波乱万丈 乳がん転移ライフ!

39歳で乳がん ステージⅢ告知。術後1年経たずに肝臓、骨に転移。そこから始まる長い転移ライフ!

「『時間の感覚』の不思議」~3ヶ月半振りに仕事に復帰して・・・

2018-07-13 21:56:46 | 最近考えること
☆アッピア夫です。

西日本の広範囲に及ぶ豪雨災害は、かつて経験したことがないような雨による大災害で心が痛みます。
雨でここまでの災害になるのですから、「まさか・・・」はもう通じない時代となりましたね。

私の方は、お陰様で先週から仕事に復帰しました。
まだ杖をつきながらの通勤で、どうしても痺れている左足をかばうために右足首を頻繁に痛め、
毎日のストレッチと共に右足首にはサポーターが欠かせません。

また、パソコン作業が長くなると背中の手術痕が痛むため、1時間毎に休憩を入れないと、
続けての作業が難しい状態・・・

実は、復帰初日にキャスター付きの椅子に腰掛けてある作業をしていたところ、
突然重心のバランスを崩して椅子と共にひっくり返ってしまい、皆に心配をかけてしまいました。

通常であればどうと言うこともないことでも、足の踏ん張りが利かないため制御出来ないんですね。
まるで、小学生が椅子の脚を持ち上げ過ぎてひっくり返ったようなカッコ悪さ・・・

「まだ復帰は早いんじゃないか?」「短時間勤務にした方がいいんじゃないか?」・・・
本当に親身に心配してくれる同僚に感謝です。

何はともあれ、3ヶ月半振りに仕事に復帰でき、初日は仕事の感覚を取り戻すのに必死でしたが、
2日目からは普通に仕事に戻ることが出来ました。

ところで、仕事に復帰して不思議に感じたのが、「時間の感覚」・・・
つまり、療養していようが仕事していようが、「時間の流れる速さの感覚は同じ」だということ。

私は、キャリアコンサルタントとして担当している人からよく聞かされていました。

「仕事を辞めたらもっと時間がゆったり流れるかと思ったのに、全然変わらない・・・」
「時間がダップリあると思ったのに、大したことをしないままあっと言う間に1ヶ月経ってしまって・・・」

誰にでも平等で同じように過ぎる時間なのに、人は時により時間の流れる速さを錯覚してしまう。

また、これは誰もが実感することだと思いますが、年齢と共に感じる時間の速さが違ってきますね。
同じ1日や1年なのに、子供の時は長く感じ、大人になると短く感じる。

年齢による時間の感覚的速さを、心理学的に説明するものとして「ジャネーの法則」と言うのがあります。
人間は「ある期間の長さを自分の人生の長さと比較して感じている」と言うものです。

つまり、5歳の子供が感じる1年は人生の1/5で、50歳の大人が感じる1年は人生の1/50・・・
5歳でも50歳でも、自分の人生の長さの感覚はほとんど変わらないため、
同じ期間の感じる長さは、「子供は長くなり、大人は短くなる」と言うことになります。

この法則に加えて、子供は毎日が新しい発見や刺激の連続であるのに対し、
大人は同じことの繰り返しの毎日で刺激が少ないことも、時間の感覚の違いに影響するようです。

仕事に復帰して「一日が過ぎる感覚が同じ」だと感じる一方、全く異なるのが「一日の充実感」・・・
精神的にきつい3ヶ月半があったからこそ、仕事から得られる充実感を本当に心地よく感じます。

時間は誰でも同じだとすると、誰でもそれを充実したものにしたいと思う・・・
そして、自分の人生が何歳で終わろうとも、最期は多分「あっと言う間だった」と思うでしょう。

だとすれば、「あっという間だった。でもすごく充実していた。」・・・そう思える時間を過ごしたいですね。

2018年7月13日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私が今思う「持つべき友」は・・・「弁護士」「看護師」「理学療法士」

2018-06-01 10:20:19 | 最近考えること
アッピア夫です。

以前から、「持つべき友は・・・」と言うことを時々耳にします。
飲みながら話していると「お金持ち」は定番で、「モデル」「コック」「パティシエ」などもよく出て来ます。
中には、具体的な有名人や身近な個人名が出て来て、「おい、それはちょっと違うだろ」となることも・・・

時代やその人の職業、また同じ人でも年齢や環境などによって、答えは違ってくるかと思いますが、
よく耳にしたのが「医者」「弁護士」「警察官」・・・

私も「まあ、そんなものかな・・・」と思って、あまり深く考えたことはなかったのですが、
急に思い出して、「持つべき友」について考えてみました。

私が今思う「持つべき友」を3人挙げるとすると、「弁護士」「看護師」「理学療法士」・・・かな?

