍だという印象だ。

太田元沖縄県知事の一連の著書にはこのような記述が見られる。

≪その意味では、沖縄戦のあとに上陸してきたアメリカ軍は沖縄にとって解放軍のはずだった。≫
(大田昌秀著「沖縄の決断」朝日新聞社刊)http://www.kamiura.com/chuu18.htm

 

沖縄タイムスが極端な偏向を通り越し、

敵意剥き出しの反日報道をするのには理由があった。

 

■沖縄タイムス出生の秘密■

その訳を深く掘り下げると沖縄タイムスの出生の秘密にたどり着くことになる。

それは昭和25年に発行された『鉄の暴風』の初版の前文にすべてが凝縮されている。

前文にはこう書かれていた。

「なお、この動乱を通じて、われわれ沖縄人として、おそらく終生わすれることができないことは、米軍の高いヒューマニズムであった。 国境と民族を超えたかれらの人類愛によって、生き残りの沖縄人は、生命を保護され、あらゆる支援を与えられて、更正第一歩を踏み出すことができたことを、特記しておきたい」 (『鉄の暴風』初版前文)

揉み手をしたような、この米軍へのおべんちゃら記事が『鉄の暴風』の記事だと知ると驚く人も多いだろう。

勿論、沖縄タイムス出生の秘密を暗示するこの前文はその後の重版では削除されている。

『鉄の暴風』は主として沖縄タイムス記者伊佐良博氏(後に太田に改姓)によって書かれたが、同書のもう一人の著者、牧港篤三氏によれば、

初版は2万部出版され「米軍に提出されるため英訳され、占領軍司令部でも話題になった」と記している。(沖縄タイムス平成14年6月12日付け)


■米軍広報紙としての出発■

さらに沖縄タイムスの創立者の1人座安盛徳氏(故人)は昭和25年5月2日、東京のGHQを訪問し、当時の沖縄人としては珍しくマッカーサー元帥と面談もしている。

当時は日本政府の要人でさえ面会の難しかったマッカーサー元帥に沖縄タイムスが容易に面会できた事実に驚かされる。

これによって沖縄タイムスが米軍の沖縄占領政策の重要な一部門に組み込まれていたことが分かる。

マッカーサーとの面談の三ヵ月後に『鉄の暴風』は初版が出版されることになる。

座安氏はマッカーサー元帥との面談を「雑感記事」として昭和25年5月6日の沖縄タイムス記事で次のように書いている。

「あたかも遠方の不遇な息子の安否を気づかう慈父のような態度に一行はすっかり気をよくして・・・いよいよ思い切り甘えて見たくなった」

今で見ると驚きだが、これが『鉄の暴風』の出版のため東京を訪れた沖縄タイムス幹部の米軍総大将への雑感である。

そう、沖縄タイムスは戦後沖縄占領米軍のプロパガンダ紙として出発したのだ。

ここで言うプロパガンダ紙というのは比喩的な意味ではなく米軍情報部の下に作られた広報紙という意味である。

勿論米軍情報部の目論む「沖縄住民を日本から永久分断する」情報作戦の一旦を担うのが沖縄タイムス紙創立の理由だった。


■「鉄の暴風」に続く「紙の爆弾」■

当時、不足気味の新聞用紙の提供など報道に必要な備品は全て米軍によって提供された。

<沖縄戦に関する沖縄県民の手記には、しばしば「米軍よりも日本軍の方が怖かった」という感想が出てくる。言葉も通じない敵の軍人に、同じ日本人よりも親近感を覚えるということが果たしてあるのだろうか。それは、米軍が「日本の圧政に苦しみ、虐げられている状況を打開してくれた解放軍」という認識を、県民が抱くようになって初めて可能だ。>(世界日報「米軍より日本軍怖い」感覚へ)

