宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「利府梨」直売所今年も売れています

2011年10月20日 09時55分05秒 | ③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営

 利府町は古くから日本なしの栽培が盛んで,県内では蔵王町に次ぐ栽培面積があります。毎年9月になると県道8号線(通称利府街道)沿いを中心に約60か所ある直売所がオープンします。
 今年は春先の低温により,「幸水」で4~5日ほどの生育遅れでスタートし,6月の生育調査では,果実の径が対平年比で90%程と今後の生育が心配されましたが,その後の天候にも恵まれ,収穫期には平年並みかそれ以上の大きさになったところが多くなりました。夏期の暑さにも恵まれ,大変甘い果実に仕上がりました。
 また,心配された放射性物質も検査の結果不検出となり,今年も多くのお客様に安心してお買い上げ頂くことができました。
 「利府のなし」と言うと,これまでは「長十郎」のイメージがありましたが,最近では食味の良い「あきづき」や「かおり」等の新品種への更新が進んでおり,よりお客様の好みにあった産地へと変わりつつあります。
普及センターでは,今後も利府なしの産地発展に向け,支援を行っていきます。


連絡先〉
宮城県仙台農業改良普及センター 先進技術第一班
〒981-8505 仙台市青葉区堤通雨宮町4番17号
TEL:022-275-8410
FAX:022-275-0296

この記事についてブログを書く
« 先進農業体験学習でたくさん... | トップ | 水稲乾田直播現地検討会の開催 »
最近の画像もっと見る

③安全安心な農畜産物の生産に取り組む経営」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事