最初の「弁護士」は、定番中の定番なのでスルーして・・・
次に「看護師」・・・

昔の定番である「医者」ですが、今は横断型の医師が減り、どんどん専門特化していますね。
子供の頃に病院に行くと、診察の始まりは大体次のようなものでした。

「顔をまじまじと見る⇒瞼を下げて瞼の裏の赤い部分を見る⇒口を大きく開けて電灯でのぞき込む⇒
時には舌を出して「エ~」と言わされる⇒首の左右を触る⇒胸に聴診器を当てる⇒背中をトントン叩く」

昔は、「町の総合医」的な病院・診療所があり、「何かあればまずそこに行く」と言う感じでしたが、
今は、まず「どの診療科の病院に行くのが良いか」を考える時代となりました。

最近の診察は「どうされました?」で始まり、すぐに検査に入ることが多いですね。
良くも悪くも事務的・・・よく言えば「科学的になった」と言うことなのかも知れません。

今の診察は、「限られた時間の中で、伝えたいことや訊きたいことをいかにスムーズに話すか」が問われていて、
こちらも話を整理して臨まないと「あっ、一つ訊き忘れた・・・」となりかねません。

そうなると「看護師」の方が、色々な診療科の経験を積まれている方も多く、幅広い知識を持っていて、
身近にいると気軽に相談もしやすいですね。

そして、「理学療法士」・・・

私もお世話になるようになって分かったのですが「理学療法士」は単なる「リハビリの先生」ではなく、
「身体のプロフェッショナル」であると言うこと・・・

身体機能だけではなく、医学的なことや薬・栄養なども含めて幅広い知識を持っていて、
姿勢の矯正、効果的なストレッチや筋トレ方法など、本当にためになるアドバイスをしてくれます。

スポーツ選手の活躍年齢が上がっているのも、「理学療法士」や「スポーツトレーナー」の指導による
日頃のケアや科学的トレーニングのお陰ですね。

「理学療法士」は、高齢化社会の中での個人個人の「パーソナルトレーナー」的役割として、
ますます必要とされる職業であるように思います。

そして「持つべき友」は、もっと歳を取ると「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」・・・となっていくのかな?
結局、自分の損得を前提に考えると、ちょっと空しさも感じてきます。

実は、論語にも「持つべき友」と同じ意味の「三益友」と言うのがありますが、
それは・・・「正直な人」、「誠実な人」、「物知りな人」

何だかんだ言っても、こっちの方がいいですね。

2018年6月1日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢化社会でリハビリ需要の増加に伴う・・・「リハビリ難民」問題

2018-05-25 23:46:24 | 最近考えること
☆アッピア夫です。

西城秀樹さんが5月16日に逝去されましたね。
180㎝を超える長身でパワフルな西城さんは、まだ子供だった私にとっては「イケてる兄ちゃん」でした。

二度の脳梗塞を発症して一線から退いた後も、たまにテレビで歌っている姿を見かけましたが、
発声もままならない姿が痛々しく、「そこまでして歌わなくても・・・」とも思っていました。

その後、後遺症に苦しむ中で「また歌いたい」と言う気持ちを持ち続け、
「諦めたら終わり」と懸命にリハビリに取り組んでいることを知ってから、応援する気持ちになりました。

アイドル時代は熱唱する姿が印象的でしたが、最期まで現役復帰を目指し「生き方も熱い」方でしたね。

その西城さんが、ずっと「自費のリハビリ施設」に通っていたことを最近になって知りました。
私は、現在「整形外科病院のリハビリ科」に通っていますが、「リハビリ」と言うのはなかなか複雑です。

まず、「リハビリ」は「医療保険」か「介護保険」の対象となりますが、
大まかに言って「回復期」が「医療保険」、「維持期(慢性期)」が「介護保険」の範疇となります。

そして、「リハビリ」は「怪我・病気・障がい」などの種類によって分類されています。
なぜ分類されるかと言うと、医療保険・介護保険が適用される期限が違って来るためのようです。