米軍は「鉄の暴風」を吹き荒れさせた後は、

「紙の爆弾」といわれた膨大な量の宣伝ビラを島中にばら撒いて住民と日本軍の分断を図った。

この心理作戦遂行のため、情報部は沖縄での空中散布用に五百七十万枚のリーフレットを印刷。米軍上陸後にまかれたあるビラの文面を紹介しよう。

 皆さん達の家はこわされたり、畑や作物は踏み潰され又元気盛りの青年は殺され、沖縄の人は皆口に言えぬ苦労をしています。内地人は皆さん達に余計な苦労をさせます。……日本兵が沖縄の人々を殺したり住家をこわしたりしている事は皆さん達に明らかでしょう。この戦争は、皆さんたちの戦争ではありません。唯貴方達は、内地人の手先に使われているのです」(世界日報より)

全島に降り注いだ紙の爆弾の効果はてき面だった。


■沖縄と日本との分断工作■

ニューヨーク・タイムズはアレクサンダー・ロバーツ伍長の談話を次のように掲載している。

 <生き残った人々は、アメリカ兵から食事を施されたり、医療救護を受けたりすると驚きの目で感謝を示し、何度も何度も頭を下げた。「鬼畜米英の手にかかるよりも自ら死を選べ」とする日本の思想が間違っていたことに今気がついたのであろう。それと同時に自殺行為を指揮した指導者への怒りが生まれた。そして七十人の生存者のうち、数人が一緒に食事をしている処に、日本兵が割り込んできた時、彼らはその日本兵に向かって激しい罵声を浴びせ、殴りかかろうとしたので、アメリカ兵がその日本兵を保護してやらねばならぬほどだった>

  ≪かくして、沖縄県民の心には徐々に、米軍ではなく日本軍が敵であるという認識が植え付けられていくのである。

   「沖縄人」と「内地人」を離間させ、対立を煽(あお)る「宣伝ビラ」の配布、方言による声の投降勧告の上で、米軍が行ったのが、戦場下で逃げ惑う民間人の救出だった。保坂廣志氏は、この民間人救出に、数千人もの軍政要員と、沖縄系二世が動員されたと指摘している。≫(「世界日報」10月30日記事)

『鉄の暴風』が書かれた戦後5年目の沖縄は通信手段や交通手段さえ現在とは比較にはならない。

バスやタクシーが未だ無いので、交通手段は勿論電話や取材用の紙さえ米軍に頼らざるを得なかった。


■不可思議な取材活動■

『鉄の暴風』著者太田氏の取材の様子を世界日報は次のように報じている。

≪さて、太田氏はこの反論連載(沖縄タイムス掲載の曽野綾子氏への反論)の中で『鉄の暴風』の取材期間が「三ヶ月、まったく突貫工事である」と書いている。≫

現役記者のK氏は、取材活動でケータイは勿論PC、カセットテープを駆使し、移動手段も飛行機、電車、車、場合によってはミニバイクに乗って取材活動している。

『鉄の暴風』の取材方法については、同業者として次のように疑念を呈している。

≪記者二人で、三ヶ月の取材で書き上げた分量は四百字詰め原稿用紙で750枚前後に及ぶ膨大なものだ。 しかも離島だけではなく、本島の北から南にまでの兵隊や住民の動向を取材の視野に入れている。・・・・果たして証言内容を精査、吟味する時間をどれほど持てたのだろうか。≫

だが、読者の疑念は次の事実で氷解する。

『鉄の暴風』は証言内容の精査、吟味は不要であり、

米軍がその機動力で一か所に集めた都合の良い「証言」者から聞き取るだけで済んだからである。

何故なら『鉄の暴風』発刊の主旨は著者がいう「歴史の記録」というより、「住民と日本との分断」という米軍の意図の下で発刊を許可されていたからである。

ちなみに当時の沖縄で全ての出版物は米軍の発した「二ミッツ布告」による事前の検閲が必要であった。

ニミッツ布告
1945(昭和20)年3月26日公布
正式名称、アメリカ海軍軍政府布告第1号
アメリカ軍の慶良間諸島上陸の時、アメリカ太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツ元帥によって公布される
北緯30度以南の南西諸島及びその周辺海域における日本政府の行政権と司法権を停止し、アメリカ軍の占領下におくことを宣言
アメリカの沖縄占領の実質的根拠となる
1966(昭和41)年まで存続


