ケアハウス ラポーレ駿河ってこんな処

静岡市にあるケアハウス「ラポーレ駿河」の楽しい生活を紹介します。

政局は大混乱へ★

2014年01月17日 | 選挙情報

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に出馬表明した元首相の細川護熙氏(76)が唱える2020年東京五輪・パラリンピックの「返上論」や「脱原発」の主張に、関係者の間で困惑が広がっている。

 細川氏は、昨年末、径(こみち)書房から出版されたジャーナリストの池上彰氏の著書でのインタビューで、「オリンピックで金メダルをたくさん取るよりも、いまこの時代に原発をどうするかということのほうが、日本の将来にとってよっぽど重要な話のはずだ」と語り、五輪の「返上論」に言及している。

 文部科学省幹部は「五輪返上となれば、国際的な信用を失い、東京では当面開催できなくなる」と懸念する。実際、1940年に開催を予定していた東京五輪は、日本が日中戦争を理由に辞退し、日本の国際的地位を低下させたという痛恨の歴史がある。

 さらに、2020年五輪に合わせた新国立競技場やパラリンピック選手用のナショナルトレーニングセンターの建設構想などの全面的な見直しも不可避となる。政府の14年度予算案は過去最大の255億円のスポーツ関連予算を計上したが、「五輪がなくなれば、『無駄遣いだ』と批判されかねない」との声もある。

 細川氏は都知事選で、「脱原発」を最優先の課題に掲げるシングルイシュー選挙に持ち込む選挙戦略を描く。政府は安全性が確認できた原発から順次再稼働させる計画だが、都知事選の勝利をテコに覆そうという狙いがありそうだ。  読売新聞記事

朝日新聞は・・・

23日告示の東京都知事選に立候補を表明した細川護熙(もりひろ)元首相(76)は、17日に予定していた公約発表会見を20日以降に延期した。2020年東京五輪や脱原発に関する政策作りに難航し、東京佐川急便からの借り入れ問題への説明についても調整を続けている。

 細川氏は14日、小泉純一郎元首相の支援をうけ、脱原発をめざして立候補すると表明。陣営は、15日に記者会見で政策を公表する予定だった。だが、14日夜、「公約や質疑での回答案が固め切れていない」として17日に延期し、さらに16日、20日以降に延ばすことにした。

 複数の関係者によると、脱原発をめぐっては、陣営内で議論があったが、即時原発ゼロを掲げる方向になっている。脱原発の政策内容を最終的に詰めているところだ。

*どの新聞記事も佐川急便1億円借り入れ・オリンピック返上問題・原発廃止に向けた影響などを取り上げています。

ボランティア的に集まっているスタッフや識者なども意見が割れているはず~こりゃあ~選挙になっても混乱して戦い進むことになるんでしょうね?

知名度だけて当選したら大変なことになるねぇ

 

コメント

ドライアイ

2014年01月17日 | 気になるネタ

冬は何かと乾燥する季節。しかし、世の中には湿度に関係なく乾燥する人もいる。特に“目の乾燥”を訴える人は多い。国民病になりつつある「ドライアイ」とストレスの関係を、あなたは知っていますか?

 Yさん(40)の悩みは目の乾き。特に会社に行くと、その症状が顕著になるという。

 自腹で加湿器を買って、デスク近くに置いたりしてはいるが、劇的な症状改善は見られない。目は常にかゆみを帯び、パソコンの文字もかすんで見える。Yさんの言葉を借りれば、「砂漠の中を歩いているような、あるいは、きなこのプールを泳いでいるような感覚」に襲われる。

 「典型的なドライアイの症状」と話すのは、東京都渋谷区にあるみさき眼科クリニックの石岡みさき院長。会社で症状が出やすい理由を語る。

 「最大の原因はパソコン。通常、人間は1分間に20回の瞬きをしますが、パソコンを凝視していると、6回程度にまで減ってしまう。これで一気に目が乾いてしまうのです」

 加えて、ストレスの存在も指摘する。

 「原因はわかっていないものの、ストレスがドライアイを悪化させることは確か。職場が変わったり、極端に忙しい状況が続いたりした時に、症状を悪化させることは珍しくありません」