その分類と、入院・外来を含めて保険が適用される期限は以下の通り・・・

①呼吸器関連・・90日 ②運動器関連・・150日 ③心大血管疾患・・150日 ④脳血管疾患・・180日
⑤がん患者・・入院している間 ⑥認知症患者・・入院より1ヶ月 ⑦障がい者・・期限なし

ここで問題なのが、期限を過ぎたら回復途上であったとしても、保険適用でリハビリを受けられないこと・・・
そうなれば自費でとなりますが、お金持ちでもない限りそれが出来る期間も限られますね。

その結果これから問題化すると言われているのが、「リハビリ難民」・・・

西城さんは、仕事以外の時間はほとんどリハビリに費やしていたようですが、
それが出来るお金がなければ、自分でリハビリを行うしかなくなる・・・

私の対象となる分類は「運動器」となりますので、リハビリを受けられる期間は約5ヶ月・・・
7月位には仕事に復帰をと考えていますが、足のしびれが保険適用の間に消えてくれるかどうかは・・・?

今から仕事への復帰後のリハビリ体制のことを考えておく必要がありそうです。
それにしても、我々が高齢者の域に達する頃には、何でも自己完結で出来ないといけないのかも知れませんね。

リハビリや介護さえも・・・
介護を自分で出来れば介護ではないのですが・・・

2018年5月25日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつの間にかこんなにも増えていた「男性看護師」

2018-05-18 09:19:30 | 最近考えること
アッピア夫です。

今年は季節の移り変わりが異常に早く、リハビリで歩くにもきつい毎日が続いていますね。
爽やかなはずの5月なのに、もう蒸し蒸ししてこのまま早くも梅雨に突入していくのでしょうか・・・

今回、3週間ほど入院しましたが、不思議なことに一度も「早く帰りたい」とは思いませんでした。
初めて知ることがあまりにも多くキョロキョロしていたこともありますが、
入院生活そのものがとにかく快適でした。

医師や看護師はもちろんのこと、ソーシャルワーカーの方や、リハビリでお世話になった方々・・・
皆さんの対応が素晴らしく、入院中の食事もすごく美味しく、自分の身体以外は本当に快適でした。

また、アッピアの入院に付き添った頃と比べて「病院も随分変わったなあ」と思わされました。
アッピアが入院中の食事は正直美味しくなかったのですが、病院によるのかそれとも進化したのか・・・
桜を眺めながらの「桜の特別メニュー」などは、涙が出そうな程美味しかったです。

まず、看護師の人数そのものが以前よりも随分と増えましたね。
「看護師1人が7人の入院患者を担当」と言う基準を採用する病院が増えたためなのでしょうか。

入院時期がちょうど年度の変わり目で、退院間際には新人看護師もたくさん配属されて来ました。
病院全体で毎年100人前後採用されるようなので、もう大企業並みですね。

中でも一番驚いたのが、「男性看護師」がたくさんいたこと・・・
私のお世話になった整形外科病棟では、看護師全体の1/4程もいたように思います。

幾度とあるアッピアの入院でも、「男性看護師」にお目にかかったことは一度もなかったですね。
乳がん病棟なので当然と言えば当然ですが・・・

「男女雇用機会均等法」が施行されてもう30年・・・
その時に「看護婦」から「看護師」に名称が変わり、男性も積極的に受け入れるようになりましたが、
時を経てまさかこんなに増えているとは思いませんでした。

調べてみると、「男性看護師」はこの10年で2倍以上に増えたものの、全体的にはまだ6.8%のよう・・・
病院や診療科によってかなり違うのでしょうね。

今はもう女医も珍しくない時代になりましたが、「男性看護師」もそれ程珍しくはないんですね。
「白衣の天使」は文句なく有難いですが、同性同士でざっくばらんに話が出来ることも嬉しかったです。

因みに、アッピアは「均等法第一世代」で、女性総合職の第一号として仕事をしていましたので、
性別で区別されることが大嫌いでした。

仕事を始めた当時、男社会の中でどれだけ苦労したかを散々聞かされましたが、それももう昔・・・
ただ、最近のセクハラ事件を見ていると、一部の男性はすっかり時代に取り残されていると感じますが・・・

また、「男性看護師」が増えて来たのは素晴らしいことですが、患者もそれに慣れる必要がありそうですね。
さすがに乳がん病棟に「男性看護師」がたくさん投入されるとは思いませんが・・・

