WANABEさんの日記

wannabe=want to be
明日には! と生きてる私の日記です。
思いつくまま、気ままに書きました。

エクセルで簡単な階層図を描く

2019年02月14日 | ITのリテラシー
エクセル方眼紙を利用して、手書き感覚で「ボランティア・グループの役員会構成図」を描いてみました。エクセルの方眼紙を使えば、簡単な組織図や連絡表などの文書はスマートアートで作るより短時間で簡単に作成でき、印刷の利便性も魅力です。

① セルを結合して入力枠を作る(列・行とも複数セルを結合)
② 結合した枠を、コピペする(Ctrl + ドラッグでコピペしてもよい)
③ 枠を太い罫線で囲む(F4キーの多用)
④ 縦書きの枠は、オートフィルでコピー
⑤ 縦書きの設定は、文字列を上詰め・縮小して表示にする
⑥ 結合した枠線を、手書き感覚で太い線で結ぶ(消しゴムで間違った線を消す)
⑦ 印刷プレビューで確認(レイアウトの調整と余白表示)


約10分で完成できれば、次のような表入りの文書作りにチャレンジして下さい。結合したセルに長文の入力は「セルの書式設定」で色々試してください。

エクセルの画面と印刷結果がずれる?

2019年02月11日 | ITのリテラシー
「エクセルで文書を作成して印刷すると、画面では問題ないのに、印刷すると罫線や文字が欠けたり、収まらなかったり、文字列の折り返しが変わたりしている。」と疑問を投げかけられました。

エクセル2013・2010・2007 の標準フォント「MS P ゴシック」では、画面通りには印刷されずズレが見られることは、これが普通(常識)だと思っていました。

エクセル2016 の標準フォント「游ゴシック」に変わったことで、その兆候は殆どなくなりました。でも、エクセル2013 で作成した文書を2016 で開いた場合はズレの兆候が同じように現れます。

「遊ゴシック」フォントは、上下の余白が少し大きくなり、文字幅の余白も広くなったようで、1行の標準的な高さや幅が大きくなり、画面表示と印刷のズレが殆どなくなったようです。


エクセル2013ですべてのセルを選択して、フォントスタイルを「游ゴシック」に変えただけではダメでした。
現在のブックだけテーマを変える場合は、「ホーム」タブのスタイルグループの「セルのスタイル」をクリック「標準」ボタンを右クリックして現れるメニューの「変更」をクリック「スタイル」ダイアログの「書式設定」から「フォント」タブをクリックして「MS P ゴシック」から「游ゴシック」に変えて作業をしましょう。ただし、ブックを閉じると、次にエクセルを起動しても「MS P ゴシック」に戻っています。

標準フォントを「游ゴシック」にする場合は、「ファイル」から「オプション」で「基本設定」の新しいブックの作成時の「使用するフォント」の▼から「游ゴシックを」を選んで設定すると、次回からも標準フォントは「游ゴシック」でエクセルが起動します。
標準フォントを変えても、以前作成したブックは影響を受けません。すなわち、MS P ゴシックで作った文書のフォントはMS P ゴシックのままです。

ペイント3Dを使ったことがありますか?

2019年02月08日 | 日記
今週のサークルの学習では、簡単な写真の修整・加工はエクセルで、ペイントで連結や文字の挿入、保存形式を選んでピクチャーフォルダに名前を付けて保存をしました。


Windows 10 に追加された新しいアプリ「ペイント 3D」の機能を知りたいとのことで、用意したプリントと動画で説明しました。

ペイント 3D を起動すると、「ようこそ」という画面が表示され、この画面では、新規作成だけでなく、ペイント 3D の基本的な使い方を動画で確認できますが、ユーチューブの「Windows 10 を担当者が語るシリーズ IV Creators Update ペイント3D編」

「Windows10 Creators Update ペイント3Dの簡単な使い方」をスクリーンに映して紹介すると理解していただいたようでした。

パソコンのメモ帳を利用していますか?

2019年02月03日 | 日記
シニアになるとおやじギャグもだんだん陳腐になり、いい言葉が出てこなくなります。新聞やTVの気に入った言葉をとりあえずメモにして残すようにしましょう。パソコンの「メモ帳」もすごく進化しています。
Windows10 「メモ帳の起動の仕方」は、デスクトップ上の何もないところで「右クリック」して、「新規作成」から「テキストドキュメント」を左クリックするとメモ帳が起動するのが一番早道です。デスクトップ上に「新しいテキストドキュメント」のファイルができます。(メモ帳はWindowsアクセサリにあります)

基本操作は、「編集」タブから操作できますが、ショートカットキーが便利です。
文字列の切り取りは「Ctrl」キーと「X」キー
文字列のコピーは「Ctrl」キーと「C」キー
文字列の貼り付けは「Ctrl」キーと「V」キー
文字列の中から特定の文字列を検索は、「Ctrl」キーと「F」キーで検索窓を表示できます。
文字列の置換は、「Ctrl」キーと「H」キーで置換するためのウィンドウが出ます。


「書式」から「フォント」を選択すると、メモ帳のフォントやサイズを変更することができるようになりました。標準では「MS ゴジック」のスタイル「標準」ですが、「優ゴシック」などもユニバーサルフォントとして目に優しいと思います。

「ファイル」から「名前を付けて保存」などでテキストファイルを保存する際、文字コードを選択することができるようになっています。ANSIが標準になっていますが、プログラミングなどで互換性を保ちたい場合は「Unicode」や「UTF-8」などにして保存すると良いでしょう。文字化けしてしまう場合もここで保存する文字コードを変更すると解決するかもしれません。

Windows 10 October 2018 Updateのメモ帳の進化は:
[F5]キーを押すと、カーソルのある位置に現在のタイムスタンプが入力されます。「タイムスタンプを入力したいから開きなおす」といった作業は必要ありません。

従来のメモ帳は、フォントサイズが固定されていた。そのため高解像度の画面で表示すると、文字が読みにくいことがあった。WebブラウザーやOfficeのように「Ctrl」キーと「+」「-」キーで文字の表示の大きさを調節できるようになりました。また、マウスのホイールでも調節できるようになっています。

改行コードや行数などがステータスバーに表示されるようになりました。

本屋さんで、和田裕二さんの「メモの魔力」は評判が良いようでした。


Windows10 October Updateの「切り取り&スケッチ」

2019年01月29日 | 日記
Snipping Tool が進化します…
Snipping Tool は今後のアップデートで新しいツールに進化します。機能が向上した「切り取り & スケッチ」の画面切り取りを試してみてください。

そこで、クリックすると「切り取り&スケッチ」アプリが起動しました。

起動する方法は、
Win+Shift+S キーを使う
Win+Aでアクションセンターの内にある「画面領域切り取り」を押す
よく使う場合はタスクバーにピン止めをお勧めします。


1. 画面全体が薄暗くなり、ツールバーが表示されます。
「四角形クリップ」「フリーフォームクリップ」「全画面表示クリップ」「閉じる」です。

1-2. 新規ボタンの右の下向きは、「今すぐ切り取り」「3秒後に切り取り」「10秒後に切り取り」と使いやすくなっています。

2. 切り取り部分をドラッグすると、クリップボードに保存されます。

3. ドラッグした部分が貼り付いた状態で開きます。

4. ペンや蛍光ペン、定規も使えます。

5. 必要に応じて、名前を付けて保存したり、コピーして他のアプリに貼り付けて使います。

Win+V キーで保存されたものが表示できます。