■米軍協力で集められた「証言者」■

昭和25年、那覇市の今で言う国際通りの国映館界隈は未だ道路も舗装されておらず米軍トラックが通ると埃が朦々と立ち込める悪路であった。

埃っぽいその道路から奥まった一角に在った某旅館に「集団自決」の証言者と称する人たちが集められた。

米軍の協力の下、実際に動いて証言者を集めたのは、沖縄タイムス創立の1人座安盛徳氏であった。

『鉄の暴風』の著者が不備な交通手段や通信手段を使わなくとも済むように、座安氏は先ずその旅館に「証言者たち」を集め、取材の準備を万端整えた。

そして『鉄の暴風』の連載を企画し、その後、単行本実現に米軍情報部との強力なコネを通じて影の力を発した。

その結果、太田氏は現地取材することも無く、一か所に集められた「関係者」からの聞き取りだけで「裏付け」をとることもなく、『鉄の暴風』を著したのである。

太田氏の取材は当時としてはある意味で、比較的容易に行われ、それが後日「伝聞取材」であると批判される原因になる。

一方影の著者とも言える座安氏のやったことは、「関係者」を集めるとは言っても、電話も交通手段も不備だった昭和25年当時の沖縄で、全島から「関係者」を一か所に集めることは至難の業で米軍の機動力の支援なくしては出来ない仕事であった。


■「伝聞記事」に対する太田氏の反論■

著者の太田氏は沖縄タイムス昭和六十年四月十日付で「座安氏の活躍」について明言している。

後にこれをまとめて出版した『戦争への反省』の中で、この「関係者」の取材が伝聞取材だったと問われたことに対して、次のように弁解している。

≪直接体験者でもないものが、あんなにくわしく事実を知っているはずもなければ、直接体験者でもないものが、直接体験者をさしおいて、そのような重要な事件の証言を新聞社に対して買って出るはずがないし、記録者である私も、直接体験者でないもの言葉を「証言」として採用するほどでたらめではなかった。  永久に残る戦史として新聞社が真剣にとり組んでいた事業に、私は、そんな不真面目な態度でのぞんではいなかった。≫((戦争への反省」225頁)

いやぁ、本職の記者でもない素人の筆者が読んでも、「~はずがない」とか、

「記録者(記者)は・・・でたらめではない」とか、

「新聞社が真剣に・・・」とかは子供の言い訳にしか取れないのだが・・・。

取材の基本は「裏づけ」だということは素人でも思いつくことだが、『鉄の暴風』の取材方針は「性善説」に徹しているようで、

詳しく知っていれば体験者のはずだ」、

「新聞社や記者はでたらめでもなければ、不真面目でもない」と主張することで伝聞取材説への反論としているのは驚きだ。

『ある神話の背景』(『集団自決の真相』と題して再版)の著者曽野綾子氏は、太田氏の上記の反論を、「子供の弁解」とは言わないまでも「素人のたわごと」と斬り捨てている。

「いやしくもジャーナリズムにかかわる人が、新聞は間違えないものだなどという、素人のたわごとのようなことを言うべきではない」。

太田氏の弁明は素人からは「子供の言い訳」と取られ、曽野氏からは、「素人のたわごと」と一蹴された。

至言である。

「関係者」を旅館に集め取材のお膳立てをした座安盛徳氏は、後に沖縄タイムス専務、琉球放送社長などを歴任した人物で、米軍占領後沖縄を襲った巨大台風「グロリア」の被害処理を通じて米軍情報将校と個人的に強力なコネクションを持つようになっていた。