私は、泌尿器科でいきなり男性医師に導尿の予行演習をやらされた後に、初めて一人で挑戦することになりました。

「初めてなので、問題ないかどうか確認していいですか?」と若い女性看護師に見守られて導尿をした時は、
まるで自分が中学生になったような言いようのない気持ちになりました。

さすがに、「男性看護師」が女性患者の導尿の指導をするとは思いませんが、
あちらはプロで何とも思っていないのに、こちらが勝手に意識して恥ずかしがっているんですよね。

いずれにしても入院患者にとって「看護師は看護師」・・・
女性も男性もそれぞれの良さを活かして親身にサポートして貰えたら、それでOK。

そして、アッピアにとっての「助さん・格さん」ではないですが、真っ先に思うことは・・・
「看護師は本当に頼もしい」

2018年5月18日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整形外科病棟入院で思い知らされた「事故の恐ろしさ」

2018-05-10 10:37:31 | 最近考えること
アッピア夫です。

今回、病気ながら整形外科病棟に入院したことで、改めて「事故の恐ろしさ」を思い知ることになりました。
私はつくづく整形外科と縁があるようで、整形外科にお世話になるのが今回で3度目となります。

1度目は、大学に入学したてのまだ十代の時に、交通事故で・・・

その日は、友人5人と早朝から遊びに行く途中で、都心の高速道路を車で走っていました。
運転していた友人は免許取り立てでまだ慣れておらず、スピードの出し過ぎで車を制御できずに側壁に激突・・・

車は横転したまま横滑りし、その勢いで中央分離帯を一回転で乗り越え、反対車線に横倒しとなりました。
さすがにその時は死を覚悟しましたが、早朝で車が少なかったことが幸いし助かりました。

助手席に座っていた私はダッシュボードで顔面を強打し、左目の眼底と鼻骨を陥没骨折・・・
救急車で整形外科病院に運ばれ、その後鼻骨の日帰り手術を受けました。

2度目は30歳代後半の時に、スポーツによる怪我で・・・

当時夢中になっていたマウンテンバイクで膝を酷使した結果、左膝を痛め半月板を損傷。
現在リハビリで通っている整形外科病院で、剥がれた軟骨の切除手術を受け、1週間入院しました。

そして3度目の今回・・・
大学病院の整形外科病棟に入院したことで、「事故の恐ろしさ」をまざまざと思い知らされました。

同室の方々は下肢が不自由な方ばかりでしたが、病気が原因なのは私だけで、
私以外の方々は何らかの事故で大怪我を負っての入院でした。

特に交通事故と建設関係の落下事故・・・

交通事故のお一人は、事故後1ヶ月間も昏睡状態で生死の淵をさまよった末に生還されたようでした。
病室ではよく聖書を読んでいましたが、その気持ちも分かるような気がします。

また、建設関係の落下事故に遭われた方が二人おられたのですが、一人はタイル職人でもう一人は瓦職人・・・
お二方とも長年その仕事に就いている50歳代のベテランでした。

タイル職人の方は、マンションの外壁の作業中に落下事故・・・
最近はマンションの高層化に伴い、以前よりも事故の危険性が高くなっているのかも知れません。

瓦職人の方は、両手両足の内の3本の数カ所を複雑骨折され、完全看護状態・・・
私の入院中に2度手術を受け、その後もまだ何回かの手術が予定されているようでした。

大怪我にも関わらず淡々と手術や治療を受けていて、その精神力の強さにも感心させられましたが、
その方の言われたことで強く印象に残った言葉があります。

「40年間一度も事故を起こしたことがなかったのに、一生の不覚です・・・」

具体的な事故の状況は分かりませんが、「まさか・・・」と悔やむ気持ちが伝わって来ました。

山での怪我や遭難は、登山時よりも下山時に多いと言われます。
仕事でも何でもやり始めよりも終わりに近い方が、集中力が切れてミスしやすくなりますよね。

また、歳を重ねると、以前は出来たのに出来なくなったと感じることが多くなりました。
思い描いているイメージに身体がついていかなくなるんですね。

これからは、自分自身も含めて相当な年齢まで仕事をする時代になりましたので、
「ベテランほどミスや事故を起こしやすい」と言うことをしっかり認識しないといけないのでしょうね。

ある意味、「一生の不覚」と思えるのはまだいいのかも知れません。
もしも「一生の不覚」で命を落としていたら、そう思うことさえも出来ない訳ですので・・・

2018年5月10日


男二人を応援いただける方、応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加