ケアハウス ラポーレ駿河ってこんな処

静岡市にあるケアハウス「ラポーレ駿河」の楽しい生活を紹介します。

ラポーレ駿河への訪問等について 2022/11/20

■■体験宿泊はまだできません!■■ コロナウイルスの感染予防にご協力ください   ●新しい生活様式、3密回避の徹底を ●ご入居者の「密」を伴う外出・外泊の自粛を ●来訪者は体調確認の上、短時間・マスク着用・密回避で ●来訪記録の協力を 皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

静岡市指導監査

2022年11月01日 | 駿河会
先日静岡市の指導監査を受けました。
コロナや台風15号の傷が今なお地域に残る状況下ではありますが、施設運営にかかるチェックをきちんと受けることができました。
運用上の助言などももらいながら、特に大きな指摘をいただくことなく無事に終えることができました。
健全経営・適正な運営。一番基本的なことですが、とても大切で尊いことだったりしますね。




ISO9001 内部監査

2022年07月01日 | 駿河会
当法人ではサービス品質管理の一環ISO9001の認証を受けています。
6月は法人内のいろいろな部署で内部監査が実施されました。
同じ法人職員が内部監査人として他部署に出向き、さまざまな取り組みを確認したり、運営にあたり問題がないかなどをチェックします。
今回のケアハウス内監査は居宅ケアマネとデイサービスのスタッフが担当でした。
お互いの情報交換もできて充実した監査となりましたw









ラポーレの働き者

2022年06月20日 | 駿河会
ラポーレ駿河の職員はみなマメッタイです。静岡の方言で「働き者」。
決められた「コレ」という仕事ばかりでなく、細かなところに気づいて対応してくださいます。職員それぞれに特技もあったりして、うまい具合に全体でバランスよくカバーできるので安心です。
今回そんな職員さんたちの後ろ姿をパチリ。














26周年!

2022年04月10日 | 駿河会
ケアハウスラポーレ駿河は平成8年、1996年の開設です。
今年26周年を迎えました。
開設以来ご入居者のパワフルな活力に支えられ、開設時のコンセプトそのままに今日までやってくることができました。
世の中は伝染病や戦争となかなか穏やかではありませんが、日々を暮らす私たちは気持ちのゆとりと笑顔を忘れずに!
笑う門には福来たる!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

いつもなら春の食事会と称して懇談会を開催していましたが、今年も感染予防に配慮して中止となってしまいました。
ご入居者には外注の豪華お弁当でお祝いにかえさせていただきました。










辞令交付式

2022年04月02日 | 駿河会
昨日は新年度を迎えるにあたり、駿河会の辞令交付式が執り行われました。
4月1日付けの入職者は9名。
私たちラポーレ駿河にも新しく管理人さんが仲間となります。
式の間中、鳥のさえずりが心地よく響いていたのが印象的でした。
今日から同志!どうぞよろしくお願いします!








介護保険の身近な相談者

2022年02月13日 | 駿河会

ラポーレ駿河には地域包括支援センターと居宅介護支援事業所が併設されています。

地域の高齢者のよろず相談から介護の必要な方のサービス調整と、ご利用者の身近な相談者です。
ご自宅で生活を続けるために、どんなサポートが必要かを考え、そこに適したサービスをつないでくれちゃいます。
 
ラポーレのご入居者にとってはお元気なうちはほとんど関係することはありませんが、加齢や病気などから身の回りのことに援助が必要となってきた時には、とても頼りになる存在となります。
 
ケアマネさんは日々勉強を重ね、地域やサービスの情報を収集し、ご利用者に適切なサービスが提供できるよう精進しています。介護業界で仕事をする者にとっては一つの目指すべきキャリアとも言えますね。
 
近くにそんなスペシャルな専門家がいるということはラポーレとしても大変心強いです!


 

ヘルパーの仕事

2022年02月07日 | 駿河会
ラポーレ駿河は自立型ケアハウスということで、基本的には身の回りのことがご自分でできる方がご利用の対象となっています。元気に伸び伸び日々を過ごしていただくのが一番ですが、やはり月日が経てば身体も重くなってしまうもの。
残念ながらラポーレでは充分な介護サービスの提供はできませんが、もしもそのような状態になってしまった時には、包括支援センターや居宅のケアマネが生活のサポートとして介護保険の在宅サービスを調整し繋いでくれます。

今回ホームヘルパーの紹介をさせていただきますね♪
ご入居者の中には定期的なホームヘルプサービスをご利用されているがおられます。主な援助内容は入浴や居室内の家事。
一口に行ってしまえばそれだけではありますが、実際は利用されるご入居者の「できること」に着目し、サポートの細かな内容や手順はその人ごとに違ってきます。
住まいの環境や使う物品などもご利用者ごとに違うため、ヘルパーさんの専門性はまさしく「個別性」と「自立支援」あってのものなんですね。

ヘルパーさんは「頼めばなんでもやってくれる家政婦さん」と思われがちですが、実際はご利用者のことを一番に考え、必要なサポートを熟考・厳選して提供する介護サポートのスペシャリストなんですよ♪

笑顔と温かさももちろんスペシャル!