 ドライアイの治療法はいくつかあるが、むやみに目薬をさすのは禁物。特に、市販の目薬には防腐剤が入っている物もあるので、かえって症状を悪くする危険性もある。眼科で処方される目薬を使うべきだろう。

 症状のひどい場合には、まぶたの内側にある「涙の排水口」をふさぐ治療が行われることもある。いずれにしても素人判断は禁物。眼科医の診断を仰ぐのが先決だ。

 「最近はパソコンだけでなく、スマホの影響でドライアイになる人が激増しています」と石岡医師は警鐘を鳴らす。

 その昔、関口宏の奥さんが歌った「涙のかわくまで」という名曲があったが、平成の今となっては、こうした色気のある歌詞は成り立たない。悲しくてナミダが出てくる…。 (長田昭二)

コメント

静岡県内はノロ警報が★

2014年01月17日 | 食事関係

   

浜松市の市立小学校14校で、905人の児童が嘔吐や下痢を訴えて16日の授業を欠席した問題で、市教育委員会は17日、新たに中区の北小学校を午後から学校閉鎖し20日から4日前後、全市立の幼稚園と小中学校の給食を停止する方針を決めた。市内の学校閉鎖は計13校になった。

 市保健所と市教委は複数の児童の検便結果から、主な原因はノロウイルスとみて調べている。保健所は17日、学校閉鎖となった市立双葉小学校を立ち入り検査し、給食室の調理器具などの清掃状況を確認した。

 今後、欠席者が多かった学校の給食を検査するほか40~50人規模で症状を訴えた学校の児童らの検便を実施し健康状態の聞き取り調査をする。大量欠席を受け市教委は16日から12校を閉鎖し、2校で学級閉鎖していた。16日中に既に6校を立ち入り検査しており、今後も検査を続ける予定。

 この日、検査を受けた双葉小の馬渕豊校長は「朝から電話が相次ぎ、大変なことになったと思った」と話した。

コメント

相変わらず格好付けすぎの馬鹿殿♪

2014年01月17日 | 選挙情報

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に出馬表明した細川護煕元首相(76)が、2020年東京五輪の辞退を主張していた。

 

ジャーナリストの池上彰氏のインタビューに対し、「安倍(晋三首相)さんが『オリンピックは原発問題があるから辞退する』と言ったら、日本に対する世界の評価は、格段に違った」と発言していたのだ。この影響か、細川氏は17日に予定していた記者会見を20日以降に延期した。次期都知事には、東京五輪を成功させる使命があるが、細川氏の資質が問われそうだ。

 衝撃的な発言は、昨年末に出版された池上氏の最新刊「池上彰が読む 小泉元首相の『原発ゼロ』宣言」(径書房)に収められていた。同書は、都知事選で細川氏を支援する小泉純一郎元首相(72)の「原発ゼロ」発言を分析しながら、識者らと原発問題について考えるもの。



 この中のインタビューで、細川氏は「安倍さんはちょっと感覚が悪過ぎる」と批判し、こう続けている。

 「2020年東京オリンピックだって、安倍さんが『オリンピックは原発問題があるから辞退する』と言ったら、日本に対する世界の評価は、もう格段に違ったものになっていたと思いますよ。指名を受けても辞退して、そう宣言していたら、『日本はやっぱりすごい国だ』という評価になったと思う。安倍さんには、そう言ってもらいたかった。それが総理のリーダーシップですよ」(126~127ページ)

 

東京五輪には、(1)訪日外国人の増加(2)宿泊施設の建設増加(3)鉄道や道路整備、都市開発の前倒し(4)新規雇用や外国企業進出などで、

約19兆4000億円(森記念財団都市戦略研究所の試算)もの経済波及効果があるうえ、世界各国の人々との交流が深められたり、将来を担う若者に夢や希望を与えられるといった、数多くのメリットが指摘されている。



 ところが、細川氏は「脱原発」至上主義ともいえる感覚で、都民だけでなく、日本国民の多くが歓喜した昨年9月の五輪招致成功にケチをつけ、「指名を受けても辞退して…」と言い切っているのである。国際世界に対する東京の責任、日本の責任をどう考えているのか。

