石の上にも三十年

焦らず、気負わず、程程に…。
整体&リフレ+酵母パン屋の自営業一家
何でも手作り、手仕事生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

柔軟性を考える③

2010年01月28日 15時21分59秒 | 身体日記

柔軟性に関して、意識を持ちながら長いこと施術をしていると、
クライアントの柔らかさの潜在能力がわかります。

昔から硬くて、前屈で手が地面に届いたことがないとおっしゃる方が
よくいますが、身体の使い方を変える補助を入れながら前屈をすると、
あっさりと地面に届くようになる方もいます。

要は、身体の使い方が重要で、間違った身体の使い方のストレッチでは、
皆さんも、経験済みのあの耐え難い痛みのストレッチになってしまいます。

このストレッチを続ける事は非常に辛く、私が坐骨神経痛になったように
筋肉系、神経系に負担をかけてしまう恐れもあります。 

よく、『息を吐きながら』『力を抜いて』『お尻を締めて』とか
アドバイスをするのを聞きますが、
身体には人それぞれの体型が持つ緊張と使い方の癖があるのです。
この緊張と使い方の癖は本人にはまず分らないのです。
自分の身体なのに分からないとは変な話ですが、
ほとんどの方は意識できていません。

 
この辺りになると感覚的な話にもなり、難しいのですが、
その体型が持つ緊張と癖を補助を入れることにより、
動きを補正してあげる事がなにより大事になってきます。

(整体人)

コメント

手作りフィリング

2010年01月28日 15時20分49秒 | パン!!試行錯誤

少しずつ種類と数を用意できるように練習を始めています。

今日は六種類。
・レーズンスティック
・自家製ベーコンのピザ
・手作り生姜蜜のスティック
・メロンパン
・クリームチーズプルーン
・ミルクフランス

あとは捨てがまでラスクを作りました

まだタイムテーブルが決まっているわけではないので
頭はフル回転・・・
さすがに疲れました。

今回のお遊びとしてメロンパンも楕円に。
ご主人の「クッキー生地がぽろぽろ落ちるのがもったいない!」
との声に、食べやすいかなぁと挑戦してみました。



かわいらしさはまんまるのほうがありますね。

自家製ベーコンのピザは玉ねぎをあめ色になるまで炒めた物を
パン生地に練りこんでおいて、ベーコンと黒胡椒、チーズを包んで成型。
クミンを入れたりねじってみたり色々やりました。
全粒粉入りの生地は良かったみたいです。香ばしくておいしかった!

生姜蜜は何度も煮こぼしてきつさをとったあと
ひたひたの蜂蜜で柔らかくなるまで煮た物です。
風味が最高!ただパンにしたとき何かが物足りなくて…
もう少し工夫が必要かなぁ

焼きたてを友人が家まで買いに寄ってくれました。
一緒に来てくれたかわいい赤ちゃんがスティックの皮目を
チュッチュ吸いながらたくさん食べてくれました。うれし~

今日は夜あんこを練って、明日はアンパンに挑戦です。

(かしこ)

コメント

上野 まるきん

2010年01月28日 15時19分20秒 | 我家の食卓



すっかりキムチ作りにはまってしまいました。
こんなにおいしいならもっと早くやればよかった。

ただ匂いがね…今は廊下が冷蔵庫並みに冷えてますので
冷蔵庫でも床下収納でもなく北側の棚にポンッと置いてあるので
そばを通るたびにふわっと。



今回は上野にある韓国食材の店「マルキン」で買ってきたヤンニョムを
使ってみました。
やはり本場。こみ上げてくる辛味がたまりません。

でもつい自分達好みにアレンジ。
タコの塩辛、りんごの塩辛、刻み昆布とねぎのスライスをいれ、
煮干と昆布でとっただしで風味とコクをプラス。

早くできあがれ~

(かしこ)

コメント

出店決定

2010年01月28日 15時18分10秒 | 自家製酵母パン屋 かしこ

本日、東中野にあるエコマルシェへパンを持って行って来ました。

エコマルシェは友人でもある夫妻がやっている自然食品のお店です。
かしこの記念すべき出店の門出を応援してくださっている
ありがたいお店です。

毎月第3土曜日に「朝市」があり、
その仲間入りをさせていただくことになりました。

2月は20日の土曜日です。

最近は天然酵母パンを知っている方も増えてきていますし
パン好きの方もいらっしゃいますが、味や硬さの好みは色々…

皆さんの声を聞きつつ、
自分らしいパンを焼き続けていきたいと思います!