このように『鉄の暴風』は影の執筆者とも言える座安氏の米軍との個人的つながりの下に、

全ての資料は事前に準備されていたのである。

取材は現地に居なかった「関係者」の証言だけで充分だったのだ。

沖縄タイムス設立の目的は米軍のプロパガンダであり、

「日本軍を悪し様に罵って沖縄住民と日本との永久分断を計る」

という米軍の意図が広く沖縄中に浸透すれば、

『鉄の暴風』出版の目的は達せられたことになる。

 

初版から62年経った現在、『鉄の暴風』は今でも沖縄県民の日本への憎悪を煽り続けている。

恐ろしきはマッカーサーの62年殺しである。

 ⇒最初にクリックお願いします

◆参考エントリー:

「沖縄人は日本人にあらず」 占領米軍の分断工作工作

「マッカーサーの三年殺し」【再掲】

 

コメント (3)

【沖縄慰霊の日】琉球新報「安倍首相、滞在わずか4時間 沖縄全戦没者追悼式で見えた沖縄県と政府のすれ違い」

2019-06-25 00:40:59 | マスコミ批判

狼魔人日記

 

帰れコールされたので帰ったら帰るのが早いとか、琉球新報は錯乱してるな

【沖縄慰霊の日】琉球新報「安倍首相、滞在わずか4時間 沖縄全戦没者追悼式で見えた沖縄県と政府のすれ違い」

2019年06月24日

★ 2019/06/24(月) 11:59:25.36 ID:a1bBOhhF9

 戦後74年目の「慰霊の日」、玉城デニー知事は初めての「平和宣言」で、普天間飛行場の一日も早い危険性の除去と辺野古移設断念を求めた。辺野古移設を巡り、今後県は、埋め立て承認の効力が取り消されたことに関して政府を提訴する予定で、対立は続く。県側との「対話」を避けるかのように安倍晋三首相は4時間で沖縄を後にし、式で知事と長く言葉を交わすこともなかった。辺野古移設を進める国の強硬な姿勢と断念を求める県と... 

琉球新報 
2019年6月24日 10:39 
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-942079.html 


WS000001

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1561345165/

4: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:04:29.93 ID:ftjlzOVq0
帰れと罵倒したと思ったら、今度は早く帰りすぎとか、 
どうしたらいいんだよw

6: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:07:07.55 ID:Fm/Gr52S0
国政を担ってるんだから4時間で十分だろ馬鹿か

7: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:07:38.83 ID:mLlqIBHs0
すぐ帰れば帰ったと批判する 
居れば帰れと批判する 


こだまでしょうか。

8: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:07:39.72 ID:+ooczuoM0
そりゃデモをやったり野次飛ばしたり、政府の事情も考えず自己主張ばっかりして 
「基地なくせ」「基地なくせ」の一点張り、 
そんなめんどくさい相手なら、とっととやることやってとっとと帰りたいって気持ちに 
なるわな。

9: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:12:05.40 ID:mhTPKZKz0
会場で「帰れ!」って騒いでなかったっけ?

10: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:14:26.60 ID:L8qp5zfF0
いやG20直前なのに何ほざいてるのよ

11: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:14:50.39 ID:Xol+m3Nv0
時間の問題か? 
長く居たら居たで文句言うんだろ?

12: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:16:32.82 ID:hDD98SUX0
罵声を浴びせてる連中ってなんなん?

13: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:17:34.26 ID:OTjTaAjX0
一泊止まっていけとでもいいたいのか?

14: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:19:41.22 ID:mdq6LNZn0
あれ?帰れコールしてた民意に沿っただけじゃないの?

17: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:25:13.70 ID:GB0fLXyC0
帰れコールされたので帰ったら帰るのが早いとか、琉球新報は錯乱してるな

34: あなたの1票は無駄になりました 2019/06/24(月) 12:49:54.76 ID:sUWQIEHW0
戦略的無視ってやつだな
 
コメント (6)