乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

3月の雪景色

2019年03月16日 | 水・氷雪・霜

今年は雪がほんとうに少ないです。里では3月になって雨がたくさん降りましたが、山では雪だったようで、乙女の草原が真っ白でした。

コメント

オタマジャクシ生まれた!

2019年03月16日 | 動物(魚・両生・は虫類)

乙女高原に向かう林道途中の池では、すでにヤマアカガエルが産卵した卵が成長して、おたまじゃくしになりかけていました。よく見ると、鰓(えら)を持っているものもいます。もう少し大きくなると、この鰓は、おたまの中に入ります。 

 

コメント

枝のおじぎ

2019年03月16日 | 植物(木)

雪が降ったあと、ウラジロモミの下枝がこのようにおじぎしていることがあります。

どうして、こんなことが起きると思いますか?

ちなみに、雪国ではこの原理によって、モミの木のある高さから下の枝だけ下を向く光景が見られます。

 

コメント

氷の厚さ

2019年02月10日 | 水・氷雪・霜

乙女高原には湧き水が多く、それらの中には凍らない部分もあります。

そこでは「雪と氷の断面図」を見ることができます。

こんなに厚いんですよ!

コメント

羽毛のような

2019年02月10日 | 植物(シダ・コケ)

フロウソウというコケなのですが、よく見ると、葉がまるで羽毛のよう。とても美しいです。

コメント

足跡の交錯

2019年02月10日 | 動物(けもの)

これだけいろいろな足跡があると、ここで何があったのか想像してしまいます。

コメント

ここで何があった?

2019年01月27日 | 動物(けもの)

ここ何年か減ってきたノウサギの足跡です。手前から向こうに向かって走っています。

途中でカクッとほぼ直角に曲がっています。

ここでいったい何があった?

何が彼(彼女?)を直角に曲げた?

コメント

雪のミズゴゲ

2019年01月27日 | 植物(シダ・コケ)

こんなに雪が積もっているのに、こんなに青々としていて、びっくりです。

山の斜面で見つけたのですが、ミズゴケの仲間。ミズゴケは湿地にあるものとばかり思っていましたが。

 

コメント

コケの花

2019年01月27日 | 植物(シダ・コケ)

もちろんコケには花は咲きません。花(蕾?)のように見えるのは「蒴(さく)」と呼ばれる部分で、この中に胞子が入っているのだそうです。

コメント

氷の地下帝国の崩壊

2019年01月19日 | 水・氷雪・霜

何段にもなった立派な霜柱。大きくなりすぎて、自重で崩壊しかかっていました。

コメント