中央警察署主催の研修

2022年02月03日 | 駿河会
中央警察署主催の研修会がリモートで開催されました。
テーマは高齢者に関わる詐欺・犯罪・交通事故など。
高齢者をターゲットにどんな詐欺や罠があるのか?高齢者がらみの交通事故はどんな傾向でどんな予防法があるかなど話が聞けたようです。
ケアハウス職員も受講したのでご入居者に宛てて情報提供ができそうです!





他団体研修のお手伝い

2022年01月20日 | 駿河会
ケアハウスとは直接的な関係はありませんが、うちの職員が静岡市内の職能団体の研修のお手伝いをさせていただいています。今回は主催者として当日の進行や機器の操作なども行いながら開催ということでなかなかの緊張感の中実施いたしました。
コロナウイルスの影響で法人内外の研修会はリモートで開催されることも随分増え、参加するのも主催するのもそこそこのIT環境が求められるようになりました。
私たちの法人はIT環境(人・物)がかなり整っていることもあり、こういった地域の活動のお手伝いもちょこちょこやっているんですよ〜!
何はともあれ、大きなトラブルなく開催できてホッとしていますw








駿河会職員キャリアアップ研修

2022年01月06日 | 駿河会

遅れてのアップとなりましたが12月の法人研修のご報告です。

駿河会で働く職員の中堅クラスがキャリアアップを目指して職場内の課題に取り組む研修をおこなってきました。
今回はその取り組み発表。参加者それぞれが課題をもって取り組んだ内容は様々。まだ途中経過ではあってもチームを俯瞰して課題を認識し取り組んでいくスタンスが身についてきたように強く感じました。
これだけ多くの職員が組織をよりよくしようと一生懸命になってくれているというのはなんとも心強いことですね!
ひとまずはお疲れさまでした!
 










 

安全運転管理者講習

2021年11月16日 | 駿河会
駿河会では職員の通勤ばかりでなくご利用者・ご入居者等の送迎などに車を使用することが多くあります。
車を安全に運転する・してもらうために事業所拠点ごとに安全運転管理者がいて、運転に関する啓蒙活動等を行なっています。
先日はその講習会があり職員が参加してきました。

ここでちょっと豆知識
時代と共に移り変わる「交通三悪」をご紹介しますね。

昭和の交通三悪
「無免許運転、飲酒運転、悪質な速度超過」

平成の交通三悪
「違法駐車、過積載、シートベルト非着用」

令和の交通三悪
「あおり運転、ながら運転、横断歩行者等妨害」

時代と共に増えていく交通悪。
みなさん、交通ルール遵守とゆとり、思いやりのある運転を心がけましょうw






法人キャリアアップ研修

2021年11月02日 | 駿河会
駿河会で働く職員たち。
若手からベテラン、シルバー世代まで色々な人材が活躍してくれていますが、今年度もそんな人材の中から次を担うメンバーのキャリアアップ研修が開催されています。
カタカナ文字でちょっと馴染みのない言葉もありますが、参加されているメンバーそれぞれに課題をもって取り組んでいます!







大川高齢者生活福祉センター

2021年09月14日 | 駿河会
ラポーレ駿河が所在する富沢から北上すること20分。大川地区の日向(ひなた)に大川高齢者生活福祉センターがあります。
平成14年にできたこの建物は、静岡市の委託事業として当法人が受託したもので、デイサービスと居住サービスの2つが運営されています。
地域の憩いの場として、デイサービスでは特に身の回りのサポートが必要な方がご利用されています。
先日所用で久々に行ってきましたが、ここは地区センター・市民サービスコーナー・生涯学習交流館も併設されており、入ってすぐのロビーには展示スペースも設けられています。
ちょっとしたご案内でした♪


















ISO9001サーベイランス審査を受けました

2021年09月12日 | 駿河会

当法人はISO9001の認証を維持していますが、昨年度の更新審査に続き、今年度はサーベイランス審査を受けました。

サーベイランス=調査監視をいい、私たちの品質管理の仕組みがうまく回っているかを外部機関である日本能率協会によりチェックを受けるというものです。
新型コロナウイルスの影響で、今回の審査もフルリモートで行いました。私たち法人のそれぞれの事業所では担当者がパソコンの前に座り、審査員と書類を共有しながら粛々と審査が行われました。
結果不適合と思われる事象は無し。審査員からはさまざまな助言をいただくことができました。