 さすがに池上氏もインタビュー後の感想部分で、「安倍首相が東京オリンピックを辞退していたら、なかには評価する人もいるでしょうが、風評被害どころか、とてつもない問題になっていただろうと思います」(134ページ)と記している。

 共同通信によると、細川氏は15日、計5項目の公約概要をまとめた。「脱原発」に加え、「2020年東京五輪成功」「五輪に関し、東北地方で関連イベントを開く」とあるという。

 細川氏当選=東京五輪辞退となる可能性は低そうだが、近く開く記者会見では、東京佐川急便からの1億円借り入れ問題とともに、五輪辞退発言に質問が殺到することは避けられない。

それにしても、前出のインタビューであらわになった細川氏の発想や政治感覚は、どう判断すべきなのか。

 評論家の屋山太郎氏は「信じられない。細川氏のような発想をする人物が都知事になれば、東京五輪はうまくいかない」といい、こう分析する。

 「細川氏は『日本には原発問題があるから』『脱原発のために』という理由で、東京五輪の辞退を主張したようだ。これは彼の信念に基づく主張であり、都知事選出馬のために変えられるのか? 彼が都知事になれば、東京は五輪を開催する資格を失いかねない。大体、原発が無くなったら、日本から重化学工業はなくなる。経済政策の対案もなく、日本経済全体を考えていない。細川氏は政治家ではなく市民活動家に成り下がった」

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「政治家としてナンセンス。とんでもない主張だ」といい、続ける。

 「被災地の復興を含めて、東京五輪を起爆剤として社会や経済、インフラを再生して、日本全体を活性化しようと勢いづいているときに、『五輪を辞退する』なんて発想はあり得ない。そもそも、都知事選の争点に『脱原発』を掲げること自体がおかしい。東京都には原発はなく、東京電力の主要株主といっても、発行済株式総数に対する所有株式数の割合は1・2%(2013年9月30日時点)。経営上の影響力は行使できない。

細川氏が本気なら、福島県や新潟県から出るべきではないか」

コメント

風呂場前の花

2014年01月17日 | ラポーレの花達

少しづづ花が減って・・・

枯れたりしてますから~元気な枝や花だけ残してくれています。

蝋梅の黄色い花と香りが良いですよ

コメント

連日の氷点下で・・・

2014年01月17日 | 本日の空

今朝も寒かったですね

8時前でも氷点下1度でした

こんなに寒い日が続くのは静岡では珍しいです。

風呂場の前のガラスも真っ白く水滴が

中庭の「蹲」は凍ってはいませんでしたよ。

建物に囲まれてるからね

空は薄い白い雲が広がっています。

日差しも少し控えめ~

午後からは曇り空で明日は雨の予報も出ています。

乾燥してるから雨がしっかりと降ってくれるとありがたいですね

コメント

地元の企業です・・・

2014年01月17日 | 気になるネタ

米司法省は16日、自動車部品メーカーの小糸製作所が自動車用照明器具の価格カルテルに関与したことを認め、5660万ドル(約59億円)の罰金を支払う司法取引に同意したと発表した。

 司法省によると、小糸製作所は1997年から2011年にかけて、米国内で販売したヘッドランプなど照明器具の価格操作を繰り返したという。98年から10年にかけては電流安定器でも同様の不正を行ったとされる。

 司法省が取り締まりを進める一連の自動車部品の価格カルテル事件では、今回を含め日本企業を中心に24社が米独占禁止法(反トラスト法)違反で摘発された。

コメント

古新聞の回収♪

2014年01月17日 | 気になるネタ

月に2回

古新聞とダンボールの回収があります。

たまたま、知り合いになった方が毎月来てくださってありがたいです。

お正月の元旦にも・・・びっくり

「どうせ、家にいたってやること無いしなぁぁ」だって

「と゜う儲けある?」って聞くと~

まあ、あっちこっち廻って数千円だなぁぁ~ガソリン代払うとね~

車もかなり古くなってるし、年も・・・もう少し頑張ってくださいね

コメント