宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

「令和」初回の子牛市場が開催されました

2019年05月17日 07時37分51秒 | ⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保

 令和元年5月14日にみやぎ総合家畜市場(美里町)で「令和」初回の子牛市場が開催されました。
 子牛市場は,毎月中旬に3日間の日程で開催されていますが,今月はあわせて1,360頭が上場されました。このうち,大崎農業改良普及センター管内からは,上場番号1番目の色麻町産去勢子牛をはじめとして,繁殖農家,農業法人,宮城県岩出山牧場及び宮城県加美農業高等学校,あわせて251頭が出荷されました。これは,県全体の約18%を占めています。
 普及センターでは,プロジェクト課題「新規就農した和牛繁殖農家の飼養管理技術向上及び経営安定化」,調査研究「黒毛和種の子牛市場出荷成績向上に向けた取り組み」,並びに,大崎市の繁殖農家組織「若牛会」を対象とする産子検査など普及指導活動に取り組んでいきます。

<連絡先>  宮城県大崎農業改良普及センター    先進技術班  TEL:0229-91-0726   FAX:0229-23-0910

この記事についてブログを書く
« 優良種子の生産に向けて,ま... | トップ | 「JAあさひなぶどう部会」... »
最新の画像もっと見る

⑤地域農業を支える意欲の高い担い手確保」カテゴリの最新記事