(かしこ)

コメント

自作ホイロの作り方

2010年01月27日 15時24分49秒 | パン屋開業への道&道具達

我家の手作りホイロ、検索で引っかかるようになって
きました。そこで、もう少し詳しく紹介してみようかと思います。
  
やはり初めのうちは発砲スチロールにボールに入れたお湯などで発酵を
させていました。しかし安定しないし、容量的問題がありました。

そこでホイロの手作りを思い立ち、ネットでも色々調べ構想を
まとめていきました。

材料は

<シナランバーコア> 厚さ15mm 箱を作るベースの材です。ベニアだとビスが利きません。一枚2,200円普通はもっと高い
<1×4>  建材で安いです。ドアの材。
<エンビ板>  窓に使用。 確か5mm、これも安い材です。
<15×15の角材>  下の網をのせる材です。溝も掘りましたが、なくてもよいです。



<網板(メシュパネル)>  600×450 1500円位



<電熱器>



確か1,400円位。その後、こたつヒーターに変更。

我家では幅630mm 高さ940mm 奥555mmのサイズで作りました。
<金具類>
<取っ手>
 


<ゴムパッキン> 黒く見えるところです。密閉性をあげています。
<ビス> (細めのコーススレッド35mm 50mm 下穴なしでビス留めできる)
<釘>
以上は大きなホームセンターへ行けば全て揃うと思います。

<サーモスタッド>

  

0~40度対応のものです。なるべく直接コンセントで接続できるように工夫してみました。
秋葉原の坂口電熱で温度帯や使い方を伝え、選んで
  いただきました。確か3~4,000円。
ケースがないので、東急ハンズで見つけてきた木の箱を代用しました。
右下のスイッチはライトのもの。



奥の棒状の物がセンサーで、照明はほとんど使っていません。飾りです(笑)
思ったよりこのLEDライトは庫内を照らすには暗すぎてだめでした。



我家のミーレオーブンはビルトイン使用なので箱もランバーコアで作り、
ミーレの奥行きに合わせてホイロを作りました。
ホイロサイズを決めるのに重要なのは、
メシュボードのサイズは限られているので、ボードのサイズから
箱の寸法を決めるのが良いかと思います。  

ランバーコアの切断は簡単な設計図を書いてホームセンターに
持っていけば(有料)でやってくれます。

後はビス止めプラスボンドで組立てます。
 
窓は我家ではトリマーという機械で溝を掘り、エンビ板をはめ込んでいますが、
エンビ板に下穴を開けてから木材とドア材で挟み込み、
ビス留めしてもいいかもしれません。
 
電熱器とサーモスタッドの接続は端子で行います。
はんだではだめだそうです。



狭い場所に詰め込んだので、配線がゴチャゴチャしておりますが、
素人ですので勘弁して下さい。右上が照明の配線。中央がサーモ本体です。



赤いプラのところがファルカタ端子。それを小さいビスで留めてます。

正直、電気の知識が皆無だったので大変でしたがなんとか仕上げました。
ただ電動工具がないと、作るのはかなり難しいと思います。
ない場合はホームセンターでレンタルしてもいいかも知れません。
手締めは大変なだけでなく、ズレが生じやすいのでご注意。

細かい使いがってなどは、妻がアップしてくれると思います。

その2

熱源を電熱器でやっておりましたが、サーモスタッドがオフになっても
電熱器が熱を持ってしまい、5度程設定温度より高くなってしまう。

色々考えたあげく、たまたまコタツの裏を見てピンときました。
電気アンカです。
これならあまり熱を持たず、設定温度に近い状態で維持できると…。

早速です。問答無用で、コタツのアンカをはずし、ホイロに移設。
試してみると、これがバッチリ!!予想どおり、いや予想以上で、
自画自賛!!

しかもこのアンカにはファンが付いているので熱回りも良いです。



全体像はこんな感じ。ついでにサーモのセンサーを熱源に近い、下の方に移しました。
直接熱が伝わらないよう木材を載せています。

その3
今まで、温度計を甘く考えていました。
100円ショップのデジタル温度計とホームセンターのアナログ温度計で
済ませていました。
でも、先日買って来たデジタル温度計も一緒に入れてみると
数値が全然違うのです。
前から使っている物は、精度がいまいちで、なにより数値が変わるのが遅いのです。

これはイカ~ン!ということで、早速東急ハンズに行き、
『化学コーナー』で見付けてきました。



今までは探す場所も間違っていました。キッチン用品や家庭用品ばかり見ていて、
欲しいものを見付けることができませんでした。

これは室温と庫内を同時に計測でき、また10秒に一度計測してくれます。
写真の右がセンサー部分。コードが長いので本体は
見やすいところへ設置できとっても便利。
価格は1500円位でリーズナブル!!


(整体人)

コメント (3)